最終更新日:2018/8/9

マイナビ2019

マイナビコード
102968
  • 正社員
  • 既卒可

阿南農業協同組合(JAアグリあなん)

本社
徳島県
出資金
15億2,853万円
事業総利益
16億9,049万円(2017年度:2017.4.1〜2018.3.31)
職員数
正規職員171名(2018年4月)
募集人数
11〜15名

徳島の農業を元気に!組合員のみなさまに安心と満足を提供し、地域に信頼され、必要とされる魅力ある事業の展開と健全な経営を目指します

2019年度職員を募集いたします。 (2018/08/09更新)

みなさん、こんにちは!
阿南農業協同組合の採用担当です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ■2019年度採用職員募集 のお知らせ
  2019年度採用職員の一時選考会を下記日程にて開催します。

  日時:9月7日(金) 9時30分(9時集合)
  場所:本部2階(阿南市桑野町上張15)
  
  電話またはe-mailにて受付中
  ご応募お待ちしております。
  

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最新の採用情報を公開中です!
皆さまからのエントリーをお待ちしております!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
徳島県・阿南市の「暮らし」と「農」を支えるJAアグリあなん。農業支援だけでなく、JAバンクやJA共済、販売事業など、地域の未来につながる仕事があります。
PHOTO
証券外務員やフィナンシャルプランナー、年金相続アドバイザーなど、さまざまな資格取得もサポート。専門知識を生かしてお客様の資産運用を提案しています。

グローバルよりローカル。一人ひとり「顔」の知っている組合員さんのために。

PHOTO

「阿南のために働きたいという人もJAには結構います」という渉外担当の武田さん。「職場の人間関係の良さが魅力です」

■農だけでなく、人生をサポート
皆さんもそうかもしれませんが、実は私も入社するまでは、JAってどんな仕事をするのか、まったくイメージが沸きませんでした。一般的には農業の生産支援のイメージがありますが、金融業務のJAバンクや、生活の保障をサポートするJA共済、他にも農作物の集荷・販売、農資材やオリジナル商品の販売など、幅広い業務があります。その業務をジョブローテーションで異動。さまざまな事業を経験できるのは、JAならではの面白さかもしれません。

■ぬくもりのある仕事です
私は現在、「渉外」といって、組合員さんの家を訪問して、貯金や共済(保険)のご紹介をしています。組合員さんが相手なので、打算のない「人」と「人」との関係性が心地いいですね。たまに犬に吠えられたりしますが(笑)、高齢者の方と世間話をしたり、みかんや農作物をいただいたり、少しずつ地域のコミュニティに入れてもらえている感じがしています。

■ご近所さんを訪問する感じです
貯金や共済というのは、カタチのない商品なので、組合員さんとの「信頼関係」が何よりも大切です。そういう意味では、あまり「まじめすぎない人」の方があっているのかもしれません。「こういうメリットがあります」といきなり説明するより、「おばあちゃん体調はどうですか?」という気づかいがこの仕事には大切なことですから。

■ローカルの良さがあります
徳島県・阿南市はのどかなところですし、都会のようなギスギスした雰囲気もありません。私は子どもが幼稚園に入るタイミングで地元に戻りたいと、「JAアグリあなん」に転職をしました。この辺りは土地も安いし、家を建てるのも夢じゃない。子育てや人生設計もしやすいエリアかなと思っています。

■「ありがとう」を励みにしながら
学生の皆さんも、農業をやった経験はないと思うので、全員が一からのスタート。先輩がしっかりサポートしますし、とにかく上司も後輩も、なごやかな友達感覚の人たちばかりなので、仕事を楽しみながら一歩ずつ成長していける環境です。自然ゆたかな阿南市の未来のために、地域の方に感謝される仕事を一緒にやっていきませんか。

会社データ

プロフィール

わたしたちJAアグリあなんは、1991(平成3)年9月1日に
5JA(阿南市、阿南大野、加茂谷、桑野、橘町)が合併、
更に1997(平成9)年4月1日には、JA椿・JA福井町・JA新野と合併しました。
また、2001(平成13)年7月1日にJA徳島なかと合併し
徳島県下で最も広域なJAとして誕生しました。

温暖な気候の阿南市では、早期米コシヒカリ(阿波美人)やハウスみかん、
剣山のふもとに位置する那賀町の木沢地区、
高知県境の木頭地区では、寒暖の差により香り高い柚子、
また、相生地区の茶、鷲敷地区のいちごなど、多くの特産物を産出しています。

食の安全、安心が取り沙汰されている昨今、JAアグリあなんは
「地域農業の振興」「地域社会への貢献」を基本方針とし、
「食」と「農」と「緑」を守り、地域の皆さまと共に生き、
共感の中で心ふれあう地域づくりに取り組んでいます。

事業内容

PHOTO

徳島の県南、阿南市・那賀町を舞台に農業者の所得増大、農業生産の拡大と地域の活性化を行っているJAアグリあなん。

【信用事業】
信用事業は、貯金、融資、為替などいわゆる三大基本業務といわれる内容の業務を行っています。
この信用事業(JAバンク)は、JA・信連・農林中金が組合員・利用者の皆さまに
「便利・安心」をご提供するために実質的にひとつの金融機関として、
一体的な事業運営を行っています。

【共済事業】
事業実施当初から生命保障と損害保障の両方を実施しており、
個人の日常生活のうえで必要とされるさまざまな保障ニーズにお応えできます。
JA共済では、生命・建物・自動車などの各種共済による生活総合保障を展開しています。

【営農事業】
JAの営農指導は、単に技術指導を行うだけでなく、組合員の農業経営全般について指導し、
地域営農集団の育成など、協同して合理的な農業経営を確立するよう働きかけていくものです。

【購買事業】
生産資材事業は、消費者にご安心・ご満足して頂ける農畜産物をお届けするため営農指導と連携し、
農業生産に必要な生産資材を組合員に有利に供給する事業です。
また、農業機械のアフターサービスも全農と一体となって行っています。

【販売事業】
青果事業では、組合員が「安全・新鮮・高品質」をモットーに生産した
青果物(野菜・果実・花き等)を取り扱いしており、
消費者に安心・信頼していただけるよう「定時・定量・定質」を合言葉として、
共販体制の向上にも取り組んでいます。

農産事業は、組合員が丹精込めて作った米麦等の集荷・販売を行っています。
米麦の生産は、国・県・等の農政と密接な関係にあり、平成7年11月1日施行の新食糧法のもと、
JAは、第一種登録出荷取扱業者としての業務を担っています。
また、組合員が生産した「安全・美味なお米 阿波美人」として消費者の食卓にお届けしています。

畜産事業では、組合員が生産した肉牛等を全農・阪神食肉市場・高知等で処理・加工し、
(株)コープ食品・全農等を通じて量販店等に販売しています。
JAやJA四国くみあい飼料(株)では、畜種別に飼養プログラムを作成し、
消費者に「安全で新鮮な畜産物」をお届けするため、組合員と共に研究を重ねています。
本社郵便番号 779-1402
本社所在地 徳島県阿南市桑野町上張15番地
本社電話番号 0884-26-1814
設立 1991(平成3)年9月1日
出資金 15億2,853万円
職員数 正規職員171名(2018年4月)
事業総利益 16億9,049万円(2017年度:2017.4.1〜2018.3.31)
事業所 【支店】
・阿南支店    阿南市領家町野神311-4
・北部支店    阿南市上中町岡288-4
・加茂谷支店   阿南市吉井町賀美40-1
・南部支店    阿南市福井町大西150
・新野支店    阿南市新野町西馬場18
・鷲敷支店    那賀郡那賀町和食郷字南川31-1
・相生支店    那賀郡那賀町延野字王子14-1
・那賀西部支店  那賀郡那賀町小浜224-1  

【事業所】
・大野事業所   阿南市中大野町北傍示335-1
・椿事業所    阿南市椿町庄田5  
・木沢事業所   那賀郡那賀町木頭字広瀬5-3
・木頭事業所   那賀郡那賀町木頭和無田字シモマツギ19

【給油所 】
・JASS-PORT阿南   阿南市西路見町元村102-1
・新野給油所     阿南市新野町片山43-2         
・相生給油所     那賀郡那賀町平野字森の下20-1
・平谷給油所     那賀郡那賀町平谷字寺ノ本7-5

【農機センター】
・農機センター    阿南市長生町西方304-2

【加工場・集出荷場 】
・営農販売2課     那賀郡那賀町延野字寺前87
・海川加工場     那賀郡那賀町海川字ナカセ1
・阿南集荷場     阿南市上中町岡20-1   
・大野集荷場     阿南市中大野町北傍示439-1
・加茂谷集荷場    阿南市吉井町賀美21-1
・福井集荷場     阿南市福井町中内51
・椿集荷場      阿南市椿町庄田5
・新野集荷場     阿南市新野町大歳75-1
・中山集荷場     那賀郡那賀町中山字助友11
・宮浜集荷場     那賀郡那賀町桜谷字若宮13-4
・平谷集荷場     那賀郡那賀町平谷字宮ノ本9
・府殿集荷場     那賀郡那賀町府殿字日浦
・木沢集荷場     那賀郡那賀町木頭字下田54
・木頭集荷場     那賀郡那賀町木頭和無田字シモマツギ
沿革
  • 1991年09月
    • 5農協(阿南市、阿南大野、加茂谷、桑野、橘町)合併、新生阿南市農協発足
  • 1991年12月
    • 貯金額400億円達成
  • 1993年04月
    • 購買事業電算化構築、シンボルマーク設定
  • 1994年04月
    • 経済事業機構改革(購買・営農販売センター)販売部門電算化構築
  • 1995年08月
    • 貯金額500億円達成
  • 1996年06月
    • 合併研究会(阿南市1農協)
  • 1997年04月
    • 阿南市一円(阿南市、椿、福井、新野)合併、阿南市農協発足 貯金額658億円
  • 1998年03月
    • 総合センター完成(アグリあなん)
  • 2001年07月
    • JA徳島なかと合併、阿南農業協同組合発足(本所、22支所)
  • 2002年09月
    • 桑野川河川改修に伴い、新野加工場操業停止
  • 2004年06月
    • 本所移転(阿南市領家町から桑野町へ) 経済総合センターへ統合
  • 2006年05月
    • 支所統廃合、1本部・本店、8支店4事業所
  • 2007年05月
    • 南部健康運動公園内にアグリあなんスタジアムオープン
  • 2007年09月
    • 那賀西部支店 新店舗営業開始
  • 2008年12月
    • JASS−PORT阿南営業開始
  • 2012年05月
    • JAアグリあなんスタジアムに改称
  • 2013年12月
    • 貯金額1000億円達成
  • 2014年03月
    • 木沢事業所リニューアルオープン(Yショップ営業開始)
  • 2014年04月
    • 愛称を「JAあなん」から「JAアグリあなん」へ変更
  • 2014年07月
    • アグリあなん太陽光発電事業開始
  • 2014年10月
    • JAアグリあなん農機センター設置
  • 2016年4月
    • ローンセンター開設
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 23%(43名中男性33名、女性10名 2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 阿南農業協同組合(JAアグリあなん)
管理部人事管理課/原田・村田  

〒779-1402
徳島県阿南市桑野町上張15番地
TEL:0884-26-1814
URL http://www.ja-anan.jp/
E-mail kanri@ja-anan.jp
交通機関 JR桑野駅徒歩10分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp102968/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
阿南農業協同組合(JAアグリあなん)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ