最終更新日:2017/10/17

マイナビ2018

マイナビコード
86440
  • 正社員
  • 既卒可
  • マイナビだけでエントリー

コトブキ製紙(株)

本社
佐賀県
資本金
5,000万円
売上高
43億700万円(2016年4月期)
従業員
120名
募集人数
6〜10名

コトブキ製紙の総合職は、「未来をひらく」新しい価値観を持った「チャレンジ精神あふれる人」にとって、「無限のフィールド」が広がる環境にあります。

  • 積極的に受付中

☆採養タスクフォース通信☆ (2017/10/17更新)

いらっしゃいませ!
この度は弊社ページをご覧いただき、誠にありがとうございます♪

興味を持たれた方は、是非エントリーを宜しくお願いします!
採養タスクフォース一同、説明会で皆様とお会いできる事を楽しみにしています♪

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
社内サークルの「バルーンクラブ」は、佐賀で開催される人気イベント「バルーンフェスタ」に毎年参加。地域に根差し、親しまれる企業として50年以上の歴史を重ねている。
PHOTO
年に一度、部門別に選ばれる「理想の社員表彰」、全社員が20のチームに分かれて行う環境整備活動など、社員一人ひとりが主体者として意欲的に働ける仕組みが整っている。

挑戦し続けたい人、成長したい人にとっては働きがいのある「紙&人づくり」企業です。

PHOTO

「企業にとって社員は家族。社員幸福度No.1の企業をめざしています。幸せの価値観は人それぞれ。当社が考える幸福については、説明会でお話したいと思います」と武藤社長。

当社は1962年の創業以来一貫して、古紙100%原料(リサイクルパルプ)のトイレットペーパー、ちり紙などを製造してきました。我々が作っている「家庭用紙」は「人々の生活になくてはならないもの」、言い換えるならば「あって当たり前のもの」です。昨年、九州では大きな地震が発生し、普通の日常生活がいかに大切で、有難いものかを改めて思い知らされました。家庭用紙の生産を通じて人々の何気ない日常生活を支える、それが我々の使命であり、誇りをもって仕事に取り組んでいます。

製紙業界、中でも家庭用紙メーカーは、各社がしのぎを削り合う厳しい業界です。成長、変化なくしては生き残れません。「チャレンジを恐れず、変化し続けることを良しとする」。このポリシーが、当社を50年以上にわたって支え続けてきました。例えば、1998年には品質保証の国際規格であるISO9001を家庭用紙業界で初めて取得。続いて2000年には環境マネジメントの国際規格であるISO14001の認証も取得。今でこそ業界スタンダードになりつつあるISO認証ですが、このダブル取得も業界初のことでした。お客様ニーズを敏感に察知し、それに応じた商品開発も積極的に行っています。

製紙業は装置産業であり、工場設備の優劣が企業としての差を生むと考えられています。もちろん当社も設備投資には意欲的に取り組み、この十数年で生産量も2倍以上に拡大。しかし、私は設備ではなく「人」で、他社との差別化を図りたいと考えています。なぜなら、営業はもちろんのこと、機械を動かすのも、さらには機械の導入を決定するのも、最終的には人。社員一人ひとりのレベルアップなくしては、どんな優れた設備を導入しても、思い描いた効果は上がらないと確信しているからです。社員教育の一環として、全社員がチームに分かれて自分達で実行計画を作成・アセスメントも行う改善活動に取り組んでいますし、社員全員を対象とした毎月の勉強会はスタートして既に300回以上実施。向上心さえあれば、学び、成長の場は豊富に提供します。経営状況を全社員にオープンにしており、評価制度の見える化計画も進行中。社員全員が会社の状況、自分がやるべきこと、頑張ればどう評価されるかを理解することで、前向きな意見、アイデアがボトムアップ式に次々と生まれているのです。成長意欲に溢れた皆さんのチャレンジに大いに期待しています。

代表取締役社長 武藤 泰輔

会社データ

プロフィール

佐賀県小城市牛津の地で創業して半世紀。
一貫して、再生紙100%のトイレットペーパーやちり紙といった家庭用紙を生産してきました。
佐賀・広島の2拠点体制で、九州・中四国に密着した販売網を持っています。
当社の製品は、お客様に喜んでいただくと同時に、ゴミの削減や森林減少の防止等に役立っています。

コトブキ製紙は「紙作り」と「人づくり」を通じて、社会へ貢献し、佐賀から日本の再生を目指します。

事業内容

PHOTO

社員幸福度No.1企業を目指して

◆環境ISO・品質ISOをダブル取得!環境に配慮した製品づくり
コトブキ製紙は家庭用紙の専業メーカー。設立は昭和37年。
創業地は佐賀県牛津町で、古くから商都として栄えた場所です。
当社のオフィスは名峰 天山や八幡岳をとりまく県立自然公園を背景にして、佐賀平野の西北部に位置しています。
オフィスの横を流れる牛津川には有明海の潮の干満が伝わっており、豊かな自然環境に恵まれています。
そのような環境の中で、平成10年にはISO9001(品質保証の国際規格)の認証を取得するなど、常に品質の向上を目指してきました。
また、平成12年にはISO14001(環境の国際規格)の認証を取得、業界初のISOのダブル取得を実現いたしました。
今後も環境に配慮した製品づくりを心掛けていきたいと考えています。

◆まず社員の幸福があってこそ!経営理念実現のための好スパイラル
コトブキ製紙には「企業の発展」、「目標への挑戦」、「能力の向上」という経営理念があります。
どの企業も経営理念の実現を目指すものですが、当社が理念実現のために最も大切にしていることがあります。
それは「社員の幸福度」です。企業として社員の幸福を追求していくからこそ、社員の能力が向上し成長します。
結果、ライバルに勝つ競争力がつき、お客様の数や顧客満足度が上がり、会社の評価・収益が上がり、会社の発展(永続)につながります。
会社が発展すれば、さらなる職場環境の改善ができ、社員幸福度に貢献できる。理念実現のための起点が「社員幸福度」。当社はそう考えています。

◆ガラス張りの経営、挑戦しつづける企業風土
創業以来、社員と経営陣の信頼関係が深く、社員=家族という感覚でいます。
だから経営状況から毎月の売上・収益まで全て社員にはオープンに。隠し事は一切なし。
そういう背景があり、社員は皆素直で一生懸命仕事に取り組む人ばかり。会社が今どんな状況にあるのかを知っているから 自分のやるべきことがわかっており、様々な意見やアイディアが日々生れてくるのです。
その社員が「新しいことに挑戦する風土」を作っています。
ISOのダブル取得、新しい機械の導入、TPM活動・環境整備など、会社のためになると思ったら躊躇しません。
結果、この十数年で当社の生産量は2倍以上に拡大しました。
社風を知るには会うのが一番。説明会でお会いしましょう!
本社郵便番号 849-0306
本社所在地 佐賀県小城市牛津町勝1318
本社電話番号 0952-66-1511
設立 1962年11月29日
資本金 5,000万円
従業員 120名
売上高 43億700万円(2016年4月期)
代表者 取締役社長 武藤 泰輔

〜従業員と共に成長し、共に幸福を目指したい〜

 私が追及する企業像は「社員幸福度No.1企業」。
 社員の幸福があってこそ、企業の発展や
 お客様の幸せが実現できると考えています。
 一人ひとりに「コトブキ製紙に勤めたから、充実した人生だった」
 と思ってもらえるような企業でありたいと考えています。

〜3.11からの学び、コトブキ製紙の使命〜

 私たちが当たり前だと思っていた普通の日常生活。
 それは、当たり前のものではありませんでした。
 有り難い、恵まれた日常生活、幸せに満ちた時間だったのです。
 3.11がそう教えてくれました。
 コトブキ製紙の商品は、そんな幸せに満ちた時間(日常)を支えています。
 日々、多くの人々の幸せを実現していくこと、それがコトブキ製紙の使命です。
事業所 ■本社/佐賀工場
 佐賀県小城市牛津町勝1318
■広島オフィス
 広島県広島市安佐南区緑井6-10-6
主な取引先 九州、中・四国地区の卸売業・小売業
(例えば、スーパーマーケット、ドラッグストア、ホームセンターなど)
バルーンクラブ 「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」をご存じですか?
毎年大人気のイベントで、「熱気球(バルーン)」は佐賀の代名詞になりました。

当社自慢の社内サークル「バルーンクラブ」は各種大会で活躍中。

バルーンフェスタのときは、社員総出で出場メンバーを応援します。
感動的な光景をみなさんとも分かち合えたら、こんな素敵なことはありません!
関連会社 (株)コトブキ
沿革
  • 1962年
    • 佐賀県小城市(本社・現在地)に「コトブキ製紙(株)」を設立
      「ちり紙」の生産をスタート
  • 1974年
    • 「トイレットペーパー」の生産をスタート
  • 1984年
    • 「ソフトトイレットペーパー」の生産をスタート
  • 1987年
    • 日本工業規格(JIS規格)表示許可工場の認可を受ける
  • 1995年
    • 香料入り商品、長尺業務用ロールの生産をスタート
  • 1998年
    • ISO9001(品質システム)の認証を取得(佐賀工場)
  • 2000年
    • ISO14001(環境システム)の認証を取得(佐賀工場)
  • 2004年
    • 新物流システムへ移行
  • 2006年
    • 広島市安佐南区に現広島オフィスを開設
      ハッピーエンボスロールの生産開始
  • 2007年
    • 工場出入口専用道路完成
      TPM活動キックオフ
  • 2008年
    • 繊維回収装置導入
  • 2010年
    • 環境整備スタート
  • 2011年
    • クラフト包装機導入
  • 2013年
    • クラウド情報共有ソリューション導入
  • 2014年
    • 1.5倍巻きロールの本格販売スタート
  • 2015年
    • 2倍巻きロールの生産をスタート
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10日(2015年度実績)

採用データ

先輩情報

お客様目線で製品の最終チェック!
古賀 玲奈
3年目
24歳
福岡大学
理学部 物理科学科
生産本部 製造部 仕上一課
家庭紙の製造
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒849-0306
佐賀県小城市牛津町勝1318

コトブキ製紙(株)
新卒採養タスクフォース
0800-600-6475
URL http://www.kotobukiseishi.com
交通機関 JR九州 長崎本線『牛津駅』より徒歩8分程度の場所にあります。
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp86440/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
コトブキ製紙(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
コトブキ製紙(株)と特徴・特色が同じ企業を探す。

ページTOPへ