最終更新日:2017/9/14

マイナビ2018

マイナビコード
93015
  • 正社員
  • 既卒可

帯広市役所

本社
北海道
資本金
公共機関のためなし
売上高
公共機関のためなし
職員数
1,372名(平成29年4月1日現在)
募集人数
51〜100名

仕事紹介記事

PHOTO
帯広での暮らしや働き方などがイメージしやすいように、先輩職員の紹介を掲載した帯広市職員募集パンフレットを作成しました。下記の仕事内容のリンクからご覧ください。
PHOTO
体重1トンを超える馬が鉄ソリを引いて直線コースで力とスピードを競う、世界でたった一つのばんえい競馬。人々の心を震わせる北海道遺産を支えるのも、私たちの仕事です。

仕事データ

募集職種・分野 【平成29年度採用実施区分】
(前期日程)
■総合職:大学卒、身体障害者、土木、土木(社会人)、建築

(後期日程)
■総合職:大学卒、短大卒、高校卒、身体障害者、社会人、土木、建築、電気、学芸員、保育士

※募集職種の要件などの詳細については、ホームページにて参照してください。
※消防職の採用については平成28年度より、消防広域化に伴い「とかち広域消防事務組合」での募集、採用となります。

●帯広市職員の採用情報
http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/soumubu/shokuinka/D130101shishokuinsaiyoujouhou_7.html
仕事内容 福祉・教育・環境・産業振興・まちづくりなど、多彩な分野から地域社会に貢献することができます。

【帯広市職員募集パンフレット】
http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/soumubu/shokuinka/shikenjyouhou.data/29panhuretto.pdf

募集要項・採用フロー

募集対象
  • 理系大学院生
  • 理系学部生
  • 文系大学院生
  • 文系学部生
  • 短大生
  • 高専生
  • 専門学校生
  • 既卒者

募集学部・学科
  • 全学部・全学科

募集人数 51〜100名
募集内訳 【平成29年度採用実施区分】
(前期日程)
■総合職:大学卒、身体障害者、土木、土木(社会人)、建築

(後期日程)
■総合職:大学卒、短大卒、高校卒、身体障害者、社会人、土木、建築、電気、学芸員、保育士

※募集職種の要件などの詳細については、ホームページにて参照してください。
※消防職の採用については平成28年度より、消防広域化に伴い「とかち広域消防事務組合」での募集、採用となります。

●帯広市職員の採用情報
http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/soumubu/shokuinka/D130101shishokuinsaiyoujouhou_7.html
エントリー方法 平成29年度のエントリー方法

受付期間中、総合案内(市庁舎1階)と職員課(市庁舎5階)で配布、もしくは市ホームページに掲載している試験案内を入手して、必要事項を記入の上、採用試験申込書と郵便はがきを郵送または持参することが必要。
採用フロー

PHOTO

詳細は採用パンフレットでご確認ください。

平成29年度の採用フロー
■総合職
 [1]試験案内を入手
 ↓
 [2]申し込み
 ↓
 [3]受験票の受け取り
 ↓
 [4]第一次試験(一般教養試験、適性試験)
 ↓
 [5]第二次試験(個別面接試験、グループワーク)
 ↓
 [6]第三次試験(個別面接試験)
 ↓
 [7]採用
 ↓
 [8]採用内定者交流会
内定までの所要日数 エントリーから最終合格発表までは、約3ヶ月です。
平成29年度の後期日程の場合、受付開始日は8月23日、最終合格発表日は11月13日(予定)となります。
選考方法 「採用フロー」のとおり
採用の特徴
  • 総合職採用あり

人物重視の採用に努めており、一般教養試験・適性試験は、事前の公務員試験対策をしていない方を含め、多くの方が受験しやすい試験となっています。

提出書類 採用試験申込書
郵便はがき

採用後の待遇

基本給 ※平成29年4月1日時点
大学卒(総合職):178,200円
短大卒(総合職):158,800円

※消防職の採用については平成28年度より、消防広域化に伴い「とかち広域消防事務組合」での募集、採用となります。
諸手当 扶養手当、住居手当、通勤手当、寒冷地手当などをそれぞれの要件に応じて支給
昇給 年1回(1月)
賞与 年2回(6月および12月) 支給月数:年4.30カ月
休日休暇 休日:土・日・祝日および12月29日〜1月3日
有給休暇:20日 夏季休暇:3日
※部署により異なります。
待遇・福利厚生・社内制度

帯広市職員福利厚生会による各種事業

  • 年間休日120日以上
  • 福利厚生が充実
  • ジョブローテーションで様々な職種を体験できる
  • 産休・育児休暇取得実績あり
  • 完全週休2日制
勤務地 帯広市
勤務時間 8:45〜17:30 「実働7時間45分(休憩60分)」
※部署により異なります。
研修制度 帯広市では、地方公務員が養うべき汎用性の高い能力を育成するため、十勝管内19市町村の職員が合同で受講できる広域研修を実施しています。
広域研修は、民間研修機関に委託し、専門的なノウハウや技術及び多様な研修手法を導入して研修内容の充実を図っています。
また、新規採用職員には、「1年目」「2年目」「5年目」の年次に応じた研修カリキュラムを用意し、成長を促すためのフォローアップを行っています。
メンター制度 帯広市では、チューター制度により新規採用職員への教育や育成を組織的に実施しています。

採用実績

採用実績(学校)

<大学院>
帯広畜産大学
<大学>
旭川医科大学 、 室蘭工業大学 、 首都大学東京 、 小樽商科大学 、 神奈川大学 、 青山学院大学 、 千葉大学 、 帯広畜産大学 、 藤女子大学 、 北星学園大学 、 北海学園大学 、 北海道大学 、 北海道教育大学 、 明治大学 、 酪農学園大学
<短大・高専・専門学校>
帯広大谷短期大学 、 札幌工科専門学校 、 日本工学院専門学校

平成28年度採用実績(新卒者のみ)

採用実績(人数) 公務員のため記載不要
採用実績(学部・学科)      2015年 2016年 2017年
-------------------------------------------------
大卒   19名  28名   22名
短大卒   4名   2名   3名

※新卒者のみ(社会人経験者除く)
過去3年間の新卒採用者数 2015年 2016年 2017年
------------------------------------------
 23名  30名  25名
過去3年間の新卒離職者数 2014年 2015年 2016年
------------------------------------------
 0名   0名   2名
過去3年間の新卒採用者数(男女別)      2015年 2016年 2017年
----------------------------------------------------
男性    12名  21名  15名
女性    11名   9名  10名

問い合わせ先

問い合わせ先 帯広市 総務部職員課 人材育成係

〒080-8670
  帯広市西5条南7丁目1番地
TEL:0155-65-4108
URL http://www.city.obihiro.hokkaido.jp/
E-mail staff@city.obihiro.hokkaido.jp
帯広市役所と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ