最終更新日:2017/9/14

マイナビ2018

マイナビコード
81455
  • 正社員

吉岡(株)

本社
東京都、岐阜県
資本金
3,600万円
売上高
111億9,917万円(2016年8月実績)
従業員
142名(男性93名、女性49名)
募集人数
6〜10名

服飾資材の専門商社として、新たなビジネスの可能性を追求し続けています!新規分野(医療機器、健康・介護向け用品 他)にもチャレンジしています!

【服飾資材:専門商社】 (2017/09/14更新)

就活生の皆様、こんにちは。
この度は、「吉岡株式会社」にご興味をお持ちいただきありがとうございます。
吉岡ではたくさんの方に吉岡のことを知っていただきたく、説明会等の説明の場をたくさんご用意させていただいております。
皆様のエントリーをお待ちしています。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
メーカー機能も併せ持ち、「創る商社」とも言われています。国内の主要アパレルメーカーや縫製基地をカバーし、上海、香港、タイ、ミャンマーにも海外拠点を設けています。
PHOTO
服作りに欠かせない。裏地や芯地、肩パット、パーツ品、ファスナー、ボタン等ファッションを裏から支える服飾資材が主な商品。メーカーとの商品開発にも積極的です。

アパレル製品には吉岡のアイテムが必要不可欠です!

PHOTO

実家は岐阜県瑞浪市ですが、今は岐阜市内で一人暮らしをしています。やっと岐阜の街にも慣れてきました。色んな所へのアクセスも良く住みやすいです。(小川幸宏)

【実はこの仕事があることを知りませんでした】
就職活動では、ファッションに興味があってアパレルメーカー、繊維商社を検索していました。すると「服飾繊維資材専門商社」の吉岡が出てきて説明会に参加し、大変興味をもちました。アパレルメーカーにとってなくてはならない存在であり、洋服作りには不可欠な資材を扱っている。等を知って面白いと思い決めました。

【とにかく商品アイテムを覚える毎日です】
製品一着には、裏地、芯地、ファスナー、ボタン、など数十種類の資材が必要であり、スーツやコートなどの製品アイテム、サイズ、色など何百種類と掛け合わされていきますのでその組み合わせは気が遠くなる数に及びます。(笑)ましてや、メーカーごとに取扱製品が違いますから覚えるのに必死です。
私達の資材がどのように使用され、洋服がどのようにして出来上がっているのかも覚えていかないといけません。

【現在の仕事】
ほぼ毎日、午前中は商品の発注処理を行い、午後はお客様5社ほどを訪問し商品をお届けしたり、追加の注文を頂いたりしています。当然お客様の方が資材について詳しいので教えて頂くことばかりです。それでもお客様は私を吉岡を代表する担当者だと見ていますので気は抜けないですね。お客様とのコミュニケーションのとり方やニーズの確認などは先輩同行で学んでいます。先輩には、「仕事の手順と段取りを考えろ」と教えてもらっています。優先順位を効率や能率で考え、時間管理や納期管理へと反映させていくこと。まだまだ課題はいっぱいですがコツコツとやっていきます。

【営業として活躍していきたい!】
営業として売上目標はまだ持っていませんが、その時が来たらようやく営業の仲間入りかなと思っています。お客様に合わせて提案した様々な服飾繊維資材が、より良い製品となって世の中に出て、一人でも多くの方に買っていただけるようになればいいなと思っています。
(小川幸宏/婦人事業部 岐阜支店営業2課/2015年入社/経営情報学部経営学科)

会社データ

プロフィール

【企業理念:吉岡にしか成し得ない、ニューバリューゾーンへ】

■吉岡が目指すものは、モノそのものにとどまらず、モノを超えた領域で生ま
 れる、新しい価値の創造です。
■変化し続けるファッションの世界。しかも、それは瞬きする間もないほど、
 素早く劇的に移り変わります。そこで求められるのは、ライバルに先んじて
 情報をキャッチし、具体的な企画への落とし込み、どこよりも速い資材を
 調達、効率よく生産、市場投入するというフレキシビリティーとスピードで
 あり、これなくしては新たな成長は望めません。
■そうした志向を強めるファッション業界において、何ができるか。何をしな
 ければならないか。付属品をはじめとする単に「物」を供給していくだけで
 は不十分と考えます。
■あらゆる資材を揃える「フットワーク」、質の高い品が安く入手できる「ハ
 イクオリティ&ローコスト」、物流システムがもたらす「効率&安心」、ト
 レンド情報の「鮮度の高さ」といった、モノを超えた価値を提供してこそ真
 の貢献ができると考えます。
■それは服飾資材の専門商社として新たなビジネスの可能性を一貫して追求し
 続けてきた吉岡にこそ可能であると自負しています。

事業内容
●服飾繊維素材の製造と販売
 ・服飾繊維資材の開発とアパレルメーカー、縫製工場への提案販売。
 ・全国著名アパレルと生産拠点をサポートする国内支店を配置
 ・そのデリバリーを支える物流システム。
 ・日本国内最大級の「フジクレイン物流センター」。
 ・上海には、保税倉庫、中国国内販売倉庫を擁し、物流システム&情報シス
  テムが服飾繊維資材の供給をサポートします。

●海外事業
 ・海外生産の本拠地である中国を中心とした万全の支援体制。
 ・ASEAN諸国の生産もサポートする現地法人の連携体制

●貿易事業
 ・40年以上の歴史を持つ海外展開 。
 ・欧米商権の香港地区工場へ直貿易。
 ・ニット生地の製造・販売。
 ・インナー製品の海外OEM生産、輸入、日本国内販売。
  (商品開発、一環生産・販売)

●医療機器(クラス1、2)、健康・介護向け用品の製造販売
本社郵便番号 500-8544
本社所在地 岐阜県岐阜市茜部菱野1-60
本社電話番号 058-276-0116
創業 1939年
設立 1950年
資本金 3,600万円
従業員 142名(男性93名、女性49名)
売上高 111億9,917万円(2016年8月実績)
事業所 【本  社】岐阜市茜部菱野1-60
【支  店】東京、大阪、岐阜、名古屋、岡山
【事 務 所】上海、香港、ミャンマー(ヤンゴン)
業績 決算期   売上高   経常利益 (単位:百万円)
―――――――――――――――――――――
2016年度  11,199     100
2015年度  11,490     241
2014年度  12,028     306
2013年度  11,782     353   
2012年度  12,085     330
主な取引先 【仕入先】
 旭化成(株)、伊藤忠商事(株)、田村駒(株)、蝶理(株)、帝人フロンティア(株)、
 東海サーモ(株)、東レ(株) 他

【得意先】
 ・商社  :日鉄住金物産(株)、瀧定大阪(株)、田村駒(株)、
       帝人フロンティア(株)、丸佐(株) 他
 ・アパレル:(株)三陽商会、(株)ダイドーリミテッド、(株)東京ソワール、
       (株)ファイブフォックス、サンラリー(株)、ヒロタ(株)、
       ラブリークィーン(株)、クロスプラス(株)、瀧定名古屋(株)、
       タキヒヨー(株)、(株)ラグラックス信和、
       明石被服興業(株)、菅公学生服(株)、(株)トンボ 他

関連会社 吉岡紡織(株)、フジクレイン物流(株)、吉岡(香港)有限公司、吉岡(中国)服飾輔料有限公司、Yoshioka Siam Co.,Ltd
沿革
  • 1929年
    • 岐阜県安八郡に「吉岡紡織」創業
  • 1939年
    • 商事部門独立、大阪市東区に吉岡商店創業
  • 1942年
    • 「吉岡紡織株式会社」設立
  • 1950年
    • 岐阜県安八郡に「吉岡株式会社」本社設立
            (代表取締役社長 吉岡源一)
      吉岡商店を大阪支店とする
  • 1953年
    • 本社を岐阜市に移転
  • 1955〜1959年
    • 東京支店を千代田区神田に設置
      岐阜支店を岐阜市問屋町に設置
      大阪支店に輸出部門を開設
  • 1969〜1970年
    • 本社ビル岐阜市長住町に完成、岐阜支店統合
      岡山支店を倉敷市に設置
  • 1974〜1975年
    • 自社ブランドの二次加工品を本格的に生産、
      専門商社としての形態が整う
      名古屋支店を北区に設置
  • 1980〜1981年
    • 東京支店を文京区に移転
      創作服飾品部門開設
  • 1984〜1985年
    • 香港に支店を設置、海外駐在員事務所を拡充
      全社オンラインシステムの稼動
  • 1988年
    • 会長に吉岡源一が就任
      代表取締役社長に吉岡源裕が就任
  • 1989〜1990年
    • 岐阜支店を茜部菱野1-61に移転
      本社を茜部菱野1-60に移転、物流センター設置
      神戸支店を灘区に設置
      インドネシア、タイの縫製工場設立に資本参加
  • 1991〜1993年
    • 私募債発行、海外縫製パックシステム完成
      吉岡紡績株式会社にCAD・CAM導入
      岡山支店社屋新築
      フジクレイン物流株式会社を設立
  • 1993〜1995年
    • 中国・上海事務所設置
      吉岡(香港)有限公司を設立
      吉岡(中国)服装輔料有限公司を設立
      中国・上海にて生産、物流機能本格稼動
  • 1996〜1998年
    • 国内外オンラインシステム稼動
      中国・黄石市に保税倉庫を設置
  • 1999〜2001年
    • 岡山支店にCAD・CAM導入
      上海市に国際貿易センタービルに事務所を開設、営業部を設置
      上海保税倉庫を拡張、事務所移転
      中国保税物流管理システムを導入、稼動
  • 2002〜2004年
    • 神戸支店を大阪支店へ統合
      吉岡(中国)服装輔料有限公司に元販売(中国内販売)倉庫開設
      中国元販売管理システム導入、稼動
  • 2005〜2007年
    • アクセサリー分野強化のためファッショングッズ部門設置
      全社グローバルネットワークシステム(F-NET)導入、稼動
      中国・大連市に出張所開設
  • 2009〜2013年
    • メディカル事業を開始
      吉岡(中国)営業部、元販売倉庫を統合移転
      東京支店を文京区本郷に移転
      医療機器製造業、販売業許可取得
      ベトナムに保税倉庫開設
      Yoshioka Siam Co.,Ltdをタイ・バンコクに設立
  • 2015年
    • 会長に吉岡源裕が就任
      代表取締役に吉岡源一郎が就任
      ミャンマー事務所をヤンゴンに設置
  • 2016年
    • 大阪支店ビル改装
平均勤続勤務年数 17.9年(正社員)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 7日(2015年実績)

採用データ

先輩情報

洋品分野という専門性の高い商品アイテムが魅力
N.K
2014年入社
成城大学
 経済学部 経済学科 卒業
洋品事業部 東京支店 営業3課
洋品分野(ユニフォーム、ネクタイ、シャツ等)の営業
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 《岐阜・名古屋地区》(採用本部 本社総務人事課)
〒500-8544
岐阜県岐阜市茜部菱野1-60
TEL:058-276-0116
FAX:058-276-1114  
担当:松尾、前田

《東京地区》(東京採用本部)
〒113-0033
東京都文京区本郷2-17-7
TEL:03-3814-8191
FAX:03-3814-4567
担当:河上

《岡山地区》
〒711-0903
岡山県倉敷市児島田の口7-1-24
TEL:086-477-6187
FAX:086-477-6190  
担当:伏見、大滝

URL http://www.fc-yoshioka.co.jp/
E-mail hon-jinji2018@fc-yoshioka.co.jp
交通機関 《岐阜・名古屋地区》(採用本部 本社総務人事課)
 JR岐阜駅前から
 岐阜バス:茜部三田線 「高桑」「下佐波」「県自動車会館」行乗車、
                      『城南病院前』下車
      城田寺柳津線「下佐波東」行乗車、『城南病院前』下車
      加納南線  「茜部菱野」「東鶉」行乗車、
                   『南市民健康センター前』下車
      ・国道21号沿い カラオケBanBan南側

《東京地区》(東京採用本部)
 東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目」徒歩6分
 都営大江戸線「本郷三丁目」   徒歩7分
 都営三田線 「水道橋」     徒歩8分
 JR中央本線「水道橋」     徒歩10分

《岡山地区》
 JR「瀬戸大橋線」児島駅から車で15分程度
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp81455/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ