最終更新日:2017/7/3

マイナビ2018

マイナビコード
99958
  • 正社員

明石機械工業(株)【ダイハツ工業グループ】

現在、応募受付を停止しています。

本社
兵庫県
資本金
10億円
売上高
連結:707億円 単体:566億円(2016年3月期)
従業員
連結:2,042名 単体:1,361名(2016年3月期)
募集人数
若干名

部品が変われば車が変わる。駆動系やシャシー系の部品で、Q・C・Dすべての分野でグローバルな競争力を持つ『総合機能ユニット専門メーカー』を目指しています。

【応募終了】18年4月入社対象の新卒採用について (2017/07/03更新)

こんにちは! 採用担当の田川です。
弊社ページにアクセスして頂き、有難うございます!

18年4月入社対象の新卒採用について、技術職/事務職ともに終了致しました。
たくさんのご応募を頂きまして、誠に有難うございました。

弊社の採用に関してご質問等があれば、下記にお問い合わせください。

 【宛 先】 管理統括本部 コーポレート企画G 田川
 【電 話】 079-495-7901
 【メール】 jinji@akasi-kk.co.jp

以上、宜しくお願い致します。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
主力製品は、トランスミッション(MT・AT・CVT)の駆動系部品。アルミなどの素材から、鋳造→加工→研磨→焼入→組立まで行い、完成品まで一貫生産できる技術力が強み。
PHOTO
弊社の一貫体制を支えるのは、一人ひとりの技術者。自動車の安全に関わる重要保安部品を開発するためには、車を使うお客様の視点に立った考え方が求められる。

技術力を高めて国内外の新しい市場へ!社員一人ひとりがその主役です。

PHOTO

普段は見る機会がない自動車の構造部分。技術職と事務職が一緒になって、自動車の複雑な内部をつくっています。文系でもモノづくりが好きな方は、仕事が楽しいですよ。

明石機械工業はダイハツグループの一員。主に、コンパクトカー向けのトランスミッションやエンジンパーツ等の駆動系部品、ステアリング等のシャシー系部品を開発・製造している自動車部品メーカーです。

弊社が提供しているのは、いずれも乗る人の安全に深く関わる重要な部品。それらを部分的にではなくユニットとして、最終形まで組み上げることができるのが最大の強みです。特にトランスミッションにおいて、MT・AT・CVTのすべてに関わることができる部品メーカーは、日本では非常に限られています。クルマのトランスミッションの形式は、MTからAT、CVTへと進化を遂げてきました。弊社が今、全力を傾けて取り組んでいるのがこのCVTです。CVTの特徴は『無段階変速』。自動変速という意味ではATと同じですが、歯車式ではないため動きがなめらかで燃費がいいのが特徴。燃費効率が車の魅力の一つとなった日本では、CVTがトランスミッションの主流になっていくでしょう。

海外は、インドネシアではMT車、マレーシアではAT車に人気があります。各国の事情に応じて、お客様が求めるトランスミッションを提供できることも、弊社の魅力の一つと言えます。

もう一つの事業の核が、自動車以外の異業種への進出です。弊社が自動車で培った技術力は、「エンジン等を動力にして回るもの」に応用することができ、すでに建機メーカーや農機メーカーとの取引が始まっています。

現在、連結売上1,000億円を目指しており、日々、技術力を高める努力をしています。既存のことに満足することなく、常に新しいことに挑戦をしていく、そんなモノづくりを仕事にしてみませんか。

会社データ

プロフィール

株主構成が、ダイハツ工業(株)が約86%、川崎重工業(株)が約10%であり、これまで高い品質水準でモノづくりをしてきました。

主力事業は、主にコンパクトカーに搭載されるトランスミッション、ステアリング、エンジンパーツの開発と製造です。これらは自動車の「走る」「曲がる」に直結する部品で、自動車の「重要保安部品」と呼ばれており、安全に関わる重要な部品です。絶対に不良を発生させてはいけない製品で、安定的な製造には高い技術力が求められます。

また、この自動車部品の製造のノウハウを活かし、建機業界向け油圧部品や産業用ロボット向けギヤも生産し、生産ラインで使用する工作機械も内製化しています。

その結果、事業領域はさらに多彩かつ深耕したものとなりました。現在、海外展開(海外拠点拡充・海外売上高拡大)と新規開拓(グループ外取引と異業界への進出)に注力しており、Q・C・Dすべての分野でグローバルな競争力を持つユニットメーカーを目指しています。

2016年3月期時点で、連結売上が707億円(単体566億円)、連結従業員が2,042名(単体1,361名)となり、事業規模は上場企業レベルにまで成長してきました。今後も事業規模を大きくしていくためには、常に変革を続けなければならず、お任せする仕事も定型化しません。

「幅広い仕事に挑戦をしてみたい」「仕事を企画してみたい」という志向をお持ちの方は、是非、弊社の企業説明会にお越しください。

■特徴:
・自動車部品メーカーのなかでも、トランスミッション(MT、AT、CVT)とステアリングギアの両方を製造できるメーカー
・トヨタ自動車の連結子会社に入り、コンプライアンスを重視した経営姿勢
・インドネシア・マレーシアに海外拠点を設立。連結消去前での売上で海外比率が4割近くあり、今後もグローバル化が進行


【企業理念】
 私たちは魅力溢れる製品を通じて社会に信頼され
  人々に感動を提供し豊かな社会づくりに貢献する企業を目指します。

【経営の基本方針】
1.常に独創的な価値を創造し、
   お客様に「喜び」を提供する

2.グローバルで革新的な経営により、
   各国・各地域との調和のある成長を目指す

3.労使相互信頼・責任を基本に
   意欲と創造力・活力あふれる企業風土をつくる

4.内外の法およびその精神を遵守し、
   オープンでフェアな企業活動を行う

事業内容

PHOTO

自動車業界向けの品質マネジメントシステム規格(TS/ISO)も取得しています。

◇自動車の駆動系部品、シャシー系部品およびエンジン部品開発・製造・販売
◇建設業界向け油圧部品の開発・製造・販売
◇産業用ロボット向け工作機械用ギヤの製造・販売

◆主な製品
自動車用前輪懸架装置及び操縦装置、エンジン部品、トランスミッション、油圧機器、ディーゼル機器、産業用ロボット向けギヤ
本社郵便番号 675-1111
本社所在地 兵庫県加古郡稲美町印南2337番地
本社電話番号 079-495-7901
創業 1946年11月25日
資本金 10億円
従業員 連結:2,042名 単体:1,361名(2016年3月期)
売上高 連結:707億円 単体:566億円(2016年3月期)
事業所 ◇本社 および 本社工場 土山地区
〒675-1111
兵庫県加古郡稲美町印南2337

◇本社工場 明石地区
〒673-0073
兵庫県明石市貴崎5-1-18

◇滋賀工場
〒520-3203
滋賀県湖南市日枝町2-2

◇九州工場
〒838-0059
福岡県朝倉市平塚261-1

◇油圧機器事業所
〒674-0074
兵庫県明石市魚住町清水字寺山2748-1
株主構成 ダイハツ工業(株) 85.5%
川崎重工業(株) 9.7%
その他 4.8%
(小数点第二位四捨五入)
主な取引先 ダイハツ工業(株)
ダイハツ九州(株)
三菱自動車工業(株)
川崎重工業(株)
キャタピラージャパン(株)
ダイハツディーゼル(株)
(株)クボタ
関連会社 ◆PT.AKASHI WAHANA INDONESIA
(インドネシア子会社)
◆AKASHI KIKAI INDUSTRY(M)Sdn.Bhd.
(マレーシア子会社)
平均年齢 全社平均:37歳(※役員を除く)
その他 ISO9001、ISO14001、ISO/TS16949、をそれぞれ取得
沿革
  • 1946年11月
    • 戦後、大型四輪車等の部品の製造や修理をしていた
      明石自動車工業(株)から分離独立し、
      兵庫県明石市に(株)明石機械製作所を創立。
  • 1952年1月
    • ダイハツ工業(株)から資本参加を得る。
  • 1965年9月
    • ダイハツ工業(株)向けフロントアスクルAssyの生産開始。
  • 1970年12月
    • 兵庫県加古郡稲美町に用地を取得して工場を建設。
      油圧・ディーゼル部門を移転し、土山工場として操業開始。
  • 1983年8月
    • ダイハツ工業(株)向けトランスミッションの生産開始。
  • 1999年8月
    • 事業拡大に伴い、本社を明石工場から土山工場へ移転。
  • 2000年11月
    • トヨタ自動車株式会社、及び、ダイハツ工業(株)の
      連結子会社となる。
  • 2001年12月
    • ISO14001認証を取得。
  • 2004年1月
    • FF系マニュアルトランスミッションの組立生産を開始。
  • 2005年5月
    • FR系マニュアルトランスミッションの組立生産を開始。
  • 2005年7月
    • 滋賀工場(滋賀県湖南市)の操業を開始。
  • 2006年4月
    • インドネシアW.E.P社との合弁による海外子会社
      (PT.AKASHI WAHANA INDONESIA)を設立。
  • 2006年11月
    • 本社を兵庫県明石市から兵庫県加古郡稲美町に移す。
      (創立60周年に合わせ法人登記を移管)
  • 2007年4月
    • 新日本機械工業(株)と事業統合・合併し、
      「明石機械工業(株)」と社名を変更。
  • 2007年4月
    • 油圧機器部門を土山工場から分離し、油圧機器事業所を発足。
  • 2009年10月
    • 九州工場(福岡県朝倉市)の操業を開始。
  • 2009年11月
    • 真明ダイカスト興業(株)事業統合・合併。
  • 2010年11月
    • ISO9001認証を取得。
  • 2011年3月
    • 合同機械(株)と事業統合・合併。
  • 2012年1月
    • 資本金を3億円から10億円へ増資。
  • 2012年2月
    • 明石機械工業(株)、ダイハツ工業(株)、
      プロドゥア自動車(株)(マレーシア現地法人)と合弁で、
      AKASHI KIKAI INDUSTRY (M) SDN.Bhd を設立。
  • 2012年10月
    • 三菱自動車工業(株)と取引を開始。
  • 2013年11月
    • ISO/TS16949を取得
  • 2014年3月
    • インドネシアの海外子会社(PT.AKASHI WAHANA INDONESIA)の工場が、カワラン地区(スリヤチプタ)へ移設
  • 2016年11月
    • 創立70周年を迎える
平均勤続勤務年数 12.4年(2016年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 22.8時間(2016年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 11.2日(2016年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 10名(うち女性2名、男性8名)※2017年1月度実績
前年度の育児休業取得者数 2名(うち女性2名)※2017年1月度実績

問い合わせ先

問い合わせ先 〒675-1111
兵庫県加古郡稲美町印南2337番地
管理総括室 総企人事Gr 採用担当:田川(たがわ)
TEL:079-495-7901
URL http://www.akasi-kk.co.jp/
E-mail jinji@akasi-kk.co.jp
交通機関 ・JR山陽本線「土山」駅より神姫バス(母里行き)約10分
 「川北口」停留所より徒歩5分
・JR山陽本線「大久保」駅より神姫バス(西神中央行き/秋田経由)約15分
 「寺下」停留所より徒歩10分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/18/pc/search/corp99958/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
明石機械工業(株)【ダイハツ工業グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ