最終更新日:2017/7/18

マイナビ2018

マイナビコード
85241
  • 正社員

丸紅紙パルプ販売(株)【丸紅グループ】

現在、応募受付を停止しています。

本社
東京都
資本金
10億円(非上場)
売上高
1,388億円(2016年度)
従業員
201名(2016年12月末現在) 総合職:144名 一般職:57名
募集人数
1〜5名

「紙」の在り方を変えたい。〜妥協なき未知への挑戦〜

2018年度入社向け新卒採用活動終了のお知らせ 丸紅紙パルプ販売(株)/採用担当 (2017/07/18更新)

こんにちは!!

弊社採用ページにお越し頂き、ありがとうございます。

本年度の新卒採用は終了致しました。


エントリーを行って頂きました皆様、ありがとうございました!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
輸入紙にも力を入れているだけに、グローバルな取引を行う機会も少なくない。総合商社系ならではの醍醐味だといえるだろう
PHOTO
1年目にも責任ある仕事をどんどん任せていく。若い世代ならではの柔軟な視点が、会社のさらなる飛躍のエネルギーとなる

社風のよさと、自分のやる気に応えてくれる環境

PHOTO

「変化する時代にも、自分達の強みを生かしながら、スペシャリストを目指しましょう」情報用紙課 稲見 芳崇

■ASEAN諸国を見据えた、新しい商流の創造
中国上海での研修を経て、包装資材部に配属されクラフト紙の輸出入を担当しました。日本でも海外でも、営業で大切なのは、メーカーとユーザー双方の要求をくみ取ること。そしてそのバランスをとって安定的な商流を創り続けること。これが、メーカーとお客様両社からの信頼につながります。国内営業と上海実務研修での経験を武器に、ASEAN諸国を相手に包装資材の販路拡大が自分の使命だと思っています。中国語と英語をレベルアップさせ、海外の商圏を広げられる営業を目指していきたいですね。

■中国市場への挑戦
上海研修では、丸紅の上海現地法人「丸紅上海有限公司」で、中国国内の紙の営業・販売をしていました。商習慣の違いや、中国企業をお客様とする厳しさも感じると同時に、中国の市場規模の大きさと成長性を感じました。その時期はちょうど、大手製紙メーカーが中国工場で製紙を始めた時期でもあり、私は「従来の顧客である印刷会社だけでなく、中国の袋関係の会社にも卸せれば商流が広がる」と読み、東京で取引があったお客様の中国工場に掛け合いました。上司からも「お前がいる意味を考えて欲しい」という指示を受け、「何としても」という気持ちで交渉し、初成約を果たすことが出来ました。上海で新たな商流を切り拓くことができ、入社して最大のやりがいと達成感を味わいました。

■社風のよさと自分のやる気に応えてくれる環境
紙パルプ商社への興味というより、説明会で社風の良さを感じて、この会社でチャレンジしたいと思ったのがきっかけです。入社してみると想像以上に業界内での当社の知名度の高さや売上のボリュームの大きさを実感。私は入社当時から、自己申告制度を活用し、アメリカや中国への海外研修に行きたいと表明し、実現しました。意欲さえあればチャンスを与えてくれ、バックアップしてくれる会社です。最近では社内制度の変更もあり、モチベーションの高い若手にとってはやりがいある環境になっていると思います。

会社データ

プロフィール

【丸紅グループの得意分野である「紙」を通じ、社会貢献を目的とした会社】

当社は、出版用紙・印刷用紙・情報用紙・包装用紙・化成品・段ボール原紙・製紙原料・機能材の8つのフィールドを中心にビジネスを展開しています。紙の商社としては後発になりますが、国内市場に海外からの「輸入紙」を広めた実績があり、国内紙・輸入紙を両輪とする事業展開を行っています。

国内だけにとどまらず、中国やドイツ、カナダ、フィンランドなど世界中から紙を調達するグローバルな力が、出版社や印刷会社、直販企業などへの幅広い提案力として選ばれています。洋紙の国内流通では、製紙メーカーと協力して新しい原紙を企画・提案するなど、原料調達からメーカー機能までトータルに持つ丸紅グループならではの営業を展開しています。

取引先企業のニーズが多様化し、提案力の強い会社が成長する時代の流れの中で、当社では流通体制や社内体制の見直しを行っており、丸紅本社への出向など本格的な人材交流をスタートさせています。また、丸紅の500社以上あるグループのシナジーを活かす大きなチャンスと捉え、新たに取引先の工場に対するコージェネレーションシステムの販売や、CD/DVDなど紙以外の商材の取扱いなど、グループ間の連携によるビジネスを着々と進めています。

現在、消費者の活字離れや出版不況といわれていますが、一般の雑誌の発行部数が減る一方で、コピー用紙などの情報用紙やトイレットペーパーなどの家庭紙、包装用のパッケージなど、世界的にみれば需要が伸びている分野もあり、インターネットを始めとするIT化社会の中でも、「紙」の温かみが改めて注目されています。

有限な地球資源を活用する当社の「紙」の事業は、環境と密接した分野です。ISO14001の取得やFSC(森林認証)製品の取り扱い、リサイクル運動を積極的に推進するなど、森林資源と地球環境の保護に取り組んでいます。

事業内容
【1】下記の物品に関する製造、売買、貿易及び仲介業
  (1) 紙類・板紙類・パルプ及び製紙原料
  (2) 紙製品及び紙加工品
  (3) 包装用資材、容器並びにこれに付随する商品
  (4) 石油化学製品、合成樹脂製品及びその他の化学製品
  (5) 紙加工用機器及びその他の機器
  (6) 包装に関する設備、機械、器具
  (7) 食料品及び飲料
  (8) 文具及び事務用品
  (9) 録音・録画用のディスク
  (10) LED(発光ダイオード)照明
  (11) 繊維製品

【2】 前各号に関連する機器及び資材の賃貸借
【3】 コージェネレーション設備機器及びその関連機器の販売仲介業
【4】 不動産の賃貸及び管理
【5】 倉庫業
【6】 前各号に付帯関連する一切の業務
本社郵便番号 105-0012
本社所在地 東京都港区芝大門1-9-9 野村不動産芝大門ビル
本社電話番号 03-6430-8711(代表)
設立 1953(昭和28)年10月28日
資本金 10億円(非上場)
従業員 201名(2016年12月末現在) 総合職:144名 一般職:57名
売上高 1,388億円(2016年度)
業績       売上高       経常利益
2015年度 1,388億円     16億3,800万円
2014年度 1,450億円     16億4,200万円
2013年度 1,464億円     21億3,600万円
2012年度 1,499億円     21億3,900万円
事業所 支 店/ 大阪・名古屋・九州
営業所/ 静岡・札幌
株主構成 丸紅(株)
主な取引先 アスクル(株)・凸版印刷(株)・(株)集英社・(株)ホクヨー・レンゴー(株)・ダイナパック(株)・(株)講談社・大日本印刷(株)・(株)東京スポーツ新聞社・大王パッケージ(株)・エフピコ(株)・イデホールディングカンパニー(株)・(株)小学館、他
関連会社 太栄産業(株)
丸紅オフィス・サプライ(株)
平均年齢 41.2年(2016年12月時点)
平均勤続年数 17.8年(2016年12月時点)
環境理念 良き企業市民の責任として「この地球は未来の子孫からの預かりもの」であり、地球環境の保全および循環型社会の構築を担うことが企業活動の重要課題であることを認識し、持続可能な社会の実現に最善を尽くします。
環境方針 事業活動においては、常に環境への影響に配慮し、ステークスホルダーと協力しながら環境保全と汚染の予防等環境リスクの低減に努めます。基本方針に沿った活動の成果を検証し、環境マネジメントシステムを定期的に見直して継続的改善に努めます。
この環境方針を全ての役員、社員、当社のために働く全ての人に周知するとともに社外にも公開します。
行動憲章 丸紅紙パルプ販売は、公正なる競争を通じて利潤を追求する企業体であると同時に、世界経済の発展に貢献し、社会にとって価値のある企業であることを目指す。これを踏まえて、以下の6項目を行動の基本原則とする。

【1】公正、透明な企業活動の徹底
・法律を遵守し、公正な取引を励行する。
・内外の政治や行政との健全な関係を保ち、
 自由競争による営業活動を徹底する。
・反社会的な活動や勢力に対しては毅然とした態度で臨む。

【2】グローバル・ネットワーク企業としての発展
・各国、各地域の文化を尊重し、企業活動を通じて
 地域経済の繁栄に貢献していく。
・グローバルに理解が得られる経営システムを通じて、
 各地域社会と調和の取れた発展を目指す。

【3】新しい価値の創造
・市場や産業の変化に対応するだけでなく、変化を自ら創造し、
 市場や顧客に対して新しい商品やサービスを提供していく。
・既存の常識や枠組みにとらわれることなく、
 常に新たな可能性にチャレンジする。

【4】個性の尊重と独創性の発揮
・一人ひとりの個性を尊重し、独創性が存分に発揮できる、
 自由で活力のある企業風土を醸成する。
・自己管理の下、自らが課題達成へ向けて主体的に行動する。

【5】コーポレート・ガバナンスの推進
・株主や社会に対して積極的な情報開示を行い、経営の透明度を高める。
・経営の改善などに関わる提案を尊重し、
 株主や社会に対してオープンな経営を目指す。

【6】社会貢献や地球環境への積極的な関与
・国際社会における企業市民としての責任を自覚し、
 積極的な社会貢献活動を行う。
・地球市民として環境問題に心を配り、健全な地球環境を子孫に継承する。
沿革
  • 1953年10月
    • (株)三栄洋紙店を設立
  • 1954年11月
    • 丸紅紙業(株)に商号変更
  • 1998年 7月
    • 丸紅パック(株)と合併
  • 2001年 7月
    • 丸紅紙業(株)と湊屋紙商事(株)が合併し、「丸紅紙パルプ販売(株)」に商号変更
  • 2001年11月
    • 本社所在地を千代田区三崎町1-4-17に移転
  • 2002年 9月
    • 環境マネジメントシステムISO14001認証を東京本社、全支店および営業所の全事業所で取得
  • 2007年11月
    • FSC森林認証(CoC認証)を取得
  • 2010年10月
    • 丸紅(株)より国内紙・板紙販売商権を譲り受ける
      本社所在地を東京都港区芝大門1-9-9に移転
月平均所定外労働時間(前年度実績) 16.2時間

採用データ

取材情報

問い合わせ先

問い合わせ先 〒105-0012
東京都港区芝大門1丁目9番9号 野村不動産芝大門ビル4F
丸紅紙パルプ販売(株)
TEL:03-6430-8711 FAX:03-6430-8701
総務人事部総務人事課 豊永 
受付時間(平日9:00〜12:00、13:00〜17:15)
URL http://www.marubeni-pps.co.jp/
E-mail recruit@marubeni-pps.co.jp
交通機関 ■都営地下鉄浅草線 大門駅A6出口より徒歩2分
■都営地下鉄三田線 御成門駅A2出口より徒歩4分
■JR山手線・京浜東北線 浜松町駅北口より徒歩7分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp85241/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
丸紅紙パルプ販売(株)【丸紅グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
【有力企業グループ特集】丸紅グループ

ページTOPへ