最終更新日:2018/11/1

マイナビ2019

マイナビコード
110540
  • 正社員
  • 既卒可

(株)アマイ

現在、応募受付を停止しています。

本社
千葉県、東京都
資本金
3億円
売上高
社内規定により非公開
従業員
150名(2015年)
募集人数
1〜5名

【食肉総合商社】☆秋採用☆一般職向けセミナー開催決定☆選考直結型スピード選考☆

☆秋採用/一般職募集はじめました!☆選考直結・スピード選考☆ (2018/11/01更新)

☆秋採用☆スピード選考☆選考直結☆一般職募集はじめました!☆



一流高級ホテル等のお客様を複数取引があるアマイに是非エントリーを!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
食肉総合商社として高級和牛をはじめ、豚、鶏、ハムやソーセージなどの加工品まで広く取り扱うアマイ。「食肉のことならアマイへ」と言われるほどの揺ぎない地位を確立。
PHOTO
肉のプロフェッショナルとして存在意義を発揮し、成長し続けたいならアマイへ。ベテラン・中堅勢の惜しみない知識共有によって、若手の育成にも拍車がかかる。

お客様のニーズに丸ごと応える、アマイの営業力。

PHOTO

「外食をした際、アマイが卸したお肉を使ったメニューに出会うことも多く、私たちの食生活に根付いたアマイの存在を改めて実感します」と向井さん。

■加工からメニューの提案まで、あらゆるシーンでクリエイティビティが試される

営業志望だった私は、業界を絞らずさまざまな企業の面接を受けていました。その中でアマイを選んだのは、アットホームな雰囲気と人事担当者の親しみやすさから「自分らしく働けそうだ」と感じたからです。
配属になったH・R事業部は、アマイと取引のあるホテルやレストランのシェフの方々から要望をうかがい、営業担当が自ら肉の加工をし、配達まで行います。大きな肉から骨を抜き、筋肉ごとに分けていく工程を目の前で見たときは、思わず目を奪われました。肉を捌いた経験はありませんでしたが、研修を通して先輩が丁寧に指導してくれたこともあり、少しずつ技術を身につけていきました。

当社は日本を代表する老舗ホテルをはじめ、全国600店舗とお取引があります。お客様の細かいオーダーに合わせて行う肉の加工は、他社にはない当社ならではのサービス。新たな肉メニューの相談を受け、営業担当がお肉の種類や調理方法を提案することもあり、お客様と一緒にメニューを創り上げていくようなクリエイティブな一面もまた、アマイの営業の醍醐味です。

■伝統、信頼、期待。様々な想いが、エネルギーになる。

現在の仕事は、既存のお客様へのルート営業がメインです。社内の評価基準が売上額ではなく、お客様の満足度によるところもアマイならでは。お客様に親身に寄り添い、常によい良いものを追求できる環境は自分に合っていると感じています。アマイは90年以上の歴史を持つ会社です。自分のような若手が通用するのか不安もありましたが、いざ営業の現場に出てみると「アマイの新人さんね。これからも頼むよ」という声をたくさんいただきました。先輩方がお客様と築き上げてきた確固たる信頼関係を実感すると同時に、次は僕らが未来に受け継いでいかなければと気が引き締まる想いです。

入社前は肉の知識もなく、食肉業界で働く自分の姿は想像できませんでした。しかし、先輩のフォローやお客様との絆に支えられ、着実に成長している自分がいます。お客様のために、どこまでも走り続けたい。そんな想いが、自分の原動力です。
<向井 優真/H・R事業部>

会社データ

プロフィール

食肉の総合商社として90年の歴史を誇るアマイ。これまで、多くの顧客やパートナーの信頼に支えられながら、着実に成長を続けてきました。入社するまで当社のことを知らなかったという人がほとんどかもしれません。しかし、当社の貿易事業では、業界に先駆けてアメリカ産牛肉の輸入を実現。また、小売事業では、全国に店舗を持っていた時期もあり、業界では有名な存在です。

「営業に出て、アマイの存在の大きさを知る」
これが社員たちの間でよく言われているキーワードで、当社は全国600を超えるホテルやレストランと取引があり、お客様とはそれぞれ強固な信頼関係で結ばれています。その歴史は古く、1964年開催の世界的スポーツ大会から取引が続いているホテルもあり、当社は替えのきかない存在として食肉業界を支えています。
業界の歴史を切り拓いていく肉のスペシャリストとして、プライドをもって事業に取り組んでおり、その技術力は“アマイイズム”として、この先も受け継がれていきます。

事業内容

PHOTO

徹底した衛生管理と充実した機械設備を有するアマイ新木場センター。食肉保管庫には、確かな目利きによって仕入れられた商品が並ぶ。

アマイは、以下の5部門で事業を展開しています。

■高級和牛を取り扱う卸売事業部
■全国600以上の有名ホテルやレストランからご使命を受けるH・R事業部
■消費者にアマイの商品を手軽な価格でお召し上がりいただけるよう店舗販売を行う小売事業部
■国内外の原料肉のトレーディング業務や仲介業務を行う貿易事業部
■チャンピオン牛を肥育する山形アマイ牧場

当社は、牧場から小売業まで多角的な事業を行っている日本でも数少ない企業です。その根底には、「リーディングカンパニーとして、業界を守りたい」という熱い想いがあります。各部門でしか得られない和牛の知識や経験がすべての事業に役立っており、それが創業から常に成長を続けられる理由の一つでもあります。
本社郵便番号 108-0023
本社所在地 東京都港区芝浦4丁目12番29号
本社電話番号 03-3457-0611
創業 1928年
設立 1948年12月28日
資本金 3億円
従業員 150名(2015年)
売上高 社内規定により非公開
事業所 ■本社/東京都港区芝浦4丁目12番29号
■新木場センター/東京都江東区新木場4丁目12番41号
■神奈川営業所/神奈川県川崎市川崎区東扇町24番地日本食肉センター内
平均年齢 38歳(2017)
沿革
  • 1928年
    • 初代天井甚吉、神田錦町に「天井商店」を創業
  • 1946年
    • 郷里石川県より木材を調達し店舗建築営業を再開
  • 1948年
    • 株式会社へ組織変更
  • 1950年
    • 暮、完成直前の新社屋が全焼、廃業の危機 
      しかし関係者の応援により社屋再建、1951年より事業継続
  • 1951年
    • 秋より在日駐留軍各基地へ納入開始
  • 1952年
    • 流通の困難期、夏の札幌へ長距離納品
      品物を追って貨車を追跡、氷を積み増ししながら納入を成功させる一幕もあった
  • 1954年
    • 業界で初めてアメリカから牛肉輸入
  • 1962年
    • 米国農務府の招待で、初めてアメリカ畜産視察団に参加
  • 1964年
    • 世界的なスポーツイベントの食堂へ納入、各関係団体から感謝状を拝受
  • 1967年
    • 世界的なスポーツイベントの食堂へ納入、各関係団体から感謝状を拝受
  • 1969年
    • 世界的なイベントに協力し、アメリカ連邦政府農務省より感謝状を拝受
  • 1970年
    • 世界的なイベントのレストランへ納入
      コロラド州ビーフボードよりアメリカンビーフ日本輸入の第一号として感謝状を拝受
  • 1972年
    • 世界的なスポーツイベントの食堂へ納入
      (株)アマイへ商号変更
  • 1981年
    • 社団法人日本食肉格付協会の牛、豚部分肉格付工場に認定
  • 1983年
    • 本社を芝浦へ移転(HR事業部共)
  • 1986年
    • 初代天井甚吉会長勲五等瑞宝章を受章(54年黄綬褒章)
  • 1990年
    • アマイ新木場センター完成(卸売事業部)
  • 1991年
    • 事業部制を導入
      山形アマイ牧場開場
      第一アマイビル完成(テナントビル)
  • 1992年
    • 先代天井勝家社長黄綬褒章を受賞
  • 1995年
    • 山形アマイ牧場生産和牛、山形県主催共進会にて初受賞
  • 2000年
    • 先代天井勝家社長勲五等瑞宝章を受賞
      天井輝副社長、社団法人日本食肉協会常務理事に就任
      天井喜美子、代表取締役社長に就任
  • 2002年
    • 天井輝副社長、東京都食肉買参事業協同組合理事に就任
  • 2008年
    • 創業80周年
  • 2011年
    • アマイ牧場生産牛 第6回山形セレクション牛枝肉共進会 チャンピオン賞獲得
  • 2017年
    • 肉のアマイ 本八幡店リニューアルOPEN
月平均所定外労働時間(前年度実績) 13時間(2017年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 11%(9名中1名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒108-0023
東京都港区芝浦4-12-29
総務・人事部 担当:青木・三宅
TEL:03-3457-0610
URL http://www.amai-meat.co.jp/
E-mail saiyou@amai-meat.co.jp
交通機関 JR山手線「田町駅」 芝浦口より徒歩8分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp110540/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ