最終更新日:2017/9/19

マイナビ2018

マイナビコード
75822
  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

(株)システナ【東証一部上場】

本社
東京都
資本金
15億1,375万円
売上高
単体:420億8,500万円/連結:462億5,500万円(2017年3月期実績)※対前年比108.3%
従業員
単体:2,266名/連結:3,043名(2017年4月1日現在)
募集人数
101〜200名

【ITを通して幸せな社会を創る】進化を続ける東証一部上場の独立系Sier、システナが次なる舞台へ挑む。

  • 積極的に受付中

□■<魅力説明会 開催中!>Webだけではわからない、システナの裏側をお見せします■□ (2017/09/19更新)

学生の皆さん、システナの採用ページへようこそ!

「IT業界って?」「エンジニア・営業の『本当の』仕事って?」
システナの役員が直接魅力をお伝えする「魅力説明会」を開催中です!

ここだけの限定情報など、目からウロコな情報が盛りだくさん。
ぜひふるってご参加ください!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
ITで人々を幸せにするために、常に一歩先の未来を見据えて動く。一人ひとりの自由な発想と真摯な姿勢が新たなサービスを生み出し、システナの存在価値を高めている。
PHOTO
システナには個々の強みや技術の成熟度に応じた教育制度が充実。「人」を大切にする風土が、文系理系を問わず様々なキャリアパスを描ける仕組みを創り上げている。

多種多様な仲間が集まる、システナを創りたい。

PHOTO

得意分野も個性も多種多様だが、「誰かを幸せにしたい」という想いは一つ。多彩な人材が集まり、切磋琢磨しながら技術者として日々成長を続けている。

■IoT時代到来。今こそシステナの力が発揮される

日進月歩で進化するIT業界。ほんの数カ月前のことが遠い過去になるような進化の早い分野で、システナは成長してきました。常に時代の先を見据えた鋭い経営判断と実現力が私たちの強み。例えば、強みの一つであるモバイル分野においては、国内キャリアをはじめ、大手メーカー各社から厚い信頼を得ています。

私たちの現在のテーマは四つ。一つは、昨今注目を集めているIoT事業です。子会社のシステナアメリカではシリコンバレーの先進企業とタッグを組み、IoTのプラットフォームを開発。最先端技術を応用し、当社が国内で事業展開をするなど、私たちの活躍の場は常に最先端へと広がっています。

そして二つ目が自動車分野。世界に誇る日本の主要産業である自動車とITを融合し、運転支援システムや車載システムなど近未来の技術開発に挑んでいます。さらに三つ目が、近年ニーズが急増している社会インフラや公共系プロジェクトの強化。四つ目がグローバル化で、アメリカシリコンバレーのベンチャーとの最先端技術の共同開発にも力をいれています。

将来性豊かな分野で未来につながるシステムを生み出しているシステナ。社員にとっても力を発揮できるチャンスにあふれています。


■ニーズは多様化。だからこそ「個」が光る組織づくりを

私たちにとって技術はあくまで手段の一つ。技術を磨いた先にいるお客様、ひいては社会全体をハッピーにすることが私たちの目指す未来です。そのためには、新たな技術に積極的に挑まなければ、この先の成長はありません。

さらなる飛躍に向けて、システナは今まで以上に多様な人材を求めています。それは、様々な知恵、価値観、経験を持ち寄ることで、新たなサービスを生む力になると考えているから。そのため当社では長年、文系や理系という括りに捉われない採用を行ってきました。誰かを幸せにしたいという想いと、モノづくりへの好奇心。それが、システナで働く上での必須条件です。

これから入社する方は、システナの文化を育て、未来を創っていく仲間です。スペシャリストとして最先端技術を磨き続けるのもいい。マネジメントスキルを身に付け、組織を牽引するのもいい。コンサルとして創造性豊かな提案をするのもいい。それぞれの「個」を発揮して、活躍してくれることを期待しています。

<上席執行役員 国分 靖哲>

会社データ

プロフィール

1983年の設立以来、独立系SIerとして幅広い顧客へサービスを提供し続けるシステナ。最先端の自動車関連開発や情報端末開発、通信サーバー・ネットワーク構築、1日15億PV以上を記録する有名ポータルサイトシステム開発などを手掛け、取引先は一流メーカーや通信キャリアなど、国内大手企業を中心に多岐に渡っています。

約20年以上前から業界の拡大を見据え、中でも通信分野の将来性を予見して、選択と集中による技術力向上に注力してきました。その結果、多くの企業からの信頼を獲得し、今や様々な案件において提案型開発を実現させています。近年は「IoT(Internet of Things)」を軸に、自動車分野や公共系の分野にも注力しており、システナの活躍のフィールドはますます拡大し続けています。

国内では歴史あるSIerであり、2005年には東証一部に上場を果たしたシステナ。その成長の要因は、ベンチャーマインドに他なりません。「もっと成長をしたい」「新しいことにチャレンジしたい」という高い意欲を持った仲間が集まり、今もなお現状に満足することなく、挑戦を続けています。

私たちの根幹にあるのは、『日本のあしたにエナジーを!』という経営理念です。お客様のビジネスをIT技術で支え、日本経済全体を元気にしていく。この理念に共感してくださる方と、お会いできることを楽しみにしています。

事業内容

PHOTO

豊富な実績に甘んじず、さらなる飛躍を目指すシステナ。パートナーシップを結ぶ企業からの表彰楯や認定証の数々が、絶大な信頼を勝ち取ってきた何よりの証だ。

IoT、自動車関連システムなどの開発・品質検証、金融機関およびWebビジネス向けシステム開発、システムの運用・ヘルプデスク、IT商品の販売、クラウドサービスなど、システムの企画・設計・開発・導入から保守・ユーザーサポートまでのトータル・ソリューション・サービスを提供しています。

■システム開発事業
ますますニーズが高まっているIoTや自動運転、運転支援などの自動車関連システム、スマートフォン、セキュリティアプリなどのフロントエンドシステムから、ポータルサイト、バックエンドサーバーシステム、メインフレームの基幹業務システムまで次世代のシステムやサービスをターゲットにした幅広いシステム開発を行っています。

■ソリューション営業
企業向け各種IT製品(PC、サーバー、ネットワーク、周辺機器、ソフトウェア等)の販売やシステムインテグレーションサービスを中核に、システナが持つすべてのリソース(モバイルソリューション、システム開発、システムの運用・保守、ヘルプデスク、ユーザーサポート、クラウドサービス)を融合し、システナの総合営業としてお客様に最適なITソリューションを提供しています。

■クラウド事業
クラウドサービスである『GSuite』や『Microsoft Office 365』、システナ独自サービスである『cloudstep』の販売や導入支援を通じて、お客様の社内コミュニケーションのコンサルテーションを行うと共に、パブリッククラウドでは実現できないサービスをプライベートクラウドで提供しています。

■ITサービス事業
ネットワーク・サーバー等のITインフラや各種業務システムの運用サポート・インストラクション・ヘルプデスク業務など、お客様のビジネスをお手伝いする様々なITサービスを提案、提供しています。
本社郵便番号 105-0022
本社所在地 東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング14F
本社電話番号 03-6367-3840
創業 1981年2月
設立 1983年3月
資本金 15億1,375万円
従業員 単体:2,266名/連結:3,043名(2017年4月1日現在)
売上高 単体:420億8,500万円/連結:462億5,500万円(2017年3月期実績)※対前年比108.3%
営業利益 単体:38億8,200万円/連結:36億9,200万円(2017年3月期実績)※対前年比116.4%
代表者 代表取締役社長 三浦 賢治
事業所 本社:汐留ビルディング14F(東京都港区)
大阪支社:アプローズタワー18F(大阪市北区)
横浜事業所:横浜ランドマークタワー23F(横浜市西区)
名古屋営業所(名古屋市中区)
札幌開発センター(札幌市中央区)
福岡開発センター(福岡市博多区)
広島開発センター(広島市中区)
竹芝デザインスタジオ(東京都港区)
関連会社 (株)ProVision
東京都ビジネスサービス(株)
(株)GaYa
(株)IDY
(株)インターネットオブシングス
(株)キャリアリンケージ
Systena(THAILAND)Co.,Ltd.
Systena America Inc.
Systena Vietnam Co.,Ltd,
経営理念 心に残る仕事を通じて、
 お客様に愛され、
  社会に親しまれ、
   日本のあしたにエナジーを!

システナは本当の意味でお客様や社会に必要とされる存在となり、お客様の事業の成功と社会インフラの整備をIT技術で支えていくことで、日本経済発展のために貢献したいと考えています。
システナ成長のポイント 当社では、企業が成長し発展するためには、以下3つの要素が必要と考えています。

●成長するマーケット(市場)を選択すること
マクロ的に大きな成長が見込める分野を選択し、その中で核となる技術やノウハウを集中的に持つと共に、次世代のマーケットを常に検討しながら業務展開する先見性が必要です。

●シェアを伸ばす戦略を立て、実行すること
技術革新が早いIT業界においては、月次・週次で事業戦略を練り直し、常に効果的な手段・方法で事業を進めていくことが必要です。また、その戦略を直ちに実行するだけのスピードも必要です。

●優秀な人材を採用し、育成すること
企業が成長していくうえで最も重要な要素は社員の力です。「優秀な社員」とは、単に「能力や知識、経験がある人」を指すのではなく、当社では、たとえ高度な目標でも立ち向かう勇気を持った「やる気のある社員」を言います。

当社は、社員が自分自身の成長の喜びと共に、顧客や社会に対して貢献する達成感や満足感を得ることができる企業を目指しています。そのため、社員の育成に力を入れ、技術やノウハウを社内に蓄積してきました。
また、人事評価や給与システムも、学歴・性別・文理専攻・入社年数など業務に関係の無い要素は一切排除し、全ての社員が公平・平等に職域と職責、業務スキルで評価され、評価結果も本人に公開された上で面談を行うなど、透明性を高めてきました。
今後も「社員が財産」という方針の下、技術者の育成や働きやすい職場の醸成に努めてまいります。
沿革
  • 1983年
    • 3月 ヘンミエンジニアリング(株)を設立
  • 1984年
    • 2月 (株)システムプロに商号変更
  • 1988年
    • 2月 日本初の対戦型オンラインゲーム「麻雀クラブ」の開発に成功
  • 1990年
    • 5月 パソコン、ワークステーションの業務用アプリケーションソフト受託を開始
  • 1996年
    • 4月 通信系ファームウェアの業務知識を活かし、移動体端末ソフト開発部隊を編成。PHS開発、PDC開発
  • 1997年
    • 6月 インターネット上でのオンラインゲームサイトを構築、サービスを開始
  • 2000年
    • 9月 モバイルコンピューティングの需要拡大に伴い、ネットワーク・コミュニケーション・グループ内に携帯電話向けコンテンツ開発販売チームを編成
  • 2001年
    • 2月 品質管理および品質保証のための国際標準であるISO9001認証取得
  • 2002年
    • 2月 東京事業所を開設
      8月 大阪証券取引所ナスダックジャパン市場に上場
  • 2004年
    • 2月 本社を横浜ランドマークタワーへ移転
      6月 大阪市に関西支社を設置
      11月 東京証券取引所市場第二部に上場
      12月 関西支社を大阪支社に名称変更
  • 2005年
    • 5月 北洋情報システム(株)と業務提携
      6月 北洋情報システム(株)の子会社ProVisionの株式を取得し、連結子会社化
      8月 シンビアン「プラチナ・パートナー・プログラム」に参加
      10月 東京証券取引所市場第一部に指定
  • 2006年
    • 2月 QUALCOMM「BREW Developer Alliance Program」に参加。大阪支社を移転。
      9月 北洋情報システム(株)の株式取得(持分法適用関連会社化)
  • 2007年
    • 2月 カテナ(株)と資本・業務提携(持分法適用関連会社化)
  • 2009年
    • 3月 ユビキタスネット社会の実現を目指して「ユビキタスネット社会推進協議会」に参加
      4月 カテナ(株)と共同で「クラウドソリューション」サービスの提供を開始。Androidの組込み機器への活用・普及を目指す「OESF」に参加
      11月 Symbian Foundationへ参加
      12月 カテナ(株)と合併契約書締結
  • 2010年
    • 1月 決算期を3月31日に変更
      4月 カテナ(株)を合併し商号をシスプロカテナ(株)とする
      6月 リトルソフト(株)の株式取得(持分法適用関連会社化)
      7月 商号を(株)システナに変更。本社を東京都港区に変更
  • 2010年
    • 11月 スマートフォン向けアバターゲームポータルの企画・運営を事業内容とする子会社「(株)GaYa」を設立
  • 2011年
    • 2月 連結子会社アドバンスト・アプリケーション(株)の当社持分をJBエンタープライズソリューション(株)に譲渡
      4月 (株)IDYの株式を取得(連結子会社化)。情報システム事業の一部を(株)FBSに譲渡
  • 2011年
    • 7月 当社とiSoftStone Holdings Limitedとの弁会社iSYS Information Technology Co.Ltd.を北京市に設立
  • 2012年
    • 2月 東広島市に広島営業所(現 西日本開発センター広島分室)を設置
  • 2013年
    • 3月 札幌市に札幌開発センターを設置
      4月 福岡市に福岡開発センターを設置
      Systena(THAILAND)Co.,Ltd.をバンコク市に設立(連結子会社化)
      6月  日本初の「TIZEN(TM)」を搭載した10.1インチタブレットの開発に成功
      10月 名古屋市に名古屋営業所を設置
  • 2014年
    • 7月 Systena Vietnam Co.,Ltd.をハノイ市に設立(連結子会社化)
  • 2015年
    • 1月 ソリューションデザイン本部の分室を国際浜松町ビルに開設
      5月 広島開発センターを広島市に移転
  • 2016年
    • 4月 IoT、ロボット、Fintech、ソーシャルメディア関連の企画・開発・販売などのサービス提供を事業内容とする子会社「株式会社インターネットオブシングス」を設立
  • 2016年
    • 有料職業紹介事業、労働者派遣事業、人材育成および能力開発のための研修ならびに業務アウトソーシング等を事業内容とする子会社「(株)キャリアリンケージ」を設立
平均勤続勤務年数 7.5年(2015年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 34.4時間(2015年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 12.5日(2015年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 75名(うち女性19名、男性56名 2015年度実績)
前年度の育児休業取得者数 19名(うち女性18名、男性1名 2015年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 8%(324名中女性26名 2015年度実績)

採用データ

取材情報

一人ひとりの“個性”と“想い”が、「日本のあした」を創る力になる。
システナの未来を担う、三者三様の成長ストーリー。
PHOTO

先輩情報

働きやすい環境での充実した仕事がある
M.N
2009年入社
フェリス女学院大学
国際交流学部 国際交流学科
システムエンジニア
携帯端末の評価
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 【本社】
 東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング14F
 TEL:03-6367-3845

【大阪支社】
 大阪府大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー18F
 TEL:06-6376-3537
URL システナHP
http://www.systena.co.jp/

新卒採用HP
http://recruit.systena.co.jp/
E-mail 採用担当
fresh@systena.co.jp(本社・大阪支社)
交通機関 【本社】
 JR山手線、京浜東北線「浜松町」駅 北口より徒歩3分
 都営地下鉄大江戸線、浅草線「大門」駅 B1出口より徒歩3分
 東京モノレール「浜松町」駅 中央口より徒歩5分

【大阪支社】
 阪急各線「梅田」駅 茶屋町出口より徒歩6分
 JR各線「大阪」駅 御堂筋出口より徒歩10分
 大阪市営地下鉄 御堂筋線「中津」駅 4番出口より徒歩4分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp75822/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)システナ【東証一部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ