最終更新日:2017/6/29

マイナビ2018

マイナビコード
87922
  • 正社員
  • 既卒可

(株)ジェイイーティファーム

本社
栃木県
資本金
8,500万円
売上高
34.0億円(2016年12月期)
従業員
正社員35名 契約社員23名 パート22名
募集人数
1〜5名

乳牛の搾乳と自社分娩の交雑種【F1】肉用牛の育成・肥育を一貫して行う国内最大規模の乳肉複合経営の牧場です。栃木県市貝町で自然循環型の牧場を大規模に展開しています。

7月の会社説明会エントリー募集中!! (2017/06/29更新)

こんにちは!
2018年度卒の新卒採用者の会社説明会・牧場見学会の
日程及びエントリー受付を開始いたしました。
ぜひともエントリーください。

★★★会社説明会・牧場見学会の開催予定日★★★

  第7回 平成29年7月19日(水)午後

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

会社紹介記事

PHOTO
牛の飼料摂取量向上へ、飼料は餌押しバギーを使って牛の方に寄せる。大規模な当牧場では、乳牛や肉牛を安心・安全に育てるための設備投資に積極的だ。
PHOTO
乳牛の生産・牛群・繁殖管理、子牛の育成、肉用牛の肥育など、さまざまな仕事のステージがあるのも魅力。これは、乳牛と肉牛を一貫して行う経営規模があるからこそだ。

最新システムが導入された職場で、明るい仲間といっしょに自分を成長させられます!

PHOTO

入社5年目の塩屋サブリーダー。「私は鹿児島出身ですが、うちの牧場は全国からスタッフが集まっています。入社して色々な方に出会えたことは私の財産です。」

●乳牛の生産管理・牛群管理・繁殖管理の仕事を担当
ジェイイーティーファームの事業の大きな柱が酪農です。私たちは、乳牛(母牛)の生産管理・牛群管理・繁殖管理を一通り担当します。

毎日の仕事ですが、
生産管理チームは、2000頭の乳牛より毎日約63tクラスの大量牛乳を搾乳しています。最新の搾乳施設(パーラー)でのミルカーという自動機械を使用して1時間に約400頭の搾乳を行います。牛を扱う仕事としてはとても重要な仕事の一つです。
牛群管理チームは、20以上のフリーバーン牛舎に100頭単位で乳牛を飼養しており、常に健康体で美味しい牛乳を搾れるよう体調チェックや治療を行ったり、搾乳施設までの往来を効率よく作業できるよう牛群管理を行います。
繁殖管理チームは、発情確認のために直腸の上から子宮や卵巣をさわる直腸検査や、それによって発情を確認できた母牛への人工授精、受精後の妊娠の有無の確認です。

最新技術を取り入れているのも当牧場の特徴の1つです。
当牧場では牛1頭1頭に番号をつけて個体管理システムにデータを保有しております。どの母牛が発情期か、人工授精から何日経過したか、などをパソコン上ですぐに確認できます。また、別システムと連動した万歩計も全頭につけていて、歩数計測も繁殖管理に役立てています。この2つのシステムをもとに発情期や妊娠鑑定期の母牛を細かく管理しており、効率よく仕事を行っています。

●仲が良い職場だから、仕事もしやすい!
新しいことを教わるにも、仕事の判断で迷ったときでも、リーダー・メンバーには聞きやすい職場環境です。仕事以外でも、いっしょに食事に行ったり、バーベキュー、新年会、社員旅行などのイベントがあったりと、仲が良くて職場の雰囲気はとても良いです。
乳牛も肉牛も育てている牧場なので、いろいろな経験を積めます。実際に、生産管理、牛群管理、繁殖管理、子牛の世話など、メガファームの牧場規模だからできる経験は、当社の魅力です。

会社データ

プロフィール

「首都圏消費地に近い北関東エリアの畜産牧場経営は発展・成長する」という考えの下、創業の地である北海道江別市より1990年(平成2年)に栃木県へ事業主体を移しました。
首都圏への本格的な供給を中心に本業の畜産事業を展開しております。
今後も安心・安全な品質の保持と環境を考慮した経営を行ってまいります。

事業内容

PHOTO

搾乳現場:毎日63tの大量生乳を出荷しています。

乳牛による搾乳事業
肥育用子牛の生産と肥育事業(和牛・交雑種【F1】)
自家農場での飼料作物の生産
発酵堆肥の生産販売
太陽光発電事業
本社郵便番号 321-3411
本社所在地 栃木県芳賀郡市貝町刈生田851-1
本社電話番号 0285-68-0168
設立 1979年8月
資本金 8,500万円
従業員 正社員35名
契約社員23名
パート22名
売上高 34.0億円(2016年12月期)
事業所 本社・栃木牧場/栃木県芳賀郡市貝町刈生田851-1
業績 JETファーム単体
         売上高     経常利益
─────────────────────────
2016年12月期  34.0億円    6.4億円
2015年12月期  33.5億円    5.2億円
2014年12月期  31.7億円    3.0億円
2013年12月期  31.6億円    2.6億円
株主構成 1.篠田修紀 2.篠田教雄 3.谷口幾夫
4.アグリビジネス投資育成(株)
主な取引先 1.JA東日本くみあい飼料(株)(全農グループ)
2.兼松(株) 3.フィード・ワン(株)
4.西日本カワヨ(株) 5.酪農とちぎ
関連会社 (株)栃木ファーム
(有)JETアグリサポート
(株)宗谷岬牧場
(株)那須南エコファーム
沿革
  • 1979年
    • ●北海道江別市で農業生産法人「(有)江別肉牛ファーム」設立
      ●乳用種去勢牛300頭規模。
  • 1987年
    • ●栃木県市貝町へ進出し、栃木牧場を開設。
      ●農業生産法人「(有)栃木ファーム」を設立。
      ●乳用種去勢牛1200頭規模。
  • 1988年
    • ●江別牧場で搾乳事業開始。搾乳牛120頭規模。
  • 1990年
    • ●農業生産法人「(有)ジェイイーティファーム」に組織変更。
      ●酪農部門を栃木牧場に全て移管。
       事業主体を栃木牧場へ移し、乳肉複合経営を本格スタート。
  • 1995年
    • ●牛乳出荷量 年間5,000トン達成。
  • 2001年
    • ●栃木ファーム大谷津牧場完成。肉牛肥育を大谷津へ移管。
      ●肉用肥育牛2,200頭規模。
  • 2002年
    • ●牛乳出荷量 年間14,400トン達成。
  • 2003年
    • ●「全農安心システム」の認証を取得。
       牛の牧場では当社と宗谷岬牧場の2社のみ。
  • 2004年
    • ●牛乳出荷量 年間15,700トン達成。
      ●「(有)ジェイイーティー・アグリサポート」設立
  • 2005年
    • ●ISO9001認証取得。
      ●毎日新聞主催の農業コンクール全国大会で
       農業大賞グランプリ受賞。
  • 2006年
    • ●畜産協会の畜産大賞特別賞受賞。
  • 2007年
    • ●ISO14001認証取得
      ●北海道稚内市にグループ牧場の(株)宗谷岬牧場設立。
  • 2009年
    • ●30周年を記念して株式会社へ。
      ●生乳出荷量 国内初となる20,000トン達成!
  • 2010年
    • ●新搾乳パーラー・ミルキングシステム稼働。
       1回100頭の大量搾乳可能へ。
  • 2012年
    • ●生乳出荷量 21,000トン達成。
  • 2013年
    • ●栃木牧場・大谷津牧場で太陽光発電事業を開始。
  • 2014年
    • ●(株)那須南エコファームが、栃木県内の旧ゴルフ場を取得。
      この土地で大規模な太陽光発電所(16,000kW)を稼働開始。
月平均所定外労働時間(前年度実績) 約30時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 12.5日

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)ジェイイーティファーム
〒321-3411 栃木県芳賀郡市貝町刈生田851-1
TEL:0285-68-0168 FAX:0285-68-3214
担当/企画管理部 小山田・中田
URL http://www.jetfarm.co.jp/
E-mail i.nakata@jetfarm.co.jp
h.koyamada@jetfarm.co.jp
交通機関 JR宇都宮駅より約26キロ
JR烏山駅(JR烏山線終点)より約10キロ
会社説明会:JR宇都宮駅まで送迎
牧場実習:JR烏山駅まで送迎
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp87922/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ジェイイーティファームと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ