最終更新日:2017/7/24

マイナビ2018

マイナビコード
92426
  • 正社員
  • 既卒可

明道メタル(株)

現在、応募受付を停止しています。

本社
新潟県
資本金
3億8,100万円
売上高
116億円(2016年12月)
従業員
197名 (2017年4月現在)
募集人数
若干名

当社は日本有数のステンレス加工基地、新潟県:燕地域のリーディングカンパニーです。ステンレスの精密圧延から精整加工を通じてお客様の多様なニーズにお応えします。

2018年新卒採用のエントリーは終了いたしました (2017/07/24更新)

こんにちは 明道メタル(株) 採用担当の海藤です。

2018年新卒採用のエントリーは終了いたしました。

たくさんのエントリーをいただきありがとうございました。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
関東、関西などを中心に、ニーズは全国から。社内は活気に満ち、部署を超えた意見交換も活発に交わされています。
PHOTO
お客さまの要望に対して、「出来ません」とは言いません。どうすれば要求に答えられるか。それだけをめざして、試行錯誤を繰り返します。

実はとても奥が深い、ステンレスの世界。

PHOTO

学生時代において重要なのは、自分が本当に何をやりたいのか発見することです。元気を出して、いろいろなことに挑戦してください。(代表・吉村)

■錆びにくく、美しい、ステンレス。

英語で「錆びにくい」という意味を持つステンレス。表面処理の方法によって、鏡のようにピカピカに光らせたり、逆に光沢を抑えたりと、見た目の加工も自由自在。暮らしのまわりの至るところで使われている金属です。

私たち明道メタルは、ステンレスの総合加工メーカー。「リロールメーカー」と「コイルセンター」という二つの機能を併せ持っています。リロールとは「圧延」、つまり、圧力をかけて薄く延ばすこと。鉄鋼メーカーから仕入れたステンレスをさらに薄く加工します。たとえば、注射針は0.14mmという非常に薄いステンレスの板を丸めることで、細い針を作ることができます。注射が太い針だと痛いですよね。注射針の品質に対する要求は厳しく、高い技術が求められます。

コイルセンターとは、スリット加工、切断加工する流通加工業のこと。当社は、このスリット加工の技術でも高い評価を得ています。「圧延」と「スリット」という二つの加工を一社でできるのが、明道メタルの最大の特徴です。

■あらゆる課題に答えを出せる技術がある。

医療器具、自動車部品、家電部品など、ステンレスはその加工のしやすさから、さまざまな用途で使用されています。そのため、「こんな製品で使いたい」「こういった特性を持たせたい」というお客さまからの要望も多岐にわたります。私たちは、難しい要求にも応え、最適な製品を提案する「課題解決型サポート企業」でもあります。

■若い人が情熱を持って働ける会社へ。

明道メタルは創業110年以上という歴史を持つ会社ですが、まだまだ将来への展望も持っています。

ひとつめが、ステンレス業界の中での立ち位置を上げていくこと。メーカーの淘汰が進んでいく中、生き残っていくために製品の品質をさらに上げ、シェアを広げていきます。社員自身が仕事を楽しむためにも、欠かせないことです。
ふたつめは、若い人が情熱を持って働ける会社にすること。明道メタルでは、社内提案制度を設け、コスト削減や利益アップに繋がった提案にはインセンティブを支給しています。斬新な提案を多く出してくれるのは、若い社員です。イノベーションを起こしていくためにも、若い活力やアイデアは大切にしたい。自ら発想し、行動できる人と、ぜひ一緒に働きたいですね。

(代表取締役社長 吉村 陽三)

会社データ

プロフィール

当社は、洋食器のふるさと、日本有数のステンレス加工産地「新潟県燕市」で生まれ、ステンレスを知りつくしたリロール・メーカー機能とコイルセンター機能を併せ持つ日本唯一の『総合ステンレス加工メーカー』です。

当社の強みは、現在の多品種・小ロット市場への対応できる世界レベルの技術力です。さらに、ステンレスの加工から販売まで当社で一貫して行うことで、お客様のニーズに応えています。

当社で製造・加工されたステンレスは医療器具・自動車部品・家電内臓部品など様々な製品となり我々の身近に存在しています。

積極的に採用活動を行っている理由は、長年培った伝統と技術力を次世代の若手社員に継承するためであります。

伝統ある当社に是非とも会社見学にいらしてください。大歓迎いたします。

事業内容

PHOTO

「我々はステンレスの製造では誰にも負けない」という自信と、仕事に対しての誇りを持ち続けながら日々努力を重ねています。

■ステンレス材の加工・販売

ステンレス材を中心とした下記6部門があります

1、精密圧延部門…
ステンレス材をロールによって上下から圧力をかけて加工(圧延加工)し、より薄いステンレス材を製造している部門です。品質管理の強化を追求することで、お客様の要望に適合した品質とサイズの製品を販売しています。

2、3、スリッター・流通業務…
ステンレス材をお客様が要望する板幅サイズに切断加工(スリット加工)し、市場に材料を供給する流通加工部門です。スリット加工以外にも、側面を丸く削り取る加工(ラウンドエッジ加工)なども行っています。当社のステンレス材が医療・自動車・電子分野などで使用されており、現代の先端産業を支える部門です。

4、切断加工…プラズマ・レーザー・シャーリング  
5、加工品…プレス加工、各種加工品  
6、線材・棒鋼加工…直線カット、ロール研磨
本社郵便番号 959-1288
本社所在地 新潟県燕市燕 5025番地
本社電話番号 0256-63-3111
設立 2004年4月1日
資本金 3億8,100万円
従業員 197名 (2017年4月現在)
売上高 116億円(2016年12月)
事業所 ■新潟県燕市【本社】
■東京都(日本橋)
■大阪府(北堀江)
■群馬県(高崎市)
■長野県(松本市)
株主構成 サムスン物産 100%
主な取引先 サムスンC&Tジャパン(株)、阪和工材(株)、(株)メタルワン、(株)スチール
平均年齢 42.0歳
平均勤続年数 15.5年
ISO取得状況 2005年5月、品質マネジメントシステムの国際規格であるISO 9001 : 2000 の 認証を取得しました。
■適用規格
 ISO 9001 : 2008
■適用範囲
 ステンレス鋼帯の圧延 スリッター加工、線材加工及び線材の直線カット加工
■審査登録機関
 ペリージョンソン レジストラー(株)
■認証登録日
 2005年5月11日
■認証取得事業所
 松本営業所を除く全事業所
地球環境保全 2005年6月、SONYグリーンパートナーに認定されました。
ソニー(株)の環境保全推進活動の一環である「グリーンパートナー環境品質認定制度」に基づき、グリーンパートナーとして認定されました。
所属団体 ステンレス協会、東京ステンレス流通協会、大阪ステンレス流通協会、全国ステンレスコイルセンター工業会、燕商工会議所 ほか
月平均所定外労働時間(前年度実績) 17時間(2016年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒959-1288 新潟県燕市燕 5025番地
TEL 0256-63-3161(人事グループ直通/担当:大野)
URL http://www.myodo-metal.co.jp/
E-mail m.ohno@myodo-metal.co.jp(人事グループ:大野宛て)
交通機関 JR弥彦線:燕駅から徒歩10分
北陸自動車道:三条燕インターから車で5分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp92426/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
明道メタル(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ