最終更新日:2017/3/1

マイナビ2018

マイナビコード
70812
  • 正社員

エンパイヤ自動車(株)

本社
東京都
資本金
5億68万円(2016年3月現在)
売上高
451億2,300万円(2015年3月期)
社員数
369名(2016年4月現在)
募集人数
6〜10名

創業104年!業界トップクラスの売上高を誇る自動車部品・カー用品の専門商社。知る人ぞ知る老舗企業です。特定メーカーに縛られない仕事の幅広さが魅力!

創業100周年を迎えた自動車部品・カー用品の専門商社『エンパイヤ自動車』 (2017/03/01更新)

エンパイヤ自動車(株) 採用担当の椿(つばき)です。

★クルマが好きな方!クルマに関わる仕事に就きたい方!★
★創業104年!安定した経営基盤の当社で働いてみませんか?★


皆様のご応募、ご参加お待ちしております!!

【エンパイヤ自動車とは??】
昨今、創業100年を超える会社は

自動車部品・カー用品の専門商社『エンパイヤ自動車』

自動車業界には完成車メーカーをはじめ様々な業種が存在しますが、自動車関連商品の専門商社、という業種があるのをご存知ですか?
我々エンパイヤ自動車は、自動車の修理用の部品やカー用品を、全国の整備工場・ガソリンスタンド・ホームセンター・カーショップに卸売りをしている商社です。
日本にクルマがほとんど走っていなかった1913年に創業して以来100年の長きに渡り、日本のモータリゼーションとともに成長してきました。

自動車の“走る・曲がる・止まる”という基本的機能を支える必要不可欠な「部品」、ユーザーの多様な個性を演出する「カー用品」…我々エンパイヤ自動車の取扱商品数は十数万点に及びます。クルマにかかわる“全て”といっても過言ではない取扱商品の豊富さで、カーユーザーの皆さんに安全で快適なカーライフを提供している会社です。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
社員一人ひとりがエンパイヤ自動車の顔。積み重ねてきた知識と経験が自信となり、取引先からの信頼につながっている。
PHOTO
クルマに関するものなら何でも扱えるのがエンパイヤ自動車の強み。十数万点の豊富な商品群を駆使して、お客様のニーズに適ったものを提案。成功した時の達成感は大きい。

創業100年。この世に自動車がある限り、今後も必要不可欠な存在です。

PHOTO

写真は昭和9年エンパイヤ自動車商会店頭風景。自動車黎明期から積み上げてきたノウハウ、実績、信頼を武器に、これからも社会から必要とされる企業であり続けます。

エンパイヤ自動車は、自動車の補修部品、カー用品の卸売りをしている老舗専門商社です。
創業から100年という歴史に裏打ちされた信頼と商品ラインナップの豊富さで、「クルマの走るところにエンパイヤあり」と言っても過言ではないほど、日本のカーアフターマーケットに浸透、発展してきました。

取扱う商品は実に幅広く、エンジン部品、ブレーキやタイヤといった足回り部品をはじめ、バッテリーなどの電装部品、オイルやワックスといったメンテナンス用品、工具、カーナビやオーディオといったアクセサリーなど、それこそ「車に関するものなら何でも」取り扱っています。商品点数は数十万点ともいわれ、売上高・市場シェアとも業界トップクラスを誇ります。

エンパイヤ自動車では、国内・海外ともにあらゆるメーカーの自動車部品・カー用品を取り扱っています。特定のメーカーに限定されることなく、とにかく好きなクルマに幅広く関わることができるのが最大の魅力といえるでしょう。

エンパイヤ自動車の営業職は、まずは自社の取扱商品を覚えるところからスタート。そこで養った商品知識を武器に、自動車部品を扱う部品商やカーショップ、ホームセンターといったお客様に商品提案を行っていきます。業界動向やマーケティングに関する知識、コミュニケーション力やプレゼンテーション力など、さまざまなスキルや経験が求められます。

ただしこのような一人前の仕事ができるようになるためには、厳しい下積み期間を乗り越えていかなければなりません。正直、すぐに第一線で活躍できるわけではありません。しかし、皆さんの頑張りは経験豊かな先輩・上司がしっかり見ていて、フォローし、長い目で、あなたを一人前の営業としてじっくり育てていきます。

クルマが好きという方、“好き”という気持ちを大きな武器として、エンパイヤ自動車にぜひその力を貸していただけませんか。

会社データ

プロフィール

「クルマの走るところにエンパイヤあり!」
私たちエンパイヤ自動車は、自動車補修部品・カー用品の卸売りをしている業界大手の老舗専門商社です。

世界有数の自動車産業を誇る日本のモータリゼーションと共に歩んできたのが私たちエンパイヤ自動車。国内に数百台くらいしか自動車が走っていなかった時代、アメリカから1台の自動車を輸入し販売したのが当社の事業の始まり。1913年の創業以来100年の長きにわたり、日本の自動車産業の発展に大きく貢献してきました。
長い歴史の中で蓄積されたノウハウはお客様から十分な信頼をいただき、業界トップクラスの売上(※)を誇ります。

ホームセンター、カー用品店、修理工場、ガソリンスタンド、等々…私たちのマーケットは日本全国にあります。
また、日本車の海外への進出増加に伴い、アジア、北米、東欧を始めとしてグローバルに活躍の舞台を広げています。

(※自社調べ)

事業内容

PHOTO

現代の自動車社会の安全と快適さを、その部品用品の流通を通して縁の下で支えています。

◇自動車部品・カー用品・整備機械工具の卸販売および輸出入

▼「つくる」製造業(メーカー)と
▼「うる」小売業(お店)を
▼「つなぐ」のが我々卸売商社の事業内容の基本です。

メーカーから自動車部品・カー用品を仕入れ、エンパイヤ自動車のお客様である全国各地の自動車部品商・整備工場・ガソリンスタンド・カーショップ・ホームセンター等に卸しています。また海外で走る日本車の部品の輸出や、国内で走る外車の部品の輸入を行っています。
その他、近年では自社ブランドのオリジナル商品(プライベートブランド商品)の開発販売にも力を入れています。

自動車業界には数多くの企業がありますが、目立たないけれどなくてはならない、まさに「縁の下の力持ち」的存在です。
本社郵便番号 104-0032
本社所在地 東京都中央区八丁堀2-14-4 ヤブ原ビル
本社電話番号 03-3555-6000
創業 1913年(大正2年)4月10日
資本金 5億68万円(2016年3月現在)
社員数 369名(2016年4月現在)
売上高 451億2,300万円(2015年3月期)
事業所 (2016年4月現在)
■国内事業所
旭川・札幌・青森・盛岡・仙台・郡山・宇都宮・前橋・水戸・龍ヶ崎・大宮・練馬・足立・新潟・静岡・浜松・松本・名古屋・金沢・大阪・広島・高松・福岡・熊本・鹿児島・沖縄

海外現地法人・関連会社 ■海外
シンガポール・マレーシア・タイ・中国(上海)
■関連会社
(株)オート用品、ウチダオート(株)、(株)ニューオアシス、(株)バンザイ、東海自動車(株)
主な取引先(50音順) アイシン精機(株)、IPF(株)、石原薬品(株)、出光興産(株)、(株)ウイルソン、エア・ウォーター・ゾル(株)、(株)栄光社、エーモン工業(株)、(株)エクセディ、S&Eブレーキ(株)、エステーオート(株)、エムケーカシヤマ(株)、エムケー精工(株)、エレコム(株)、大野ゴム工業(株)、大橋産業(株)、オカモト産業(株)、(株)カーメイト、(株)カシムラ、加藤電機(株)、京都機械工具(株)、(株)錦之堂、クラリオンセールスアンドマーケティング(株)、呉工業(株)、(株)クレトム、KYBエンジニアリングアンドサービス(株)、国際化工(株)、コスモ石油ルブリカンツ(株)、小林製薬(株)、(株)コムテック、コンパクト・ツール(株)、コンビ(株)、三和自動車部品工業(株)、(株)サン自動車工業、シーシーアイ(株)、JX日鉱日石トレーディング(株)、(株)JVCケンウッド、(株)シスコジャパン、ジョンソンコントロールズ(株)、スタンレー電気(株)、住鉱潤滑剤(株)、住友スリーエム(株)、星光産業(株)、(株)セイワ、 (株)ゼンリン、 (株)ソフト99コーポレーション、(株)ターボテクノサービス、大恵産業(株)、大東プレス工業(株)、太平洋工業(株)、(株)タイホーコーザイ、(株)ダイヤケミカル、ダイヤワイト(株)、タケヤ刷子工業(株)、多摩電子工業(株)、(株)辻鐵工所、(株)データシステム、テネコジャパン(株)、トピー実業(株)、永井電子機器(株)、(株)ナポレックス、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(株)、日東工業(株)、日本グリース(株)、日本サン石油(株)、日本製紙クレシア(株)、日本ディーゼル(株)、日本特殊陶業(株)、 (株)パトライト、パナソニックカーエレクトロニクス(株)、パワーアップジャパン(株)、(株)バンザイ、日立化成(株)、PIAA(株)、ビーピー・カストロ−ル(株)、(株)フジックス、藤壺技研工業(株)、(株)ブリッツ、 (株)プロスタッフ、ボッシュ(株)、(株)ボンフォーム、(株)ミツバサンコーワ、三ツ星ベルト(株)、ミヤコ自動車工業(株)、 (株)ミラリード、武蔵オイルシール工業(株)、武蔵ホルト(株)、矢澤産業(株)、ユニカー工業(株)、 (株)ユピテル、横浜油脂工業(株)、(株)ランチテックジャパン、(株)リンレイ、ワコー(株)
平均年齢 42歳9カ月(2016年4月現在)
平均勤続年数 18年11カ月(2016年4月現在)
業績 売上高   451億2,300万円        
営業利益  9億3,600万円
経常利益  11億8,100万円
(2016年3月期)
沿革
  • 1913年
    • 東京市日本橋区呉服町(現 中央区日本橋通2-2)にエンパイヤ自動車商会を創業。エンパイヤ号、クローエルハート号自動車および部品、機械工具、タイヤなどの輸入販売を開業。
  • 1924年
    • エンパイヤ自動車(株)設立。
  • 1925年
    • 日本フォード自動車会社発足と同時に代理店となる。
  • 1946年
    • 日野重工業(株)(現 日野自動車(株))のトレーラー、バス、トラックの日本総代理店となる。
  • 1969年
    • 資本金1億6,800万円。電子計算機による商品管理方式を導入。
  • 1971年
    • 資本金2億160万円。本社を日本橋から八丁堀に移転。
  • 1972年
    • (株)エンパイヤビル設立。本社エンパイヤビル落成。
  • 1973年
    • アメリカ駐在所設置。
  • 1977年
    • 大型電子計算機(UNIBAC/1106)を導入、オンライン・リアルタイムによる全国ネットワークシステム完成。
  • 1983年
    • 大宮流通センター開設。
  • 1987年
    • 大阪流通センター開設。
  • 1988年
    • 福岡流通センター開設。マレーシアに現地法人 EMPIRE MOTOR(MALAYSIA)SDN-BHD 設立。
  • 1989年
    • 資本金3億円。東北流通センターを開設。
  • 1991年
    • 高輪エンパイヤビル新築落成。
  • 1993年
    • 創業80周年。名古屋流通センターを開設。
  • 1995年
    • 札幌流通センターを開設。移動通信営業部を設置。
  • 1998年
    • 首都圏ロジスティクスセンター開設。
  • 1999年
    • 会社組織を6本部制とし会社機構の改革を行う。
  • 2003年
    • 創業90周年。中国上海駐在員事務所を開設。
  • 2006年
    • 資本金4億6,440万円。
  • 2007年
    • 資本金5億68万円。
  • 2009年
    • タイ現地法人を設立。
  • 2010年
    • 秋田デリバリーセンターを開設。
  • 2013年
    • 創業満100周年を迎える(4月10日)。
  • 2015年
    • 本社立て替えに伴い、本社機能を仮事務所に移転。
平均勤続勤務年数 18年11カ月(2016年4月現在)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 12日(2015年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 総務部 人事グループ
椿(つばき)
TEL:03-3555-6000
URL エンパイヤ自動車公式サイト:http://www.empire.co.jp/
E-mail お問い合わせは、当社ウェブサイト「採用情報」のお問い合わせフォームにて
受け付けております。
http://www.empire.co.jp/careers/index.html
交通機関 東京メトロ 日比谷線「八丁堀駅」すぐ
JR京葉線「八丁堀駅」徒歩5分
JR各線「東京駅」より徒歩15分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp70812/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ