最終更新日:2017/4/11

マイナビ2018

マイナビコード
81872
  • 正社員

(株)大和電化工業所

現在、応募受付を停止しています。

本社
愛知県
資本金
1,000万円
売上高
35億463万円(2015年12月期)
従業員
162名(男81名 女81名) 派遣その他 67名 ※2017年1月現在
募集人数
若干名

「2色成形+樹脂めっき」の利点を生かした部品作りでクルマの付加価値を高めます。

採用担当者からのお知らせ (2017/04/06更新)

こんにちは、採用担当の樅山(もみやま)です。

先日は会社説明会へのご参加ありがとうございました!
なお、次回の開催日は現在のところ未定となっております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
自動インサートシステムを活用してシートベルト部品などを生産する東浦工場成形部。プレス品、成形からめっき、検査、出荷までを一元手配できるシステムを確立しています。
PHOTO
当社の主力製品であるエンブレムやロゴマークなどのプラスチックメッキ製品の数々。自動車部品の内装、外装品をはじめとして、民生品のめっき加工などにも対応しています。

加工部門では、一貫体制を整えているのが、強み

PHOTO

「エンブレムはたいてい最も目立つ場所に付けられています。自分の手がけた製品がさまざまな自動車の顔として輝くのを見るのは何よりのやりがいでしょう」と語る杉江社長。

当社はめっき加工の専業として1962年に創業しました。重要な製造業である自動車産業に狙いを定め、オーナメント部品(エンブレム、ロゴなど)、シートベルト部品、スイッチ部品などのめっきと樹脂成形を手がけています。当社の強みはめっきと成形双方の加工を自前でできる一貫体制を整えていることでしょう。めっきも成形も、それぞれの専門業者はたくさんありますが、当社は一貫体制を強みとし、同業他社との競争を優位に展開できるビジネスモデルのひとつと位置づけています。

なぜ、同業他社ができないことを当社ができるのか。それはめっき加工専業として成長、発展した歴史の中で培われた技術の蓄積を連綿と受け継いでいるからです。創業以来の技術力を注ぎ込んだ製品開発は常にお客様の要望に沿った形で進められています。近年は生産効率と生産性を重視した「二色成形」、安全性を重視し、光沢を抑えた「サテンめっき」という、当社が最も力を入れている加工分野への引き合いが増えてきました。このため、めっきと樹脂成形の加工に携わっている横根工場(愛知県大府市)にラインを増設し、急増する受注に応える準備をしています。

当社には、製造技術の向上に情熱を燃やしたり、何事にも前向きに果敢に挑む社員が大勢います。それを支えているのは、社員の自主的活動による現場改善を実践するため、約40年取り組んでいる全員参加のQCサークル活動でしょう。地道な改善活動を通じてお客様から寄せられる厚い信頼は何よりの誇りです。そんな声に応えるため、入社1、2年で独り立ちできることをめざす教育制度も用意しており、社員一人ひとりの知恵と努力を大切にし、それに十分に報いる懐(ふところ)の深さが当社にはあります。
(代表取締役社長・杉江栄美さん)

会社データ

プロフィール

1962年めっきメーカーとして創業以来、自動車産業と共に発展し、シートベルト部品・オーナメント部品・スイッチ部品等の各種めっき加工と樹脂成形加工へと事業の分野を広げてきました。

時代の流れに即した技術開発を心掛け、品質最優先でお客様の要求に応えられる製品を提供し続けています。

これからも時代の要求、お客様の要求に応えながら、全社員で環境にも配慮したものづくりを推進していきます。

事業内容
自動車部品の製造及び樹脂成形、表面処理加工
本社郵便番号 474-0026
本社所在地 愛知県大府市桃山町2-158
本社電話番号 0562-47-1325
設立 1962年3月
資本金 1,000万円
従業員 162名(男81名 女81名) 派遣その他 67名
※2017年1月現在
売上高 35億463万円(2015年12月期)
主な取引先 (株)東海理化、(株)植須登工機、(株)カサイ製作所、(株)東海スプリング製作所、三共鋼業(株)、名和三共(株)、(株)松尾製作所、(株)加藤理研工業、(株)ゴトー、ミヤマ工業(株)、(株)志水製作所、(株)スギノプレス、万能工業(株)、浜名湖電装(株)、(株)協豊製作所、(株)アンセイ、丸栄工業(株)、三菱重工業(株)、(株)東郷製作所、旭ゴム化工(株)、(株)イナテック、(株)アドバネクス 他
※順不同・敬称略
関連会社 (株)ワイエスシー
沿革
  • 1962年
    • 名古屋市中区富士見町において設立
      めっき事業(亜鉛、銅ニッケルめっき)を創業
  • 1969年
    • 大府工場にニッケルクロームめっき新設
  • 1976年
    • 横根工場にバレル亜鉛めっき部門新設
  • 1977年
    • 大府工場に貴金属めっき部門新設
  • 1978年
    • 名古屋工場閉鎖(亜鉛めっき設備は廃棄、銅ニッケル設備は大府工場へ移設)
  • 1980年
    • 大府工場に樹脂成形部門新設
  • 1983年
    • 横根工場に樹脂めっき部門新設
  • 1984年
    • 昭和59年度PM(設備管理)優秀事業場賞第2類を受賞
  • 1987年
    • 大府工場に電子部品めっき部門新設
      東浦成形工場新設
      大府工場の樹脂成形部門を移設
  • 1988年
    • 横根工場のU級樹脂めっき部門増設
  • 1991年
    • 東浦めっき工場新設
      大府工場のニッケルクロームめっき設備を移設更新
      ラック式亜鉛めっき設備新設
  • 1992年
    • 大府工場の貴金属めっき設備全自動に更新
  • 1994年
    • 横根工場樹脂めっき部門に、金めっきラインを新設
  • 1996年
    • 東浦成形工場にロボットインサートシステム成形機増強
  • 1997年
    • ISO9002認証取得
  • 2000年
    • 東海豪雨により横根工場完全冠水
  • 2001年
    • 横根工場にプラめっきダイレクトライン新設
  • 2002年
    • ISO14001認証取得
      大府工場に金めっき自動ライン新設
  • 2003年
    • ISO9001 2000年版認証取得
  • 2005年
    • 東浦めっき工場に第2工場増設し、亜鉛バレルめっき設備新設(三価対応)
  • 2007年
    • 第16回全国めっき技術コンクール 亜鉛めっき部門 日刊工業新聞社賞受賞
  • 2008年
    • 東浦めっき第2工場3Fに全自動ラック式錫めっきライン新設横根工場に全自動バレル式ニッケルめっき(銅・半光沢錫めっき含む)ライン新設
  • 2011年
    • 横根工場新総合排水処理場完成、稼働開始
  • 2012年
    • 会社創立50周年記念式典・祝賀会開催
      東浦成形工場新タング対応ロボット・レーザーカット付成形機導入
  • 2013年
    • 横根工場ダイレクト方式全自動プラスチックめっき装置導入(旧ASライン撤去)
      第22回全国めっき技術コンクール 亜鉛めっき部門 厚生労働大臣賞受賞
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10日(2015年度実績)

採用データ

取材情報

私たちの工場で生まれたエンブレムを付けたクルマが誇らしげに走っています
めっきと樹脂成形、2つの得意分野に情熱を燃やす
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 本社・大府工場
愛知県大府市桃山町二丁目158番地
総務部 樅山(モミヤマ)
TEL:0562-47-1327
URL http://www.daiwadenka.co.jp/
E-mail info@daiwadenka.co.jp
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp81872/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)大和電化工業所と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ