最終更新日:2017/11/7

マイナビ2018

マイナビコード
73019
  • 正社員

横浜農業協同組合(JA横浜)

現在、応募受付を停止しています。

本社
神奈川県
出資金
125億円(2016年(平成28年)3月末)
貯金・貸出残高
貯金残高:1兆6,047億円(2016年(平成28年)3月末) 貸出残高:6,453億円(2016年(平成28年)3月末)
職員数
1,418名(2016年(平成28年)3月末)
募集人数
36〜40名

「みなさまから信頼されるJA」「地域から必要とされるJA」「社会に誇れるJA」をめざします。

JA横浜就職セミナーについて (2017/07/07更新)

みなさん、こんにちは!
横浜農業協同組合(JA横浜)です。
JA横浜では、2018年卒業予定の職員採用をいたします。


(2次募集)JA横浜独自就職セミナーを開催いたします!

7月26日(水)にJA横浜独自就職セミナーを開催いたします。
このセミナーを通じて業務内容や選考方法等を詳しく説明いた
します。

是非、この機会にご参加ください。
お申し込みは、マイナビよりお願いいたします。   

会社紹介記事

PHOTO
来店されるお客様は顔なじみの地域の方々が中心。身近だから、会話も弾み、笑顔も自然とあふれる。お客様と接することで職員も大きく成長できる環境がある。
PHOTO
店舗の接客業務に加え、毎日のお客様訪問も重要。ご高齢の方や農家の方々などいろいろなお客様宅を訪問する。毎月の訪問を楽しみにしてくれる方々のために笑顔で出発!

横浜農業を支え、地域から愛され、頼りにされる存在であり続けます!

PHOTO

横浜を舞台に人と自然との共生、人々の生活に貢献する事業活動を行っているJA横浜。農業をキーワードに地域に密着した総合事業を展開する。

 【横浜農業を支えるJAとして】
JA横浜は、横浜市一円をカバーする農業協同組合です。2015年4月にはJA田奈と合併し、「横浜はひとつ、JAもひとつ」を合言葉に事業を展開しています。
みなとみらいや横浜中華街など観光都市的なイメージを持つ横浜市ですが、管内農地面積は3,419haと神奈川県内で最大規模を誇っています。小規模農家も多く、少量多品目の農業が特徴であり、昔から農家の方々が自主的に庭先直売を行い、当組合の直営直売所以外に個人の直売所がおよそ1000カ所も存在しています。少子高齢化や農業を取り巻く環境の変化を背景にして農業は様々な課題を抱えていますが、都市型農業の持つメリットを活用し、各種農業講座や料理教室、担い手の育成・支援活動にも注力しています。
私たちは、地元で採れた野菜を地域で消費する地産地消の「横浜農業」を支援しています。

そして私たちの基本姿勢は3つ。

「みなさまから信頼されるJA」
「地域から必要とされるJA」
「社会に誇れるJA」

「農」と「食」をキーワードに、信用事業や共済事業などJAの総合事業を通じて組合員や地域の方々の生活全般を広くサポートしていくことが私たちの役割であり、みなさまの笑顔が私たちのやりがいです。


【横浜の街とともに歩み、成長意欲の高い方に期待】
そのようなJAの事業を現場の最前線で支えていくのが若手職員です。心を込めたおもてなしや誠実な姿勢で、店舗にお越しいただく方への対応はもちろん、お客様のご自宅や事業所に伺うことも日常の仕事です。職員との会話を楽しみにしてくださる方も多いのです。
そのご期待にお応えできるよう、新入職員研修をはじめ、各種階層別研修や資格取得支援制度も充実させて人材育成を行っています。職員一人ひとりの力が組織の成長への原動力であり、大切な財産、そして家族のような存在だと考えています。
「横浜の街が好き」「横浜とともに成長したい」「横浜の食と緑を守りたい」という意欲を持ち、温かい心を持って人と関われる方に私たちは期待しています!

会社データ

プロフィール

2003(平成15)年4月1日に横浜市内五つのJAが合併して発足し、2015(平成27)年4月にはJA田奈と合併し、市内のJAはひとつになりました。
 約371万人の人々が暮らす大都市横浜の中で、これからも地域に根ざした魅力あるJAとして組合員・利用者のニーズに応えていくことが、私たちに課せられた使命だと考えております。

事業内容
■信用事業:貯金、貸出、為替など総合金融業務
■共済事業:生命、建物更生、自動車など各種共済商品の取扱
■経済事業:農畜産物、肥料、飼料、生産資材、生活資材等の販売
■営農・生活・相談事業:営農相談、法務・税務相談、資産管理・融資相談など
本店郵便番号 241-0821
本店所在地 神奈川県横浜市旭区二俣川1-6-21
本店電話番号 045-414-0001(代)
設立 2003(平成15)年4月1日(横浜市内5JAが合併して設立)
出資金 125億円(2016年(平成28年)3月末)
職員数 1,418名(2016年(平成28年)3月末)
貯金・貸出残高 貯金残高:1兆6,047億円(2016年(平成28年)3月末)
貸出残高:6,453億円(2016年(平成28年)3月末)
事業所 ■本店
横浜市旭区二俣川1-6-21

■支店(横浜市内50支店)
本郷/本郷東/豊田/川上/舞岡/戸塚/大正/中田/和泉/いずみ野駅前/飯田/中川/緑園都市/原/瀬谷/瀬谷駅前/港南/日野/港南台/上大岡/磯子/杉田/金沢/金沢文庫/港北/小机/日吉/都田/東方/新田/新羽/都筑中川/北山田/山内/荏田/たまプラーザ/中里/たちばな台/新治/二俣川/新桜ケ丘/都岡/白根/神奈川/菅田/鶴見/保土ケ谷/和田町駅前/田奈/長津田

■センター
きた総合センター/みなみ総合センター/営農経済センター/きた地区営農経済センター/みなみ地区営農経済センター

■「ハマッ子」直売所
たまプラーザ/本郷/みなみ/瀬谷/南万騎が原/中里/都筑中川/四季菜館/舞岡や

■生産資材店舗「メルカート」
メルカートきた/メルカートみなみ/メルカートいそご/メルカートかながわ/メルカートつおか/メルカート田奈
 ○「メルカート」でも「ハマッ子」直売所を設置しております。
単体自己資本比率 16.79%(2016年(平成28年)3月末)
関連会社 (株)JA横浜協同サービス/本社・営業部2
平均勤続勤務年数 14年(2015年実績)
前年度の育児休業取得対象者数 38名(うち女性38名 2015年度実績)
前年度の育児休業取得者数 38名(うち女性38名 2015年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒241-0821
横浜市旭区二俣川1-6-21
JA横浜人事部 人事教育課
TEL:045-414-0001(代)
URL http://ja-yokohama.or.jp/
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp73019/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
横浜農業協同組合(JA横浜)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ