最終更新日:2018/5/21

マイナビ2019

マイナビコード
106006
  • 正社員

アキラ機電(株) 【アキラグループ】

本社
宮城県
資本金
8,000万円
売上高
250億円 (2017年9月30日現在)
従業員
139名 (2017年9月30日現在)
募集人数
6〜10名

人に、自然に、新しい快適関係を提案し、先進技術と豊富なノウハウで実現します。

エントリー受付開始しました! (2018/05/21更新)

2019年度卒の新卒採用を開始いたしました。
下記日程で会社説明会及び適性検査を実施します。

【会社説明会】
 5月25日(金)13:00〜14:00(仙台)
 6月4日 (月)13:00〜14:00(仙台)
 6月6日 (水)13:00〜14:00(盛岡)
 6月8日 (金)13:00〜14:00(仙台)
 6月18日 (月)13:00〜14:00(東京)
 6月22日 (金)13:00〜14:00(仙台)

【適性検査】
 5月25日(金)14:00〜17:00(仙台)
 6月4日 (月)14:00〜17:00(仙台)
 6月6日 (水)14:00〜17:00(盛岡)
 6月8日 (金)14:00〜17:00(仙台)
 6月18日 (月)14:00〜17:00(東京)
 6月22日 (金)14:00〜17:00(仙台)

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
私たちアキラ機電は上・下水道設備、発電設備、産業設備を中心に、設計・施工、保守点検等を通じて、人々の生活を支え、守ることを使命としています。
PHOTO
社員一人ひとりが高い意欲をもって日々業務に取り組んでいます。上司や先輩とのコミュニケーションを大事にしており、アットホームな社風です。

“縁の下の力持ち”となり、「水・電気・産業機器」を通じて、人々の生活を支えます!

PHOTO

宮城県仙台市宮城野区榴岡3-4-1(アゼリアヒルズ6F)

当社は、設立以来日立製作所の特約店として、主に東北6県を営業エリアにビルや工場などの産業インフラシステム及び東北地方整備局・宮城県・仙台市他各市町村などの上下水道・農業用排水設備を中心とした公共インフラシステムのエンジニアリング・施工と火力発電所・水力発電所における電力システムの製品・メンテナンスの提供という3つの基幹事業により、社会の重要な生活基盤づくりのトータルソリューションパートナーとして、お客様と共に地域社会の発展を支えている会社です。
 近年においては、環境エネルギーへの配慮から太陽光発電に取り組むなど、各分野で積み上げた実績と技術を結集し再生エネ、省エネ、抗たん化事業へと事業領域の拡大を進めております。
当社には、アキラグループ創業者の思想と実践が、会社の基本精神として今日に至るまで受け継がれている誠実・責任感・和という「アキラ精神」があります。この伝統の精神を身につけ、良識と高潔な人格並びにすぐれた創造力を持ち、責任感と実行力の強い社員を育てるための人材育成に力を注いでいます。さらにアキラグループ合同の階層別研修や東北の日立グループ社員研修にも参加するなど切磋琢磨しながら交流を図り、地域のためにお役に立てる人材を育んでいます。
事業活動を通じて信頼される企業として、人々の暮らしや社会を陰で支えることがアキラ機電の使命です。お客様との信頼関係を大切にし、お客様のニーズとマッチングしていくところに仕事の面白さを感じると共に自分も成長していきます。
東日本大震災においては、地震や津波で多くの産業の生産施設が被災し、生活に甚大な被害をもたらしました。このような中、迅速にお客様の所へ訪問することにより、施設や設備を診断させていただき、ライフラインや設備の復旧作業に数多く携わらせていただきました。これもひとえにお客様からの信頼を得ているからこそだと思っております。
その信頼関係及び「アキラ精神」を次世代に継承すべく、社会への貢献度が高く、やりがい・達成感のある仕事を望んでいる方を求めています。

会社データ

プロフィール

アキラ機電は、創業以来「水と空気に関連する技術による社会への貢献」を
基本理念に、健全な水環境の創造と保全に取り組んでまいりました。
事業を通して培われた先進の技術力は、環境やエネルギー、
設備維持管理の分野で独自のポートフォリオを形成し、
計画・設計・施工からアフターサービスまで
一貫して手がける総合エンジニアリング会社として事業展開しております。
社会が急速に多様化し、環境の整備が望まれている中、
アキラ機電はつねに「製品」と「お客様」の接点を見つめ、
エンジニアリングを通じて、より豊かで快適な社会に貢献できるよう、
努めてまいりました。
お客様のニーズを的確に捉えた提案力、経験・実績に裏づけされた
技術力を結集し、「人・環境に優しく、品質に厳しい」
総合エンジニアリング会社として、着実な成長・発展をめざします。

事業内容
・上下水道設備等のエンジニアリング・施工
・上下水道設備等の維持管理
・電力会社向け発電施設のソリューションサービス
・受変電・空調・給排水設備の設計・施工、維持管理
・産業用機器・電気機械等、日立製品の販売
本社郵便番号 983-0852
本社所在地 宮城県仙台市宮城野区榴岡3-4-1 アゼリアヒルズ6F
本社電話番号 022-298-3031
創業 1952年6月6日
設立 1956年6月7日
資本金 8,000万円
従業員 139名 (2017年9月30日現在)
売上高 250億円 (2017年9月30日現在)
事業所 本 社/仙台市宮城野区
電力部/仙台市青葉区
向洋電機事業所/岩手県盛岡市
 盛岡営業所/岩手県盛岡市
 久慈営業所/岩手県久慈市
 奥州営業所/岩手県奥州市
 青森営業所/青森県青森市
 秋田営業所/秋田県秋田市
株主構成 東実業(株)
主な取引先 日立製作所、日立産機システム、日立ビルシステム、日立アプライアンス、
新明和工業、日本サーモエナー、テラル、ユアテック、きんでん、大氣社、
日本下水道事業団、東北地方整備局、宮城県内自治体、岩手県内自治体、
秋田県内自治体、青森県内自治体、日立ハイテクフィールディング、
日立ハイテクソリューション、東日本機電開発ほか
関連会社 アキラ(株)
アキラ工業(株)
アキラ耕機(株)
東実業(株)
アキラプロダクツ(株)
沿革
  • 1952年6月
    • 産業電気研究所 創業
  • 1956年6月
    • 産業電気(株) 設立
  • 1958年6月
    • (株)日立製作所と特約店契約を締結
  • 1962年10月
    • 建設業を開始、宮城県知事登録
  • 1964年10月
    • 宮城日進機電(株)と社名変更
  • 1968年11月
    • 宮城日立汎用機械販売(株)と社名変更
  • 1973年2月
    • 宮城日立電機(株)と社名変更
  • 1978年2月
    • (株)アキラ商会[現アキラ(株)]の系列に編入
  • 1978年3月
    • アキラ機電(株)と社名変更
  • 1983年8月
    • 建設業許可、宮城県知事許可(特定)第2462号
  • 2005年1月
    • ISO9001認証登録
  • 2015年12月
    • 建設業許可変更、国土交通大臣(特・般)第26026号
  • 2016年1月
    • 向洋電機(株)と事業統合
  • 2016年5月
    • ISO14001認証登録
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 0%

採用データ

先輩情報

社会インフラを裏で支えてます!
T.A
2015年入社
25歳
東北学院大学
工学部 機械知能工学科
技術第1部技術第1課
現場施工管理
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 アキラ機電(株) 総務部総務課 担当:菅原
TEL:022-298-3031
FAX:022-298-3075
URL http://www.akirakiden.co.jp/
E-mail saiyou-s@akirakiden.agns.co.jp
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp106006/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
アキラ機電(株) 【アキラグループ】と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ