最終更新日:2017/7/28

マイナビ2018

マイナビコード
92073
  • 正社員

(株)竜製作所

現在、応募受付を停止しています。

本社
愛知県、京都府
資本金
4,000万円
売上高
59億3,000万円(2016年4月実績)
従業員
165名(2016年10月現在)
募集人数
6〜10名

新たなアイデアで、自動車、電機、航空等の業界を支える竜製作所。未来プロジェクトで活躍する人材を育てます!

理系学生積極採用中→勤務地は[愛知]・[京都]!大きなプロジェクト・機械設計に携われるチャンスです! (2017/07/28更新)

竜製作所は、東海地区から躍進を続ける、
自動車、電機、航空等、産業界を支える工作機メーカーです!!

★理系&文系積極採用中★
ぜひエントリーください。

『世の中にないものを、竜製作所がつくる』をテーマに
さまざまな産業分野への展開、そして世界展開の実現に向かって、
チャレンジ精神でどんどん成長しています!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
「組立てを自動で行えるよう効率化したい」「検査精度を高めたい」など、お客様のニーズをカタチにするオーダーメイドの機械(専用機)を開発していきます。
PHOTO
電気・電子系、機械系、そして文系に向けた特別なキャリアデザインがあります。勤務地は愛知県・京都府!同時積極採用中!竜製作所の躍進は止まりません!

世界からも注目が集まる。あらゆる産業界を支えるオーダーメイドの機械開発

PHOTO

果敢な竜製作所の未来戦略は新聞やメディアなどで何度も取り上げられています。【中部経済新聞掲載】

◆【事業内容】 世界レベルをリードする日本の工作機メーカー
竜製作所は世界のものづくりを支えている日本の工作機メーカーとして、世界をリードしています。日本の機械が世界に輸出されることによって、世界中で高精度な製品がつくられるようになってきました。それにともない、私たちの産業分野も広がり、展開地域も世界へと広がっています。この広がりは、さらに加速し、私たちのチャンスも拡大します。工作機メーカーは産業構造上、小規模が多く、私たちのポジションは、ある意味、この業界をリードをしていると言えます。

◆【事業戦略1】 さまざまな産業分野へ広がる技術力で、安定成長を実現
変化する経済環境に適応し、安定感のある成長戦略を実現するために、自動車、電機・半導体・液晶、航空機、さらには新エネルギー分野、農業分野、医療分野まで、さまざまな業界へと拡大してきました。これは、高度な技術力と正確な生産管理が評価された成果です。さらにその技術力は半導体・液晶業界向けの専用機、あるいは電子基盤関係の専用機自社製品の開発も成功させています。チャレンジ精神とプロ意識の結集によって躍進中の企業です。

◆【事業展開2】 世界を見据えた未来戦略。世界規模での展開へ
世界のものづくりにとって私たちの工作機は、大きな役割を果たしています。同時に、世界各地でのサポートやメンテナンスも重要な役割です。これまでに国内は愛知県の3拠点、京都、福岡にも拠点を拡大してきました。そして、「世界に羽ばたける企業へ」という未来戦略に向け、インドネシア、中国等の海外進出も実現しています。目指すのは世界各地で自動車、半導体・液晶業界のサポートを目指すグローバル企業。あなたにもそのメンバーとして活躍するチャンスが開かれています。

◆【事業展開3】 大手との製品開発プロジェクトが始動
高い技術力で、新エネルギー分野や農業分野での大手との製品開発プロジェクトにもチャレンジしています。また、これまでにも技術レベルの高さが自社製品をヒットさせてきました。例えば、自動車業界における検査装置です。皆さんはABS(アンチロックブレーキシステム)を知っていますか?車が安全に停止するために使われているブレーキのことです。当社の即応性と機動力が評価され、トヨタのABSが正しく製造されているかを検査する検査装置の大半を製作しています。

会社データ

プロフィール

■事業のポイント
・幅広い業界への広がり、世界展開への広がり、独自技術の広がりによって、成長を続けています
・専用機(オーダーメイド)製作から、自社開発機械の製作まで、幅広く展開しています
・トヨタのABS関連の検査機器においてはトップレベルです

■未来プロジェクトの内容
「幅広い業界への広がり、世界展開への広がり、独自技術の広がりによって、成長を続けています」
○【業界制覇】 さまざまな産業への展開
・自動車、電気・半導体・液晶、航空機、さまざまな産業分野を支える開発型メーカーです
・新エネルギー分野、農業分野、医療分野の開発にも着手しています
○【世界進出】 生産拠点・販売拠点の世界展開
・世界へのサポート機能を提供していきます
・国内の拡大、そして中国、インドネシアへの展開を進めています
○【独自技術】 新たな技術開発
・航空機の主翼の組立、航空機の配線など、新たな技術に評価が集まります
・大手企業との共同開発等の取り組みを積極的に展開しています

事業内容

PHOTO

当社の技術が結集する機械が、生産ラインに組み込まれ、高品質な自動車製造を実現。

■事業の内容
産業界を支える工作機メーカーです。さまざまな工場内で製品や部品を自動で組付したり、検査したり、搬送したりするさまざまな役割の機械を開発しています。また、航空機の主翼の組立や、配線も行っています。
○自動組付機械・検査装置
○治工具・板金加工・機械加工
○航空機部品製作
○OEM生産

■開発事例の紹介
開発事例1…自社開発製品。パレットチェンジャーが好評です!
パレットチェンジャーとは、「部品搬送システム」をトータルで企画・設計・製造した機械です。産業機器自動組付機へ部品を供給するためのスムーズな部品供給搬送を実現しています。そして、自社製品の開発を通して、顧客の生産コスト削減、生産効率アップを提案しています。

開発事例2…クリーンルーム向け搬送機には独自の技術と提案が活かされています
現状の設備を有効活用した提案から新規導入まで。キズひとつも許されないクリーンルームにおいて、厳しい品質基準をクリアした当社の設備が、多くの半導体メーカーにて活躍中。キズとホコリを徹底排除することで、高品質な製品生産と、お客様の生産ラインに最適なご提案をしています。

開発事例3…航空機部は特殊形状の加工ノウハウと技術力が勝負です
ミクロン単位の精密加工を実施できるのも、当社の大きな強みです。航空機部品として使用されるステンレスは歪みが生じやすい材質。しかし、特殊形状の加工ノウハウを蓄積している当社は、その技術を余すところなく発揮。航空機のフレームをはじめ、さまざまな部品を製造しています。

開発事例4…検査機。品質を追求する姿勢が、検査機の技術開発を促進します
投入口から製品を投入し、仕様で決められた製品の電気的・機械的なさまざまな検査を自動で行います。検査を完了すると、良否の判定と結果を表示。もちろん、トレーサビリティ(対象とする物品の流通履歴を確認すること)も可能です。
本社郵便番号 457-0841
本社所在地 愛知県名古屋市南区豊田四丁目8番2号
本社電話番号 0562-46-3374
設立 1953年
資本金 4,000万円
従業員 165名(2016年10月現在)
売上高 59億3,000万円(2016年4月実績)
事業所 大府工場(東日本技術本部)/大府市北崎町
西日本技術本部/京都市南区
豊川工場/豊川市一宮町
第二工場/弥富市楠
北九州工場/福岡県嘉穂郡桂川町
岐阜事業所/岐阜県羽島市
主な取引先 (株)デンソー、アスモ(株)、(株)豊田自動織機、アイシン精機(株)、(株)村田機械、イビデン(株)、三菱重工(株)、トヨタ紡織(株)、小糸九州(株)、ソニー(株)、京セラ(株)、川崎重工業(株)、オムロン(株)、TOTO(株) 他
関連会社 リュウ(株)
レック(株)
宇田精密(台湾現地法人)
無錫嚆成電機有限公司(中国現地法人)
新たな技術開発 ◆専門技術者の結集と一貫した生産体制で、新たな技術を開発
専用機(搬送機・組付機・検査機など)の設計・製作を中心に、専用機を作るための治工具の製作、お客様の生産ラインの機械設計、製造まで一貫した生産体制を構築しています。具体的には自動車実装部品、アクチェーター、モジュールなどの組立装置や機能測定装置、搬送機、自己完結自動ライン等を、自動車電装部品機能を知り尽くした設計陣によって設計し、ISO9001による品質管理のもとで進化を続けています。電気分野、機械分野をはじめとする専門分野の技術者と営業メンバーが結集して各分野の新たな開発に取り組んでいます。
西日本技術本部で働く魅力 関西地区では群を抜いた専用機トップメーカーです!
関西地区の大手との直接取引が中心で、受注から設計・製造・納品まで携わることができます!
今後も西日本技術本部を拠点として成長を遂げていきます!
沿革
  • 1953年
    • (有)竜製作所を設立。資本金40万円
  • 1960年
    • 日本電装(株)の協力工場となる。現:(株)デンソー
  • 1968年
    • 株式会社に組織変更。資本金130万円(大府工場開設)
  • 1975年
    • 電気部門設立・制御盤など電気配線業務着手
  • 1976年
    • 資本金300万円へ増資
  • 1979年
    • アスモ(株)の協力工場となる
  • 1980年
    • 電子部門の設立・電子制御関係の設計制作を開始
  • 1983年
    • 資本金1,500万円へ増資
  • 1984年
    • 専用機、Assy製品の製作を開始
  • 1985年
    • 組立工場及び設計室新築・専用機設計製作開始
  • 1986年
    • レーザー加工機導入・板金部門の合理化
  • 1988年
    • 大府工場を増築、機械部門設立。資本金2,000万円へ増資
  • 1991年
    • 豊川工場開設、5面加工機を導入
  • 1997年
    • 資本金4,000万円へ増資
  • 1999年
    • 三次元レーザー加工機導入
  • 2001年
    • 設計室リニューアル、複合コピー機導入
  • 2002年〜
    • 2002年 ISO9001:2000 認証に向けて推進委員会発足
      2003年 ISO9001:2000 品質マネジメントシステム認証取得。中国天津市事務所開設
      2004年 ISO14001:2004 環境マネジメントシステム認証に向けて推進委員会発足
      2005年 ISO14001:2004 環境マネジメントシステム認証取得。
  • 2006年
    • 大府工場の設計室及び組立工場を増築
  • 2007年
    • 北九州工場を開設
  • 2011年
    • 大手とのプロジェクト始動
  • 2012年
    • 無錫凱徳科自動化設備有限公司(中国)へ資本参画
      インドネシアプロジェクト始動
      設立60周年
  • 2013年
    • 関西の制御機械メーカーと協業開始
  • 2014年
    • 海外事業推進部発足
  • 2015年
    • 京都事業所を設立
  • 2016年
    • 無錫嚆成電機有限公司(中国現地法人)設立
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 役員10%・管理職15%(2016年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)竜製作所
採用担当
TEL:0562-46-3374
URL 【企業サイト】http://www.ryuuss.co.jp/
【採用サイト】http://www.ryuuss.co.jp/recruit/
交通機関 大府工場/JR東海道本線「大府駅」下車、大府市循環バスに乗り換えてバス停「梶田4」から徒歩10分
豊川工場/JR飯田線「三河一宮駅」下車、豊鉄バスに乗り換えてバス停「一宮総合支所」から徒歩7分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp92073/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ