最終更新日:2018/9/19

マイナビ2019

マイナビコード
101239
  • 正社員

西山製麺(株)

本社
北海道
資本金
9,000万円
売上高
31億7,300万円(2017年12月期)
従業員
199名(男97名、女102名)
募集人数
6〜10名

北海道から世界へ。グローバルに「最高の一杯」を届ける、北のブランド【西山ラーメン】です。

◆エントリー受付中◆ 西山ラーメンでおなじみの西山製麺です (2018/03/01更新)

こんにちは。
【西山ラーメン】でおなじみの、西山製麺(株) 採用担当です。
まだまだ寒い日が続きますが、体調を崩さないようにして下さいね。

さて、弊社では2019年新卒者の方を対象にした募集を開始いたしました。
興味のある方は、エントリーをよろしくお願いします!
会社説明会参加ご希望の方は、まずエントリーしていただき、説明会の予約ページにお進み下さい。

会社紹介記事

PHOTO
一軒の屋台から現在のスタイルが確立したサッポロラーメン。「北海道を代表する食文化を守り、発展させる」という情熱は若手社員にも受け継がれています。
PHOTO
2013年で会社設立60周年を迎えました。毎年、小学校の社会見学を受け入れており、これからも地域のために貢献していきます。

奥の深い麺の道を探求中。将来は西山のブランドを世界に広げたい。

PHOTO

食品業界にあこがれて就職した堀井さん。「失敗も経験しましたが、長年に渡ってお付き合いのあるお客様が多いので、温かく見守ってもらっています」。

西山製麺では、営業、製造、研究開発、管理部門などの仕事をローテーションしながらキャリアアップしていきます。現在、私は会社とお客様をつなぐ営業職としてすすきのエリアのラーメン店を中心に約50軒を担当。生麺の受注や配達といったルート営業を基本に、新商品の提案などを行っています。

以前、お客様の要望で特注麺を開発したときは、サンプルを何度も試食してもらい製品化にこぎつけました。自分の提案が新しい取り引きにつながったときは、営業としてやりがいを感じます。お客様に何でも気軽に相談してもらうためにも、普段からのコミュニケーションが大事になりますね。

入社したばかりのころは配達の仕事が想像以上に大変で、慣れるまでは体力的にきつかったですね(笑)。お客様から聞いていた注文を忘れてしまうという失敗も、新人時代にはありました。遠方のお店だったので、一度札幌の本社に戻ってトラックに麺を積み、大急ぎでお店にお届けしました。当たり前ですが、麺がなければお客様はラーメンを提供できなくなってしまいます。仕事に対する責任の重さを噛み締めた出来事でした。

実は私も入社してから知ったのですが、生麺には太さ、重さ、形、小麦粉の配合、加水率…など、製法の違いで百種類以上のバリエーションがあり、スープや具材との相性まで考えると非常に繊細で複雑な世界なんです。研究熱心なお客様が多く、流行も次々と変化するので、向上心や探求心が常に求められます。

食のプロのお客様と接していると、自分の勉強不足を痛感することがまだまだたくさんありますが、麺のことなら何でも知っている“博士”のような先輩がそばにいるので、分からないことは素直に聞いて知識を吸収しています。

社内では海外に進出するラーメン店を支援するプロジェクトも増えていて、グローバルに活躍する先輩たちの姿はとても刺激になります。今後、一度は製造の仕事を経験して、麺の知識と営業スキルをレベルアップさせたい。そしてサッポロラーメンを世界に広めるために貢献したいと考えています。

営業部主任 堀井風太さん
(酪農学園大学卒業、2007年4月入社)

会社データ

プロフィール

■ラーメンは、北海道の「食文化」
私どもの主力であるサッポロラーメンは、単なる食べ物ではなくて「食文化」だと思っています。なぜかというと、麺だけではラーメンにはなりません。スープ、たれ、麺、盛付…、それらがバランス良く引き立てあって初めて、一杯のラーメンになるわけですし、自分一人ではできませんから、ラーメンをつくる店主様、そのラーメンを食べるお客様、双方の声をきちんと取り入れていかなければいけません。事実、店主様の「ウチのスープ、たれに合う麺を!」というご要望にお応えするために、原料の配分、縮れ具合、色、太さ、麺のこね方等様々に、三百種類以上の麺をつくっています。お客様との対話との中でつくり上げていくというのが、私どもの創業からの一貫した姿勢です。

■常にお客様にご提案できる社員であれ!
食のスタイルや嗜好が大きく変わる中で、店主の皆様も悩んでいらっしゃると思います。
私は自戒も込めて社員には常に、「お客様にご提案できる社員であること」を求めています。かつては西山の麺を使っていれば安心という時代が続きましたが、これから必要とされるのはお客様の悩みを解決できるコンサル能力です。お客様の期待にお応えすることができて、はじめて商売につながるのです。
そのために、社内の一角にラーメン店の厨房を再現した研究開発施設をつくりました。ときにはお客様にも来ていただいて、一緒に悩みながら研究開発に取り組んでいきたいと考えています。

■一杯のどんぶりに”北海道”を込めて
もう一つ、目標としているのが北海道という土地、気候、風土をラーメンに吹き込んでいくことです。すでに道産小麦を使用した麺づくりを進めていますが、メンマの替わりにアスパラガスを使ったりして、ラーメンどんぶりまるごと一杯をどこまで北海道産にできるか、追求しているところです。
最後になりますが、私はお客様は三段階に変化するという説を唱えているんです。最初は、試しに私どもの商品を選んでいただいたお客様、いわゆるビジターです。それが繰り返しになると常連さん、リピーターになり、最後のステップが、新しいお客様を連れてきてくださるサポーターになります。
一緒になってラーメン文化をつくり上げていこうというサポーターを今後どれだけ獲得できるか、それこそ、私たちの使命だと考えています。

事業内容

PHOTO

当社の製麺を使ったラーメン。当社が作り上げた輪は全国のみならず世界に広がっています。

■生ラーメン、冷凍めん、焼きそば、うどん、そば、パスタ、中華皮類、調理めん、餃子などの製造販売

■各種めん類スープ、惣菜類の販売

■学校給食めんの委託製造

■食材、食料品の仕入れと販売

■外食店の開店、調理指導

■北海道の物産観光展などへの出店
本社郵便番号 003-8701
本社所在地 札幌市白石区平和通16丁目南1-1
本社電話番号 011-863-1331 
創業 1953年8月
設立 1963年12月
資本金 9,000万円
従業員 199名(男97名、女102名)
売上高 31億7,300万円(2017年12月期)
事業所 ■札幌本社
003-8701
札幌市白石区平和通16丁目南1-1
TEL:011-863-1331

■関東営業所
162-0814
東京都新宿区新小川町5-1 ニューリバー51ビル902
TEL:03-5227-1820

■関西営業所 
550-0012
大阪市西区立売堀1丁目12-14 製麺会館ビル
TEL:06-6538-3529
関連会社 ■西山食品(株)
■SAPPORO NISHIYAMA EUROPE GmbH
■SAPPORO NISHIYAMA U.S.A.,Inc.
西山製麺〈30秒CM動画〉 ▼下記URLよりご視聴ください♪

https://youtu.be/nONwaYEdQ5k
沿革
  • 1950年
    • 西山孝之(西山製麺(株)創業 社長)が、「だるま軒」に入り、製麺部門を担当する
  • 1951年
    • 自家用の外に他のラーメン店からの要望に応え業務用卸部門を徐々に拡大させる
  • 1953年
    • 札幌市中央区南3条西8丁目に於いて西山製麺所を開業
  • 1955年
    • 現在親しまれている札幌ラーメンのめん(多加水熟成製法による卵入りでウェーブのかかったアシ・コシの強い生ラーメン)の開発に成功
  • 1963年
    • 西山製麺(株)を設立
  • 1965年
    • 本州業務店市場へ「西山ラーメン」の出荷を開始。
      小売店市場への西山ラーメンの出荷を開始
  • 1973年
    • ゆでめん、焼きそば、調理めん、冷凍餃子の製造を開始
  • 1974年
    • 札幌市学校給食の指定工場に認定され受託製造を開始
  • 1975年
    • 海外市場へ「西山ラーメン」の出荷を開始
  • 1980年
    • 札幌市白石区平和通16丁目に本社および工場を移転する
  • 1984年
    • 業界で初めて製麺工程にロボットを導入する
  • 1987年
    • 札幌市の小学3年生の社会科副読本に地場産業のひとつとして取り上げられ、小学校3年生の社会化見学の受入れを開始。
  • 1990年
    • 冷凍めんの製造を開始
  • 1996年
    • 事務効率化、営業強化のため全社的にパソコンシステムを導入する
  • 2006年
    • チャーシュー製造のため西山食品(株)を設立し、隣地に工場を新築する
  • 2013年
    • 欧州での販売量増加に伴い、現地の販売拠点としてドイツ デュッセルドルフにSAPPORO NISHIYAMA EUROPE GmbHを設立。
  • 2014年
    • 米国のお客様への販売強化目的のための米国内での販売拠点を設立する準備として、米国 デラウェア州に持株会社SAPPORO NISHIYAMA U.S.A.,Inc.を設立。
      また物流の拠点としてメリーランド州ジェサップに製品倉庫を確保。
  • 2016年
    • 米国のお客様への販売拠点として、米国 ニューヨークにSAPPORO NISHIYAMA USA Inc.の子会社NISHIYAMA RAMEN U.S.A.,Inc.を設立。
  • 2017年
    • 米国南部への物流拠点として、テキサス州ダラスに製品倉庫を確保。
月平均所定外労働時間(前年度実績) 10.5時間(2017年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 0名(2017年実績。育児休業を要する該当者なし。)
前年度の育児休業取得者数 0名(2017年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 西山製麺(株)
札幌市白石区平和通16丁目南1-1
TEL:011-863-1331
管理部 採用担当
URL http://www.ramen.jp/
E-mail nishiyama@seimen.co.jp
交通機関 【本社】市営地下鉄 南郷13丁目駅 3番出口より徒歩17分
    JR千歳線 平和駅より徒歩10分
    中央バス 白石本通16丁目バス停より徒歩8分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp101239/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
西山製麺(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
西山製麺(株) を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ