最終更新日:2017/9/4

マイナビ2018

マイナビコード
87633
  • 正社員
  • 既卒可

新和環境(株)

現在、応募受付を停止しています。

本社
東京都
資本金
1億円
売上高
40億1,150万円(2016年11月期実績)
従業員
83名(2017年1月現在)
募集人数
6〜10名

産業廃棄物を、新しいエネルギーに。建物が生まれて解体されるまでの“建物のライフサイクル”を通し、社会貢献を行います!環境ビジネスを一緒に行いませんか。

●◎○ 2018年度 新卒採用に関するご案内 ○◎● (2017/07/04更新)

この度は当社のページにアクセスいただきありがとうございます。

会社説明会につきまして、日程調整中です。
開催日が決定いたしましたらエントリー者の皆様へ
ご案内をお送りいたしますので、しばらくお待ちください。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
同社は文系出身者も広く活躍している。個人の適性に応じて配属されるが、学生時代の経験を生かしやすい部署に配属されるケースが多い。
PHOTO
埼玉と千葉にあるリサイクルセンター(工場)では同社の社員がレベルの高いマネジメントを行っており、安心して働ける環境づくりに邁進している。

明るく風通しのよい社風の下で、時代の先を見据えた環境ビジネスを展開。

PHOTO

社長の青木浩氏はサッカー経験者。同社の業務を朗らかな口調で明瞭明確に答える。社長の言葉に感銘を受けて入社する学生もおり、人間としても成長できる職場だ。

■建設・解体領域における豊富なメニューを持つ環境ビジネス
私たち新和環境は“建物のライフサイクル全体にかかわる環境ビジネス”を、次の3つの領域を中心に展開しています。『産業廃棄物処理業』では廃棄物からRPF(固形化燃料)を製造しており、単に廃棄するだけでなく固形燃料として再利用することで環境への負荷を抑えています。また関東一円に収集運搬のネットワークを築いており、これは当社が長年培ってきた各業者との信頼関係の証でもあります。『内装ECO解体工事業』では社会的関心の高いアスベスト除去や耐火被覆復旧工事などを行い、また各現場では高いレベルの安全を確保した工事に努め、お客様からも高い評価をいただいています。『ECO設計業』ではECO建材の提案もふくめた建築物の設計を行っています。バイオマスに主軸を置く環境ビジネスが多い中、当社は建設・解体領域での豊富なメニューを有し、建物のライフサイクルにまつわる多岐にわたった環境ビジネスを展開しているのが特徴です。

■チャレンジ精神と素直さを持ち成長できる人
当社は多くの現場を抱え、そこにマネジメントする社員が入るため、工場・現場・本社間の人の移動が活発です。そのため、若手社員を責任ある仕事へ積極的に登用しており、チャレンジ精神を持つ人ならきっと手応えを実感できる職場だと思います。一方で素直な気持ちも必要で、仕事で先輩社員から伝えてもらうノウハウや知識を吸収し自分の力にする姿勢が不可欠です。当社は専門工事業者ですから元請けのゼネコン、下請けの業者の間に入って、安全管理・品質管理などさまざまな部分に神経を集中させ、一つの現場を回していきます。新人研修も毎年趣向を凝らし、安心して現場や営業に出られるようサポートしています。

■新工場も稼働予定。社員が安心して長く働ける社風
2017年4月には茨城県東海村に地元業者と協力した新しい工場を開設します。またECO解体工事については社内での内製化も促進する予定です。さらにバイオマス領域の商品も展開していきたいと考え、埼玉県内の企業と協力し、すでに研究を始めています。文系理系問わず適材適所で活躍できる環境が整っています。環境に貢献できる仕事を、安心して長く、そしてチャレンジ精神を持って取り組みたい。そんな希望を実現できる環境だと思います。

会社データ

プロフィール

当社は、日々大量に排出される産業廃棄物を収集・運搬、処分、回収・リサイクルを行っています。
環境汚染や枯渇する資源の問題が深刻化している昨今、人間と環境の豊かな未来のために貢献しています。

事業内容
■産業廃棄物処理に関わる収集運搬業 
■産業廃棄物処理に関わる処分業  
■再生資源の回収およびリサイクル事業 
■建設業(環境改善工事)
■建築設計業
本社郵便番号 169-0051
本社所在地 東京都新宿区西早稲田2-21-12
本社電話番号 03-3208-5047
設立 1974年12月21日
資本金 1億円
従業員 83名(2017年1月現在)
売上高 40億1,150万円(2016年11月期実績)
事業所 ■本社:東京都新宿区西早稲田2-21-12
■埼玉リサイクルセンター:埼玉県吉川市小松川567-1
■千葉リサイクルセンター:千葉県市川市本行徳2554-59
■大阪支店:大阪府大阪市福島区福島3-5-23
主な取引先 青木あすなろ建設(株)
(株)泉土木
郡リース(株)
大成建設(株)
大和ハウス工業(株)
大和ハウスリフォーム(株)
東急建設(株)
二宮工業(株)
(株)長谷工コーポレーション 他
(50音順)
関連会社 新和エキスプレス(有)
新和プラントサービス(有)
横浜ネットワーク(株)
恵比寿産業(株)
(株)東海クリーン
沿革
  • 1974年12月
    • 東京都新宿区に新和土木(株)設立
  • 1980年 8月
    • 千葉県市川市に行徳ストックセンター開設
  • 1989年11月
    • 埼玉県吉川市に吉川リサイクルセンター開設
  • 1991年11月
    • 吉川リサイクルセンターに焼却炉設置(2002年3月廃止)
  • 1993年 8月
    • 吉川リサイクルセンター中間処理工場施設完成
  • 1996年11月
    • 吉川リサイクルセンター廃棄物再生事業者登録認可
  • 2000年 6月
    • ISO14001(国際環境規格)認証取得
  • 2003年 2月
    • 行徳リサイクルセンター事業転換(旧行徳ストックセンター)
  • 2005年 1月
    • 吉川リサイクルセンター施設増築工事完成(RPFプラント他)
  • 2005年 2月
    • 称号を新和環境(株)に変更、ロゴ一新
  • 2005年10月
    • 一般建設業の許可(東京都)取得
  • 2006年 9月
    • アスベスト除去方法における「S.D工法」にて技術審査証明取得
  • 2006年11月
    • 大阪府大阪市福島区に大阪支店開設
  • 2008年10月
    • 特定建設業の許可取得
  • 2009年3月
    • 本店所在地を新宿へ移転
  • 2009年10月
    • ISO9001(国際品質規格)認証取得
  • 2009年12月
    • 吉川リサイクルセンターを埼玉リサイクルセンターに名称変更
      行徳リサイクルセンターを千葉リサイクルセンターに名称変更
  • 2011年6月
    • 千葉リサイクルセンター 一時閉鎖
  • 2015年1月
    • 千葉リサイクルセンター リニューアルオープン
  • 2015年6月
    • ISO39001(国際道路交通安全企画)認証取得
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 44.4%(役員及び管理的地位にある者9名うち女性4人 2016年11月現在)

採用データ

取材情報

ここで働くことは、つまり地球・社会・家族の未来を守ることでもある
同社の高品質な環境ビジネスを若手社員たちがわかりやすく解説
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒169-0051 
東京都新宿区西早稲田2-21-12
株式会社新和環境 管理本部/吉田志帆
TEL:03-3208-5774
URL http://www.shinwa-eco.com/
E-mail s.yoshida@shinwa-eco.com
交通機関 東京メトロ副都心線「西早稲田」駅下車徒歩4分
JR山手線、東京メトロ東西線「高田馬場」駅下車徒歩6分
都電荒川線「面影橋」停留場下車徒歩9分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp87633/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
新和環境(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ