最終更新日:2017/11/13

マイナビ2018

マイナビコード
81389
  • 正社員
  • マイナビだけでエントリー

生活協同組合CO・OPとやま

本社
富山県
出資金
28億9,108万円(2016年3月)
総事業高
71億5,625万円(2015年3月21日〜2016年3月20日)
職員数
258名(2016年3月、職員、パート職員、アルバイト含む)
募集人数
1〜5名

決して派手な仕事でもかっこいい仕事でもない。けれど地域社会のふれあいに役立っているという大きな誇りを実感できる仕事です。

  • 積極的に受付中

採用担当者からの伝言板 (2017/11/13更新)

生活協同組合CO・OP(コープ)とやま です。
下記の日程で合同説明会及び会社説明会を開催します。

11月9日(木)  CO・OPとやま説明会
11月22日(水)  CO・OPとやま説明会

お会いできることを楽しみにしております!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
CO・OPとやまの配送エリアは富山県全域です。地域が元気になれる生活をサポートするため、安心・安全な商品をお届けします。
PHOTO
CO・OPとやまが企画・開発したオリジナル商品はバラエティに富んでいます。「地産地消」によって、地域の味覚の魅力をアピールしています。

一人ひとりがCO・OPとやまの「顔」として商品をお届け

PHOTO

「自分が異動になるたび、地域の組合員さんからねぎらいの言葉をかけてもらえたのが、新天地でのモチベーションとなり続けています」(横堀)

だれかから感謝されていることを実感できる仕事。そんな人たちの期待に応えたいと思える仕事。わたしたち生活協同組合CO・OPとやまは日々、充実感を得て働いています。CO・OPとやまの組合員さん宅へ商品を配送するのがメーンの業務となりますが、運転手や荷物運びで仕事が終わるわけではありません。新商品や人気商品を勧めることも重要な業務です。逆に組合員さんから質問があれば、できる限りその場で応えられるよう商品知識を高めなければなりません。また、組合員さんからの要望はすぐ全体で共有し対応を協議します。このように組合員さんの願いを組織運営に反映させることは、CO・OPとやま設立の背景に直結します。安全な食を求める地元・富山の主婦たちが声を掛け合い、1974年に設立された生協です。安全・安心を第一に、適性価格で食材などを提供するという姿勢を、2007年に中国で発覚した「ギョーザ問題」でも示しました。CO・OPとやまは全国の生協に先駆けて、中国で最終加工されたすべての食品について販売を中止し現在も継続しています。遺伝子組み換え食品などの表示・説明もしっかり行います。

取り扱い商品は食品にとどまらず、宝飾品や日用雑貨、住宅のリフォームにいたるまで多様なジャンルに拡大しました。コープ共済の人気も高く日々PRしています。これらも元は、組合員さんからの要望を実現させたものです。組合員のみなさんと信頼関係で結ばれているわたしたちだからこそ「間違いのない買い物」を提案できるのです。一人ひとりがCO・OPとやまの「顔」として、自信と笑顔を携えて商品をお届けしています。もし、「初対面の人とコミュニケーションをとるのは苦手」と感じている方がいても、そんな理由でこの仕事に二の足を踏まないでください。わたし自身、組合員さんの担当としてキャリアをスタートさせましたが、当時は恥ずかしがり屋でした。しかし、初対面なのは最初だけで、あとは「仲間」と話すことになるので、心配はありません。わたしは経験を積んだ後、エリアごとにある支部の担当をまとめる支部長となり、2010年からは北部センターで副センター長、2014年6月からセンター長を務めています。担当同士で情報を共有し、全員がスキルアップを図れるよう心がけています。若手も自由に発言できる風通しのよい職場づくりにも取り組んでいますので、ぜひ飛び込んできてください。(北部センター長・横堀幸夫/1995年入協)

会社データ

プロフィール

生協とは、「みんなの力を合わせて、協同の力でくらしをよくしていこう」ということで、消費者が自らつくりあげていく営利を目的としない組織です。
その根本には、「家族が健康で心豊かに暮らしたい」という素朴な願いがあります。一人ひとりが良くなること、また人と人がお互いを認め合い、尊敬しあい、配慮しあうことこそが大事だという“協同の精神”が土台となっています。

事業内容

PHOTO

朝、一度配送に出てしまうと全員揃うことがほとんどない。だからこそ朝礼の重要性がある。また、毎週月曜日の9時から10時は、会議や研修の時間を設けている。

○供給事業(生鮮食品、一般食品、家庭用品、衣料品、灯油等を共同購入及び店舗で組合員に供給する事業)

○共済事業(安い掛金でくらしの保障を充実できるように、病気やケガの医療保障、住宅・家財の保障、その他生活の共済のために受託して行なう共済事業)

○サービス事業(住宅リフォーム・引越あっせん・ピアノ調律あっせん等)
本社郵便番号 939-8501
本社所在地 富山県富山市堀川町206-5
本社電話番号 076-425-7154
設立 1974年10月27日
出資金 28億9,108万円(2016年3月)
職員数 258名(2016年3月、職員、パート職員、アルバイト含む)
総事業高 71億5,625万円(2015年3月21日〜2016年3月20日)
事業所 富山市(堀川町、城川原、婦中町)、射水市、砺波市、黒部市、高岡市
業績 総事業高   71億5,625万円
経常剰余金    8,785万円
(2016年3月)
平均年齢 41.2歳
平均勤続年数 17.5年
沿革
  • 1974年
    • 10月27日、530名で「富山県地域市民生活協同組合」を設立
      月1回の共同購入開始
  • 1976年
    • 県内業者で初めて、無添加ウインナーを開発
  • 1981年
    • 週1回の共同購入へ改善
      富山市を中心に11校区で運営委員会誕生
  • 1984年
    • 組合員数1万人突破
      富山県生協連合会、日本生協連合会への加盟
      CO・OP商品の取扱い開始
  • 1986年
    • 商品センター開設
      コンピュータシステムとOCR用紙で個人注文の開始
  • 1990年
    • 名称を「生活協同組合CO・OPとやま」へ変更
  • 1991年
    • 組合員数3万人突破
      青果物の班別仕分け開始
  • 1992年
    • 共同購入代金等の自動振替開始
  • 1995年
    • 組合員数5万人突破
      個人別商品仕分けの開始
  • 1999年
    • 共同購入個配全県展開開始
  • 2000年
    • 共同購入での酒類取扱い開始(婦中・高岡・呉西・砺波センター)
  • 2002年
    • 独自運営に変更。新商品案内「わくわくこ〜ぷ」スタート
  • 2003年
    • 商品検査室開設
      ホームページ「ココロ・ワ」開設
  • 2004年
    • 創立30周年記念「CO・OPとやままつり」開催
  • 2005年
    • CO・OPとやまeフレンズ(インターネットによる注文)を開始
  • 2006年
    • 各事業所や配送(営業)車両約100台を「こども110番の家(車)」として7月からスタートし、地域の安全、安心の確保に協力を行う
  • 2007年
    • 生ごみリサイクル研究会が、「平成19年度リデュース・リユース・リサイクル推進協議会会長賞」を受賞
  • 2008年
    • 環境マネジメントシステム「エコアクション21」認証・登録
  • 2009年
    • 富山県レジ袋削減推進協議会に加盟
      「元気とやま!仕事と子育て両立支援企業」表彰受賞
      「富山市障害者雇用優良事業所」表彰受賞
  • 2010年
    • タオルキャンペーンを通じ、「産直牛乳」の酪農家へ7004枚のタオルを贈呈
      「口蹄疫に立ち向かう畜産関係者への応援募金」 214万円
  • 2011年
    • 「東北地方太平洋沖地震の被災者を救援する募金」 1,330万1,743円
      商品センターでの商品入荷時に簡易放射線量検査を実施
      生ゴミリサイクル研究会が「富山県ごみゼロ推進県民大会」において、富山県知事から環境部門功労者として表彰
      CO・OPとやまが「とやまストップ温暖化アクト賞(知事賞)受賞
  • 2012年
    • ・東日本大震災以降、復興応援企画を継続  
      ・福島復興支援親子リフレッシュ交流企画の支援継続
      ・富山市山田地域(旧山田村)と連携して毎週の移動店舗販売を開始
  • 2013年
    • ・ 2月1回企画より翌週お届けの3ケタ注文番号が500品目から約670品目に
      ・ 東日本大震災被災地への支援活動を継続「東日本大震災被災地への支援活動のため
      の募金」が総額250万円以上寄せられる  被災地視察と現地の方との交流を目的とした組合員の被災地訪問(岩手、福島)を実施
  • 2014年
    • CO・OPとやま40周年記念企画として産直まつりを開催  各センターでも試食会やフリーマーケット、ミニ生協まつりなどを行い、のべ約3,700人が参加
  • 2015年
    • ・すくすくサポート便の対象を未就学児まで拡大
      ・おしゃべりパーティを開始  ・まなびあい(講師登録制度)を開始 
平均勤続勤務年数 17.5年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 25時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 6.5日
前年度の育児休業取得対象者数 5人
前年度の育児休業取得者数 1人
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 役員       0% 
管理職(課長以上)7%

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 939-8501
富山県富山市堀川町206-5
TEL:076-425-7154 FAX:076-425-7632
生活協同組合CO・OPとやま
人事総務チーム 中川・佐藤
URL https://www.coop-toyama.coop
E-mail m-nakagawa@coop-toyama.coop
k-satou@coop-toyama.coop
交通機関 <交通アクセス> 市電 「南富山駅」下車 徒歩約10分
バス 「富山市農協前」下車 徒歩約3分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp81389/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
生活協同組合CO・OPとやまと業種や本社が同じ企業を探す。
生活協同組合CO・OPとやまと特徴・特色が同じ企業を探す。

ページTOPへ