最終更新日:2017/10/19

マイナビ2018

マイナビコード
80871
  • 正社員

(株)オービット

本社
大阪府
資本金
1,000万円
売上高
11億5,790万円 (2017年3月期)
従業員
230名(正社員221名、パート9名)(2017年4月1日現在)
募集人数
6〜10名

第一種電気通信事業に特化したアウトソーシング事業を展開し、スマートグリッド関連事業にも進出。「お客様のため、社員のため」をモットーに安定成長し続けています。

  • 受付締切間近

【インターネットと電気工事・電気通信工事に強い】会社説明会 追加開催検討中【大阪中之島】 (2017/10/19更新)

【アウトソーシングのパイオニア】オービットの採用ページにようこそ!

大阪 中之島の本社で開催する、トップも出てきてお話しする会社説明会。
今期予定分は10月で終了しましたが、11月に追加開催を検討中です。
決まり次第お知らせします。

オービットに興味を持った貴方! ぜひエントリーをお願いします!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
社員全体が家族のようにあたたかなところがオービットの魅力!ホテルランチやハワイ旅行など、社員はもちろんのこと、家族にもプレゼントしてくれるというから驚きだ。
PHOTO
社内にはさまざまな能力を身につけた多種多様な社員がいる。それぞれの得意分野を生かしながら、互いに知的刺激を与え合って成長していける理想的な職場環境だ。

時代の動きを敏感に捉え、しなやかに変化していくオービット。

PHOTO

「常に面白いといわれる会社でありたい。一度退職しても戻ってくる社員が多いのも自慢の一つです。社員のしたいことは積極的にバックアップしています!」(萩原社長)

経験こそが人生を豊かにしていく。よく働き、よく遊び、充実した楽しい人生を!
かつて私は、総合商社のグループ会社が受託していた通信会社のお客様センター業務を任されていました。それがようやく軌道に乗りはじめたと思った矢先、会社からこの事業を撤退すると言い渡されました。突然の出来事に驚くばかりでしたが、現場で頑張ってきた契約社員を解雇すると聞いて憤り、「それならば!」と、オービットを立ち上げることに。
以来、大手通信会社の協力会社としての業務を中心に、官公庁案件や大手求人サイトの応募者管理など、領域を少しずつ開拓しながら成長して参りました。
現在は、第一種電気通信事業に特化した総合アウトソーシング業として、電気工事からお客様対応、保守までトータルで対応しています。
今後は電力自由化に伴う工事も増えていくことが予測されますから、3年前に電気通信工事の建設業許可を取得したのに続いて、電気工事の建設業許可も取得。
このように通信の延長線上でどんどん事業を拡大していっています。

当社には営業職が在籍していません。有り難いことに「こんなことができますか?」「新事業を立ち上げるのですがご協力願えませんか?」と、これまで築き上げてきた人間関係から、自然に仕事へとつながっていきます。
ただ、これからはそういうわけにはいかないと思いますので、当社ならではの営業方法を考えました。といっても、これも自然発生的なのですがね(笑)。
社員がしたいことを実現化するために作った「夢プロジェクト室」。ここには、フットサルの現役を引退した選手のセカンドキャリアとして受け入れるプロジェクトがあって、彼らが関わる団体等に向けてオービットの事業内容の説明などをすることで、営業へとつながっていく。まだまだ今から本格始動していく予定ではありますが、「よく働き、よく遊び、充実した人生を」をモットーとして掲げるオービットならではの営業方法であるかなと思っています。

豊かな人生を送るために仕事をするのだと思います。職場で様々なことを経験して成長し、そしてオフにはしっかり遊ぶ。社員は家族のように大切に思っていますから、全員が楽しい人生を送って欲しい。そのためには、できる限りのことをしたいと考えています。物事を素直に吸収できる初々しさのあるあなたをお待ちしています。

会社データ

プロフィール

1995年、総合商社のグループ会社として、第一種電気通信事業者のお客様センター業務からスタート。突然の業務撤退となるも、社員全員が絆を深め一丸となり、1998年に(株)オービットを設立して、業務を継承しました。
以降、様々な局面を迎えても、経営者と社員という遠くなりがちな距離を信用で深めていき、多方面のお客様や業務に携わる方々の信頼を得て、事業を拡大。
2002年には大阪・西梅田の交通至便な地に本社を移転。2007年には京都(四条烏丸)、神戸(元町 旧居留地)にもオフィスを開設。
2013年5月には東京オフィス準備室(霞が関)を開設し、2014年に東京支店に昇格させました。
2014年に大阪・中之島へ本社を移転いたしました。
また、2012年に電気工事業者として大阪府に登録。2014年には電気通信工事業の建設業許可、2017年には電気工事業としての建設業許可も取得し、新しい業種にも進出しています。

社員の福利厚生も充実させています。JTBベネフィットの「えらべる倶楽部」を利用できます。いろいろなクーポンや、宿泊費の補助等も受けられます。
また、社内有志によりフットサルクラブを設立。2014年にはフットサルFリーグの「シュライカー大阪」のユニフォームスポンサーとなり、現在も継続中です。さらにオービットFCは2016年度からフットサル大阪府3部リーグに参戦しています。

事業内容
<事業内容>
◇アウトソーシング事業◇特定労働者派遣事業
■総合案内業務・テクニカルサポート業務・フィールドサポート業務・マーケティング調査業務・インターネット初期設定訪問サポート業務・電気工事業務・電気通信工事業務等

 第一種電気通信事業者のクライアントから様々な業務を受託し、クライアント企業の一員となってお客様にサービスを提供します。
 個人のお客様、マンション管理組合のお客様、法人のお客様、そしてもちろん、クライアント社内向けのサポート事務も任されています。最近流行の携帯電話事業(MVNO)でもオービットのスタッフは活躍しています。
 また、大手採用サイトを運営しているクライアントからの業務も受託。
 クライアントとは前身企業からの、長くて深いお付き合いですので、業務内容は多岐に渡り、クライアント社内のあちこちでオービットの社員が活躍しています。

◇電気工事業
■スマートグリッド・エネルギー利用・環境改善に関するコンサルティング事業
 電力使用量の「見える化」を実現する電流センサーやモニターを組み合わせ、エネルギーの効率的な活用を促進するEMS(エネルギーマメジメントシステム)関連の仕事です。
 HEMS、MEMS、BEMS、FEMS、CEMS等、対象によっていろいろなタイプがあります。
 具体的には、EMS機器メーカーからの依頼を受け、電気工事士の資格を持ったスタッフがお客様宅へ訪問して、ご要望をお聞きしながら、機器の取付工事や通信設定等を行います。
 インターネットに強いオービットだからこそ出来る、電気工事とインターネットサポートのワンストップ対応で、お客様にもクライアントにもメリットがあります。

◇電気通信工事業
■ネットワーク構築/システム保守運用事業
 集合住宅インターネット回線業者から受託して、マンションなど集合住宅全体のLAN配線工事を行ないます。
 また、集合住宅インターネット管理会社からの依頼を受け、現地に訪問して機器や通信設定のトラブル解決も行います。
 これにより、配線工事から保守運用や現地でのトラブルシューティングまで、ワンストップでのお客様対応が可能となりました。
本社郵便番号 530-0005
本社所在地 大阪市北区中之島3-3-3 中之島三井ビルディング2F
本社電話番号 06-6441-3060 (代表)
設立 1998(平成10)年6月18日
資本金 1,000万円
従業員 230名(正社員221名、パート9名)(2017年4月1日現在)
売上高 11億5,790万円 (2017年3月期)
売上高推移 2005年3月期実績 2億5,000万円
2006年3月期実績 3億5,000万円
2007年3月期実績 4億円
2008年3月期実績 5億円
2009年3月期実績 6億円
2010年3月期実績 6億6,700万円
2011年3月期実績 7億3,000万円
2012年3月期実績 7億6,300万円
2013年3月期実績 8億7,500万円
2014年3月期実績 10億1,150万円
2015年3月期実績 10億6,800万円
2016年3月期実績 11億1,550万円
2017年3月期実績 11億5,790万円
事業所 ■本社
〒530-0005 大阪市北区中之島3-3-3 中之島三井ビルディング2F
TEL:06-6441-3060(代表)

■東京支店
〒100-6005 東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビルディング5F
TEL:03-4334-8096

■神戸オフィス
〒650-0037 神戸市中央区明石町44番地 神戸御幸ビル4F
TEL:078-325-1103

■京都オフィス
〒604-8152 京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町659 烏丸中央ビル5F
TEL:075-213-7480
主な取引先 (株)ケイ・オプティコム
(株)マイナビ
伊藤忠ケーブルシステム(株)
NECソリューションイノベータ(株)
(株)エネゲート
(株)ファミリーネット・ジャパン

※順不同
許認可 ◇登録電気工事業:大阪府届出番号2013-0222号
◇建設業(電気通信工事業):大阪府知事許可(般-25)第140792号
◇建設業(電気工事業):大阪府知事許可(般-28)第140792号
◇特定労働者派遣事業:特27-300138号

◇プライバシーマーク取得:JISQ15001:2006 登録番号:20001051(06)
◇ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認証取得:ISO27001:2013 JISQ27001:2014 登録番号:IS560886
平均年齢 33.7歳
沿革 1998年 6月
 (株)オービット設立(大阪市都島区)
 第一種電気通信事業者でのオペレーション開始
1999年12月
 インターネット接続サポートのオペレーション開始
2000年 4月
 第一種電気通信事業者のカウンター業務開始
2002年 3月
 エンドユーザー先でのサポート業務開始
2002年 7月
 西梅田(大阪市北区)に本社を移転
2003年 2月
 大手クレジット会社お客様センターでのインバウンドオペレーション開始
2005年 8月
 大手印刷機器メーカーお客様センターでのインバウンドオペレーション開始
2006年 9月
 大手求人サイト運営会社での採用補助業務開始
2007年 1月
 プライバシーマーク付与の認定を受ける
 マンションネットワーク設備保守業務を受託
2007年 6月
 京都オフィス開設(京都 四条烏丸)
2007年 7月
 ネットワーク設備保守業務を受託
2007年 9月
 神戸オフィス開設(神戸元町 旧居留地)
2007年12月
 官公庁系にて独自システムの電話での問合せ対応等の業務開始
2008年 4月
 創立10周年を契機に正社員化を計る
 大阪商工会議所会員となる
 官公庁にてサーバー保守・運用等の業務を開始
2008年 7月
 大手通信会社にて初期設定訪問対応業務開始
2010年 8月
 ISMS認証を取得する
2011年 3月
 省エネ製品等のメーカーからの工事サポートやネットワーク系の設定等の業務開始
2012年 5月
 大阪府へ電気工事業者登録をする
2014年 2月
 建設業の許可(電気通信工事業)取得 大阪府知事許可(般‐25)第140792号
2014年 4月
 東京オフィス準備室を東京支店へ変更
 電気通信工事業を開始
2014年 7月
 シュライカー大阪ユニフォームスポンサーとなる
2014年 9月
 中之島(大阪市北区)に本社を移転
 地方自治体におけるHEMS実証事業に大手メーカーと共に参画
2015年 3月
 シュライカー大阪ユニフォームスポンサー契約を更改
2016年 4月
 組織改編(事業本部制を導入)
 フットサル大阪府3部リーグに参入
2016年10月
 夢プロジェクト室 フットサルプロジェクト始動
2017年 1月
 建設業の許可(電気工事業)取得 大阪府知事許可(般‐28)第140792号
オービットはこんな会社 こんにちは。代表取締役の萩原です。

オービットは、1998年に第一種電気通信事業者の"お客様センター"としてスタートした会社です。
以来、光インターネット回線の接続・運用サポートなどの分野に事業を広げ、第一種電気通信事業に特化した総合アウトソーシングを軸に成長してまいりました。
今ではこうした事業のノウハウをさまざまなジャンルに広げ、官公庁でのネットワーク構築、大手求人サイトの採用補助など、幅広い事業を展開しています。

依頼主である各企業の顔として、エンドユーザーであるお客様と直接接する私たちが大切にしてきたのは、その依頼主の提供するサービスの内容を誰よりもしっかり理解すること。
一般的ないわゆる“お客様センター”業務では、言葉使いにのみ重きを置いた、マニュアル通りの対応を行っているところが大半です。
ただ、どれだけ丁寧な言葉を使っても、お客様が求める答えをご提示出来なければ、何の役にも立ちません。
上辺だけの対応ではなく、親身になってお客様の悩みを解決する、あるいはより良いサービスをご提案できる、“お客様センター”本来の役割を遂行できる力が、オービットの強さだと考えています。

オービットは専門の営業部隊を持たない会社です。そんな私たちが事業を広げて来られたのは、社員一人ひとりがこうしたオービットの考え方を理解し、真摯に業務を全うしてきてくれたからです。
その結果、お客様の方から「こんな仕事はできないか」や「何か事業でコラボしよう」という有難いご依頼を頂くことができています。
近年新たに始まった“エネルギーの見える化”を促進するスマートグリッド関連事業(電気工事業)やマンションのLAN配線工事(電気通信工事業)なども、全てお客様からお話を頂いて進めてきたものです。
お客様との信頼関係を築いてくれている社員は、オービットの一番の財産であると考えています。
こんな人が欲しい 現在は、第一種電気通信事業を軸に事業を展開していますが、まだまたいろんな事業に挑戦していきたいと考えています。

その意味でオービットが求めるのはチャレンジ精神旺盛な人。
一つの会社に居ながらいろんなことが経験できれば本人にとって必ずプラスになるはずです。
私たちと一緒に面白い仕事がしたいと思っていただける方はぜひ説明会に参加してください。
私たちが考えも付かないようなことをやってくれる。そんな方の応募を待っています。
第一種電気通信事業者とは 「第一種通信事業者」
実はこれ、古い言葉なんです。2004年4月の法改正前の用語です。

「電気通信事業者」とは、固定電話、携帯電話、インターネット回線等の電気通信サービスを提供する会社のことです。
電気通信事業者については、電気通信事業法でいろいろと定められていますが、この法律、2004年の改正前は、電気通信事業者を「第一種」と「第二種」に分けていました。

「第一種電気通信事業者」とは、自前で回線設備を所有して電気通信事業を営む事業者のことです。例えば、NTTグループ、携帯電話会社、電力系インターネット会社、CATV会社などなど。
「第二種電気通信事業者」とは、第一種電気通信事業者の設備を借りて電気通信事業を営む事業者のことです。例えば、インターネットプロバイダ、警備会社などなど。

そして、第一種電気通信事業者は、社会的影響も大きいため、総務大臣の許可が必要とされていました。
許可制なので、始める際にも審査がありますし、許可されないと業務が出来ません。さらには何かあれば許可の取消しがあり得ます。

実際にオービットのクライアントである電気通信事業者は光インターネット、光電話、光テレビといった重要なインフラサービスを提供しています。
それだけ社会的役割の大きな電気通信事業者から業務を委託され、その企業の一員として働いているのがオービットの社員なのです。

という意味で、旧法の用語である「第一種電気通信事業者に特化した……」という言葉をいまだに使っています。
スマートグリッドとは 「スマートグリッド」とは、スマートな(洗練された)グリッド(電力網)です。IT技術でリアルタイムなエネルギー需要を把握して、効率良く電気を送電する仕組みです。

そのためには、家庭、オフィス、工場等の様々なエンドユーザーが消費している電力量をリアルタイムに知る必要があります。
これにはまず、電力量計(電気のメーター)を「スマートメーター」にすることが必要です。
スマートメーターは電力量測定機能の他に通信機能を持っていて、消費電力などの情報を電力会社にリアルタイムに送信します。

これにより得られた詳細な消費電力量のデータをもとに、正確な需要予測を立てることが出来ます。
リアルタイムな需要予測に応じて発電所側できめ細かな発電を行うことで、無駄な発電を行う必要もなくなります。長期的には、発電所や変電所の建設計画も適切に立てることが可能になります。

このスマートグリッドに関連する事業として、オービットではEMS(エネルギーマネジメントシステム)の業務を受託しています。

EMSとは、計測器(電流センサー)やモニターを組み合わせることで、個別機器の消費電力の確認や管理が簡単に出来るシステムです。
家庭用ならHEMS(ヘムス)、マンションならMEMS(メムス)、ビルならBEMS(ベムス)、工場ならFEMS(フェムス)、地域全体ならCEMS(セムス)等、管理する対象によっていろいろな名前がついていますが、基本は同じです。

HEMSの場合は、家庭内の家電製品等のリアルタイムの電力消費量を知る必要があります。
太陽光発電や燃料電池(エネファーム等)で発電している場合には、その発電量、蓄電量、売電量等もリアルタイムで把握する必要があります。

そのためにはまず、家庭に設置された分電盤や、家電製品のコンセントに、リアルタイムの電力量を計測する「センサー」を取り付けます。
各センサーからの情報は無線LANでデータを取りまとめる機器「ゲートウェイ」に送られ、家庭内のタブレットや専用のモニターで見ることが出来ます。
また、インターネット回線に接続することで、電力会社等にデータが送信されます。
これにより、ユーザーでもリアルタイムで電力消費量が見える、つまり「電力量の見える化」が実現し、消費電力の管理が出来ることになります。
オービットの強みとは ★電気工事業と通信の設定がワンストップで出来る

オービットの強みは、分電盤等での「センサー設置工事」(電気工事士の資格が必要です)と、「ゲートウェイ設定作業」(インターネットの知識が必要です)の両方が出来る点です。
電気工事だけ あるいは 設定作業だけという業者は多いのですが、この両方が出来る業者は結構少ないのです。
1回の訪問作業で両方出来ることは、お客さんにももちろんメリットがありますし、発注するクライアントにもメリットがあります。したがって、この分野のお仕事もどんどん増えてきています。これからますますの発展が見込まれる分野です。

オービットが登録電気工事業者として大阪府に登録したのが2012年5月。
電気通信工事業の建設業許可を取得したので、電気工事業の登録が みなし登録 に変わったのが2014年2月です。2017年1月には電気工事業の建設業許可も取得しました。
☆本社へようこそ!☆ 株式会社オービット
 本社:大阪市北区中之島三丁目3-3 中之島三井ビルディング 2F

■オービット本社は、大阪・中之島にあります。

 オービット本社は、中之島三井ビルディングの2Fにあります。
 西側には「中之島ダイビル」「ダイビル本館」「関電ビルディング」、さらには「大阪市立科学館」「国立国際美術館」と立ち並んでいます。
 また、東側には「住友中之島ビル」「フェスティバルタワー・ウェスト」、フェスティバルホールと朝日新聞社が入る「フェスティバルタワー」と立ち並びます。
 そんな、大阪を代表するビジネス街「中之島」にオービット本社は、2014年9月に大阪・西梅田(新桜橋ビルディング)から移転してきました。

■オービット本社は、とてもアクセスがいい環境です。

1.京阪中之島線「渡辺橋」駅に直結
 改札(地下2F)を出たら 3番出口(地下1F)を目指して下さい。
 地下通路のエレベータ/階段で1階まで上がれば、目の前です。

2.地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅から徒歩3分
 4号出口から「フェスティバルタワー・ウェスト」を抜け、京阪渡辺橋駅MINAMOを通り抜けると、京阪「渡辺橋」駅3番出口です。

3.地下鉄御堂筋線・京阪本線「淀屋橋」駅から徒歩8分
 7号出口を出て淀屋橋を北へ渡り、土佐堀川沿いの中之島プロムナードを西へ進んだ先です。

4.JR線「大阪」駅からバスで12分+徒歩1分
 御堂筋側 南口 市バスターミナル 1番乗場から、53号系統「船津橋」行きに乗り、3つ目「渡辺橋」バス停下車すぐ。阪神高速の高架の下を過ぎて1つ目の信号の先です。
 バスは日中は1時間1〜2本しかありませんので、ご注意下さい。

5.JR線「大阪」駅、地下鉄四つ橋線「西梅田」駅、JR線「北新地」駅から
 ドージマ地下センター 一番南側の C-93出口(紀陽ビル前)を出て、さらに南へ。
 渡辺橋を南へ渡り、「フェスティバルタワー・ウェスト」の交差点を右折し、阪神高速の高架の下を過ぎて1つ目の信号の先です。
 C-93出口から徒歩10分程度です。

※中之島三井ビルディングの北側入口から入ってすぐの所に、赤い宝石のオブジェがあります。その隣のエスカレータで2階へ上がって下さい。鏡貼りのフロアの向こうがオービット本社です。

※中之島三井ビルディング1Fには「スターバックス」と「ファミリーマート」が入っています。2Fには三井住友銀行のATMが設置されています。
平均勤続勤務年数 6年(2015年実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 27時間(2015年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 7日(2015年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 11名(うち女性3名 男性8名)
前年度の育児休業取得者数 3名(うち女性3名 男性0名)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 14%(29名中女性4名 2016年度実績)

採用データ

取材情報

問い合わせ先

問い合わせ先 〒530-0005
大阪市北区中之島3丁目3番3号 中之島三井ビルディング2F
本社 採用担当宛
TEL:06-6441-3060(代表)
URL http://www.orbit9806.co.jp/
E-mail recruit@orbit9806.co.jp
交通機関 京阪電鉄 中之島線「渡辺橋」駅 3番出口 から 徒歩1分
大阪市営地下鉄 四つ橋線「肥後橋」駅 4号出口から 徒歩5分
大阪市営地下鉄 四つ橋線「西梅田」駅、JR東西線「北新地」駅からドージマ地下センターを経て C-93出口 から 徒歩10分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp80871/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)オービットと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ