最終更新日:2017/9/19

マイナビ2018

マイナビコード
75390
  • 正社員

アークハリマ(株)

本社
兵庫県
資本金
1,928万円
売上高
約16億円(2016年3月実績)
従業員
39名(2017年3月現在)
募集人数
若干名

業界の先駆をなす金属材料のエキスパート

  • 積極的に受付中

★☆兵庫 大人気セミナー受付中!☆★ (2017/09/19更新)

こんにちは!
当社ページにアクセスいただきありがとうございます。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     アークハリマ株式会社
━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■


当社はステンレス・アルミなどの販売、加工を通して、
あらゆる産業界のニーズに応えている金属材料のエキスパート集団です。
二相系ステンレスを中心に高機能材料で全国展開中!

会社説明会は現在準備中です。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
明るさ、元気さ、前向きさ。当社が求める人材そのままに、活気と笑顔にあふれた社員たち。社員どうしのコミュニケーションも活発で、チームワークの良さは抜群です!
PHOTO
新人かどうかは関係なく、チャレンジする姿勢が大事!

金属材料の販売からモノ作りまで

PHOTO

「職種に関わらずモノづくりの一端を担い、当社にしかない強みを活かせることが、やりがいにつながる部分。当社の将来を担うくらいの意欲に期待しています」と柴田専務。

ステンレスをはじめとする金属材料を販売。
業界に先駆け、二相系ステンレスの国内への普及にも取り組んできました。

ステンレスは大きく分けて耐食性に優れたオーステナイト系と高強度を誇るフェライト系があり、それぞれの長所を併せ持つのが「二相系ステンレス」なんです。二相系ステンレスはヨーロッパでは一般的に使われているのですが、日本ではまだまだ認知度が低く、取り扱っている会社も少なかったので、当社は少量短納期にも対応できるよういちはやく在庫を取り揃え、業界に先駆けて販売に取り組みました。

一般的なステンレスというのは、どこの会社でも扱っているものがほぼ同じ。その中でお客様を獲得するためには、どうしても価格競争に巻き込まれてしまいます。金属材料のエキスパートとして、お客様の要望に一番適した材料のご提案ができてこそ生き残ることができると考えています。


当社は金属材料の商社としてスタートしましたが、現在はモノづくりにも重点をおいています。当社のモノづくりは、様々な加工手段でお客様のご要望にオーダーメイドでお応えします。

現在手がけているのは、化学、半導体、食品、エネルギー、水処理等の各種プラントの機械部品や装置の製作です。モノづくりで「二相系ステンレス」を使用した例では、醤油貯蔵タンクがあります。醤油の塩分によるタンクの腐食に悩んでおられたヒガシマル醤油株式会社様には、当社の二相系ステンレスをご紹介し、腐食に対する試験からタンクの設置まで数年がかりで完成させることができました。

現状は材料販売対モノづくりが7対3の割合ですが、5年前後をメドに5:5の割合にシフトしたい。その一環として工場の建設と拡張を計画しています。また、製缶溶接の部門ではロボットも導入予定です。



会社の成長を考えるうえで、社員教育は最優先事項。新人研修はみっちり1年間、基本をしっかり修得していれば、5年後10年後の伸びが違うと考えています。

社内研修や勉強会などが充実しているだけでなく、やる気がある社員は全面的にバックアップ。業務時間内でもどんどん外部研修に参加していただいて構いませんし、費用も全額会社が負担します。

こういった制度を活用して実力を付け、将来に亘ってイキイキワクワク本当の意味で楽しく仕事に励んでほしいですね。

(専務取締役 柴田耕作)



会社データ

プロフィール

 ステンレス、アルミ、チタン等の金属材料の卸売から、機器・装置の製作まで、幅広い技術とノウハウ、情報を駆使してお客様のご要望にお応えする「金属材料のエキスパート」です。更に、次世代のステンレス「二相系ステンレス」をヨーロッパの鉄鋼メーカーから輸入し在庫を完備して全国への販売展開を進めています。
 アークハリマの社員は、一人ひとりが常に目的意識・問題意識をもち、“?”を“!”に変える努力をしております。また、明確な目的と目標をもち、正しい物の見方・考え方で行動し、自創する人間を目指しています。

事業内容
ステンレス等金属材料の販売および加工
■材料販売
ステンレス・アルミ・チタン・ハステロイその他高機能材料・特殊金属
■材料切断加工販売
レーザー切断、プラズマ切断、シャーリング切断、機械加工、溶接・製缶加工、精密板金加工、ベンディングほか
■機器・装置の製作
半導体関連製造装置、タンク・架台・ダクト等各種構造物
本社郵便番号 671-0252
本社所在地 兵庫県姫路市花田町加納原田771-1
本社電話番号 079-252-2234
設立 1969(昭和44)年8月1日
資本金 1,928万円
従業員 39名(2017年3月現在)
売上高 約16億円(2016年3月実績)
売上高推移 16億円 (2014年3月度実績)
16億円 (2015年3月度実績)
事業所 本社および工場
主な取引先 三菱重工業、三菱日立パワーシステムズ、川崎重工業、三菱マテリアルテクノ、帝国電機製作所、酉島製作所、国際石油開発帝石、三相電機、タクミナ、石油資源開発、ヒガシマル醤油、キッツ ほか
取扱メーカー イノック、山陽特殊製鋼、新日鐵住金ステンレス、大同特殊鋼、日本鏡板工業、日新製鋼、
ステンレスパイプ工業、Outokumpu Stainless AB、AB Sandvik Materials Technology、
MYSCO Co.,Ltd、POSCO Specialty Steel Co.,Ltd、ACEROS INOXIDABLES OLARRA S.A.、
DK Corporation、 ほか
平均年齢 40歳
平均勤続年数 12年
経営理念 自立創造経営を通して
社会の役に立ち
みんなで良くなろう
社訓 “?”
「この仕事は何のために? 目的は? ではどうする?」 社員一人ひとりが常に目的意識・問題意識を持ち、“?”を“!”に変える努力をしています。
自創経営 会社は社員の自己実現の場。当社は、社員一人ひとりが自ら創造し自らを創る「自創経営(自立創造経営)」を経営の柱にしています。全員がイキイキワクワク職務に取組み、能力・知識を向上させる環境と仕組を構築しております。
人事体系 成果・能力に応じた人事システム
自創経営を基盤に、やればやるほど、能力を上げれば上げるほど、成果を出せば出すほど、職位・処遇に適正に反映させる人事システムを採用しています。
沿革
  • 1969年
    • 播磨ステン加工(株)を設立(姫路市砥堀)
  • 1987年
    • 藤田守が代表取締役を退任し会長に就任
      柴田和久が代表取締役社長に就任
  • 1990年
    • 事務所、工場を新築移転(姫路市花田町)
      砥堀工場は、第2工場となり、レーザー加工工場となる
  • 1991年
    • 「アークハリマ(株)」に社名変更 
      24時間無人レーザー切断機の導入
  • 1996年
    • 水プラズマ切断機を導入
  • 1998年
    • 本社事務所新築、第2工場を建設
      砥堀工場のレーザー切断機を花田町に移設
      立体自動倉庫を導入
      3kwレーザー切断機を導入
  • 1999年
    • 基幹情報システム「ATOMS」を構築
  • 2000年
    • 「自創経営」を導入
  • 2003年
    • 第3工場を建設
  • 2004年
    • 第4工場を建設
  • 2007年
    • 第5工場を建設
      基幹情報システムを「New ATOMS」にリニューアル
  • 2008年
    • 第5工場を増築拡張
  • 2011年1月
    • ISO9001 認証取得
  • 2011年12月
    • ISO14001 認証取得
  • 2012年10月
    • 大型鋸切断機および丸鋸盤・縦鋸盤を導入
  • 2012年12月
    • 最新鋭大型高速6kWレーザー加工機を導入
  • 2015年10月
    • 新鋭プラズマ切断機導入
  • 2017年3月
    • 基幹システム再構築
平均勤続勤務年数 平均勤続年数 10.9年
平均年齢 39.6歳
(2015年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 10.3時間(2015年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒671-0252
兵庫県姫路市花田町加納原田771-1
TEL:079-252-2234
FAX:079-252-0102
担当:総務部 篠塚/安平
URL http://www.arc1.co.jp/
E-mail arc-saiyo@arc1.co.jp
交通機関 最寄駅:JR山陽本線・神戸線「御着駅」
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp75390/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
アークハリマ(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ