最終更新日:2017/11/28

マイナビ2018

マイナビコード
90800
  • 正社員
  • マイナビだけでエントリー

(株)山室

本社
東京都
資本金
2,000万円
売上高
64億円(2016年11月度実績)
従業員
130名
募集人数
若干名

繋げ、伝統のバトンを。生み出せ、次なる伝統を。リサイクルビジネスの100年カンパニーとして。

★会社説明会 受付中!!!  (2017/10/19更新)

こんにちは。(株)山室の採用担当です。
この度は弊社のページにアクセスいただきありがとうございます!!

★最短2週間内定採用フローを準備いたしました。
 説明会当日 個別面接(約20分) 
 二次選考  知的テスト・適性検査(WEB及び外部試験場)(内々定)
 最終    社長面接(内定)

★説明会参加者には謝礼としてクオカード1,000円分を進呈!

積極的に募集中です!! お申込みの上、ぜひご参加ください。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
山室には親しみやすい社風が息づき、経営陣ともフランクに話せる雰囲気が育まれている。グループ全体の新年会では、100名前後の参加者が一堂に会し、親睦を深めあう。
PHOTO
100年以上の歴史と実績を誇り「トータルリサイクル」を通して循環型社会に貢献。仕入先、販売先には首都圏の自治体や錚々たる大手企業が名を連ね、海外へも販路を広げる。

次なる100年に向かって、新たなチャレンジに挑み続ける当社の中核は皆さんです

PHOTO

「就職活動は業種・業界・企業を幅広く知ることができる貴重な機会。環境保全やリサイクルに興味のある方は、ぜひ当社の会社説明会にお越しください」と畑社長。

山室グループは、1913年(大正2年)に浅草で個人商店を構えて以来、100年以上にわたって、古紙リサイクルの発展と歴史と共に歩んできた古紙業界の老舗企業です。現在では古紙のみならず、「トータルリサイクル」を通して地域社会と地球の環境保全に貢献し、お客様や地域から選ばれ続ける企業になるように邁進しています。

皆さんには、「トータルリサイクル」という言葉は聞き慣れないかもしれません。自治体やオフィス、百貨店、スーパー、工場などからは日々、古紙、古着、ペットボトル、プラスチック、機密書類などの資源物が大量に発生し、それらのすべてに対して、回収から処理、リサイクル加工、リサイクル製品の販売まで、山室グループで一貫して手がけるのが、当社が標ぼうする「トータルリサイクル」です。この源泉となるのが、当社が経営理念に掲げる3つの力、すなわち、「信用力」「結束力」「開発力」なのです。

「信用力」とは、お客様と長年育んできた信頼です。当社の仕入れ先には自治体、大手生保会社、大手スーパー、百貨店等が名を連ね、リサイクル加工品の販売先としては大手製紙メーカーと長年取引。中国・韓国・タイ・マレーシアなど海外へも販売網を拡大させています。

「結束力」とは、山室グループ各社の強みを結集させた力。現在、回収にあたるトラック車は約160台、リサイクル加工を手がける自社工場は15カ所におよび、今後、全国へとエリアを順次拡大していく方針です。

そして、新たな商品開発にたゆまず取り組む「開発力」。例えば近年では、国内で類を見ない「蒸気ボイラー事業」の開発を進めています。これは、廃プラスチックや古紙から精製した固形燃料を使い、当社が製紙工場や温水プールなどに無償で設置するボイラーで蒸気を起こし、その蒸気を販売するという画期的なビジネスモデルです。

将来の幹部候補である皆さんとともに、この3つの力をよりいっそう高めていきたいと考えています。失敗を恐れる必要はありません。「こう改善したほうがいい」「こんな新規ビジネスの可能性がある」というアイデアを積極的に提案・実行していただく活躍に期待しています。成長のために努力し続けられる方、新しいことに果敢にチャレンジしたい方、グローバルな展開を推進したい方、ぜひ私たちと一緒に循環型社会に貢献していきましょう。

(代表取締役社長/畑 純一)

会社データ

プロフィール

山室は大正2(1913)年に創業した総合リサイクル企業です。

当社では1984年に、機密書類処理事業を開始しました。例えばオフィス。そこには書類、パンフレット等の機密情報が溢れています。それらをどう処理していくか…
そう考えたとき、私たちは書類からの情報漏洩を完全にシャットアウトできるシステムを稼動させることにしたのです。

機密書類専用車で引き取り、密閉型工場へ。そこで原料化できるぎりぎりまで極細断裁後、直接プレス機に通します。そしてその流れを監視カメラ、ビデオ撮影によって管理する万全のシステムを生み出しました。

現在では関東圏にいくつもの拠点を構え、それぞれの支店でリサイクルの工程において欠かすことのできない重要な役割を果たしています。

産業廃棄物、一般廃棄物の処理業務により、環境保全に責任の持てるシステムを提案しています。自治体の認可が必要な業務ですが、山室では支店や関連会社(新日本産業株式会社)がその認可を受け、さまざまな廃棄物の処理をお受けしております。この部門を持つことにより、ひとつのビル、企業或いは地域にあったトータル廃棄物処理・リサイクルシステムを設計し実行することが可能になりました。

創業から100年以上。総合リサイクル事業の老舗といわれるようになった今でも私たちにはまだまだできることがあります。

リサイクル社会の実現に向けて山室の新たな1ページを刻んでくれる若き戦力に期待しています。

事業内容
製紙原料(古紙)卸売業・一般廃棄物産業廃棄物・行政回収・集団回収・オフィス古紙・機密書類処理古紙リサイクル・廃プラスチックリサイクル
本社郵便番号 111-0041
本社所在地 東京都台東区元浅草2-2-15
本社電話番号 03-3844-8191
創業 大正2(1913)年2月
設立 昭和14(1939)年11月
資本金 2,000万円
従業員 130名
売上高 64億円(2016年11月度実績)
事業所 ■本社/東京都台東区元浅草2-2-15

■隅田店/東京都墨田区堤通1-17-27

■葛飾店/東京都葛飾区奥戸3-10-4

■松戸店/千葉県松戸市上本郷727

■厚木店/神奈川県海老名市東柏ケ谷1-28-18

■綾瀬店/神奈川県綾瀬市寺尾釜田2-8-7

■座間店/神奈川県座間市小松原1-5-12

■藤沢店/神奈川県藤沢市宮前641-1

■横浜店/神奈川県横浜市金沢区福浦2-8-4

■保土ヶ谷店/神奈川県横浜市保土ヶ谷区上菅田町1393
主要販売先 王子製紙(株)、王子マテリア(株)、レンゴー(株)、日本製紙(株)、興亜工業(株)、丸王製紙(株)、丸富製紙(株) 他
関連会社 新日本産業(株)、(株)丸富、千葉紙業(株)、日光紙業(有)、王子山室古紙センター(株)
事業展開 2004年より古紙に加え、古紙回収システムを利用した廃プラスチックのリサイクルも手がけ、トータルリサイクルを目指しています。
平均年齢 44歳
平均勤続勤務年数 15年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 6時間(2016年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 111-0041
台東区元浅草2-2-15
03-3844-8206
採用担当
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp90800/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ