最終更新日:2017/8/10

マイナビ2018

マイナビコード
84091
  • 正社員
  • 既卒可
  • マイナビだけでエントリー

(株)小国製麺

本社
新潟県
資本金
1,000万円
売上高
11億2,000万円 (2016年6月)
従業員
36名(2016年1月現在)
募集人数
若干名

麺のある楽しい食卓を提案します 〜食を通して感動と喜びを〜 

2018年採用 ご応募受付中です!(Byマスコットキャラクター・オグニ君) (2017/08/10更新)

みなさん、こんにちは!(株)小国製麺です。
この度は、当社ページへアクセスしていただき誠にありがとうございます。

小国製麺では日常の食シーンに欠かせない人気のある「麺」と、
日本古来から続く米食文化を融合させた「米粉麺」の製造・販売を行っております。


皆さまからのエントリーを心よりお待ちしております!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
今や日常の食シーンに欠かせない「麺」。小国製麺では新潟県産の米粉を使用したうどん・そば・ラーメン・焼そば・パスタといったあらゆる麺類の製造・開発をしております。
PHOTO
商品が完成するまで社員の力はもちろん、多くの企業の協力が必要不可欠です。当社では企業また人々のつながり=「和」を重んじて、日々良質な商品の製造に努めています。

ごはんを「めん」に。新たな米食文化を創出し、未来のソウルフードを夢見て。

PHOTO

当社初の米粉麺「米粉入り生パスタ」。越後生まれのスパゲッティとして愛されたいという願いを込めて「ECIGOTTIーエチゴッティー」という商品名でブランド化しました。

わたしたち小国製麺は、麺製品の製造・開発を通じて、豊かな食生活を実現するための提案をしています。
近年では「新潟おいしさ発見シリーズ」や新潟県産米を配合した米粉入り生パスタ「ECIGOTTI(エチゴッティ)」を中心とした、地元・新潟に根付いた商品開発に注力しています。

日本の食の充実を支え、人々の栄養の糧となり、麺のある食卓に彩り・楽しみ・笑顔を添える。
麺製造という枠にとらわれず、日本の食文化そのものに貢献できる企業を目指しています。

<麺を通して新しい米食文化を>
米の消費が年々減少している現在、消費拡大への期待や食料自給率の観点から当社では米どころ・新潟という立地を活かし、「米粉」に着目しました。
2008年より新潟県産米を使用した米粉製品の開発に着手し、試行錯誤を重ね、当社にとって初めての米粉製品「米粉入り生パスタ」が完成しました。
「"米どころ・越後生まれのスパゲッティ"として多くの人に愛されてほしい」という思いから、米粉入り生パスタを「ECIGOTTI(エチゴッティ)」としてブランド化し、このECIGOTTIを皮切りに現在ではうどん、ラーメン、そば、焼そばなどあらゆる米粉製品の開発に取り組み、その品質を高める研究を続けています。

これから50年後、100年後の未来で米粉を使用した麺が新たな米食文化として人々に食卓で愛されるソウルフードになることを夢見ています。

会社データ

プロフィール

小国製麺は、1952年に山形県小国町で創業しました。
創業当初に足で踏んで練り上げるうどんを製造していた品質へのこだわりは、今でも変わらずに持ち続け、現在では、うどん・そば・ラーメン・焼きそば・パスタなどをはじめとする、あらゆる高品質な麺の製造を中心に、米飯、寿司、惣菜の製造および販売も行っています。
近年では日本古来の米食文化と日本人になじみのある麺食文化を融合させ、新潟県産コシヒカリの米粉をはじめとする米粉を使用した麺類の製造・開発に注力しています。

食の安全・安心が叫ばれる中、製造環境を万全に整備し、新商品の開発にも積極的に取り組んでいます。「まごころをこめたおいしいものづくり」を合言葉に、食を通してお客様と感動を分かち合うことを喜びとして、社員一丸となってお客様に喜んでいただける商品づくりを、また元気、勇気、そして夢を持って働くことができる環境づくりと和を大切にする人間づくりを目指しています。

事業内容

PHOTO

米粉発祥の地・新潟県胎内市に構える「米粉麺製造工場(清水工場)」。一風変わった工場のデザインは「お米が麺になる」という製造工程をイメージしています。

■生麺、茹麺、調理麺等麺類の製造および販売
米粉麺製造工場(清水工場)にて、生麺・茹麺・調理麺を製造しています。

 <主力製品>
・新潟おいしさ発見シリーズ
 「新潟名物イタリアン焼そば」
 「三吉屋監修新潟あっさり醤油ラーメン」
 「糸魚川ブラック焼きそば」

・米粉入り生パスタ ECIGOTTI(エチゴッティ)シリーズ
 「米粉入り生パスタ スパゲッティ」
 「米粉入り生パスタ タリアテッレ」

■米飯、寿司、惣菜の製造及び販売
新潟県胎内市(旧黒川村)に構える黒川工場にて、新潟県産米を使用した寿司やおにぎりの製造、まためんつゆや山菜加工を中心とした惣菜なども製造しています。近年では、冷蔵帯で流通する「チルド弁当」の製造・開発も積極的に行っています。
本社郵便番号 959-2600
本社所在地 新潟県胎内市清水9番154(中条中核工業団地内)
本社電話番号 0254-44-1092
設立 1979年1月
資本金 1,000万円
従業員 36名(2016年1月現在)
売上高 11億2,000万円 (2016年6月)
事業所 <本社> 清水(新潟県胎内市) <工場> 黒川(新潟県胎内市)
関連会社 (有)ゼンコーポレーション
平均年齢 39歳
沿革
  • 1952年
    • 山形県小国町にて創業。
  • 1974年
    • 小国町に新工場建設。生麺・茹麺製造ラインの完成。
  • 1979年
    • (株)小国製麺設立。
  • 1980年
    • 新潟県北蒲原郡黒川村(現 胎内市)に新工場完成。生麺、茹麺ラインを増設、蒸し麺ラインの完成。
  • 1985年
    • コンビニエンスストアの流通拡大に伴い、調理麺部門を発足。
  • 1986年
    • 寿司・米飯・惣菜部門を発足。
  • 1998年
    • 調理麺部門、惣菜部門の拡大に伴い、工場増築。
  • 2008年
    • 新潟県産米を用いた米粉麺の開発・販売において、関東経済産業局、北陸農政局より「地域産業資源活用事業の認定」を受ける。
  • 2009年
    • 「にいがた発R10プロジェクト新商品開発事業」として、米粉入りパスタの開発に取り組む。
  • 2010年
    • 新潟のソウルフード「イタリアン」を<みかづき監修イタリアン>として2食入袋めんで商品化。
  • 2011年
    • 米粉入り生パスタを新たに<ECIGOTTI(エチゴッティ)>としてブランド化し、リニューアル発売。
      新潟の老舗ラーメン店「三吉屋」監修のもと、<三吉屋監修 新潟あっさり醤油ラーメン>を商品化。
  • 2012年
    • 新潟・糸魚川で人気のご当地グルメ<糸魚川ブラック焼そば>を商品化。
  • 2013年
    • 新潟県胎内市・中条中核工業団地に米粉麺製造新工場を建設・稼働開始。
      新潟の老舗ラーメン店「三吉屋」監修のもと、「三吉屋監修冷やし中華」を商品化。
  • 2014年
    • 関東経済産業局、農林水産省より「農商工連携事業計画の認定」を受け、「新潟県胎内産トマトを使用したトマトソース」の開発に取り組む。
  • 2015年
    • 新潟の老舗鶏料理専門店「せきとり」監修のもと、「せきとり監修塩焼そば」「せきとり監修カレー焼そば」を商品化。
  • 2016年
    • 味噌ラーメンの老舗「どさん子」監修のもと、「どさん子監修冷し味噌ラーメン」を商品化。
      新潟の老舗ラーメン店「三吉屋」監修のもと、「三吉屋監修まかないざる中華」を商品化。
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 42%(7名中女性3名) 

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒959-2600
新潟県胎内市清水9番154
(株)小国製麺 総務部・採用担当
TEL:0254-44-1092
URL http://www.oguniseimen.com/
E-mail oguni@iplus.jp
交通機関 JR羽越線「中条駅」下車 徒歩40分/車で10分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp84091/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)小国製麺と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ