最終更新日:2017/8/14

マイナビ2018

マイナビコード
80293
  • 正社員
  • 既卒可

パルシステムグループ(生活協同組合)[グループ募集]

本社
東京都
募集人数
31〜35名

わたしたちの「選ぶ」が社会を変える

地域で活躍したい方、ぜひエントリーください! (2017/03/01更新)

こんにちは。パルシステム採用事務局の植田です。
パルシステムグループのページをご覧いただき、ありがとうございます!

グループで募集を行っておりますが、最終的には組織ごと(組織ごと)の採用となります。「地元で頑張りたい」「地域で活躍したい」という方、エントリーをお待ちしております!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
オリジナル商品の開発を進めるパルシステム。独自基準を設定し組合員の声を取り入れ、産地やメーカーと協力しながら安全でおいしい商品づくりをしています。
PHOTO
職員は利用者のくらしのパートナーのような存在。利用者の暮らしが心豊かになるためにはどうしたらよいかを考え、自らアクションを起こす。これが私たちの仕事です。

「食べる」をとおして社会を、未来を元気に

◆はじめまして、パルシステムです!
 パルシステムグループは首都圏を中心とした1都11県にある13の生活協同組合(生協)と、これら13の生協から商品開発、物流、システム開発などの業務委託を受けているパルシステム連合会、そしてコープ共済などを専門に扱うパルシステム共済連合会、8つの子会社・関連会社で構成されています。 

 パルシステムグループの理念
「心豊かなくらしと共生の社会を創ります」

物質的な豊かさだけでなく、心の豊かさや安らぎ、くらしの質、人と人の結びつきを大切な価値として求めるくらしを創っていきたい。
自然と人の共生、地域や属性を越えた人と人の共生、現在と未来との共生をめざし助けあう社会を創っていきたい。

パルシステムはこの理念を実現するべく、事業や活動を推進しています。

 
◆商品へのこだわり
 〜 私たちの「選ぶ」が社会を変える 〜
 どんなに忙しい日々でも、欠かすことのできない「食べる」という営み。「食べる」ことは「生きる」ことそのものです。
 けれど、そんな大切な「食」なのに、効率や生産性が重視される今の社会では、「作る」と「食べる」の距離は遠のくばかり。私たちがその背景や物語を知る機会はごく限られています。
 パルシステムでは「食」「くらし」を支える商品は「ほんもの」でなければならないと考えます。「ほんもの」とは、おいしいことや使いやすいことはもちろん、作る場、使う場において、自然や生きもの本来の姿を尊重していること、持続可能性を大事にしていること、そして「作り手」と共感をもってつながっていること。
「ほんもの」を選ぶことで、私たちは一人ひとりが心豊かなくらしを楽しみながら、よりよい社会と自然環境を次世代に引き継ぐことができる。それこそが「消費」の力であり、責任であると考えます。

 上記のメッセージはパルシステムが組合員に対して発信しているものです。この考え方を持って産地・メーカーと一緒にこだわりのある商品づくりをします。職員はこだわりの商品と一緒にその想いも組合員にお届けします。つまり産地・メーカーと組合員をつなぎながら社会を変えていく一端を担っているのです。

会社データ

プロフィール

「今日の買い物で、子どもたちの未来が決まる」と言ったら突拍子もない話に聞こえるでしょうか。

たとえば、私たちがお米を食べることで、田んぼや生産者いきいきと輝き、
石けんを使うことで川や海、そこにすむ生き物を守ることができる。

「選ぶ」「買う」という行為には、
創りや産地を応援し未来へ向けて、そうした夢を一歩ずつ前進させていく力があります。

私たち一人ひとりの「選ぶ」「買う」が社会をつくっていきます。

ただ商品を作り売るだけではない。
商品が持つ物語や未来をも見据えた商品を広め、より良い社会を築くことを目指しているのがパルシステムです。

事業内容

PHOTO

商品供給事業とは単純に商品をお届けするだけの事業ではありません。供給担当は組合員とコミュニケーションを取り、商品に込められた物語も一緒にお届けします。

○商品供給事業
独自基準に沿って作られた商品を指定先へお届けしています。ただ商品をお届けするだけではなく、その商品に込められた物語も一緒にお届けします。
またパルシステムの商品を利用していただくことで、環境問題の改善に貢献できたり、産直産地の取組みを応援したりすることが出来ます。
エコドライブ運動や商品包装のリユース・リサイクル活動などは、継続的に推進しています。今後は、日常業務における環境負荷を低減することはもちろん、環境に配慮した商品・サービスの開発・普及や、組合員が参加して実感できる環境行動を推進します。

○共済・保険事業
共済とは同じ地域や同じ職場に属している人が互いに「たすけあう」精神のもとに掛金を出しあい、加入者に火災・死亡・自動車事故・傷害・病気などが発生したときに、あらかじめ定められている金額を支払うものです。
パルシステムでは共済や保険の商品をお薦めするだけでなく、くらしに役立つ保障について組合員自ら選択できる力を養うための教育事業や、ライフプランに関する専門の相談、ライフプランアドバイザーの育成・交流支援をしています。

○総合福祉事業
現在は高齢者や障がいをお持ちの方に向けた各種サービスを中心に行っています。特に、高齢者介護の分野では、住み慣れた地域で自立した生活を続けることを大切に、地域に密着しながら福祉活動を展開しています。
今後は他団体や行政とも連携し、世代や対象を限定しない地域全体のくらしに貢献できるネットワークづくりを進めていきます。
組織1 組織名/生活協同組合パルシステム東京
所在地/〒169-8527 東京都新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿
TEL/03-6233-7618
設立 /1996年4月
事業内容/商品供給事業、共済保険事業、総合福祉事業
職員数/379名
出資金/165億1134万円
事業高/726億6860万円(2015年度末)
組合員人数/466,841名
組織2 組織名/生活協同組合パルシステム神奈川ゆめコープ
所在地/〒222-0033 神奈川県横話港北区新横浜3-18-16 新横浜交通ビル4階
TEL/045-470-4571
設立 /2000年4月
事業内容/商品供給事業、共済保険事業、総合福祉事業
職員数/179名
出資金/93億7,766万円
事業高/460億681万円(2015年度末)
組合員人数/307,380名
組織3 組織名/生活協同組合パルシステム千葉
所在地/〒273-0005 千葉県船橋市本町2-1-1 船橋スクエア21 4階
TEL/047-420-2600
設立 /1976年10月
事業内容/商品供給事業、共済保険事業、総合福祉事業、店舗事業、夕食宅配事業、家事支援事業
職員数/169名
出資金/79億円
事業高/296億円(2015年度末)
組合員人数/224,762名
組織4 組織名/生活協同組合パルシステム埼玉
所在地/〒335-0005 埼玉県蕨市錦町2-10-4
TEL/048-432-7093
設立 /1951年5月
事業内容/商品供給事業、共済保険事業、総合福祉事業
職員数/97名
出資金/67億9083万円
事業高/251億7,000万円(2015年度末)
組合員人数/187,566人
組織5 組織名/パルシステム共済生活協同組合連合会
所在地/〒169-8527 東京都新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿
TEL/03-6233-7227
設立 /2009年4月
事業内容/共済事業、ライフプランニング等の教育事業、保険代理に関する事業
職員数/34名
出資金/20億円
事業高/39億5,000万円(2015年度末)
組織6 組織名/パルシステム生活協同組合連合会
所在地/〒169-8527 東京都新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿
TEL/03-6233-7227
設立 /1990年2月
事業内容/商品開発、商品企画、物流管理、商品検査、システム開発、データベース管理、情報処理、営業支援、事業支援
職員数/252名
出資金/98億円
事業高/1,495億7,000万円 ※連合会供給高(2015年度末)
組織8 組織名/(株)ジーピーエス
所在地/〒339-0021 埼玉県さいたま市岩槻区末田942-1
TEL/048-791-7800
設立 /1992年3月
事業内容/産直青果、米の企画、仕入れ、販売及び物流手配、農産加工品の企画開発、農業関連資材の開発普及販売など
職員数/39名
資本金/5,100万円
売上高/256億6784万円(2015年度末)
その他の組織 以下の組織もパルシステムのグループです。

【会員生協】
・生活協同組合パルシステム茨城
・生活協同組合パルシステム山梨
・生活協同組合パルシステム群馬
・生活協同組合パルシステム福島
・生活協同組合パルシステム静岡
・埼玉勤労者生活協同組合
・生活協同組合あいコープみやぎ

【子会社・関連会社】
・(株)パルライン
・(株)パルブレッド
・(株)パルシステム・リレーションズ
・(株)パルシステム電力
・(株)パルシステム発電
・(株)オルター・トレード・ジャパン
・(株)パルふれあいサービス
沿革
  • 1977年
    • 「首都圏生活協同組合事業連絡会議」発足。
      共同商品開発共同仕入れ事業開始。
  • 1983年
    • (株)事業連ハム設立。
      産直肉を使った無添加ハムソーセージの製造を開始。
  • 1984年
    • 生産者消費者交流集会(後の生産者消費者協議会)運動がはじまる。
  • 1985年
    • 共同購入商品案内注文用紙統一、OCRシステム稼動。
      「牛乳生産者にタオルを贈る運動」スタート。
  • 1987年
    • 名称を「首都圏コープ事業連合」に変更。
      (株)事業連畜産と(株)事業連ハムを統合し、(株)首都圏コープに改称。
  • 1989年
    • 「生活協同組合連合会 首都圏コープ事業連合」設立総会開催。
  • 1990年
    • 生協法人として認可される。
      「首都圏コープ生産者・消費者協議会」設立。
      「個配」を開始。(北多摩、ふれあい、わかば)
  • 1991年
    • 「首都圏コープ協力会」設立。
      (株)首都圏ふれあいサービス設立。
  • 1992年
    • (株)ジーピーエス設立。
      青果の仕入れ物流をスタート。
      文京区本郷に本部移転。
  • 1993年
    • 基幹事業として個配の取り組みを開始。
      文京区小日向に本部移転。
  • 1996年
    • 稲城事務センター開設。
  • 1997年
    • 川口セットセンター開設。
      (株)せいきょうのパン屋さん設立。
  • 1999年
    • 冷蔵冷凍基幹物流施設「相模センター」開設。
  • 2000年
    • (株)コープネクスト設立。
  • 2001年
    • 冷蔵冷凍基幹物流施設「岩槻センター」を開設。
      北戸田リサイクルセンター開設。
      インターネット受注「オンラインパル」運用開始。
      ライフステージ別商品案内カタログを導入。
  • 2003年
    • (株)エコサポート設立。
  • 2004年
    • ドライ商品セット、リサイクル、カタログセットを行う「杉戸センター」開設。
      (株)パル・メッセージ・サービス設立。
  • 2005年
    • (株)首都圏コープが「(株)パル・ミート」に改称。
      名称を「パルシステム生活協同組合連合会」へ変更。
  • 2006年
    • (株)首都圏ふれあいサービスが「株式会社パルふれあいサービス」に社名変更。
      橋本センター開設。(冷蔵セットセンター)
  • 2007年
    • パルシステム静岡加盟
  • 2009年
    • 「パルシステム共済生活協同組合連合会」設立
      「南大沢センター開設」(冷凍品セットセンター)
  • 2012年
    • 「減らす」「止める」「切り替える」を推進するエネルギー政策を制定
  • 2014年
    • 福祉事業をグループ一体となって推進するための「総合福祉政策」を制定
      あいコープみやぎ、新潟県総合生協が加入
  • 2016年
    • (株)エコサポートを(株)パルシステム電力に改称。
      発電事業を担う子会社、(株)パルシステム発電を設立
平均勤続勤務年数 パルシステム東京 14年
パルシステム神奈川ゆめコープ 11.14年
パルシステム千葉 14年
パルシステム埼玉 8.6年
パルシステム共済連 4.4年
パルシステム連合会 15.2年
(株)ジーピーエス 8.5年
月平均所定外労働時間(前年度実績) パルシステム東京 28.6時間
パルシステム神奈川ゆめコープ 34.5時間
パルシステム千葉 22.59時間
パルシステム埼玉 33.62時間
パルシステム共済連 25時間
パルシステム連合会 20.93時間
(株)ジーピーエス 22.5時間

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 パルシステム生活協同組合連合会
パルシステム共同採用事務局/担当 植田(うえた)
〒169-8527 東京都新宿区大久保2-2-6 ラクアス東新宿5階
TEL:03-6233-7227
URL http://recruit.pal.or.jp/
交通機関 ■JR山手線「新大久保」駅より徒歩約20分
■東京メトロ副都心線「東新宿」駅より徒歩約5分
■東京メトロ大江戸線「東新宿」駅より徒歩約10分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp80293/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
パルシステムグループ(生活協同組合)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ