最終更新日:2018/6/28

マイナビ2019

マイナビコード
108453
  • 正社員
  • 既卒可

秋田県警察本部

本社
秋田県
資本金
官公庁のためなし
売上高
官公庁のためなし
職員
約2,300名(2018年3月)
募集人数
51〜100名

みなさんの内に秘めた正義感が、大切な人とこの街を守る大きなチカラに変わります。県警察では、県民の安全と安心を守りたいという強い意志を持った皆さんを待っています!

秋田県警察の業務説明会を各地で開催します! (2018/03/01更新)

秋田県警察本部の採用担当です。
当県警察の採用ページにアクセスしていただき、ありがとうございます!

秋田県警察では、皆さんの疑問や不安を解消するため、各地で業務説明会・就職説明会などを開催します。当日は、採用担当者から警察業務の内容、その魅力、仕事のやりがいなどを親切丁寧に説明いたします。
日程は決まり次第随時更新していきますので、是非一度、説明会にお越しください。
皆様にお会いできるのを楽しみにしています!

また、採用公式メールマガジンやFacebookでも最新情報を発信しています。詳細は、ウェブでチェックしてみてください!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
警察官は、仕事内容や活躍のフィールドが多彩な職業です。すべての仕事が県民の暮らしに直結しており、警察官だからこそ得られる達成感とやりがいがあります。
PHOTO
警察学校卒業後は、交番などで勤務します。その後、本人の能力や実績、希望、適性、熱意などを考慮し、刑事や白バイ隊員などの専門分野に進む機会が与えられます。

秋田県警察で活躍する、先輩警察官のインタビューを掲載します!

PHOTO

採用者は警察学校へ入校します。同期生とともに全寮制の規則正しい生活を送りながら、警察官として必要な知識、技能、体力、そして、精神力を身に付けます。

【警察職員を志した動機、エピソードは?】
○ 自分と同じように大切な家族がいる人々を守る仕事がしたいと思い、民間会社を辞めて転職しました。
○ 秋田で、人の役に立てる仕事がしたいと思いました。

【警察官として働いて感じているやりがい、警察の魅力は?】
○ すべての業務が地域住民の暮らしに直結していて、人の役に立っていることを実感できるのが魅力です。
○ 巡回連絡でお宅を訪問したとき、「来てくれてありがとう」という感謝の言葉をもらうことがあります。また、制服姿の私たちに子供達が手を振ってくれるときにやりがいを感じます。
○ 毎日同じ仕事ということがなく、幅広く様々な仕事をするため、毎日が新鮮で飽きることがありません。
○ 警察官にしかできない仕事がたくさんあります。そして、住民の方々から感謝してもらえる場面がたくさんあります。

【今後警察官を目指す若者たちへのメッセージ】
○ 秋田の平和と安全を守るというやりがいや、誇りを感じることができます。また、秋田県を越えて全国で活躍している警察組織の一員として働けることは、とても素晴らしいことだと思います。
○ 警察官の仕事は大変であり、つらいこともあります。しかし、誰かがやらなければならない重要な仕事であり、自分の一生をかける価値があると感じています。
○ 警察官を目指す皆さんが抱えている不安は、誰もが共通して抱えるものだと思います。厳しい職業ですが、周りには必ず仲間がいます。互いに支え合える仲間とともに成長でき、警察官になってよかったと思える日が必ずきます。
○ 責任が重く大変な仕事ですが、ほかのどんな職業にも負けないやりがいがある素晴らしい仕事だと思います。

会社データ

プロフィール

 警察官という仕事。
 それは、秋田県民の平和な日常を守ることです。犯罪の予防や捜査、犯人の逮捕、交通の取締りなどにより、公共の安全と秩序を維持しています。
 全ての警察官が、秋田県民の平和な日常を守るため、日夜を問わず治安の維持に奮闘しています。警察官の仕事は、決して華やかなものだけではなく、地道で厳しく、ときには犠牲を伴うこともあります。しかし、すべての警察官が誇りと使命感を持ち、自分の能力を最大限に発揮し、治安の維持に奮闘しています。

 秋田県警察は、約2,300人が勤務する組織であり、仕事内容は多彩で、活躍の場も大きく広がっています。
 また、秋田県警察では女性警察官の採用・登用拡大に力を入れるとともに、女性が働きやすい環境づくりの推進に努めています。

 警察の業務は、地域住民の相談をはじめ、悪質・凶悪化、ハイテク化、国際化するあらゆる犯罪の捜査、飲酒運転の取締りや交通事故の抑止、地域の安全・安心まちづくり支援活動、要人警護、災害時の救助活動など多岐にわたり、様々な面から郷土の治安を守り、県民生活を支えています。

事業内容

PHOTO

警察学校では、秋田県の安全と安心のために働くという同じ志を持つ仲間と切磋琢磨しながら勉強と訓練に励み、一人前の警察官へと成長していきます。

 採用者は全員が警察学校に入校し、警察官としての第一歩を踏み出します。
 入校期間は、警察官A(大卒)は6カ月間、警察官B(大卒以外)は10カ月間となっています。
 公正明朗・不撓不屈・自律自考を校訓として法学、警察実務、一般教養、逮捕術や柔剣道などを学びます。ここで、警察官として必要な知識、技能、体力、精神力を習得します。

 教場での講義のほか、柔道・剣道や逮捕術の訓練など様々な授業が行われますが、スタートラインは皆同じであり、基礎から段階的に学ぶため心配はありません。
 警察学校での生活や訓練は、厳しく感じるかもしれませんが、そこには秋田県民の安全と安心のために働くと決めた、同じ志を持つ仲間がいます。同期の仲間と助け合い、切磋琢磨することで、一人前の警察官へと成長していきます。

 警察学校初任科を卒業後は、全員が警察署の地域課に配属され、交番などで勤務します。地域警察官の活動は、すべての警察活動の基本となる重要な仕事です。地域住民の方と接しながら、様々な事案に対応することで現場の仕事を学びます。その後、本人の能力や実績、希望、適性、熱意などを考慮し、刑事や白バイ隊員などの専門分野に進む機会が与えられ、活躍のフィールドが更に広がります。

 秋田県警察の組織は、「警察本部」「警察学校」「警察署(県下15署)」で構成されています。

【各部門の紹介】
◆地域警察  Community Police
 〜地域に密着して、住民とふれあいながら、県民の安全・安心を守る。

◆生活安全警察  Community Safety Police
 〜日々発生する犯罪を未然に防ぐため、犯罪の起きにくいまちづくりを行う。

◆刑事警察  Criminal Investigation Police
 〜粘り強い捜査と犯人の検挙に全力を注ぎ、事件解決と犯罪組織の壊滅に当たる。

◆交通警察  Traffic Police
 〜安全で快適な交通環境をつくり、悲惨な交通事故を防ぐ。

◆警備警察  Security Police
 〜日々の鍛錬を積み重ね、治安維持と人命救助に全力を尽くす。

◆警務警察  General Affairs Police
 〜警察力を最大限に発揮できるよう、組織の基盤を整える。
本社郵便番号 010-0951
本社所在地 秋田県秋田市山王4丁目1番5号
本社電話番号 018-863-1111
資本金 官公庁のためなし
職員 約2,300名(2018年3月)
売上高 官公庁のためなし
平均勤続勤務年数 公務員のため、非公開
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 平均11.02日(平成29年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒010-0951
秋田市山王4丁目1番5号
警務部警務課 人事・任用係
TEL:018-863-1111
採用フリーダイヤル
 0120-863314
URL http://www.police.pref.akita.jp/kenkei/saiyo/saiyobody_.html
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp108453/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
秋田県警察本部と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ