最終更新日:2017/4/28

マイナビ2018

マイナビコード
88180
  • 正社員
  • マイナビだけでエントリー

最上CAN(株)

本社
埼玉県
資本金
1,500万円
売上高
6億6000万円(2016年4月期)
従業員
26名
募集人数
1〜5名

社会から必要とされる最上CAN(出来る)会社を目指します!

説明会開催中!埼玉県で働きたい方必見です! (2017/03/29更新)

みなさん、こんにちは!
最上CAN(株)の採用担当です。

弊社の採用ページをご覧頂きありがとうございます。
2018年度卒の新卒採用を開始いたしました。
説明会も開催予定です。
社長も参加しますのでご興味ございましたら
是非ご参加くださいませ。

◎会社説明会日程
4/7  大宮ソニックシティ 22F マイナビルーム 13:30〜15:00 
4/19 大宮ソニックシティ 22F マイナビルーム 13:30〜15:00 
4/27 大宮ソニックシティ 22F マイナビルーム 13:30〜15:00 

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
社長も社員もパートも、ベテランも新人も、分け隔てなく仕事に臨み、意見を言い合える環境が当社のチームワークを高めています。
PHOTO
インキや塗料、化学薬品やお茶、食品など、中身に合わせて、缶に求められる密閉性や機密性、保護性は変わります。当社は個々の用途に合った缶作りを行っています。

良いチームワークがあってこそ、よりよいモノ作りが実現し、人として成長できるのです

PHOTO

「『最上CANなら何とかしてくれる』そんなお客様の期待に応えるのは、技術力はもちろん、社員一人ひとりの熱い思いです」(最上社長)

最上CANはスチール缶の専門メーカーとしてインキや化学・食品・医薬品メーカーなどと取引をさせていただいております。
缶そのものは主役ではありませんが、お客様の大切な商品を保護し、商品の顔として流通していくための不可欠な存在です。お客様の多様なニーズに、永年培ってきた技術と開発で応えていくのが当社の役割ですが、ニーズを形に出来たときの喜びは格別です。

当社は、社員・パートも区別なく一人ひとりを大切に、人材育成と、コミュニケーションに力を入れています。会社の目標に合わせて個人目標も設定し、年に数回ある面談でしっかり向き合いどうやって長所を伸ばしていき、短所を改善していくか。じっくりと話し合います。それによって個性や適性などの長所を十分に活かしてお互いを高め合い、いろいろな分野で活躍していただいています。

また、社内の新人育成などでは、何らかの形で、全員参加で関わっていきます。技術の取得も大切ですが、なぜこの作業が必要なのか、意味、目的も理解してもらいながらの育成です。そうすることで結果的に育成も早く進み最上CANの一員として活躍できるようになります。また、熱心に育成してくれる先輩社員に対し、感謝の気持ちも持つようになり、自然とチームワークも良くなります。

私も朝礼はもちろん、掃除も皆さんと行いますし、昼食は一緒にテーブルを囲みます。行動を共にすることで、皆の成長を見守っています。さらに成長してもらうために、月に一度開催している「社長塾」では私の考えを示す一方で、皆さんの意見発表の場にもなっています。そこで前向きな意見を聞き、仕事に取り組む姿勢を見ては嬉しい気持ちにさせられています。

これからさらに会社の発展を目指すに際して、スチール缶だけではなく、他素材の容器製造も始めました。このプロセスにおいては、若手も準備段階から大いに活躍してくれました。これからも既存の設備を見直したり、新たな容器の開発に挑戦し全従業員の物心両面の幸福を追求していきたいと思います。
〈最上裕光 代表取締役〉

会社データ

プロフィール

当社の存在理由のひとつは優れた容器の開発・生産を行うことです。
価値のあるものづくり(特異性や独自性のある優れた製品づくり)を徹底して行なうことで、お客様の満足を実現します。
そうすることによって、仕入先や協力会社から必要とされ、社会への貢献ができる会社になれると確信しています。
そうした努力で成長・発展し続ける会社と自分の未来を、自らの手で勝ち取ることができるのです。

事業内容
下記の一般美術缶の製造・加工・販売をおこなっております。

塗料・化学薬品・オイル・ワックス・インキ・ペンキなどの缶

【特徴】
中身が漏れたら大変!外気に触れさせたくない!
そういう時に、密封性の高い缶の特性が活かされます。
スチール缶は中身を長期間守り続けて、安全に運べます。
本社郵便番号 346-0035
本社所在地 埼玉県久喜市清久町2-3
本社電話番号 0480-96-1690
創業 1960年
設立 1971年
資本金 1,500万円
従業員 26名
売上高 6億6000万円(2016年4月期)
事業所 本社
埼玉県久喜市清久町2-3
主な取引先 インキ/塗料メーカー
製茶メーカー 等
関連会社 杭州康和包装有限公司(中国)
平均年齢 33歳
沿革
  • 1960年
    • 最上俊夫により東京都江戸川区にて最上製作所を設立
  • 1970年
    • 現住所埼玉県草加市青柳に移転
  • 1971年
    • 資本金300万円にて最上製缶(有)を設立
  • 1973年
    • 自動製缶ライン1号機導入
  • 1991年
    • 資本金600万円に増資
  • 1996年
    • 最上裕光 代表取締役就任
      最上俊夫 会長就任
      テーパーインキ缶ライン導入
  • 1997年
    • 資本金1,000万円に増資
  • 2001年
    • 資本金1,500万円に増資
  • 2003年
    • 埼玉県「彩の国」指定工場認定
      埼玉県県知事より経営革新計画の承認を受ける
  • 2004年
    • 埼玉県草加市弁天に第2工場設立
      2ピース缶設備導入
  • 2007年
    • ISO9001認証取得
  • 2011年
    • 久喜市清久町に統合移転
前年度の育児休業取得対象者数 出産した社員2名(男性0名 女性2名)
前年度の育児休業取得者数 育児休業取得2名取得(男性0名 女性2名)

採用データ

取材情報

営業部門と製造部門から見た最上CANの魅力
対談/私たちが最上CANに入社した理由はココ!
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒346-0035
埼玉県久喜市清久町2-3
最上CAN(株) 採用担当
TEL:0480-96-1690
URL http://www.mogami-can.co.jp/
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp88180/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
最上CAN(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ