最終更新日:2017/7/12

マイナビ2018

マイナビコード
91065
  • 正社員
  • マイナビだけでエントリー

関西熱化学(株)【三菱化学グループ】

本社
兵庫県
資本金
60億円
売上高
653億円(2016年3月期)
従業員
384名(2016年3月31日現在)
募集人数
6〜10名

経営理念「人を財とし、自然を財とし、新たな価値を創造する」のもと、世界に通用する独自の技術で新たな未来を拓いていきます!

採用担当者からの伝言板 (2017/03/01更新)

当社ページをご覧いただき、ありがとうございます。
2018年度卒の新卒採用を開始いたしました。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
歴史ある会社だが若手も多い関西熱化学。本社・研究開発センター・尼崎事業所・加古川工場と4つに別れている事業所だが、事業所間での交流もあり、風通しが良い。
PHOTO
コークス炉の中で石炭は約1,200℃で20時間ほど乾留(蒸し焼き)されコークスへと姿を変えます。

コークス製造を通じて製鉄や化学、電子部品など多彩な産業を支える。

 関西熱化学はコークス事業を通じて鉄鋼業の発展を支えてきました。コークスとは約15種類の石炭をブレンドし製造された多孔質の機能材。当社製造のコークスと鉄鉱石を利用し、自動車のボディーや高層ビルなどに使われる鉄が製造されます。当社の加古川工場へは国内外からの多くの視察が訪れており、その技術力は高い評価を受けています。
 一方、近年ではコークス製造の過程で蓄積した炭素に関する知見を活用。グループ企業では先端的な電子機器にも使われる機能性カーボンを開発するなど、新規事業への展開を図っています。
 当社では、高い成長意欲を持つ若手社員が経験を積むことは、会社にとって大きな糧になると考えており、若手社員に積極的に活躍の場を与えています。研究者・技術者として成長するには、自分で判断しながら研究・業務を進めることが欠かせません。そこで入社後すぐに単独の研究テーマや専門的なパートを任せます。なかには2年目で「世界で初めて導入する最先端機材」を使う仕事を任される社員も。単に任せるだけではなく、しっかりとしたサポート体制が充実しているため、安心して取り組めます。『成長』へと続くフィールドがあるのが当社です。
 製鉄業の未来を支えるとともに、炭素という材料の未来を切り開こうと考える、若く行動力に富んだ皆さんを、関西熱化学はお待ちしています。

会社データ

プロフィール

関西熱化学は、1956年の設立以来、コークス事業を通じて鉄鋼業の発展を支えてきました。国内でも数少ないコークス製造の専業メーカーとして、時代の先端をゆく技術を開発し、高品質な製品を供給することで、市場から大きな支持を獲得し、さらに地球環境保全の観点からも、石炭を最も効率よくクリーンに利用する「コークス製造技術」は高く評価されています。より高品質に、より低コストで、より地球にやさしく…。関西熱化学は鍛え上げた世界に通用するの技術とノウハウを注ぎ込み、市場のニーズに全力で応えていきます。

事業内容

PHOTO

当社加古川工場の心臓部“コークス炉”

○製鉄用コークスの製造・販売
○ガス、コールタールなどの化成品製造・販売他

■製鉄用コークス
市民生活や産業社会を支えている「鉄」。
「鉄」はいつの時代においても有用な金属として私たちの身の回りにあります。鉄を作るために欠くことができないマテリアルがコークスです。
鉄を作る過程において、コークスは鉄鉱石とともに高炉に充填され、鉄鉱石を溶かす熱源として、また鉄鉱石の酸素を取り除く還元材として利用されます。
つまりコークスなくして高炉で鉄を作ることはできません。
関西熱化学はコークス製造のスペシャリストとして高度な技術と設備を駆使し、良質のコークスを製造・販売しています。
また、コークス製造プロセスで副産物として生成されるアンモニアやタールなどを工業用薬品・中間材料用として販売しています。
■コークス炉ガス
 製鉄所内の燃料ガスや発電所などで利用されています。
■粗製タール:コールタール
 製鉄用電極の原料として利用されています。
■粗軽油
 化学製品原料などに利用されています。
■液体アンモニア
 発電所において脱硝用還元材などに利用されています。
本社郵便番号 661-0976
本社所在地 兵庫県尼崎市潮江1丁目2番6号(尼崎フロントビル)
本社電話番号 06-4300-5300(代表)
設立 1956(昭和31)年
資本金 60億円
従業員 384名(2016年3月31日現在)
売上高 653億円(2016年3月期)
事業所 兵庫県尼崎市(本社、研究開発センター、尼崎事業所)
兵庫県加古川市(加古川工場)
株主構成 三菱化学(株)  51%
(株)神戸製鋼所 24%
神鋼商事(株)  15%
大阪ガス(株)  10%
主な取引先 (株)神戸製鋼所
三菱化学(株)
関連会社 (株)MCエバテック
大阪化成(株)
尼崎ユーティリティサービス(株)
沿革
  • 1956年8月
    • 三菱化成(株)(現三菱化学(株))、(株)神戸製鋼所、旧尼崎製鉄(株)(後に神戸製鋼に吸収合併)の3社共同出資により、製鉄用コークス製造のため尼崎コークス工業(株)として設立(資本金5億円)
  • 1961年4月
    • 資本金15億円に増資
  • 1963年5月
    • 大阪ガス(株)が当社に資本参加
  • 1966年11月
    • 尼崎工場扇町地区を建設、スタート
  • 1970年5月
    • 加古川工場を建設、スタート
      (コッパース式コークス炉248門)
  • 1970年11月
    • 資本金30億円に増資
  • 1973年7月
    • 資本金60億円に増資
  • 1976年8月
    • 社名を「関西熱化学」に変更(20周年)
  • 1987年5月
    • 加古川工場No.1・2炉CDQ設備稼働
  • 1989年7月
    • 尼崎工場大浜地区コークス炉休止
  • 1994年9月
    • 尼崎工場扇町地区コークス炉休止
  • 1998年3月
    • 加古川工場環境マネジメントシステムISO140001認証を取得
  • 1998年10月
    • 加古川工場No.3・4炉CDQ設備稼働
  • 2002年9月
    • 石炭調湿設備(CMC)稼動
  • 2003年3月
    • 加古川工場労働安全衛生マネジメントシステムOHSAS18001認証を取得
  • 2005年3月
    • 加古川工場品質マネジメントシステムISO9001認証を取得
  • 2006年10月
    • コークス史料館オープン
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 15日(2015年度実績)
※平均取得率80.2%

採用データ

取材情報

先輩情報

ダイナミックで“熱い”コークス製造の最前線で働き続けたい!
山内 彩香
2015年入社
宮崎大学大学院
工学研究科 物質環境化学専攻
加古川工場 製造部 コークス課
コークス炉の加熱管理、最適炉体補修方法の検討・確立
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒661-0976
兵庫県尼崎市潮江1丁目2番6号(尼崎フロントビル)
TEL:06-4300-5316
人事部 採用担当
URL http://www.tkcc.co.jp/
交通機関 JR各線尼崎駅から徒歩3分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp91065/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
関西熱化学(株)【三菱化学グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ