最終更新日:2018/9/26

マイナビ2019

マイナビコード
1000
  • 正社員
  • 既卒可

(株)丸広百貨店

本社
埼玉県
資本金
1億円
売上高
512億円(平成28年度実績)
社員数
総人数1600名 (男性300名・女性1300名)
募集人数
6〜10名

☆★最短3週間で内定出し★☆地元・埼玉とともに。70年の歴史を持つ地域密着型百貨店。今までも、これからも「愛される丸広」を目指して

◆丸広百貨店のページをご覧頂きありがとうございます◆ (2018/09/26更新)

○●○ エントリー受付開始 ○●○
丸広百貨店に興味を持って頂きありがとうございます。
下記日程にて説明会を実施していきますので、ぜひお越し下さい!

【日  時】  4月17日(火)10:30〜12:00 / 14:30〜16:00
           19日(木)10:30〜12:00 / 14:30〜16:00
           20日(金)10:30〜12:00 / 14:30〜16:00

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
地域密着の百貨店として、お客様満足を追求し続けて約70年。埼玉県川越市に構える本店をはじめとする全9店舗で、各地域のニーズをとらえた売場づくりに取り組んでいる。
PHOTO
ファッションや雑貨、食料品などの各分野の専門知識を備えた社員が、お客様にきめ細かなサービスを提供。顔なじみのお客様も多く、地域の絆を実感できる。

未来の「丸広ブランド」をつくりあげていくのは、あなたたち若い世代です。

PHOTO

約70年に亘り愛されてきた丸広百貨店。更なる信頼を築き進化させていくのは、若い力に他なりません。新しい人材の活躍を楽しみにしています。〈代表取締役社長/神谷勉〉

「愛されるまるひろ 明るいまるひろ 伸びゆくまるひろ」ーー
これは私たち丸広百貨店の社是であり、永遠に追い求め続けるべき目標でもあります。埼玉県西部を中心に店舗を展開し約70年。地域の皆様にとって「なくてはならないお店」を目指し、歩んできました。三世代にわたってご愛顧いただいているお客様も多く、従業員とお客様が親しげに言葉を交わす光景も店内のいたるところで目にします。こうした「お客様との距離の近さ」こそが丸広の強みであり、長年にわたり培ってきたかけがえのない財産です。

従業員の中にも埼玉県出身者は多く、幼い頃、家族と一緒に丸広に訪れ、屋上の観覧車に乗せてもらったと思い出を語る社員も。地域密着型百貨店ならではのファミリー感も、丸広の魅力のひとつです。また、「プロの百貨店人」を育て上げるための研修制度にも力を入れており、意欲のある若手には、アシスタントバイヤーやチーフといった責任あるポジションを積極的に任せています。都心の大手百貨店と比べてもチャンスのある環境と言えるのではないでしょうか。

ネットショッピングが普及し、生活スタイルも多様化したこの時代、商品と従来のサービスの提供だけでは競合他社との差別化は難しくなってきました。今、百貨店は何を武器にすべきか。その答えは「人」に他なりません。例えば、大切なお孫さんへのプレゼントを選びたいとき。お子さんの入学式や卒業式など、節目となる場に相応しい一着を探したいとき。「丸広のあの人に相談しよう」と思っていただける人材が「プロの百貨店人」です。豊富な商品知識、そして、お客様一人ひとりに寄り添った接客。それらを通じて、買い物以上の「体験」ができる場所として愛着を持っていただくことが、これからの百貨店が進むべき道だと考えています。

お客様の趣向に応じて、百貨店が変化していくのは当然のこと。今、私たちに必要なのは、時代のニーズに敏感な若い世代の新しい感性です。「お客様の喜ぶ顔が見たい」と考えて接客の世界に飛び込もうとしているのならば、その時点で「プロの百貨店人」の素質は十分。若手だからといって臆することなく、フレッシュなアイデアを積極的に発信してくれることを期待しています。共に、未来の「丸広ブランド」をつくりあげていきましょう。

会社データ

プロフィール

丸広百貨店の創業は1939年。以来、約70年にわたって、地元・埼玉のお客様の生活はもちろん、地域社会や文化に寄り添い、成長し続けてきました。現在は、埼玉県西部を中心に多様な形態の9店舗を展開。今、お客様が求めているものは何なのか、常に真摯に考えを巡らせ、品揃えやサービスに反映し続けてきたことが、地域の皆様に「丸広さん」と親しみを込めて呼んでいただけている理由のひとつだと考えています。

近年では、本拠地である川越駅前の複合ビル内に、「アトレマルヒロ」を、川越本店近くに「別館アネックス」を出店。紀伊國屋書店やGAP、ZARAなどをテナント招致し、百貨店が中心となった新しい街づくりにも力を入れています。

その他にも、地域密着型小型店「ファミリーまるひろ」や、ファッション雑貨を中心とした小型店舗「シーズンクローゼットマルヒロ」、通販サイト「まるひろオンラインショッピング」などを展開。今後も、地域と時代のニーズを的確に捉えながら変化=進化し続け、次世代の「丸広ブランド」を構築していきます。

事業内容

PHOTO

幅広い世代のお客様の生活シーンをサポートする丸広百貨店。お客様の笑顔と地域社会の発展に貢献し続けている。

百貨店業
◎埼玉県内に10店舗(川越店、飯能店、入間店、東松山店、上尾店、坂戸店、南浦和店、日高店、アトレマルヒロ、シーズンクローゼットまるひろららぽーと富士見店)を展開
◎通販サイト「まるひろオンラインショッピング」を運営
◎駅前再開発ビルへの出店、ブランドショップ招致など、地域振興への取り組み
本社郵便番号 350-8511
本社所在地 埼玉県川越市新富町2-6-1
本社電話番号 049-224-2545
設立 1949(昭和24)年5月
資本金 1億円
社員数 総人数1600名
(男性300名・女性1300名)
売上高 512億円(平成28年度実績)
代表者 代表取締役社長  神谷 勉
店舗 川越を中心とした埼玉県内各店舗

■川越本店
埼玉県川越市新富町2-6-1
■アトレ店
埼玉県川越市脇田町105
■飯能店
埼玉県飯能市栄町24-4
■東松山店
埼玉県東松山市材木町19-30
■入間店
埼玉県入間市豊岡1-6-12
■上尾店
埼玉県上尾市宮本町1-1
■南浦和店
埼玉県さいたま市南区南本町1-7-4
■坂戸店
埼玉県坂戸市薬師町28-1
■日高店
埼玉県日高市高麗川3-1-1
会社沿革 1939年  創業(飯能市)
1949年  会社設立
1951年  川越店開設
1954年  東松山店開設
1958年  東松山店店舗移転開設
1961年  飯能店店舗駅前移転開設
1964年  百貨店法による営業許可取得
1964年  川越店店舗移転開設
1966年  飯能店増築開店
1968年  川越店増築開店
1970年  東松山店新店舗移転開設
1970年  飯能店第二期増築開店
1972年  川越店第二期増築開店
1976年  東松山店増築開店
1977年  飯能店第三期増築開店
1978年  南浦和店開設
1980年  神明町店開設
1982年  日進店開設
1984年  スポーツカルチャーセンター開設
1987年  新河岸店開設
1989年  南浦和店増築開店
1989年  入間店開設
1990年  アトレマルヒロ開設
1992年  上尾店開設
1998年  川越店全館リモデル開店
1999年  創立50周年
2000年  東飯能店開設
2001年  川越アネックス開店
2002年  神明町店閉店
2002年  日進店閉店
2002年  坂戸店開設
2005年  商品センター開設
2006年  東飯能店閉店
2009年  飯能店店舗移転開設
2011年  新河岸店閉店
2012年  アトレマルヒロリモデル開店
月平均所定外労働時間(前年度実績) 20.7時間

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)丸広百貨店
採用担当 豊島(トヨシマ)・関根(セキネ)

〒350-8511
埼玉県川越市新富町2-6-1 

TEL:049-224-2545 
 (人事担当直通)
URL http://www.maruhiro.co.jp/index.html
E-mail saiyo@maruhiro.co.jp
交通機関 西武鉄道新宿線:本川越駅より徒歩4分
東武鉄道東上線/JR埼京線/JR川越線:川越駅より徒歩7分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp1000/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ