最終更新日:2018/3/1

マイナビ2019

マイナビコード
109721
  • 正社員
  • 既卒可

一般社団法人波の家福祉会

本社
兵庫県
資本金
一般社団法人のため資本金なし
事業収入
平成28年度 9億 平成29年度 10億1,000万円
職員数
278名(非常勤含む)[2018(平成30)年4月]
募集人数
6〜10名

明石、播磨町を中心に発達障害のお子さんから成人期まで、一貫した支援をおこなう波の家福祉会です。

自分たちの仕事の先に本当に誰かの笑顔がつながっているのか?我々の基本的な考えかたです。 (2018/03/01更新)

採用と社会的使命

当法人の業務の内容を考えると、ほぼ「ヒトが全て」の事業です。
そのため、採用には新卒・中途を含め全力をつくします。
また、いい「ヒト」がいれば、極端なハナシ、「その時、人が余っていても、採用する」という採用の姿勢をとっています。
我々が必要とし、求めている「ヒト」は当法人の憲法とも言える
「Our Task Spirits」をご紹介させて頂きます。


Our Task Spirits

-For the 50years after-

<Pride>
  福祉にたずさわる人間として、自分自身にほこりをもてる
      「仕事」をする。

<Contribution>
      「自分の働き」によって、社会貢献できているという実感が持てる
      「仕事」をする。

<Cooperation&Comfortable>
      価値観を共有するすべてのスタッフが、働きやすい職場を作り、
      各自が協力し、助け合って「仕事」をする。

<Process&Effect>
  常に前向きに、個人としても組織としても成長を望み、
  ひたすら地道な努力を続け、内部・外部の人から
  必要とされ、尊敬される「仕事」をする。

また、当法人の大きな特徴として、誰もが働きやすい職場を目指した結果、
結論から言うと「給料<休み」ということになりました。
そのため、完全週休2日制はもちろん、初年度の年間休日は140日、入職7年目で156日(週休3日制)まで増えます。
また、現在、5名の方が育児休暇中であり、
希望すれば全員、育児休暇(最大2年間)の取得や、保育料の補助制度が利用できます。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
「子どもの発達を一番近いところで日々見られるのがやりがい。言葉がうまく出せない子どもには、私自身の『気づき』を大切にしています。」保育士/渡辺裕依/2014年入職
PHOTO
「1対1でお子様と関わることで、日々成長を感じることができます。お子様から学ぶことがたくさんあります。」作業療法士/古村茜/2016年入職

高い専門性で地域の障がい者(児)をサポート。「友達になりたい」と思える人を求む!

PHOTO

温かな笑顔が印象的な伊藤理事長。「手取り足取りの新入職員教育はしません。現場に大きな裁量権を与えていますから、自分で考え自分で行動できる人をお待ちしています」

波の家福祉会は、重度の障がいと難病を持った私の一人息子の受け入れ先が、当時全くなかったことから、1997年に無認可の託児所を自営開業したことを発端としています。息子の成長とともに必要な事業を拡大してきた結果、現在では知的障がい、発達精神障がい児から成人期までの支援施設を運営。現在、明石市を中心に38カ所の施設をドミナント展開しています。

私たちの強みは、療育センターとしての専門性の高さにあります。障がい者(児)の生活介護には、高い専門的知識やスキルが必要。そのため、保育士、言語聴覚士や臨床心理士、作業療法士の資格を持つ職員が互いに協力しあい、生活面を含めたトータルな発達支援をサポートしています。また法律では障がい児5名に対して1名の職員とされていますが、私たちは障がい児2名に1名の職員をあてて、ほぼマンツーマンでの支援を行っています。このクオリティの高いサービスこそが、私たちの誇りであり使命。ですから私たちは、急成長にこだわっただけの拡大戦略はとりません。地域のニーズに合わせ、高い専門性を無理なく維持でき、かつ私の目の届く範囲内で、堅実な拡大再生産と着実な成長を目指していきたいと考えています。

私たちのクレドの1つに、「福祉にたずさわる人間として、自分自身にほこりをもてる『仕事』をする。」という項目があります。私たちが求めるのは、こうした法人カルチャーに共感し、真面目にコツコツと頑張れる方です。能力よりも性格が大切で、「この人と友達になりたい」と思える方が理想です。そして真面目に頑張る方が、決して損をしないための環境づくりは、私がしっかりと整備しています。また休みがきちんととれるのも当法人の特長。完全週休2日制で有給休暇取得率もほぼ100%。職員全員が育児休業を取得できる体制も整えています。さらに相談支援専門員、サービス管理責任者、児童発達責任者の研修会への参加といった専門性を高める教育には時間もお金も惜しみません。ぜひ、積極的に知識やスキルを磨いてください。

当法人は、無限の可能性を秘めた新卒採用に今後ますます力を入れていきます。能力開発は入職後の教育でしっかりとサポートするので、安心してください。まっさらの気持ちでゼロからスタートできる若いパワーに大いに期待しています。
【伊藤 隆/理事長兼経営責任者】

会社データ

プロフィール

グループの現理事長兼経営責任者 伊藤隆が生まれつき重度の障害をもった息子の受け入れ施設が当時は全くなかったことから、1997年認可外の保育施設を開業したことを発端としています。そのあと、息子の成長とともに必要になった施設を事業展開してゆき、一般社団法人波の家福祉会ブランドを運営しています。

事業内容
発達精神障害のお子さんから成人期までの支援施設を運営しています。明石市・播磨町・神戸市・加古川市に、児童発達センター6カ所。放課後等デイサービス15カ所。就労継続支援B型施設6カ所。
地域活動支援センター4カ所。就労移行支援センター1カ所。生活介護施設1カ所。相談支援事業所2カ所、通信制高校サポート校1カ所、共同生活援助1カ所、財団1カ所、計38事業所を運営しています。
詳しくは当法人のウェブサイトをご覧ください。
本社郵便番号 674-0081
本社所在地 兵庫県明石市魚住町錦が丘1-19-15
本社電話番号 078-946-7692
創業 1997年(保育施設を自営開業)
設立 2004年(法人化) 
資本金 一般社団法人のため資本金なし
職員数 278名(非常勤含む)[2018(平成30)年4月]
事業収入 平成28年度 9億
平成29年度 10億1,000万円
事業所 明石市、播磨町、神戸市、加古川市に38事業所
事業収入推移(見込含む) 平成28年度 9億
平成29年度 10億1,000万円(見込み)
当法人の特徴 誰もが働きやすい職場を目指した結果、「給料<休み」ということになりました。
完全週休2日制はもちろんの事、有給休暇の消化率もほぼ100%、残業も、ほぼ0(ゼロ)です。
例を挙げますと、
・初年度年間休日140日です。
・入職後、7年目で年間休日156日(週休3日)まで増えます。
・専門性を高めるための自前の研修会を、法人として独自に年2回開催しています。さらに資格取得・ステップアップのためのシステムがあります。
・まさかの時のために、法人独自で民間の保険会社と契約して、ケガをされたり病気をされたりした時に手厚い保障が受けられます。
・年に2度、シティホテルを会場にして、職員交流会があります。
・インフルエンザワクチンの費用も負担しています。
・職員の誕生日には、ご自宅にプレゼントが届きます。
・希望される方には、車通勤を全員に認めています。
・パートの方を含めて全員、勤労福祉共済に加入し、様々な福利厚生のオプションがあります。
・女性の職場復帰がしやすくするため、育休明け保育料補助月 30,000 円最大6カ月補助します。
・特別勤務制度(別途給与規定あり)が選択できます。
 《週休3日勤務》 初年度年間休日175日。6年目で最大休日185日まで増えます 。
 《週32時間勤務》 月〜金の9:00〜17:30の間で1日6.5時間勤務。
・ランチ手当 子育て中に女性など、夜に時間が取れない職員2人以上で年2回まで、1回1人2,000円まで支給。 勤務時間内でも勤務扱いでランチにいけます。
・飲み会補助手当 1回4,000円。原則、職場単位で支給します。
・原則、全職員の兼業、副業を認めます。
・現在、福祉系の資格がない方も、働きながら提携校で介護士の資格をとる事が出来ます。
・単身者住宅手当が月額20,000円まで支給されます。
・世帯主家族扶養手当が月額20,000 円まで支給されます。
・希望すれば、全員が育児休業を取得できます。また、一定の条件で、育児休暇を最大2年まで延長できます。
・フィットネスクラブと法人契約していますので、社員・パートの方問わず、安価で利用できます。
・ひとり親手当て(子ども1人に付き、月額10,000円)、結婚祝い手当て(40,000円)、出産手当(5,000円)など法人独自の福利手当てがあります。
・その他…たくさんの福利厚生を充実させています。
波の家で検索 常に、新規事業を展開していますので、紙の会社案内はありません。
詳しくは、法人のウェブサイトをご覧ください。
関連法人 NPO法人 子供たちの立場に立った保育を実践する会
私立 大久保駅前保育所
一般社団法人 兵庫明石学舎
一般財団法人 明石波の家財団
沿革
  • 1997年
    • ●子供から大人まで
      現理事長兼経営責任者伊藤隆が重度の障害と難病の一人息子の受け入れ先がなかった事から、無認可の託児所を自営開業。その後、障害者の作業所、障がい児施設へと事業展開。現在波の家福祉会ブランドで明石市を中心に38事業所を運営、800名以上の方を支援しています
平均勤続勤務年数 5.7年(2017年時点)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 0時間
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 80%

採用データ

先輩情報

子どもたちの気持ちにも寄り添いながら
渋田見 萌
2015年入社
25歳
大阪教育大学
教育学部 特別支援教育課程 卒
波の家学院播磨町駅前 施設長代理
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 波の家福祉会 本部 
TEL:078-946-7692

または当法人のウェブサイトから、お問い合わせ下さい。
URL http://naminoie.com/
「波の家」で検索してください。
E-mail akashinaminoie@ybb.ne.jp
交通機関 JR神戸線 「魚住」駅徒歩4分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp109721/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
一般社団法人波の家福祉会と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ