最終更新日:2018/8/9

マイナビ2019

マイナビコード
100083
  • 正社員
  • 既卒可

(株)タイコー技建【オリエンタル白石(株)100%子会社】

本社
茨城県
資本金
2,000万円
売上高
32.63億円(2018年3月実績)
従業員
48名(2018年4月)
募集人数
1〜5名

地図に残る仕事を支える。確かな技術力をもとに、設計・製造・施工の総合サービスを展開する、建設工事のベストパートナー企業。

  • 積極的に受付中

【説明会:開催中!】茨城勤務・転勤なし・マイカー通勤OK! (2018/08/08更新)

(株)タイコー技建 採用担当 松崎 です。

当社の採用ページにアクセスしていただきありがとうございます。

暑い日が続いていますが、体調管理は大丈夫ですか?

暑いと思っていたら今度は台風が来る。

その台風も今までに無い進路をたどるという。

日本、いや世界的に異常気象になっています。

当社では、まだまだ採用活動継続中です。

少しでも迷っていたら、一度来て下さい。

最寄りの駅からの送迎も行っています。

是非、会社見学、会社説明会に来てください。

会社の雰囲気は一度見てもらうことが一番だと思います。

技術系・文系を問わず、当社の業務に興味を感じたら是非来てください。

まずは、エントリーをお願いします。

学生さんの都合に合わせた日程で随時開催いたします。

エントリーを待っています!

皆さまにお会いできるのを楽しみにしています!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
本社工場内でケーソンの鋼製型枠を製造。設計者が直に製造業者とやり取りするから作業もスムーズで、精度の高い製品を提供します。
PHOTO
本社オフィスでは設計、管理、土木、事務系の社員が働き、若手からベテランまで年齢層が幅広くアットホームな社風が自慢です。技術を伝承しやすい環境でもあります。

独自の領域で信頼の実績。街づくりを支えるプロフェッショナル集団です。

PHOTO

工事グループの日高さん(左)と設計製造グループの飯島さん。少数精鋭体制ゆえに結束は固く、部署を超えて仲が良いです。懇親会も随時行っています。

ニューマチックケーソン工法とは、内部に作業室を設けたコンクリート製の函(ケーソン)をあらかじめ地上で造り、そのケーソンを地下深く沈めていく工法です。作業室は無人で、そこに地下の水圧にあう圧縮空気を送ることで地下水を排除し、所定の位置にケーソンを設置します。橋脚や、高速道路の基礎をはじめ、シールドの立坑、下水処理施設、地下駐車場など、地中を深く掘削する工事に用いられる特殊工法です。この工法には遠隔操作で使うケーソンショベルなど特殊な建設機械が必要なことから、手がけている会社は全国でも数社ほどです。そんな建設機械を扱っていることに惹かれてこの会社を選んだ私は、入社以来、設計製造グループの一員としてケーソンの鋼製型枠を設計しています。型枠は本社と同じ敷地内の工場で製造されるので、設計図を完成させるだけでなく、製造業者さんとやりとりしながら微調整を重ね、製品に仕上げていきます。自分が描いた図面の“実物”を目の当たりにできること、そしてその上に大きな橋などが建つとリアルに感じられるのが設計職の醍醐味ですね。まさに「地図に残る仕事」に関わる手応えがあります。
<飯島慎彦さん/2002年入社>

ケーソン工法をはじめ特殊な工事を幅広く手がけているのに惹かれて入社しました。たくさんの人が力を合わせる現場が好きで、基本的には現場一筋。工事グループに所属し、施工管理者として北海道から沖縄まで全国を飛び回っています。有名なところでは北陸新幹線の橋脚の基礎を担当しました。掘削は浅くても20m、深いものでは60m以上も掘り下げるので、目標通りの深度と精度の実現に向けて、品質・工程・労務・安全の管理を行うのが私の役割です。工法が特殊な上、普通の工事に比べて使用する建設機械が多いことから、土木だけでなく機械や電気の分野にも詳しくなり、経験を積んで得るものが他よりも多いと感じています。またケーソンは非常に頑丈な建造物であり、阪神淡路大震災でも無事だったことから信頼性がさらに高まりました。今後もケーソン工法による工事は増えるでしょうし、機械の需要も相次いでいるので会社の将来も安定しています。なにより設計・製造・施工の三本柱体制による総合サービスが、私たちの特色であり強みです。スケールの大きい土木工事の現場で、私たちにしかできない技術を発揮し、安全な街づくりに貢献していきましょう。<日高輝久さん/1999年入社>

会社データ

プロフィール

【就活生の皆さんへ】

タイコー技建は、1971(昭和46)年創立、茨城県つくば市に本社をかまえる従業員50名弱の建設会社です。
創業以来、豊富な経験で培った土木技術だけでなく、不断の開発・改良を積み重ねた機械・電気技術を基に、厳しい施工条件を克服しつつ建設工事をおこなっています。
特に日本で有数のニューマチックケーソン工法を得意とし、近年では橋梁基礎や建築物の耐震補強工事、およびPC橋梁上部工でも多くの実績を残しています。
また、工場では建設機械の整備、修理、現場で使用する仮設機材の製作、建設機械の設計製作を行っており、お客様のご要望に応じた製品を、迅速に提供できるところも当社の魅力です。
そのため、全国各地に当社の技術を提供しており、北は北海道、南は沖縄、離島まで様々な条件の現場で変化に富んだ仕事が出来ます。
小さな会社ではありますが、確かな技術を全国に広げていく仕事が出来、やりがいを感じて働くことが出来ます。
土木工事の基礎について、よく分からない方も多いと思います。今いる社員たちも始めは皆そうでした。しかし、今では豊富な経験で培ったノウハウと技術力を持ったスペシャリストとして活躍しています。
少しでも興味を持ってくれた方は、一度当社に見に来てください。
一緒に技術力を高め、全国にタイコー技建の技術を広めていきましょう。
(代表取締役  松野 明浩)

事業内容
当社は、「確かな施工のお手伝い」を信条に、建設施工に関するあらゆるサービスを提供している会社です。
豊富な経験の中でノウハウと技術力を蓄積し、サービスの向上に努めています。
建設工事のベストパートナーとして活用してもらう事を目指しています。

【主な分野】
建設機材の設計・製作
建設機械の整備・メンテナンス
設備工事・技術サポート
建設工事
本社郵便番号 300-2646
本社所在地 茨城県つくば市緑ヶ原1‐1‐2 テクノパーク豊里
本社電話番号 029-847-8863
設立 1971年2月1日
資本金 2,000万円
従業員 48名(2018年4月)
売上高 32.63億円(2018年3月実績)
事業所 本社及び大阪支店
業績 決算期  売上高  経常利益
2018.3  3,263   295
2017.3  3,103   220
2016.3  4,032   323
2015.3  4,100   360
2014.3  2,971   250
(単位:百万円)
株主構成 オリエンタル白石(株) 100%
平均年齢 48歳
平均勤続年数 12年
沿革
  • 1971年
    • 白石運輸(株)設立
  • 1980年 
    • 白石運輸機工(株)に社名変更
  • 1990年
    • つくばセンターを新設
  • 1991年
    • (株)白石機工に社名変更
  • 1999年
    • (株)タイコー技建に社名変更
  • 2005年 
    • 本社をさいたま市日進町から宮原町に移転
  • 2010年
    • 本社をさいたま市からつくば市に移転
  • 2010年
    • 大阪支店を新設
平均勤続勤務年数 12年(2018年3月実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 15時間(2018年3月実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8日(2018年3月実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒300‐2646
茨城県つくば市緑ヶ原1‐1‐2 テクノパーク豊里
担当 事務管理グループ 松崎
TEL:029-847-8863
URL http://www.taikoh-giken.co.jp/
E-mail E-mail:matsuzaki@taikoh-giken.co.jp
交通機関 ・つくばエクスプレス  つくば駅より  車25分
・つくばエクスプレス  研究学園駅より 車15分
・つくばエクスプレス  万博記念公園駅より 車15分
・つくバス吉沼シャトル テクノパーク豊里中央停留所より 徒歩3分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp100083/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)タイコー技建【オリエンタル白石(株)100%子会社】と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)タイコー技建【オリエンタル白石(株)100%子会社】と特徴・特色が同じ企業を探す。

ページTOPへ