最終更新日:2017/12/6

マイナビ2018

マイナビコード
84762
  • 正社員
  • マイナビだけでエントリー

岡三リビック(株)

本社
東京都
資本金
2億3,550万5,000円
売上高
196億1,052万円【2017年3月実績】
従業員
234名(男性 180名、女性 54名)【2017年4月1日現在】
募集人数
1〜5名

『価値あるインフラ整備と創造性の旗手』岡三リビック株式会社 採用ページへようこそ!

2018年度新卒採用 エントリー・説明会予約受付中です! (2017/12/06更新)

■□------------------------------------------------------------------------□■
  岡三リビック(株) 説明会予約受付中!
    道路、公園、鉄道、社会インフラを支える専門企業です!
□■------------------------------------------------------------------------■□

みなさん、こんにちは!岡三リビック(株)/採用担当の渡邊です。
私たち岡三リビック(株)は、道路、公園、鉄道、社会インフラを支える専門企業です!
こちらのページでは当社岡三リビック(株)のことを少しでもみなさんに知っていただきたく、会社紹介、先輩社員インタビュー等を掲載しております。
また、公開回答Q&Aにも積極的に回答してまいりますので、是非一度ご覧いただきたくお願いいたします!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
当社独自の視点と専門知識を動員し、最適な土木資材や工法を提案。日本全国の公共インフラを安全かつ効率的に支えていくのは、あなたです。
PHOTO
実際の建設現場に赴くことも多く、実践的な知識や経験が身につく環境。技術を生かしてアクティブに活躍いただける環境があります。

全国の公共インフラを独自の工法と技術で支え、堅実な成長を続けています

PHOTO

羽田空港の拡張工事では、当社の主力商品の一つである「EDO-EPS工法」が採用。この他にも日本全国へ土木資材や工法を提供し、さまざまなプロジェクトを支えています。

■全国規模で地域に根ざした提案を行う“商社”であり“メーカー”です
私たちは1971年の設立以来、国内外から土木資材を調達して販売を行う“商社”として、また自社で開発した独自の技術・工法を提案する“メーカー”として、堅実な成長を続けてきました。国内の道路や鉄道、空港から河川、上下水道といった公共インフラの幅広い領域において、私たちの資材や工法が採用されています。また北海道から九州に至る主要都市に拠点を持ち、地域に根ざした提案・営業を実践するほか、業界で数少ない土木資材リースの全国展開を行っていることも強みです。

■独自の技術がさまざまな公共インフラに採用され、社会貢献につながります
「1立方メートルの荷重は?」これは新入社員への教育に用いる質問でもあります。答えはおよそ2トン、車1台分にあたります。この固まりが崩れるとどうなるか。技術はつねに危険と隣り合わせという意識を持ちながら、独自の技術提案を行っています。発泡スチロールや発泡ガラスを用いた超軽量盛土工法「EDO-EPS工法」は土砂の1/100となる荷重を実現させており、埋立地や河川沿いの軟弱地盤や急傾斜地など、さまざまな場所への採用実績があります。
また日本の公共インフラの多くは1960年代につくられたもので、そのほとんどが寿命を迎えつつあります。現在の技術基準に適合しないものも多く、早急な対策が求められていますが、新しくつくり直そうにも、橋梁だけで全国70万箇所以上。物理的に無理があります。そこで私たちは「長寿命化」に着目した資材・工法の導入を提案し、効率的な維持・更新を行うためのサポートを行っているのです。

■インフラを守りたい、社会貢献を行いたい人求む!
こうした技術を社会に発信するには「生の声で伝える」ことが大切。質の高い提案やプレゼンテーションなどに、コミュニケーション力を発揮できる方を歓迎します。新入社員も役員を「さん」付けで呼ぶなど、風通しの良い社風ですので、思いを存分に発揮できる環境があります。
社名のリビック(LIVIC)は公共・市民を意味するシビル(CIVIL)を逆読みした造語で、「公共を後方支援する」という理念を表しており、同時に「価値あるインフラ整備と創造性の旗手」の意味が含まれています。インフラを守っていきたい、技術を生かした社会貢献を行いたい、という意欲ある方々をお待ちしています。
(取締役兼執行役員 小桐順)

会社データ

プロフィール

当社は、人びとの豊かな生活のためのインフラストラクチャー整備を、ハード、ソフトの両面から提案し支えていく創造力豊かな企業でありたいと考えて、1971年の創業時から全国展開を目指してきました。
国内外から様々な土木資材を調達し販売する商社としての機能、そして自社で研究開発した土木工法を提案するメーカーとしての機能をあわせもち、国内でも類を見ないインフラ専門企業として成長を続けている会社です。
今後も土木の枠にとらわれず、先見性とチャレンジ精神をもって新たな事業領域へと進んでいきます。

事業内容

PHOTO

創業期からの取扱商品『コルゲートパイプ』。

土木建設材料・工法の製造・販売

創業以来シェアーNo.1を維持しているコルゲートパイプ、ライナープレートなどの土木資材を中心とした専門商社であり、且つ、多数アンカー工法を中心とした独自性の高い工法メーカーでもあり、海外との技術交流などにより新資材の提供で常に業界をリードしています。
本社郵便番号 108-0075
本社所在地 東京都港区港南一丁目8番地27号 日新ビル10階
本社電話番号 03-5782-9080
設立 1971年6月
資本金 2億3,550万5,000円
従業員 234名(男性 180名、女性 54名)【2017年4月1日現在】
売上高 196億1,052万円【2017年3月実績】
事業所 支社:
東京

支店:
北海道、宮城、群馬、愛知、大阪、広島、香川、福岡

営業所:
岩手、長野、新潟、石川、静岡、鳥取、愛媛、鹿児島

海外事業所:
ベトナム

倉庫:
北海道、宮城、群馬、兵庫、福岡
株主構成 従業員持株会・個人・法人
関連会社 岡三工事(株)、(株)ジオデザイン、沖縄リビック(株)、
岡三サポート(株)、テクノコンテンツ(株)、ワイオー・ラボ(株)、
OKASAN LIVIC VIETNAM CO., LTD.
平均年齢 42.5歳(男性 44.7歳、女性 34.8歳)
ここがポイント ・災害復旧等のインフラ整備にも貢献
・土木の枠にとらわれず社会に貢献する新たな価値を創造
・環境・景観事業への参入
・独自の垂直擁壁が日本の地盤を力強く支える
・海外との技術交流や新資材の提供を積極的に展開
沿革
  • 1971年
    •   6月 資本金500万円にて岡三興業(株)設立
          (港区浜松町2-2-6)
  • 1972年
    •   6月 資本金1,000万円に増資
  • 1974年
    •   6月 資本金2,000万円に増資
          本社移転(港区浜松町1-25-11)
  • 1975年
    •   3月 大阪営業所開設(現関西支店)
  • 1976年
    •   8月 仙台営業所開設(現東北支店)
  • 1977年
    •   3月 名古屋営業所開設(現中部支店)
        7月 資本金5,000万円に増資
        9月 広島営業所開設(現中国支店)
  • 1979年
    •   4月 福岡営業所開設(現九州支店)
  • 1981年
    •   3月 四国営業所開設(現四国支店)
          札幌営業所開設(現北海道支店)
  • 1983年
    •   5月 本社移転(港区浜松町2-4-25)
  • 1984年
    •   1月 東京支店開設(現関東支社)
  • 1986年
    •   2月 南九州営業所開設
        4月 資本金9,500万円に増資
  • 1987年
    •   2月 関越営業所開設(現北関東営業所)
  • 1988年
    •   3月 北陸営業所開設
        4月 盛岡営業所開設
  • 1992年
    •   4月 沖縄営業所開設[現沖縄リビック(株)]
  • 1994年
    •   4月 山陰営業所開設
        8月 資本金2億円に増資
  • 1995年
    •   1月 静岡営業所開設
       11月 本社移転(港区芝大門2-5-5)
  • 1998年
    •   3月 資本金2億3,550万円に増資
  • 1999年
    •   4月 岡三リビック(株)に商号変更
          新潟出張所開設(現新潟営業所)
  • 2001年
    •   4月 愛媛営業所開設
        7月 本社移転(港区芝浦4-16-23)
  • 2008年
    •   4月 長野営業所開設
  • 2011年
    •  10月 ベトナム ホーチミン市駐在員事務所開設
  • 2014年
    •  6月 本社移転(港区港南1-8-27)
平均勤続勤務年数 15.9年
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 7.8日
前年度の育児休業取得対象者数 2名(うち男性0名 女性2名)
前年度の育児休業取得者数 2名(うち男性0名 女性2名)

採用データ

取材情報

技術を生かした社会貢献を果たしたい!思いを形にしようと奮闘する若手社員たち
社会インフラを支える、2名それぞれの成長ストーリー
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒108-0075
東京都港区港南1-8-27 日新ビル10F
部署:経営統轄室 新卒採用担当
TEL:03-5782-9080
URL http://www.okasanlivic.co.jp
E-mail jinji@okasanlivic.co.jp
交通機関 JR山手線・京浜東北線「品川駅」港南口より徒歩5分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp84762/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ