最終更新日:2017/6/22

マイナビ2018

マイナビコード
99380
  • 正社員

向陽技研(株)

現在、応募受付を停止しています。

本社
大阪府
資本金
6,000万円
売上高
24億4300万円(2016年7月度)
従業員
70名(内正社員45名、2017年3月実績)
募集人数
6〜10名

トップシェアの商品がある、ものづくりメーカーです。自社開発した機能パーツを、堺の工場で生産し世界中に販売しています。

6月29日(木)に機電系の学生を対象にした会社説明会・工場見学会を開催します。 (2017/06/05更新)

ものづくり現場で働きたい学生さんは必見!!
向陽技研は独自開発した機能パーツを自社で一貫生産し、国内だけでなく海外にも販売しています。
6月29日(木)に会社説明会と工場見学会を同時開催します。

こんな学生さんを待っています!!
・新しい製品を開発したい人
・工作機械の操作が得意な人
・学んできたことをものづくり現場で活かしたい人
・ものづくりが好きな人
・機械工学・電気工学・情報処理工学が得意な人

10年前と比べると売上が3倍に!!
売上の80%が海外販売とグローバルに成長している向陽技研
経済産業省が選定する「グローバルニッチトップ企業100選」に選ばれており、
独自開発品を一貫生産するオンリーワン企業です。
向陽技研の成長を支える3つの要因をまとめました。

「圧倒的なシェアNO.1を誇る製品があります」
座椅子ギアのシェアでは、70%と圧倒的なシェアNO.1を誇る向陽技研のモノづくりの現場をお見せします。独自開発した家具・インテリア用の機能パーツを製造・販売しており、独創的商品の開発をモットーに本社工場と中国工場の2つの拠点で一貫した生産体制を構築しています。

「モノづくりはヒトづくりから」
若手中心の工場なので新入社員や若手社員の教育に力をいれており、ユニークな教育制度がいろいろあります。最近では、文系出身の女性社員も現場で生き生きと働いています。

「独創的商品の開発」
向陽技研で製造しているほとんどの商品は、独自開発したオリジナルの機能パーツです。人まねしない独創的商品の開発がモットーになります。思いやり・おもてなし心・使用者の立場に立って機能パーツの開発に取り組むことで、人の役に立つ・お客さんが喜んでくれる製品やサービスが生まれると考えています。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
世界に「Made in Japan」「Made by KOYO」のものづくりを発信する本社
PHOTO
技術力の結集である製品は、日本国内だけでなくヨーロッパの家具メーカーからも愛用されている

社員のものづくりへの情熱・誇りが高付加価値の製品を生み出す

PHOTO

「Heart & Technology」の経営理念を

座椅子のリクライニング調節に使用されているギアを年間1000万個以上製造し、主要な家具量販店で販売される商品の大半が向陽技研の製品を使っているという、ものづくりに強みを持つ会社です。他にソファ用ギア、ダイニングチェアなどの回転金具などを製造し、他社にマネのできない技術の高さと、厳しい品質管理という付加価値で、世界30カ国以上で販売展開するグローバルニッチ企業です。
ものづくりに対する情熱を、若手社員4名から聞きました。
●「さすが」と言われる品質管理を目指す
入社から8年目で、ずっと品質管理の仕事に携わっています。工場でつくられた部品の抜き取り検査、中国工場で製造した完成品の検査、外注に出した熱処理加工の強度検査など行います。品質管理は商品の品質を決定する重要な部署であり、「さすが日本製」「向陽技研は違う」と言われるよう、お客さまに信用・信頼していただきたいと考えています。(田之脇桃子/品質管理部/2009年入社)
●自社マークがプレスされる部品に誇り
プレス機械で部材を製造する仕事をしており、機械の流れや金型のメンテナンスを見ながら、いかに不良を出さずに生産計画を達成するかを考えています。一度不良を見落とすと、何千個もの部品がムダになり、後工程にも迷惑をかけます。プレスの際に向陽技研のマークが部品に入ります。それは部品に命が吹き込まれる瞬間であり、身が引き締まります(中博紀/製造部一課/2013年入社)
●人の生活に携わるものづくりが大切
ギアで使うバネとツメを製造しています。私は人の生活に関わるものづくりをしたいと考えて入社しました。家具量販店に行くと、必ず向陽技研の部品を使った商品に出合います。それだけ身近に存在する商品の要の部品になっているだけに、気をつけなければと常に思っています。(汀結花/製造部一課/2015年入社)
●高付加価値で世界トップを取る
製品を組み立てる部署で、生産スケジュールを立てるなどの段取りと改善が主な仕事です。いかに効率を高め、付加価値を向上させるかを考えています。部品製造に特化しているので、マネができない高付加価値のものづくりができれば、その分野で世界のトップを取れる。そこが仕事の面白さだと感じています。(下山唯嗣/製造部二課/2011年入社)

会社データ

プロフィール

堺市から世界に発信!
自社開発した機能パーツを自社製造しているモノづくりメーカーです。
座椅子用ギアでは、シェア70%と圧倒的なトップシェアを誇っています。

「心と技術をより高め、国際社会に貢献できる企業を目指す」
向陽技研は、椅子、テーブル、ベッドなどのパーツメーカーとして、他社の追随を許さないハイクオリティーなパーツを生み出してまいりました。小さな発想、小さな望みがやがて育ち、いつしか社会を支える大きな力になることを信じて、向陽技研は日々まい進しております。

事業内容

PHOTO

全社員参加で慰安旅行を毎年実施しています。入社2年目の社員が幹事となり旅行の計画をします。2012年は東北へ行きました。

向陽技研は「モノづくり企業」で、本社工場(大阪府堺市)と中国工場(広東省東莞市)の2つの工場でモノづくりをしています。また、現地法人として中国販社とドイツ販社を設立し、グローバルに活動しています。
独自開発・自社製造した家具用パーツを自社販売しています。日本国内での販売だけでなく海外へも販売を拡大しており、国内販売が30%で海外販売が70%とグローバルに活動しています。わずか60名で平均年齢32歳の会社ですが、少数精鋭・若手社員主体で頑張っています。
工学系学生だけでなく、文系学生でモノづくりが好きな若手社員の入社も増えています。
また、英語・中国語・ドイツ語などビジネスで語学力を生かした仕事をしたいと、語学系学生や留学経験のある若手社員も増えてきました。
国内トップシェアの製品が、シェア70%ある座椅子・フロアチェア用のリクライニング金具です。毎日4万個を生産しており、毎月100万個以上を生産しています。年間の販売量は1000万個以上と圧倒的に業界ナンバー1です。みなさんのご家庭にある座椅子にも、向陽技研のリクライニング金具が使われているかもしれません。
当社のラチェットギア機構を応用して、ヨーロッパの家具メーカー向けにソファー用に開発した角度調整金具はヨーロッパで高い評価を得ています。今では売上の70%が海外販売になるまでグローバルに成長しており、全体の売上は5年で2倍にと急成長しています。
日本国内の福祉施設にも当社の製品が使われています。独自開発の昇降脚LEGMANは簡単にテーブルの高さを調整でき、車椅子の方でも使い易い高さにスピーディーに変更できます。
また、当社では新入社員研修にも力を入れており、4カ月間の研修カリキュラムを独自で行っています。社長も参加しての2泊3日の「ナギサミーティング」(合宿研修)や1カ月間の「中国工場研修」、先輩社員との交換日誌「マンツーマンノート」など新人教育に力を入れています。

当社が経済産業省の「グローバルニッチトップ100選」に選定されています。
http://www.koyoeng.co.jp/news/112/
本社郵便番号 593-8312
本社所在地 大阪府堺市西区草部1214番地
本社電話番号 072-275-1300(代)
創業 1902年2月1日
設立 1961年7月20日
資本金 6,000万円
従業員 70名(内正社員45名、2017年3月実績)
売上高 24億4300万円(2016年7月度)
事業所 【東京営業所】〒136-0071東京都江東区亀戸5-38-4-206
売上高推移 24億4,300万円(2016年)
20億700万円(2015年)
22億1,000万円(2014年)
18億8,000万円(2013年)
18億3,000万円(2012年)
16億8,000万円(2011年)
13億8,000万円(2010年)
11億780万円(2009年)
10億3,300万円(2008年)
8億7400万円(2007年)
主な取引先 海外:中国・ドイツ・イタリア・スペイン・アメリカ・タイ・韓国・マレーシア・ポーランド・ブラジル・ etc

国内:アイリスチトセ(株)、(株)岡村製作所、(株)オリバー、(株)ダイドー、
   富士通フロンテック(株)、明光ホームテック(株)、(株)ヤマザキ
   (五十音順)
関連会社 東莞向陽金属製品有限公司
KOYO Germany GmbH
平均年齢 30歳(正社員の平均年齢)
平均勤続年数 1年目〜5年目 19人
6年目〜10年目 16人
10年以上 12人
沿革
  • 1902年
    • 大阪府堺市錦綾町にて、地金商山下商店を営む
  • 1960年
    • サマーベッド用ラチェットギア製造開始
  • 1961年
    • 向陽抜物(有)を設立し、山下義一代表取締役となる
  • 1973年
    • 向陽技研(株)に社名を変更
  • 1974年
    • 座椅子用及び木製座椅子用ラチェット製造販売
  • 1980年
    • 堺市草部に海外向け輸出入窓口の向陽エンジニアリング(株)設立
  • 1987年
    • 草部工場に本社ビル3階建新築。向陽技研移転する
  • 1988年
    • アジア向け商品輸出開始
  • 1995年
    • ヨーロッパ向け商品輸出開始
  • 1999年
    • 昇降テーブル脚LEGMAN(特許)製造販売
  • 2000年
    • アメリカ向け商品輸出開始
  • 2001年
    • LEGMAN、ドイツケルンにてインターツム賞受賞
  • 2002年
    • ISO9001:2000年版認証取得
  • 2003年
    • 代表取締役が山下善伸より、山下雅伸へ交代
  • 2004年
    • 本社草部工場 新社屋増改築
  • 2005年
    • ファインギア(14段ギア)製造販売
  • 2006年
    • 広東省東莞市に、東莞清渓向陽金属製品廠開設(中国営工場)
  • 2007年
    • 本社新倉庫竣工
  • 2008年
    • LSギア・ISギアをヨーロッパ向けに製造販売開始
  • 2009年
    • 中国現地法人 東莞向陽金属製品有限公司を設立
  • 2010年
    • 本社事務所改装
  • 2011年
    • 新型サーボプレス機5台導入
  • 2012年
    • 太陽光パネルを設置(発電量100kW)
  • 2013年
    • ドイツ販売会社を設立
  • 2014年
    • 経済産業省が選定する「グローバルニッチトップ100選」に選ばれる
前年度の育児休業取得対象者数 2016年実績 1名(女性)
前年度の育児休業取得者数 2016年実績 1名(女性)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 072-275-1300
採用担当 浅井
URL www.koyoeng.co.jp
E-mail info@koyoeng.co.jp
交通機関 【JR阪和線「津久野駅」よりバスの場合】
バスの場合、5番のりばで、泉が丘行きか、栂・美木多行きに乗車し、八田西町バス停で下車。バス停より徒歩5分。
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp99380/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
向陽技研(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ