最終更新日:2018/8/14

マイナビ2019

マイナビコード
107442
  • 正社員
  • 既卒可

加賀農業協同組合【JA加賀】

現在、応募受付を停止しています。

本社
石川県
出資金
19億7,614万円 2017(平成29)年3月末現在
貯金残高
1,046億2,306万円 2017(平成29)年3月末現在
正職員
193名 2017(平成29)年3月末現在
募集人数
若干名

さあ、笑顔の産地へ!食と農を通じて地域の魅力を発信し今こそ必要とされるJAを目指して

説明会の「追加日程」決定しました。 (2018/07/24更新)

このたびは加賀農業協同組合のページをご覧頂きありがとうございます。

当JAでは「さあ、笑顔の産地へ」をコーポレートスローガンに掲げ、様々な事業を行っております。
説明会の追加日程が決まりましたのでご案内いたします。

たくさんのご応募お待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
信用事業に携わるみなさん。気さくな人が多く、和気あいあいと和やかな雰囲気に包まれる。同組合では地域に活気を生み出す新鮮な感性を求めています。
PHOTO
今年度生産された加賀産ゆめみづほやコシヒカリの出庫作業も行う。「美味しい地元米をもっといろんな方に食べてもらいたいです」と語る佐々木さん。

地域に役立つやりがいを実感、ここでしか得られない経験があります。

PHOTO

「今後はいい意味でJAのイメージを変えていきたい」と、意欲を示す佐々木さん。

◆「地域に貢献できる仕事がしたい!」
 私は自分が生まれ育った加賀市が好きです。大学は愛知県内の大学に進学したものの、お盆や正月等で帰省するたびに地元に対する愛着が増していき、「地域に貢献できる仕事がしたい!」と思い、Uターン就職を希望するようになりました。最初は「実家から通勤できる範囲の企業だから」と軽い気持ちでJA加賀に応募しましたが、地元に根付いたさまざまな事業を行っていることがわかり、ここなら実現できると思い入組を決めました。

◆「農家の方や利用者との『ふれあい』を大切にしています」
 南支店に配属され、農業に関する業務を担当することになりました。具体的には、おいしいお米を作るための資料の配布、田植え後の田んぼの見回り、雑草に効く除草剤を調べたり、田んぼ用の農薬や肥料・資材の発注等です。今まで農業に関わったことがなかったので、最初は戸惑いしかありませんでしたが、農家の方との『ふれあい』からいろいろなことを教えてもらい、少しずつ戸惑うことがなくなりました。ふれあいを大切にしようと思ったのは、失敗からある農家の方にとても怒られたことがありました。怒られた後は、気まずい感じでしたが、同じ失敗をしないように気を付けて接していると、その方は以前より親密に接していただけるようになり、今では一番親しくしていただける存在になりました。
 失敗は誰でも必ずしてしまいます。しかし、失敗して初めて顔と名前を覚えてもらえることができる場合もあり、また、より親しくなるチャンスでもあることがわかりました。そのチャンスを生かすも殺すも『ふれあい』が大切になってくることを、身をもって感じました。

◆JA=農業
 私も入組前は「JA=農業」というイメージでしたが、農業に関する業務は一部で、農家の方や地域の利用者を対象にした貯金や保険の事業が中心であることに意外性を感じました。私は農業に関する業務に関わっていますが、ときどき外出先で私の担当業務以外のことを聞かれたり、来店者の多くは貯金や保険に関する方で、ほとんどが地元の方です。
 JAの事業は、農業に関わる業務・貯金業務・保険業務・米や自動車などの生活に関わる業務等多岐にわたります。ですから、農業というイメージにとらわれず、『地域に貢献したい』と思いのある方はやりがいを感じられると思います。


〈南支店 佐々木優斗/2016年入組〉

会社データ

プロフィール

JA加賀は、1997(平成9)年に加賀江沼一円を地区としてJA加賀市、JA河南、JA山中町が広域合併し発足しました。その後、1998(平成10)年にJA東谷と合併し現在のJA加賀となりました。

【社会的責任と貢献活動】
当JAは、地域農業を守り、組合員の社会的地位の向上と地域から愛されるJA活動を目指し、次の事業を通じて地域社会に貢献しています。

1
「お年寄りと家族が安心して暮せる」地域社会を目指し、ホームヘルパーの養成・ホームヘルプサービス等積極的に福祉活動に取組んでいます。

2
学童体験農園・ふれあい農園を通じ、子供たちや地域のみなさまに対して農業への理解を深めています。

3
農業まつり等を通じ、食への理解とおいしく安全な食料をPRするとともに、その安定供給に努めています。

4
年金友の会をはじめ各種の友の会を結成し、地域の方々の親睦・融和・交流を図っております。

5
JAグループ全体で「年金友の会ゲートボール大会」、「グラウンドゴルフ大会」等を開催し、参加者の健康推進や親睦融和を図っています。

6
顧問税理士による税務の無料相談を行っています。また、年金相談も行っています。

7
「おたすけ隊」の活動を通じて社会福祉に積極的に参加しています。

事業内容
【信用事業】
 ■貯金業務
 ■融資業務
 ■為替決済業務

【共済事業】
 ■長期共済
 ■短期共済

【経済事業】
 ■農業に関わる事業
 ■生活に関わる事業
本社郵便番号 922-0497
本社所在地 石川県加賀市作見町ホ10番地1
本社電話番号 0761-73-1313
設立 1997年4月
出資金 19億7,614万円 2017(平成29)年3月末現在
正職員 193名 2017(平成29)年3月末現在
貯金残高 1,046億2,306万円 2017(平成29)年3月末現在
貸付残高 253億7,095万円 2017(平成29)年3月末現在
事業所 [中央支店]
〒922-0423  加賀市作見町ホ34-1
TEL:0761-73-3931 / FAX:0761-73-1551

[江沼支店]
〒922-0101  加賀市山中温泉中田町ニ32-2
TEL:0761-78-0280 / FAX:0761-78-3855

[山中出張所]
〒922-0138  加賀市山中温泉栢野町ハ47-1
TEL:0761-78-0525 / FAX:0761-78-2541

[東支店]
〒922-0304  加賀市分校町へ20-1
TEL:0761-74-1562 / FAX:0761-74-6122

[西支店]
〒922-0004  加賀市大聖寺上福田町ハ14-1
TEL:0761-72-0443  / FAX:0761-72-1531

[西駅前出張所]
〒922-0811  加賀市大聖寺南町二68-2
TEL:0761-72-1763 / FAX:0761-72-1374

[南支店]
〒922-0322  加賀市上野町子103-1
TEL:0761-76-0880 / FAX:0761-76-1643

[北支店]
〒922-0442  加賀市篠原町609-1
TEL:0761-74-0147 / FAX:0761-74-6073
沿革
  • 1971年 4月
    • 加賀市内17農協が大同合併し、加賀市農業協同組合が発足
  • 1997年 4月
    • JA加賀市、JA河南、JA山中町が合併し、加賀農業協同組合「JA加賀」が発足。
  • 1998年 4月
    • JA加賀、JA東谷が合併し、現在の加賀農業協同組合「JA加賀」が発足。
  • 2005年 
    • 支店統合により、21支店1出張所体制を6支店2出張所体制へ。
  • 2009年
    • JAグリーン加賀農産物直売所「元気村」オープン。
平均勤続勤務年数 15年(2017年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 6時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 5日(2017年度実績)
【他、特別休暇等3日以上取得】
前年度の育児休業取得対象者数 5名(うち女性4名、男性1名 2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 4名(うち女性4名、男性0名 2017年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 11.1%(45名中女性5名 2017年4月現在)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒922-0497
加賀市作見町ホ10番地1
総務部 総務人事課 担当:山田
TEL:0761-73-1313/FAX:0761-73-4522
URL http://www.is-ja.jp/kaga/index.html
E-mail somu@kaga.is-ja.jp
交通機関 JR加賀温泉駅 徒歩10分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp107442/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
加賀農業協同組合【JA加賀】と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ