最終更新日:2017/3/21

マイナビ2018

マイナビコード
88081
  • 正社員

エア・ウォーター・ゾル(株)

現在、応募受付を停止しています。

本社
東京都
資本金
4億円
売上高
164億円(2016年3月)
従業員
570名
募集人数
1〜5名

日本初のスプレー製造。その歴史が現在も息づいています。「モノづくりから価値づくりへ」をモットーに化粧品をはじめ身近で多彩なスプレー製品を皆さんにお届けします。

☆★【3月27日(月)説明会開催決定!】ぜひエントリーをお願いたします!★☆ (2017/03/14更新)

□―――――――――――――――――――――――――――――――――□

エア・ウォーター・ゾル(株) 採用担当の高塚です。

この度は、数ある企業の中から弊社の掲載情報をご覧頂きありがとうございます。

3月27日(月)に会社説明会開催が決定いたしました。
ご興味を持っていただけましたら、ぜひ説明会にエントリーお願いいたします。

研究開発・生産技術・管理部門強化の為、幅広い方々とお会いしていきたいと思います。

たくさんのご応募お待ちしております。

□―――――――――――――――――――――――――――――――――□

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
同社がOEMメーカーとして製造を受託してきたエアゾール製品群。最前部のものは、1951年に開発した我が国最初のヘアスプレー缶。身近な製品を手掛けている会社だ。
PHOTO
新ジャンルへの挑戦も積極的で、そのために人材の育成と設備投資には力を入れている。「いいモノ」を世の中に送り出すパワーは、こうした企業風土が支えているのだ。

マーケットはまだまだ眠っている。その開拓には若い人たちの発想力がカギ。

PHOTO

「若い人たちに期待したいのは、面白い発想。その発想と私たちの技術力がうまく融合すれば、新しいビジネスモデルを作れる」と話してくれた 尾上英俊社長。

エア・ウォーター・ゾルという社名は知らなくても、きっとみなさんは当社が製造・販売した製品を一度は見たり、使ったりしているはずです。
 私たちのビジネスは、みなさんにとって身近な化粧品、殺虫剤、塗料などを作っているメーカーからの製造委託を受け、お客様のブランド名で各種エアゾール製品を製造すること。エアゾール製品とは、ガスの圧力で容器の中身を霧状や泡状にして噴霧させる、いわゆるスプレー製品のことで、生活に欠かせない幅広い分野で使われていることはみなさんもご存知でしょう。当社は1951年に日本で初めてヘアスプレーを開発して以来、パイオニア的存在として業界を牽引してきた会社。ただ製造を受託するだけでなく、茨城に研究開発拠点を持ち、私たちが開発した技術や製品をお客様に提案するなどして、農業や医療の分野、そして環境に優しい製品群にも裾野を広げながら成長を続けていることが大きな強みです。

 みなさんに期待したいのは、面白い発想です。例えば、今ではよく見かけるUVカットスプレー。10年ほど前にはまったく見かけませんでした。しかし、当時はなかったかというとそうではなく、普及するきっかけがなかっただけなのです。そこで、私たちが開発したアイデアをブランドメーカーに提案したところ、お客様がこれは面白いと気に入ってくださり、上手な広告戦略も相まって、一気にブレイクしました。同じように、食品、介護、化粧品の分野など、まだまだ眠っているマーケットはたくさんあります。みなさんが活躍できるフィールドは無限に広がっていくのです。
 中国の上海に販売会社を立ち上げるなど、当社もグローバル化が進展していますが、私が期待する人材像は、グローバルな視点でモノを考えられる人。そして、エア・ウォーターグループの経営理念である『創業者精神と誇りを持って、空気、水、地球、そして人にかかわる事業の創造と発展に、英知を結集する』という言葉にもあるように、創業者精神と誇りを持って、ポジティブに動ける人。そんな方に当社の未来を託したいと私は考えています。
<代表取締役社長 尾上英俊さん>

会社データ

プロフィール

 エア・ウォーター・ゾルは、1951年、日本で初めてエアゾール製品を発売した会社です。(※)エアゾール市場要覧に掲載
 当社は、一部上場企業のエア・ウォーター(株)のグループ会社として、ガス技術を活かしエアゾール製品を開発しています。
高度なガステクノロジーを活用して、各種エアゾール製品を製造しています。
 特に近年は化粧品の液充製品の開発にも注力し、化粧品や消臭剤、殺虫剤等の日用雑貨類の一般家庭用OEM供給を含め、パソコンや精密機器用クリーナー、高級防錆・潤滑油、除菌スプレーなど多様な製品群をお届けしています。

事業内容

PHOTO

皆さんの日常生活に欠かせないエアゾール製品群。まだまだその用途は無限の可能性を秘めています。

■エアゾール製品の製造販売及び輸出入
■化粧品の製造販売及び輸出入
■医薬品及び医薬部外品の製造販売及び輸出入
■医療機器の製造販売及び輸出入
■石油製品、各種圧縮ガス、液化ガスの製造、加工及び販売並びに輸出入
■食用油脂、乳製品、食酢、コーヒー、清涼飲料、醤油、食品添加物等の製造 販売及び輸出入
■化学工業薬品、農薬、各種合成樹脂の製造販売及び輸出入
■簡易コンロ、ガスストーブ等のガス関連機器の製造販売及び輸出入
■冷暖房、冷凍設備、熱交換器及び各種機器に付属する配管の洗浄、殺藻、殺菌、防藻、防錆用薬品の製造販売及び輸出入
■滅菌ガス、滅菌ガス用容器、滅菌器の開発及び製造販売並びに輸出入
本社郵便番号 101-0042
本社所在地 東京都千代田区神田東松下町47番1号 日本マンパワービル 7階
本社電話番号 03-5207-3201 
設立 1955年7月
資本金 4億円
従業員 570名
売上高 164億円(2016年3月)
事業所 ■大阪営業部  大阪府大阪市中央区高麗橋3-1-14 高麗橋山本ビル3F
■研究開発部  茨城県小美玉市三箇817番地1
■茨城工場   茨城県小美玉市三箇817番地1
■群馬工場   群馬県伊勢崎市境東新井1301番地7
■岐阜工場   岐阜県関市大杉840番地
■山陽工場   兵庫県加東市南山6丁目5番15
関連会社 AIR WATER SOL(SHANGHAI)TRADING CO.LT(中国上海)

沿革
  • 1951年
    • 東京都豊島区に「東京スプレー研究所」を設立。わが国初のエアゾール製品「スプレーネット」を発売。
  • 1955年
    • 社名を東京エアゾル化学(株)に改称。
      本社工場を東京都目黒区に置く。
  • 1961年
    • 本社を渋谷に移転。埼玉県大井町に工場移転。
      大阪府吹田市に近畿エアゾル工業(株)を設立。
  • 1977年
    • 岐阜県関市に岐阜工場を新設。
  • 1982年
    • 本社を豊島区に移転。
  • 1989年
    • 近畿エアゾル工業(株)、エア・ウォータ―(株)と提携。
  • 1990年
    • 埼玉工場内に液体充填専用ライン完成。
      化粧品、医薬部外品などの受託増に伴い、岐阜工場内にGMP対応の工場を増設。
  • 1992年
    • 近畿エアゾル工業(株)、兵庫県小野市に本社工場を移転。
  • 2000年
    • 岐阜工場内に医薬品の調合、生産ライン増設。
  • 2001年
    • ISO9001 認証取得(本社・岐阜工場)。
      茨城県美野里町に(株)エー・ダブリュー・アイ・ゾル設立。柏化学(株)より生産設備を移設し、茨城工場の生産を開始。
  • 2003年
    • 8月茨城工場にエアゾール高速ラインを増設。
      9月埼玉工場の設備を茨城工場に移転・集約。
      10月にエア・ウォーターグループの東京エアゾル化学(株)、(株)エー・ダブリュー・アイ・ゾル、近畿エアゾル工業(株)を統合し、「エア・ウォーター・ゾル(株)」を発足。
  • 2006年
    • ISO9001 認証取得(茨城工場)。
      ISO14001 認証取得(岐阜工場)。
  • 2007年
    • キョーワ工業(株)と合併。
  • 2011年
    • (株)セイショーを子会社化。
  • 2013年
    • AIR WATER SOL(SHANGHAI)TRADING CO.LT
      を設立。
  • 2015年
    • (株)モン自然化学研究所を事業継承。
  • 2016年
    • (株)セイショーを吸収合併。
      山陽工場を稼動。(旧セイショー兵庫工場)
前年度の育児休業取得対象者数 2名 (女性2名 2015年度実績)
前年度の育児休業取得者数 2名 (女性2名 2015年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町47番1号 日本マンパワービル 7階
採用担当/高塚
TEL:03-5207-3201
URL http://www.airwatersol.com/
交通機関 【本社へのルート】
JR中央・京浜東北線・山手線、東京メトロ銀座線「神田」駅より徒歩4分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp88081/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
エア・ウォーター・ゾル(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ