最終更新日:2017/6/30

マイナビ2018

マイナビコード
84178
  • 正社員
  • 既卒可

(株)ダイワハイテックス

現在、応募受付を停止しています。

本社
東京都
資本金
6,000万円
売上高
12億4,500万円 ※2017年1月期実績
従業員
62名(男性40名、女性22名)※2017年4月現在
募集人数
6〜10名

【モノ作りに興味がある学生積極採用中】創業40年の安定企業・シェア9割以上!本屋さんの○○を”当たり前”にしたメーカー。培った技術と発想で新たな価値を創造します。

内定まで最短1ヶ月!会社を吟味したい学生さん、説明会きてみませんか? (2017/06/30更新)

☆まだまだ積極採用中!☆

せっかく時間をかけて説明会に来たのならば、そのまま1次選考も受けて行きませんか?


各日とも、学生さんと社員の距離が近い少人数制会社説明会です。


【東京本社開催説明会】
7月01日(土)10:00〜

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
全国の書店に新たな価値観を芽生えさせたコミック包装機“シュリンカー”。今では当たり前となったコミック等のビニール包装は、当社から生まれた。
PHOTO
“書店様支援企業”を目指して、日々新製品・新サービスの開発を企画している。お客様のご要望から製品化したものも多く、技術力と共に発想力が重要だ。

あなたの技術と発想が、新しい“モノづくり”になる。

PHOTO

設立当時から変わらぬ「お客様第一主義」を掲げ、さらなる躍進を目指す大石社長。

「きれいな本をお客様に」
上記を理念とし、自社で開発したコミック本の包装機械(シュリンカー)および包装資材(シュリンク袋、フィルム)の製造・販売を通じて、日本全国の書店様に貢献することが当社の使命です。加えて、近年深刻化している万引き問題を解決すべく、「万引きを未然に防ぐ売り場づくり」をテーマに、書店特化型の万引き防止システムの提案・開発・販売にも注力。トータルなソリューションで書店様の事業を応援しています。

「他のどの企業にも出来ない製品」
ダイワハイテックスのコミックシュリンカーは、市場シェア90%以上。他の二番煎じではない、独自の発想から生まれたオリジナルの商品とソリューションによって、お客様が選んでくださった結果です。規模こそ大きくはありませんが、当社にはそういった“オリジナルで勝負”できるスピリットと商品、技術力があります。

「曇りのない会社経営」
商品そのものだけでなく、当社の経営スタイルも私たちの誇りです。毎月の経常利益や会社の現状報告などを社員に公開するのが当社の伝統です。また、基本賞与に加え、分配賞与・会社業績賞与などで会社の経常利益を公平に社員へ還元し、会社と社員が必ずWIN-WINの関係を保てるような仕組みづくりも忘れてはいません。こうしたスタンスが社員のモチベーションを喚起し、30期連続の増収を伴う黒字経営を達成することができました。これからも、社員が声を大にして自分たちを誇れる会社であり続けたいと思います。

「企業理念に共感した上で、会社選びをしてくれる人が多い」
立地やネームバリューのみにとらわれることなく、企業理念や企業価値、事業の魅力などをしっかりと見極めた上で、ダイワハイテックスという会社を選んでくれる人が、新卒者には実に多いのです。そうした新卒者に当社のさらなる躍進と改革を託すべく、10年ほど前から新卒採用を本格的に開始しました。結果、社内が大きく活性化し、グループ会社の誕生や新規事業の創出など、新たな企業成長基盤を生み出すことができました。それだけに、私は新卒者の皆さんに大いに期待しているのです。

シュリンカーは、当社の独自力と創造性の象徴です。今後も、新型のシュリンカーは勿論、当社を代表する更なる製品の開発に注力していきます。そのために、当社の新たな原動力となる、皆さんの活躍に期待しています。
<代表取締役 大石 孝一>

会社データ

プロフィール

みなさんが本屋でコミックを買ったとき、透明なビニールで包装されていませんか?
私たちダイワハイテックスは、そのコミックの包装する機械“コミックシュリンカー”を製造・販売している会社です。

今から約30年前、偶然の出会いからコミック用包装機が生まれました。
「中身を見せなければ売れない」という当時の常識に屈することなく、
「お金を出して買うお客様はきれいな本が欲しいはず」と考え、
今までなかった“コミックの包装”という市場を開拓しました。

その結果、主力製品である“コミックシュリンカー”は市場シェア90%以上(※1)
という圧倒的な支持を得ることが出来ました。
普段目にするコミックは、ほぼ当社の製品で包装されているということです。

さらに、年々深刻化している万引き問題にも立ち向かい、
2007年から防犯ゲートや防犯タグといった、万引き防止システムの販売を開始。
防犯システムを取り扱っている企業はいくつかありますが、
書店に特化して提案しているのは、当社だけです。

また、包装機メーカーとしてのノウハウを活かして、
新たな市場への開拓を進め、新事業を展開しています。

1つ目は、急激な成長をしているネット通販業界へ向けた、物流システムの提案。
緩衝材(バブルシート)を用いた包装機を開発しました。
発送元が困っている梱包や発送の部分をオートメーション化し、
大幅な費用や時間のコスト削減を提案しています。
2つ目は、コンビニ・図書館へ向けた提案。
書店以外で書籍を扱う機関へ商品・サービスを展開し、
図書館用書籍のコーティング機やコンビニ用雑誌のテープ貼り機を開発。
コミックシュリンカーとは全く異なる包装機の開発に力を入れています。


環境の変化が激しい昨今、必要とされる企業であるために、
市場の変化をいち早く察知して、変化していく企業でなければなりません。
そのために必要なのは、『常識に囚われないこと』。
型に嵌まらない発想と培ってきた技術力を活かし、新市場への開拓や更なる新製品の開発に励んでいます。
現状に満足せず、常により良いものを求める姿勢を大事にしています。


(※1)経済産業省中小企業庁「中小企業白書2009年度版」より

事業内容

PHOTO

主力製品・コミックシュリンカー。1時間に約1,400冊を包装することが出来る。

ダイワハイテックスの事業展開の根本にあるのは、
『商品を購入していただいてからが、お客様との本当の信頼関係の始まり』
という考えです。お客様に安心して製品を使い続けて頂けるよう、アフターフォローに力を入れています。
「店舗支援事業」「通販支援事業」2つの事業を運営しています。 長期にわたり安定して成長する企業となるために、次代の柱となりうる新規事業を展開していく勇気を持った組織でありたい、と考えています。


【店舗支援事業】
書店様をはじめ、コンビニエンスストア様、図書館様、アパレル店舗様、飲食店様など実店舗を運営しているお客様に対して、業務効率化を実現するための機械や設備を提案する事業です。

◆書店様に向けた提案◆
書店様へ主力商品であるコミックシュリンカーを中心に、店舗で使用して頂く備品など多岐にわたる製品を提案し、『書店繁盛支援企業』を目指してきました。
当社独自の「猫の手包装応援」サービスや機械故障時における代替ユニットの
即日発送など、徹底したアフターサービスによって書店様と強固な関係を築き、その『お客様第一主義』という方針は、全事業の礎になっています。

◆コンビニエンスストア様、図書館様に向けた提案◆
書店以外で書籍を扱う機関へ商品・サービスを提案しています。
図書館用書籍のコーティング機「eCoaty(エコーティ)」や
コンビニ用雑誌のテープ貼り機「TAPE-SHOT(テープショット)」などを開発。
2012年に板橋製品技術大賞「環境賞」、2013年に「優秀賞」をそれぞれ受賞しました。

◆全実店舗様へのセキュリティーシステムの提案◆
『万引きを未然に防ぐ売り場づくり』をテーマに独自の防犯システムを提案し、お客様と一緒に問題を解決してきました。ダイワハイテックスに集まる売り場情報を元に、お客様のご要望に合わせて、個々の売り場に対して最適な提案をしています。


【通販支援事業】
通販支援事業では、書籍包装で培ったノウハウを活かし、「小型」「軽量」
「簡単移動」を特徴とした包装機の開発・販売を行っています。
緩衝材(バブルシート)を用いた包装機を開発し、ネット通販業界など
梱包資材や人件費がかかっていた部分をオートメーション化し、
大幅な費用や時間のコスト削減を提案しています。

2014年にバブルシート包装機「BKT-1、2」が板橋製品技術大賞「審査委員長賞」を受賞しました。
本社郵便番号 174-0043
本社所在地 東京都板橋区坂下1-34-27
本社電話番号 03-3558-8131
設立 1978年3月 "40年目を迎えました!!"
資本金 6,000万円
従業員 62名(男性40名、女性22名)※2017年4月現在
売上高 12億4,500万円 ※2017年1月期実績
事業所 本社/東京都板橋区坂下1-34-27
大阪支店/大阪府吹田市垂水町3-2-1
売上高推移 14億万円(2017年1月期実績)
12億7,000万円(2016年1月期実績)
12億4,500万円(2015年1月期実績)
12億4,300万円(2014年1月期実績)
取扱品目 包装機械、包装資材、書店用関連備品、省力化機械、制御用品機械
主な取引先 【店舗支援事業】
<書店>
旭屋書店、アニメイト、紀伊國屋書店、三洋堂書店、三省堂書店、イオン、精文館書店、TSUTAYA、明屋書店、文教堂、有隣堂、リブロ その他全国約5,500書店
<コンビニ・図書館、その他>
大手コンビニチェーン、青山学院大学図書館、飯能市立図書館、農林水産省図書館、業務スーパー など

【通販支援事業】
エーツー(駿河屋.jp)、DMM.com Base、Hamee、清長、ケイ・ブックス
BtoC通販事業者(国内外含む)など
グループ会社 (株)ダイワイノベーション
上海大石林包装材料有限公司
平均年齢 約34歳(60歳以上の継続雇用あり)
Facebook https://www.facebook.com/daiwahightechs/
採用情報ほか、社内行事やダイワのちょっとした日常を垣間見れます。
Youtube https://www.youtube.com/channel/UClCusoDXd6UDh1ojwTP6K6Q
先輩社員のインタビュー動画を不定期に更新中♪
企業理念 当社では、「事業」「社会」「顧客」「社員」の4つの視点からアプローチを考え、 社員一人ひとりが企業理念に基づき行動しています。
【事業】
私達は、仕入先ならびにお得意先との相互理解を深め、共存共栄を図り、健全で公正な態度で、事業活動を行う。
【顧客】
私達は、常にお客様の立場に立ち、要求に応え、サービスの向上に努める。
【社会】
私達は、地域社会との良好な関係を維持し、社会の公益増進のために、適正な利潤を追求し、社会に還元する。
【社員】
私達は、社員および家族が、豊かで明るく、健全な生活を営み、社員がお互いに誇りを持って働ける会社をめざす。
沿革
  • 1978年 3月
    • 東京都板橋区において、大和包装機械(株)を設立。
  • 1990年 5月
    • 自動製袋機を設備し、自社でシュリンク袋の製造を開始する。
  • 1992年 3月
    • 大阪府吹田市に大阪営業所を開設。
  • 1995年 4月
    • 板橋区大原町に本社・工場を建設。
  • 2000年 3月
    • 「板橋区経営品質賞 大賞」を受賞。
  • 2003年 5月
    • 東京商工会議所の「第1回勇気ある経営大賞 特別賞」を受賞。
  • 2006年11月
    • 「板橋区製品技術大賞 優秀賞」を受賞。
  • 2007年 6月
    • 経済産業省「元気なモノ作り中小企業300社」に選定される。
  • 2008年 2月
    • グループ会社「(株)ダイワイノベーション」を設立。
  • 2011年 2月
    • 板橋区坂下に本社・工場を移転。
  • 2012年11月
    • eCorty「板橋区製品技術大賞 環境賞」を受賞。
  • 2013年11月
    • TAPE-SHOTmini「板橋区製品技術大賞 優秀賞」を受賞。
  • 2014年11月
    • BTK1・2「板橋区製品技術大賞 審査委員長賞」を受賞。
  • 2017年3月
    • 設立40年目突入!!
前年度の育児休業取得対象者数 2名(男性0名:女性2名)
前年度の育児休業取得者数 女性2名(入社9年目・入社4年目で取得)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒174-0043
東京都板橋区坂下1-34-27
採用担当 矢内(やない)
TEL:03-3558-8131
受付時間 9:00〜17:00(土日祝除く)
★お気軽にお問い合わせください★
URL ★マイナビでは見れない情報満載!
採用サイト http://www.daiwa-recruit.jp/
★社内行事や社内の雰囲気がよく分かります!
採用Facebook https://www.facebook.com/daiwahightechs.recruit
★Youtubeチャンネル開設!先輩社員インタビュー掲載
https://www.youtube.com/channel/UClCusoDXd6UDh1ojwTP6K6Q
E-mail recruit@daiwa-hi.co.jp
交通機関 都営地下鉄三田線「志村三丁目」駅 徒歩5分

当社へのアクセスはこちらのページをご参考ください!
http://www.daiwa-hi.co.jp/company/access.html
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp84178/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ダイワハイテックスと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ