最終更新日:2017/8/29

マイナビ2018

マイナビコード
78018
  • 正社員

(株)東研サーモテック

本社
大阪府
資本金
8,800万円
売上高
151億円(2017年3月期決算)
従業員
740名(2016年11月)
募集人数
1〜5名

「熱」の力で鋼を強くする!!創業80年を迎える熱処理のパイオニア。

社長セミナー予約受付中! (2017/03/06更新)

この度は、当社ページをご覧いただきありがとうございます。
株式会社東研サーモテックの採用担当です。

説明会の予定を随時更新してまいります。
皆様のご予約、お待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
最新技術や設備に魅力を感じ、自分たちが成長できるフィールドを求めて集まってきた仲間たちがいる当社。全スタッフが力を合わせて頑張っています!
PHOTO
今、若手社員が人財を育てていこうと率先して動いています。専門的な言葉が多いので、相手の立場になって考えながら、わかりやすく伝えることを意識しています。

製造・品質管理・営業の先輩社員たちが語る、東研サーモテックの働きやすさとは?

PHOTO

お客様が希望する納期に応えるため、製造・品質管理・営業が連携して工程を進めます。力を合わせて目的を達成した時、その喜びを仲間と分かち合えることがやりがいです!

私は製造課に所属しています。熱処理を行なう加熱炉に製品を入れるため、専用トレイに製品を並べる作業や、アルバイトへの指示や注意事項の共有も担当しています。製造現場で学んだことは、「報(告)・連(絡)・相(談)」の大切さ。どんなに小さな傷であっても、見つければすぐに報告します。製造段階で見逃したまま部品が納品されれば、車などにそのまま使用されることになるからです。そして、最も大切なのは安全な職場であること。現場で焦ると怪我につながり、とても危険なので、まずは自分自身が専門的な知識をもっと深めて、後輩がじっくり安全に学べる環境にしてあげたいです。
《生田 崚/製造課/2015年入社》

私の担当は、自動車に使用するトルクコンバータという部品の熱処理。お客様から預かった試作品に熱処理を加え、硬度や寸法を測定し、お客様が求めている規格であるかを検査します。「鋼」は、その材質や熱処理の方法によって、さまざまなキャラクターに変化するので、特徴を知っておくことでいろんなキャラクターを誕生させることもできるのです。この面白さを追求するためにも、もっと知識を増やしていきたいと思っています。
当社は、教育体制が充実していることも魅力の一つ。私は今、熱処理の専門的な知識を学ぶため、受講料を会社に支援していただき、大学の外部講義を受講させてもらっています。これ以外にも、社員に学ぶ機会を多く与えてくれる会社です。
《足立 了一/品質管理課/2014年入社》

営業の仕事は、既存のお客様に新しい技術の案内や、お客様から預かった製品の図面を社内で展開し、見積りを作成する「会社の窓口」としての役割を担います。お客様から預かった製品に、付加価値を付けて納品するため、生産工程を管理することが主な仕事です。納期を守るため、製造や品質管理との連携が重要ですが、入社当時は現場の先輩に声をかけられず困っていました。そんな時、「新入社員の仕事は、質問をすること」だと言っていただいたのです。後輩が質問することは、先輩に学びの場を提供することになるのだと教わり、どんどん声をかけられるようになりました。今後は、幅広い知識を活用できるユーティリティプレイヤーを目指したいです!
《坂井 貴之/営業課/2014年入社》

会社データ

プロフィール

私たち東研サーモテックが取り扱っている金属熱処理は、主な処理製品は自動車部品、建設機械、家電、工具・刃物からスポーツ用品や文房具…と、あらゆる金属材料を用いる上で欠かせない加工です。特に当社は戦前から関西熱処理業界の草分けとして創業し、以来幅広い業界を取引先に持ち、信頼性の高い技術を提供しています。
また、薄膜形成処理を担うセラハード事業部のように、金属熱処理に加えて新たな機能を持たせる加工を手がけることで“金属処理の専門家”としての地位を確固たるものとしています。

近年は世界的な視点で見ても金属熱処理加工及び薄膜形成処理の分野のビジネスチャンスが広がっており、そのチャンスを活かすためにタイ・マレーシア進出に続き、2011年には中国、2012年にメキシコと海外進出の手を打ってきました。今後は海外展開をより重視していきますが、国内でも更なるお客様からの信頼を得る必要もあります。これからは国内外共に、よりいっそう金属熱処理という分野ではどこにも負けない技術を追求していきます。

【主な事業内容】
■金属熱処理加工
ガス浸炭、ガス浸炭窒化、ガス窒化、ガス軟窒化、焼入れ、焼戻し、焼ならし、焼なまし、無酸化焼入れ、ソルト焼入れ、アルミ溶体化処理、真空熱処理、高周波焼入れ、高周波焼戻し、ステンレス熱処理、オーステンパー、ADI処理
■薄膜形成処理
DLC、PVD、VC処理
■ろう付け
■ショットブラスト、ショットピーニング
■金属材料成分分析(カントバック・SEM)
■熱処理設備の仕様・製作に関するコンサルティング業務

事業内容

PHOTO

自身、技術者出身で、社員からの人望も厚い川嵜会長。「専門性を高めていく探究心と、広い視野と応用力を兼ね備えた人と、これからも新しいことに挑戦していきたいですね」

○熱処理の専門家としての道を極めませんか!
■熱処理業界の草分けとして業界をリード
当社は創業以来、80年以上にわたり「金属熱処理のスペシャリスト」として実績を積んできました。鋼は熱を加えることで強度が増します。当社は、最もシビアな要求が求められる自動車部品を中心に、産業・建設機械などの部品に使用される金属材料の熱処理を行い、売上、機械台数、従業員数とも熱処理業界トップクラスの規模で(※)、業界をリード。1995年には業界で初めて海外に進出し、活躍の場を広げています。
■自動車の軽量・省エネ化に貢献
自動車を構成する約3万点の部品の多くは金属でできています。各メーカーが燃費競争を繰り広げるなか、注力しているのが部品の軽量化。その軽量化と相反し、強度をカバーしているのが熱処理です。当社は国内すべての自動車メーカーと取引し、街を走る多くの車に当社の技術が生かされています。近年は金属表面にコーティングを施す薄膜形成処理にも力を入れ、自動車業界の排ガス規制や省エネ化に貢献しています。
■技術力への信頼の証、大手63社の認定工場
熱処理は金属の組織を変えて強度を出すもので、外観から品質を確かめることができません。そのため、各企業は独自の基準による「熱処理工場認定制度」を設けており、当社は自動車業界をはじめ、重工業、家電、造船など幅広い業界の大手63社から認定を受けています。技術力の高さは、経済産業省主催の「ものづくり日本大賞」の受賞にも結実。国家資格である金属熱処理技能士資格の取得者は507名と業界最多の人数を誇っています(※)。
■求めるのは探求する姿勢と、柔軟に対応ができる人
金属の種類は、ステンレスやバネ鋼といった特殊鋼だけで100種類以上。種類が違えば、熱処理の温度、時間、使う設備も異なり、それは材料によって調理法が違う料理にも似ています。日々、新しい要求品質に対応するなかで“レシピ”を考え、経験を積み重ねていくことが、技術力を向上させます。
終わりがないからこそ、技術者として探求していくやりがいがある仕事です。市場が求める技術も刻々と変化するなか、当社が求めるのは探求する姿勢があり、柔軟に対応ができる人です。資格取得支援や海外トレーニーなどの各種研修制度が整った当社なら、グローバルな舞台で熱処理の専門家として活躍したい方に最適なフィールドが広がっています。
※日本金属熱処理工業会調べ
本社郵便番号 546-0041
本社所在地 大阪府大阪市東住吉区桑津5-22-3
本社電話番号 06-6719-2812
創業 1927年
設立 1939年8月
資本金 8,800万円
従業員 740名(2016年11月)
売上高 151億円(2017年3月期決算)
事業所 大阪府(本社、巽工場、セラハード事業部、寝屋川工場、柏原工場、富田林工場)
三重県(名張工場、三重工場、セラハード事業部中部事業所、ファーネス&メンテナンス部)
兵庫県(小野工場、播磨工場)
主な取引先 アイシン・エィ・ダブリュ(株)、アイシン・エィ・ダブリュ工業(株)、アイシン精機(株)、芦森工業(株)、(株)天辻鋼球製作所、いすゞ自動車(株)、(株)エクセディ、NTN(株)、大阪ガス(株)、カヤバ工業(株)(相模)、川崎重工業(株)、関西電力(株)、キャタピラージャパン(株)、(株)クボタ、(株)神戸製鋼所(大久保・高砂)、コベルコクレーン(株)、(株)小松製作所、三洋電機(株)、山陽特殊製鋼(株)、(株)ジェイテクト、(株)シマノ、ジヤトコ(株)、住友重機械工業(株)、住友電気工業(株)、ダイキン工業(株)、大同工業(株)、ダイハツ工業(株)、ダイベア(株)、タカタ(株)、中央発条(株)、中部電力(株)、(株)椿本チエイン、(株)デンソー、(株)東海理化電機製作所、東京電力(株)、(株)豊田自動織機、トヨタ自動車(株)、ナブテスコ(株)、UDトラックス(株)、日本精工(株)、日本トムソン(株)、日立建機(株)(土浦工場)、(株)日立製作所、富士重工業(株)、(株)フセラシ、ボッシュ(株)、本田技研工業(株)、マツダ(株)、三菱自動車工業(株)、三菱重工業(株)(相模・名古屋)、三菱電機(株)、モリテックスチール(株)、ヤマハマリン(株) 他(五十音順)
平均年齢 37歳
平均勤続年数 19年
ISO取得状況 ISO9001(品質):全工場
ISO14001(環境):寝屋川工場、名張工場、三重工場、セラハード事業部、セラハード事業部中部事業所
日本工業規格表示許可工場 JIS B 6911 焼きならし・焼なまし
JIS B 6913 焼入れ・焼き戻し
関連会社 海 外(タイ、マレーシア、中国、メキシコ)
沿革
  • 1927年04月
    • 関西熱処理業界の草分けとして創業
  • 1939年08月
    • (株)東洋金属熱処理研究所として創立
  • 1960年10月
    • 巽工場を新設
  • 1964年04月
    • 寝屋川工場を新設
  • 1970年06月
    • JIS表示許可工場となる(寝屋川工場JISB6911)
  • 1973年09月
    • JIS表示許可工場となる(寝屋川工場JISB6913)
  • 1973年10月
    • 名張工場を新設
  • 1980年06月
    • JIS表示許可工場となる(本社工場JISB6913)
  • 1980年12月
    • 柏原工場を新設
  • 1981年04月
    • 小野工場を新設
  • 1985年07月
    • セラハード事業部を新設
  • 1985年08月
    • 富田林工場を新設
  • 1989年11月
    • 三重工場を新設
  • 1991年01月
    • 播磨工場を新設
  • 1991年03月
    • (株)東研サーモテックに社名変更
  • 1995年01月
    • タイ王国にタイトーケンサーモ(株)を設立
  • 1996年01月
    • マレーシアにトーケンマレーシア(株)を設立
  • 2009年05月
    • セラハード事業部中部事業所を新設
  • 2010年06月
    • 中国に東研(蘇州)熱処理有限公司を設立
  • 2012年05月
    • メキシコにトーケンサーモメヒカーナ(株)を設立
平均勤続勤務年数 19年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 23時間(2015年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 6.4日(2015年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 11名(女性3名、男性8名)
前年度の育児休業取得者数 3名(女性3名、男性0名)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 0%

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)東研サーモテック 総務部
TEL 0120-907-839(受付:9時〜12時/13時〜17時)
採用担当者:田仁(タニ)
〒546-0041 大阪市東住吉区桑津5-22-3
URL http://www.tohkenthermo.co.jp
E-mail saiyou@tohkenthermo.co.jp
交通機関 JR関西本線 東部市場前駅下車 徒歩約15分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp78018/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)東研サーモテックと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ