最終更新日:2017/9/26

マイナビ2018

マイナビコード
68810
  • 正社員
  • マイナビだけでエントリー

(株)マシン三洋

本社
大阪府
資本金
5,000万円
売上高
44億175万円(2016年度実績)
従業員
78名(2017年8月)
募集人数
6〜10名

【提案営業の面白さお伝えします】説明会には社長登壇!【早くも2012年よりワークライフ・マネジメント取組開始】働きやすい職場づくりを目指しています!

求むは元気・素直・好奇心【提案営業の面白さ知っていますか?】社長登壇説明会! (2017/09/26更新)

提案営業の面白さ、知っていますか?
早くも2012年より、今話題のワークライフ・マネジネントに取組み始めました!
早帰り、業務効率化、人材育成強化etc.
詳細は説明会で!!

【社長登壇説明会】
下記、1つでもあてはまる方は是非説明会へ!
■元気・素直・好奇心がある!
■自己成長したい!
■営業の仕事を知りたい!
■機械に興味有!


マシン三洋はあくまでもマッチング重視の選考を行っておりますので、
面談では思う存分あなた自身を表現して下さい。

相互理解の為、説明会は少人数で実施+毎回社長が登場!
社長は経営トップとしての価値観、考えをお伝えすべく、
必ずプレゼンしています!
お会いできるのを楽しみにしております!

会社紹介記事

PHOTO
私たちがこだわるのは、「とことんお客様を支援する」という姿勢。これが・・・マシン三洋の強みです。
PHOTO
毎年社員旅行にいっているのですが、去年は10月にインドネシア・バリ島へ!今年はどこにいきますか?!

モノづくり大国ニッポンの『縁の下の力持ち』

PHOTO

社長:堤中 徹

■創業当初は機械工具の販売からスタート■
当社は1956年に私の父親が大阪市淀川区にて創業、その後時代に応じてお客さまと商品を変えながら事業展開し、今は機械工具だけでなく、FA・メカトロ機器等、幅広く取り扱っています。

■月曜日に行きたくなる会社■
働きやすい環境づくりを意識しています。やる気やモチベーションの源泉は何かというと、仕事内容、評価、やりがい等様々です。私自身、みんなで集まるお祭りごとが好きなので、福利厚生面では年に一度の社員旅行、年4回の社内行事を行い社員同士が交流する場を設けています。

■与えられるのを待つのではなく、自ら積極的に努力できる人材■
マシン三洋では、「勉強したい!」「成長したい!」と自ら努力できる人材を求めています。そのための研修制度や社内制度は充実していると自負しています。若いうちから責任ある、様々な仕事を任せたり、社長である私と年1回、個別面談を行い「どんな自分になりたいか」などを聞き、新しい仕事を任せたり・・・。
2013年には海外展開も開始。海外で働きたい方にも活躍できるフィールドを用意しました。
自己啓発のために『階層別研修』『内勤業務勉強会』『自己啓発制度』『日経テスト受験』『メンター制度』等実施したり、年4回全社員が集まる社内行事を開催したりと、社員間でのコミュニケ―ションを取りながら、社員同士が切磋琢磨できる環境を整えています。

会社データ

プロフィール

生産システムや工作機械といった大型・高額の製品から、電気ドリルや小さな部品など、数万点以上に及ぶ様々な商品を、モノづくり企業様(食品や家電製品、自動車、樹脂製品、化学製品などの工場)にご提案する仕事です。

私たちのミッションは『お客様支援業』。
商品をただ右から左へ流すのではなく、お客様の課題や目的に応じて、臨機応変・柔軟にご提案することが重要になります。

事業内容

PHOTO

活躍中の若手営業!

■機械設備などの専門商社

関西を中心とした約650社のお客様に、
数万アイテムにわたる「モノづくりの現場」で使用される機械・部品などを提供しています。

例えば…
●某遊園地のアトラクションの乗り物用部品
●スマートフォンや液晶テレビのガラスカット装置用部品 
●回転寿司のレーンに関わる部品
●電車の自動ドア開閉に使われる部品
●パン工場で搬送用に使われるチェーン
●コインパーキングのシステム


などなど。製造業を介して、いろいろな産業に幅広く関わっています。
皆さんが普段接する商品は、工場で、機械によってつくられたものが多い。
マシン三洋は、日本のモノづくりを支える会社です!

具体的には、以下のような商品群を取り扱っています。(見慣れない言葉かもしれませんが、入社後に学んで頂く機会がありますのでご安心ください。)
 【FAメカトロ機器】
  ・電機制御機器
  ・油・空圧機器
  ・変・減速機器
  ・ロボット

 【工作機械】
  ・マシニングセンター、CNC旋盤
  ・放電加工機、ワイヤーカット
  ・研削盤
  ・CAD/CAM

 【機械・工具】
  ・切削工具
  ・電動・エアー工具
  ・作業工具
  ・測定精密機器
  ・ゴム化学製品

 【環境・省エネ・物流】
  ・ポンプ、洗浄機、送風機、環境機器
  ・空調・流体
  ・事務機器・家電
  ・バルブ・管材
  ・コンプレッサー
本社郵便番号 532-0036
本社所在地 大阪市淀川区三津屋中2-13-7
本社電話番号 06-6308-1451
創業 1956年  (創業60年!)
設立 1965年
資本金 5,000万円
従業員 78名(2017年8月)
売上高 44億175万円(2016年度実績)
事業所 ■関西
大阪府(淀川営業所、東大阪営業所、枚方営業所、南大阪営業所)
明石営業所
奈良営業所
滋賀営業所

■関東
埼玉営業所

■海外
インドネシア(現地法人)
業績 2016年7月…44億175万円
2015年7月…41億9,700万円
2014年7月…37億3,500万円
2013年7月…36億1,000万円
主な取引先 大手食品メーカー
大手製薬メーカー
テーマパーク
某国立大学等

関西を中心に約650社のお客様とお取引させて頂いております。

※詳細は説明会でお話します。

平均年齢 33歳
平均勤続年数 10年
社内研修 社内研修を早くも2006年より開始。社長の「意欲的な社員に学ぶ場を提供したい!」という想いからスタートしました!
現在は新入社員研修(一泊もあり)、メンター制度、外部講師研修、階層別研修、内勤業務勉強会など多岐に渡ります。
そんな社長も2011年に経営管理修士(MBA)を取得。自身の成長意欲もすごいです。
社内行事 当社は年に4回、営業所の垣根を越えて全社員が集まる社内行事があります。
レクリエーションやスポーツ、バーベキューを通して、他営業所の社員と交流できるので、毎回和気あいあいとした雰囲気です。

社風の良さは毎年、学生の方にお褒めいただいております!
内定者には行事に参加してもらい、入社までにマシン三洋の雰囲気を肌で感じてもらえるようにしております。
内勤業務 「積極的スタイル」
営業所内での業務全般を行います。
主な仕事内容は、見積〜発注、伝票計上、納品書の発行、お客様からのお問い合わせ対応。

しかし一般的な「事務」のお仕事とは異なります。
時には厳しい言葉で仕入先に価格交渉をしたり、営業の代わりにお客様からご注文、お問い合わせいただく事もあります。
その反面、お客様から得られる信頼や達成感も格別。
営業に負けないぐらい、やりがいのあるお仕事です。
海外進出 「お客様のグローバル展開を支えたい」
日本が誇る技術力は世界から高く評価され、大規模工場など多くの日系企業が海外進出を果たしています。
マシン三洋がご提供した商品が、まわりまわって海外のお客様のお役に立っていることも、今や珍しいことではありません。

マシン三洋は2013年春、インドネシアに現地法人を設立致しました!
沿革
  • 昭和31年06月
    • 大阪市東淀川区(現在の淀川区)十三にて 『三洋工具商会』 として個人創業し機械工具の販売を開始する
  • 昭和39年04月
    • 大阪市東淀川区(現在の淀川区)加島1丁目に、新社屋建設
  • 昭和43年04月
    • 大阪市淀川区三津屋に用地を取得し、本社新社屋を建設する
  • 昭和45年01月
    • 社名を 『株式会社マシン三洋』 に変更する
  • 昭和45年07月
    • 東大阪市長田に 『東大阪営業所』 を開設する
  • 昭和56年09月
    • 枚方市出口に新社屋を建設し寝屋川営業所を移転し 『枚方営業所』 として開設する
  • 昭和61年04月
    • 新卒採用開始
  • 昭和63年06月
    • 堺市八下に新社屋を建設し 『南大阪営業所』 を開設する
  • 平成10年10月
    • 奈良県大和郡山市今国府に新社屋を建設し 『奈良営業所』 を開設する
  • 平成13年03月
    • 代表取締役社長に堤中徹が就任、堤中重和が代表取締役会長に
  • 平成14年12月
    • 滋賀県栗東市小柿に 『滋賀営業所』 を開設する
  • 平成18年04月
    • 三重県鈴鹿市に『三重営業所』を開設
  • 平成23年04月
    • 兵庫県明石市野々上に『明石営業所』を開設
  • 平成25年02月
    • 兵庫県西宮市に『阪神営業所』を開設
  • 平成25年03月
    • インドネシアにインドネシア現地法人(PT.MACHINESANYO INDONESIA)を開設
  • 平成27年05月
    • 埼玉県入間市に、『埼玉営業所』を開設
  • 平成28年11月
    • 東大阪市長田に、『東大阪営業所』を移転
平均勤続勤務年数 10年
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8日

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 ■本社管理室
 〒532-0036
 大阪市淀川区三津屋中2-13-7

TEL:06-6308-1451

新卒採用担当/本社管理室:丸小野
URL ホームページ:http://www.machine-sanyo.com/
E-mail Eメール:aya-m@machine-sanyo.com
交通機関 交通:
1)JR大阪駅、または阪急十三駅より阪急バス(18系統)・市バス (97系統)「三津屋」バス停より徒歩1分
 ※本数が多く便利です。
2)阪急電鉄「神崎川」駅より徒歩約10〜15分
 ※はじめての方は迷われる可能性がありますので、地図等をご覧ください。
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp68810/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ