最終更新日:2017/5/2

マイナビ2018

マイナビコード
85981
  • 正社員

(株)野澤組

現在、応募受付を停止しています。

本社
東京都
資本金
1億円
売上高
164億7,124万円(2016年9月実績)
従業員
140名
募集人数
1〜5名

147年は、挑戦の歴史。各界の最先端を提案し続けるイノベーションカンパニー。

(株)野澤組のページをご覧いただき、ありがとうございます! (2017/03/14更新)

☆-----------------------------------------

説明会追加開催決定!

【東京】
2017/3/16(木)13:00〜15:00
2017/3/31(金)14:00〜16:00 ☆NEW!

【大阪】
2017/04/06(木) 14:00〜16:00

本年度予定している説明会は以上です。
ご予約はお早めにお願いいたします。


貿易商として145年以上にわたり、
日本の輸出入を支えてきました。
食品や酪農・動物、海外での仕事に興味のある方、
エントリーをお待ちしております!

           株式会社 野 澤 組
--------------------------------------------☆

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
<食品部>チーズの輸入を始めて80年以上。その他乳製品だけでなく、乳酸菌、パスタなどの輸入も手掛けています。
PHOTO
<畜産部>酪農家への情報提供は、海外のサプライヤーとともに積極的に行います。

1世紀半かけて、めぐり逢ったきみへ。

PHOTO

写真は1950年のもの。当時の主力であるシルクの出荷の様子。日本の輸出入振興を1世紀半にわたって担ってきました。

●歴史を背負い、世界を視野に、次のイノベーションを仕掛けよう。
「会社を理解するのに時間がかかった」新人が口をそろえる。確かにそうかもしれません。長い歴史と深い専門分野、そして世界に広がる壮大なフィールドがあります。社員一人ひとりがプロフェッショナルとして、独自の技術と知識・感性を持っています。今日も新人からベテランまで、全社員140人が世界中でイノベーションを巻き起こす会社。はじめまして、野澤組です。

●日本の酪農の歴史を変えたって、ホント?
約30年前までの乳牛改良の主流は、優秀な牛を海外からそのまま運ぶ生体輸入。高額な牛の買い付けを行えるのは、ほんの一握りの酪農家でした。そして凍結精液の輸入解禁のニュースが届く1984年、優れた輸入精液を届けることが、日本の酪農を変えると確信。北海道から九州まで酪農家、農協、獣医師を粘り強く訪ね歩き、数年後生まれた牛が成績を残したことで、輸入精液の評判は一気に高まりました。以来、変わらずに高いシェアを維持しているのは、酪農家との距離の近さ。畜産部員は、今日も全国の酪農家のもとに最新情報を携えて足しげく通います。

●乳牛のベッドを常識にしたって、ホント?
日本における、カウコンフォート(乳牛のための牛床環境)の歴史もまた、野澤組社員の発見から。以前は糞尿のにおいが消えない劣悪な環境のなかで飼育されていた乳牛。だが「乳牛にとって快適である」ために環境を整え、設備投資を行うことで、乳量の増加、乳質の改善、乳牛の寿命長期化によるトータルな生産性向上と利益拡大…など、損得計算でいえば、酪農家のメリットを大きくするのです。「乳牛」の環境と「経営」の環境を改善していきます。

●人気アパレルのヒット作を仕掛けてるって、ホント?
日本のアパレルブランド、工場を持っている会社は多くありません。新進気鋭の若いブランドだとなおさら。ものづくりについても、デザインはできても、知識や技術が足りないこともあります。そこで野澤組の出番!企画段階から「どんな商品が店頭で売れるか?」と一緒に考え、サンプル作成から本生産までを一貫して引き受けます。ある人気ブランドが30枚の注文から今や1,500枚に。ヒット商品を生み出せば、自然と注文が増えるんです。売れれば売れるほど、お客様に喜んで頂き売上が増える。お客様と一緒に成長するプロセスも、野澤組の醍醐味です。

会社データ

プロフィール

●はじまり:もっと自由で、公平な貿易を!
1869(明治2)年、唐物と呼ばれる輸入雑貨の卸・小売業が野澤組の原点。創業当時は輸出入業務のすべてが外国商館に握られ、日本の商人が非常に不当な取引を強いられていた時代。不利な状況を打破すべく、外国との直接取引の実現に乗り出したのが、創業者の野澤卯之吉です。

●食品部:「チーズって何?」という時代から
1931年、オランダ・フリコ社のナチュラルチーズの輸入を開始。当時、日本人にとってチーズは馴染みのない食品。60年代、喫茶店を駆け回りピザトーストのキャンペーンをはったり、90年代、イタリアンレストランにティラミスを紹介したり。日本におけるチーズ文化の普及に貢献し続けています。またこれからの長寿社会に対するサポートのための製品開発にも力を入れています。

●畜産部:日本の酪農家に世界を届けたい
酪農先進国から優秀な牛の凍結精液を輸入して、日本の酪農家に提供しています。1984年、輸入が解禁。酪農家、農協、獣医師に対して粘り強い説明を続け、当初は500本の輸入でしたが、今では70万本を超えるマーケットに。これからも日本の酪農家と一緒に歩いていきます。

●機械部:モノを売るのではない、ともに課題解決を
生産現場から食卓に並ぶまで全てをお手伝いします。搾乳施設、ミルクプラントから、チーズ加工機械まで幅広い商品を取り扱っています。広大な土地で数をたくさん飼う北米型、限られた土地で効率を追求するヨーロッパ型。それぞれのノウハウを国内に輸入し、酪農経営の未来をお伝えする。それが機械部のミッションです。

●繊維部:トレンドをつかめ、工場を動かせ、ヒットを狙え!
工場を持たないファブレスメーカーに対して、OEM事業を行っています。2007年には、中国の山東省に合弁で縫製工場を設立。最近はデザインの企画立案も強化。世界の事業所を通して収集した欧米のファッション情報の提供、サンプル作成まで、商品戦略パートナーとしてお客様をサポートします。

●総務・経理部:守るな、攻めろ、営業とともに
営業部門の良きパートナーとして社内では営業のサポート、社外では野澤組の看板として広告塔の役割を担います。営業部門に輸入の相談を受けるのは信頼の証。経理の仕事は後工程ではなく、為替の動きを見て常に先の野澤組の挑戦に備えます。仕事に受け身で対応するのではなく、視野も行動範囲も広い部署です。

事業内容

PHOTO

<繊維部>中国の工場でデニムのOEM生産を行っています。アパレル企業と野澤組による妥協無しのデニムは何といっても高品質が強み!手がけた商品を街で見る喜びは格別です。

専門貿易商社として、各部門で取り扱っている品目をご紹介します。野澤組の名前が出ることはないのですが、食品や衣料品などは、皆さんも触れたことがあるものもあるかもしれませんね。これらの商品、一見バラバラに見えますが、実は、横の連携・つながりも強いラインナップになっています。たとえば、牛→酪農家(畜産、機械)→チーズ(食品)やジーンズ(繊維)といった具合です。これからは、部署間の連携パワーをさらに高め、より一層一丸となって、お客様に、世の中に、貢献できるようにがんばっていきたいと思っています。

【食品部】
チーズ、バター、脱脂粉乳、乳タンパク、その他乳製品各種、乳酸菌、レンネット、パスタ、オリーブオイル、その他一般食料品

【畜産部】
家畜(乳牛、肉牛、競走馬、乗用馬、農用馬、豚、緬羊、山羊、鹿、兎、鶏など)、その他種畜類、種畜の精液及び受精卵、家畜飼料、その他畜産関連商品

【機械部】
酪農機械、食品加工機械、ミルクプラント、豆腐・豆乳製造機械、動物用医薬品及び医療機器

【繊維部】
衣料品(ジーンズ・Gジャン・シャツ・ダウンジャケットなど)、医療関係の特殊生地

【家庭用品部】
家庭用品類(洋食器、刃物など)、厨房用品など

【総務・経理部】
人事・採用・海外通信。社員のサポート業務。
国内外のグループ会社も含めた財務、経理を管轄。
本社郵便番号 100-0005
本社所在地 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル4F
本社電話番号 03-3216-3461
創業 1869(明治2)年
設立 1944(昭和19)年8月2日
資本金 1億円
従業員 140名
売上高 164億7,124万円(2016年9月実績)
事業所 【1】国内 − 東京、大阪、神戸、帯広、釧路、新潟、熊本、那覇
【2】海外 − オークランド、バンコク、香港、煙台、台北
※ニューヨーク、アムステルダム、メルボルン、ソウル、上海については現地法人のため、関連会社欄記載
売上高推移 決算期     売上高    
――――――――――――――――― 
2014年9月   150億2,028
2015年9月   152億2,919
2016年9月   164億7,124
(単位:万円)
主な取引先 海外サプライヤー(オランダ・フリースランド カンピーナ、ドイツ・ザクセンミルヒ、豪州・MGC、カナダ・SEMEX、米国・WWS他)
雪印メグミルク(株)、森永乳業(株)、(株)明治、(株)カネカ、各県畜産試験場、JRA、全国酪農家、(株)バロック・ジャパン他
関連会社 (株)エフ・エフ・シー、(株)フードフアッション、(株)イタリアンフーズ、(株)野澤組カルチャー、
(株)デーリィ・ソリューション、(有)野澤北海道農場、(有)野澤九州農場、(株)関家畜人工授精所、
Nosawa New York, Inc.(ニューヨーク法人)、Nosawa Amsterdam B.V.(アムステルダム法人)、
Nosawa&Co. Australia Pty. Ltd.(豪州法人)、 (株) 野澤韓国 Nosawa Korea Co.,Ltd.(韓国法人)、
毅一郎(上海)貿易有限公司 Kiichiro-Nosawa Shanghai Trading Co., Ltd.(上海法人)
平均年齢 男性38歳
女性38歳
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 16.6%(48名中女性8名 2016年度実績)

採用データ

取材情報

20代の僕たちですが、ノウハウは147年分あります。
147年の挑戦の歴史を活かすのが、若い僕らの使命です。
PHOTO

先輩情報

長恒 純子
2007年入社
35歳
Utah State University
Animal Science Dpt.-Dairy Science
畜産部 (米国 ワシントン州 駐在)
主に北米の酪農業界の情報を翻訳し、資料化
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル4F
担当部署:総務部
担当者:三上
TEL:03-3216-3461(受付9:00〜17:30)
URL http://www.nosawa.co.jp/
E-mail k.mikami@nosawa.co.jp
交通機関 東京本社 : JR山手線・京浜東北線 有楽町駅より徒歩3分
       東京メトロ有楽町線 有楽町駅より徒歩2分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp85981/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ