最終更新日:2017/4/17

マイナビ2018

マイナビコード
90976
  • 正社員
  • マイナビだけでエントリー

(株)ヤマモト

本社
京都府
資本金
9,800万円
売上高
45億円(2016年1月実績)
従業員
45名(関連企業除く)
募集人数
若干名

「タネから食卓まで」をコンセプトに、鶏ビジネスを手がける養鶏のスペシャリスト。社員数は少ないですが、京都の優良中小企業です。

◇◆会社説明会追加のお知らせ(5月開催分)◆◇ (2017/04/17更新)

学生の皆様へ

当社ページをご覧いただきありがとうございます。
5月開催の会社説明会日程を追加しました!
是非当社マイナビ採用ページよりエントリーをお願いいたします。

● 5月1日会社説明会(13:15〜 マイナビルーム)
● 5月2日会社説明会(9:15〜/13:15〜 マイナビルーム)
● 5月12日会社説明会(9:15〜/13:00〜 キャンパスプラザ京都)
● 5月20日会社説明会(9:15〜 キャンパスプラザ京都)
● 5月25日会社説明会(13:15〜 マイナビルーム)
● 5月31日会社説明会(9:15〜 マイナビルーム)

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
一人ひとりが存在感を発揮しやすい環境。社員同士のコミュニケーションも活発で、一体感をもってやりがいを追求。いろんな個性が光る少数精鋭集団、それがヤマモトです!
PHOTO
フランスの育種会社との提携により、さまざまな種類の高品質な鶏を扱うことが可能。展示会では全国のバイヤーと商談し自社ブランド「地鶏丹波黒どり」などのPRを行います。

一人ひとりの存在感を大切にする社風がヤマモトの持ち味です。

PHOTO

養鶏業界において「タネから食卓まで」幅広く事業展開している当社。高い知名度を持ち、多くの取引先から「ヤマモトに任せておけば大丈夫」と厚い信頼を寄せられています。

近年、鶏肉の人気が高まっています。たとえば、スーパーやコンビニではプレミア商品として売られていたり、鶏肉をメインメニューに打ち出した飲食店が増えたり。鶏肉はリーズナブルなうえに、高タンパクでヘルシー。それも人気の一因になっていると考えられます。

私たちヤマモトは、その鶏肉の専門企業として「タネから食卓まで」を幅広くカバーしています。1934年に設立し、これまでの80年の歴史のなかで事業領域を着実に広げてきました。いまでは肥育ひなの販売から高付加価値な種鶏の輸入・販売、鶏舎の施工・販売・保守管理・コンサルティング、その他、設備機器関連全般を扱うなど多彩な広がりを見せています。また、自社ブランドとなる「地鶏丹波黒どり」の食品開発にも注力。こだわりの美味しさを全国のお客様にお届けしています。このようにメーカー機能と商社機能を合わせ持ち、養鶏業界の舞台裏を支える稀有な企業に成長しました。

当社が扱う鶏肉の品質をより知ってもらうため、スーパーなどの流通業界向けの展示会にも積極的に出展。全国のバイヤーとの商談でニーズを伺い、最適なものをご提案します。ご要望によっては、百貨店や飲食店といった業態に合わせた鶏のプロデュースを任されることも。親鶏の交配から飼料の選定、適切な成育環境の整備など一貫した生産管理体制を持つ当社の強みが発揮される場面です。
鶏肉は日本の食生活に定着した食材。人気の高まりは一過性のものではなく、この先もずっとたくさんの人々に愛され親しまれていくことは間違いありません。それだけ当社の果たす役割も大きくなるというわけです。

そんな当社が理想とする人材は「自発的に考えて動ける人」。入社後、業務に慣れていただくまでは研修やOJTを通して、みなさんのことをしっかりとサポートします。あなたらしさを前面に出しながら、意欲的に仕事に取り組んでいただきたいと考えています。当社は少数精鋭なので、一人ひとりの存在価値を大切にする風土。意見や提案を発信しやすい環境です。生産事業部、食品事業部ともに若い人材たちが活躍中。その新たなメンバーとしてみなさんのことをお迎えします。

会社データ

プロフィール

種鶏場からスタートした当社は、養鶏(ブロイラー)のプロフェッショナルとして一貫した事業展開を行っております。

【鶏の一貫生産】
直営種鶏場で親鶏の導入・育成、種卵の生産、直営孵化場でのコマーシャルブロイラー(肥育)ヒナの孵化、直営農場での一般ブロイラー・高付加価値鶏(地鶏)の肥育に至るまで一貫した生産を行っております。

【最新鋭鶏舎設計/建設・養鶏設備販売】
国内で販売されている○○赤鶏の元になる高付加価値鶏(地鶏)の親鶏を海外フランスから輸入・全国の養鶏業者へ販売、自社で培った生産飼育ノウハウをもとに最新鋭の養鶏システムを全国各地の養鶏業者へ販売ならびにコンサルタントを行っております。

【鶏肉・加工食品の販売】
自社ブランドである地鶏丹波黒どりの食肉販売、オリジナル加工食品の企画・開発。自社ラボでは、鶏肉の安全・安心のための細菌検査を行っております。

【獣医・診断業務】
自社直営農場や顧客農場での獣医・診断業務ならびに食肉の細菌検査

【開発業務】
世界に類を見ない検査精度を誇る孵化途中死卵検査装置EVS(発育卵の生死を判定する機械)を共同で開発・販売開始!! 今後、Made in Japanで世界市場も視野に販路拡大を目指していく予定です。

【飼料販売】
当社の指定配合飼料を顧客へ販売。

国内でも有数の総合養鶏企業へと日々成長・発展しております。

事業内容

PHOTO

「鶏の輸入からふ化、飼育・農場管理指導、食品加工、設備機器システムのコンサルティング、バイオ事業まで幅広い鶏ビジネスを手がけるスペシャリストです」と山本社長。

■ コマーシャル(肥育)ヒナの販売
■ 高付加価値肉鶏の親鶏の輸入ならびに販売
■ ヤマモト式最新型システム鶏舎の販売・施工・保守、
  養鶏・その他家畜飼養設備機器の輸入・開発・販売
■ 【タネから食卓まで】をコンセプトに地鶏丹波黒どりの一貫生産、
  鶏肉・加工食品の企画・販売
■ 飼料販売
■ 検査・獣医診断業務
本社郵便番号 621-0005
本社所在地 京都府亀岡市保津町上火無66-2
本社電話番号 0771-25-1451
創業 1934(昭和9)年3月
設立 1952(昭和27)年12月
資本金 9,800万円
従業員 45名(関連企業除く)
売上高 45億円(2016年1月実績)
事業所 本社/京都府亀岡市保津町上火無66-2
園部種鶏場/京都府南丹市園部町熊崎蓮町
尾根霜農場/兵庫県加西市坂本町1006    
八木分場/京都府南丹市八木町日置小字門田2
関西検疫育雛場/兵庫県朝来市和田山町白井字宮の山89
売上高推移 決算期   売上高
---------------------
2016年(平成28年)1月  45
2015年(平成27年)1月  46
2014年(平成26年)1月  40
(単位:億円)
主な取引先 【海 外】
Hubbard社、Cumberland社、ECAT-iD社、Plasson社、
EmTech社、National incinerator社等多数

【国 内】
独立系/商社系/農協系大手養鶏関連会社(インテグレーター)、各飼料メーカー、外食レストラン・百貨店・量販店関係
関連会社 (株)関西ファーム
平均年齢 40歳
社長からのメッセージ 鶏にまつわるトータルな事業展開がヤマモトの強み

私たちヤマモトは「タネから食卓まで」をコンセプトに、高品質差別化の親鶏の輸入、肥育雛のふ化、飼育管理指導、食品加工、設備機器システムのコンサルティングなど幅広い鶏ビジネスを手がける会社です。鶏の生産をメインに行っている会社は多数ありますが、これだけトータルな事業を展開している会社は全国でも数えるほど。特に、自社生産現場で培ったノウハウを活かした鶏舎・養鶏設備の輸入・販売には強みがあり、各養鶏場の環境に応じた育成管理方法からシステムのコンサルティングまで幅広くプロデュースしています。さらに近年伸びているのは、地鶏丹波黒どりの鶏肉や加工食品を手がける食品事業と、配合飼料の販売事業。食品事業が展開するオリジナルの「地鶏・丹波黒どり」は京都のブランド鶏として人気上昇中で、今後もますます力を入れていきたいと考えています。

鶏ビジネスの面白さをあなたも味わってください!

そんな当社が皆さんに期待するのは、将来の幹部候補としての活躍。少数精鋭の会社ですから、若手社員であってもそれぞれのフィールドで存分に力を発揮できる環境を用意しています。入社後は約半年間、種鶏場・ふ化場などの生産現場で研修を行い、7月から生産管理または食品営業に配属。各部署でOJTを受けながら少しずつ経験を積んでもらいます。生産管理で求める人物像は、まず生き物(鶏)が好きな人。そして自分で考え、問題解決にあたっていける人。機械やモノをつくるのではなく、生き物を生み出す仕事なので、毎日同じことの繰り返しではありません。昨日と同じことをしたのに結果が違う、そんなときにどう対応するか。小さな困難はたくさんありますが、そのぶん乗り越えたときの達成感も大きいと思います。ぜひ当社で鶏ビジネスの意外と知られていない面白さ、成長する喜びや充実感を味わってください。
(代表取締役/山本光夫さん)
取引銀行 三菱東京UFJ銀行、京都銀行、京都中央信用金庫、日本政策金融公庫
沿革
  • 1934年
    • 前会長山本豊止が京都市右京区嵯峨野の地で採卵養鶏場を
      個人創業
  • 1940年
    • 種卵生産、山本種鶏場とする
  • 1952年
    • 出資50万円として(有)山本種鶏場設立
  • 1954年
    • 孵化事業開業
  • 1969年
    • 南丹市園部町に直営種鶏場建設 約3万3,000平米
  • 1978年
    • 亀岡市保津町に孵卵場を新設
  • 1991年
    • カナダのシェーバー(Shaver)社(現ハバード社)と赤鶏種鶏の日本総代理店契約締結
  • 1993年
    • アメリカカンバーランド(Cumberland)社と日本総代理店
      契約締結
  • 1994年
    • アメリカハイアンド(Hired Hand)社と日本総代理店
      契約締結
  • 1995年
    • アメリカラトコ社・ベトコ社と鶏舎の設計組立ての
      代理店契約締結
  • 1996年
    • イギリス孵卵器メーカー、バッカイ(Buckeye)社(現チックマスター社)と 日本総代理店契約締結
  • 1998年
    • (株)関西ファーム設立。一般ブロイラーの生産・
      販売開始
      建設工事業認可取得 京都府知事認可第31731号
  • 1999年
    • 「ヤマモトの丹波黒どり」「ヤマモトの京黒どり」の
      登録商標取得
  • 2000年
    • (株)ヤマモトに社名変更
      資本金8,000万円に増資
  • 2001年
    • (有)CSD設立。高品質鶏(赤鶏)の生産・販売開始
  • 2008年
    • アメリカアビテック社(AviTech)と卵内接種機についての
      日本総代理店契約締結
  • 2009年
    • 尾根霜農場で種鶏飼育生産事業開始
  • 2011年
    • 世界初の検査精度を誇る孵化途中死卵検査装置EVS400を共同開発・販売開始
  • 2013年
    • 丹波黒どり生産拡大のため日野辺農場更新
  • 2014年
    • 代表取締役山本淳一が会長に就任
      専務取締役山本光夫が社長に就任
  • 2015年
    • 肥育鶏の生産拡大のため小竹下農場更新
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8日(2016実績)
前年度の育児休業取得対象者数 0名
前年度の育児休業取得者数 0名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 20%(10名中2名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒621-0005
京都府亀岡市保津町上火無66-2
採用担当:藤田
TEL:0771-25-1451
URL http://www.yamamoto-corp.jp/
E-mail yamamoto-recruit@yamamoto-corp.jp
交通機関 JR山陰本線「亀岡」駅下車 ふるさとバス川東コース保津ヶ丘下車徒歩5分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp90976/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ヤマモトと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ