最終更新日:2018/7/30

マイナビ2019

マイナビコード
105002
  • 正社員

岡三情報システム(株)

現在、応募受付を停止しています。

本社
東京都
資本金
4億7,000万円
売上高
93億2,000万円(2017年3月期)
従業員
222名(2018年1月現在)
募集人数
1〜5名

岡三証券グループ100%出資「証券×IT」で磨かれる専門性 〜未経験者も安心!6カ月に及ぶ新入社員研修で、プロフェッショナルに育てます。

採用終了のお知らせ (2018/07/30更新)

今年度の新卒採用はすべて終了しました。
ご応募いただいた皆様、誠にありがとうございました。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
若手社員も数多く活躍中。証券の知識を含めて丁寧に指導してくれるので、プロフェッショナルとしての階段を着実に昇ることができる。
PHOTO
岡三証券をはじめとする証券会社のシステムを全般的に担う当社。“IT”と“証券”の2つの専門性を掘り下げていくことができる環境にある。

IT×証券。二つの専門性を極めて、ワンランク上のプロフェッショナルに成長できる。

PHOTO

菅原さん(左)と中嶋さん(右)。ともに理系出身だが、情報系出身ではない。ゼロからのスタートでも大きく成長を果たしてきた。

私が所属する開発一部では、当社が手がけた証券会社向け基幹システム「ODIN」において、会計や取引報告書の作成、税制などの機能が網羅されるバック系システムと呼ばれる部分を開発しています。

私が担当しているのは、“精算”機能。顧客の残高や取引履歴の管理など、利用者の資産に直接的にかかわる仕事だけに責任は重大なものです。入社後何年かはプログラミング開発が中心でしたが、最近は協力会社とチームを組みながら、要件定義や設計などの上流工程にも携わっています。

自分の判断がチームの方向性を左右するだけに難しいことは多いですが、目の前の機能だけではなく、俯瞰的な視点からシステムを見るようになり、ODINの各機能の意味や意図がわかるようになってきました。おかげで仕事の醍醐味が、以前の何倍にも増していると感じています。

将来的には自分で新しいシステムをゼロから立ち上げるような存在になりたいですね。そのために、まずは目の前の業務を極めるのが先決。一つひとつ経験を積み重ねていきたいと思っています。
<ITサービス開発一部・菅原ひかる(2011年入社)>


私は工学部建築学科の出身ですが、昔から興味があったITと金融業界の2つを軸に就職活動を行っていました。当社に入社した決め手は岡三証券グループの子会社として証券会社のシステムを丸ごと手がけていること。まさに、私の希望と合致する存在だったのです。

入社後、証券業務やIT関連の研修を受け、ITサービス開発三部に配属されました。以来、顧客情報管理や売上集計などを行う営業支援システムの新機能開発や修正などに取り組んでいます。

経験が浅いため、直接プログラムを組む仕事が主ですが、システムの機能面などに関するユーザ部署からの問合せには直接対応しています。システムが不得手な方に対して、わかりやすく問題解決の方法を提示して、感謝の声をいただく―そんな嬉しい経験がやりがいにつながっています。

1年目からでもどんどん責任のある仕事ができるのも当社の魅力。私自身も大きな裁量権を持って仕事に向き合うことができています。積極果敢に未知なる分野にチャレンジしたいという人にお勧めの会社です!
<ITサービス開発三部・中嶋 慧明(2014年入社)>

会社データ

プロフィール

2023年に創業100周年を迎える独立系証券会社、
岡三証券グループのユーザー系システム企業です。

1980年に設立されて以後、岡三証券グループ全体を
IT、システムの面から支援する役割を担っています。

私たちは、証券業務基幹システム「ODIN」や、
オンライントレードシステム「estrella」などを
自社開発して顧客に提供している他、
最近はFintech(フィンテック)に関する調査、
実験にも取り組み始めました。
顧客に提供するシステムやサービスに
どう活用していくか、研究を重ねています。

証券業界に特化したシステムを、
ユーザと直接折衝しつつ、システムの企画から
開発、運用まですべてを手がける存在は希少なため
活躍するエンジニアの市場価値が高いのが特徴です。

私たちは、岡三証券の創業100周年、
およびその先を見据え、
次世代のシステム戦略の立案と構築、
新たな付加価値の創出に向け、
全社一丸となって取り組んでいるところです。

仕事を自己成長の場と捉え、
顧客、そして世の中への貢献に
意欲を持って取り組んでみたい方、
ぜひ当社に足をお運びください。

事業内容
●証券業務基幹システムの開発・運行・サービス提供
・共同利用型証券業務基幹システム「ODIN」
・オンライントレードシステム「estrella」
・海外現地法人証券業務システム「GAIA」

●システム開発・運行環境のインフラ提供
・ミドルソフトウェアの開発、保守
・システム障害対策の研究、開発
・セキュリティ対策の研究、開発

●新IT技術への取組み
・ディーリング/トレーディングシステム
・営業支援・分析システム
・証券情報分析システム 等
本社郵便番号 111-0053
本社所在地 東京都台東区浅草橋1-22-16 ヒューリック浅草橋ビル
本社電話番号 03-6385-8310(代表)
設立 1980年7月1日
資本金 4億7,000万円
従業員 222名(2018年1月現在)
売上高 93億2,000万円(2017年3月期)
事業所 本社事業所
〒111-0053 東京都台東区浅草橋1-22-16 ヒューリック浅草橋ビル
株主構成 (株)岡三証券グループ 100%
関連会社 (株)岡三証券グループ
岡三証券(株)
岡三オンライン証券(株)
岡三アセットマネジメント(株)
岡三ビジネスサービス(株)
平均年齢 39歳
沿革
  • 1980年7月
    • (株)岡三インフォメーションサービス設立
  • 1986年6月
    • 岡三国際(亜州)有限公司のコンピューター システム ソフトウェア開発および保守業務受託
  • 1986年10月
    • 岡三情報システム(株)に商号変更
  • 2003年10月
    • 岡三ホールディングス(株)の設立に伴い、100%子会社として発足
  • 2004年4月
    • 資本金4億7,000万円に増資
      新証券基幹系システムODIN一部稼働
  • 2005年7月
    • 合弁会社 上海岡三華大計算機系統有限公司(略称 OHS)設立
  • 2006年9月
    • 新証券基幹系システムODIN本格稼働
  • 2007年10月
    • バックアップセンターを新設
  • 2008年10月
    • 緊急約定システムのサービス開始
      岡三ホールディングス(株)が(株)岡三証券グループに商号変更
  • 2009年1月
    • ODINによる株券電子化サービス開始
  • 2009年8月
    • ベトナム進出の第一歩としてルビナ社にてパイロット作業開始
  • 2009年9月
    • 南通華岡計算機系統有限公司(略称 南通OHS)設立
  • 2010年1月
    • 東証arrowhead に対応
  • 2010年2月
    • 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証取得
  • 2010年6月
    • 共同利用型アウトソーシングサービスODINの全面稼動
  • 2011年4月
    • 電子交付サービス『らくらくネット情報便』提供開始
  • 2011年5月
    • 外部データセンターでの運用開始
  • 2012年9月
    • ODINシステムの全面稼働(ホストコンピューター撤廃)
  • 2013年1月
    • 信用保証金制度改正に対応
  • 2013年3月
    • 電子帳票サービスを外部データセンターへ移転
  • 2013年4月
    • ODINシステムを外部データセンターへ移転
  • 2013年6月
    • 本社を東京都台東区浅草橋へ移転
  • 2014年1月
    • ベトナム国営銀行系列の証券会社(MHB証券)にGAIA(ベトナム版)導入正式決定
月平均所定外労働時間(前年度実績) 30.5時間(2016年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒111-0053
東京都台東区浅草橋1-22-16 ヒューリック浅草橋
岡三情報システム(株) 新卒採用担当
URL http://www.ois-okasan.co.jp/
E-mail saiyou_ois@ois.okasan.co.jp
交通機関 JR総武線、都営地下鉄浅草線「浅草橋駅」下車徒歩1分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp105002/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
岡三情報システム(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ