最終更新日:2018/11/2

マイナビ2019

マイナビコード
110616
  • 正社員
  • 既卒可

(株)佐藤鉄工所

本社
愛知県
資本金
4,500万円
売上高
27億円(2016年8月実績)
従業員
120名(2015年12月現在)
募集人数
1〜5名

【自動車産業を支える!】最先端技術で開発された竪型プレス樹脂射出成形機と関連装置の総合メーカー。成形技術とこれを実現させるための成形装置は、国内外ともに高い評価

  • 積極的に受付中

11月9日/16日/30日説明会開催!!お申込受付中★ (2018/11/02更新)

(株)佐藤鉄工所の採用担当です。

当社の採用ページにアクセスしていただきありがとうございます。
当社では説明会を開催します。
セミナー画面でお申込を受け付けていますので、ご都合の良い日程でお申込ください。

会社紹介記事

PHOTO
入社後はまず、当社がどんな機械をつくっているのかを学んでいただきます。部品を加工したりユニットを据え付けたりなど、様々な業務を体験。
PHOTO
加工部門では、お客様から注文のあった部品を自社の機械を使って生産。品質を重視したモノづくりにも取り組んでいます。

社員一人ひとりが重要な役割をもって、新しい技術の世界を切り開いていく

PHOTO

「設立60年の実績がある当社。工場も近々建て替えの計画があります。中小企業ならではの、いい意味で家族的な温かさも大切にしています」と語る佐藤代表。

佐藤鉄工所は、1951年に設立した機械メーカー。主に自動車の内装部品などを加工するために使われる“合成樹脂や炭素繊維を成形する機械”をつくっています。当社の強みは、開発・設計から製造・組み付けまでを自社で行っていること。取引先は大手自動車部品メーカーなどが中心で、お客様からテーマを与えられた最先端の技術開発にも積極的に取り組んでいます。
そんな当社の機械ですから、国内はもちろんアメリカ・カナダ・マレーシア・韓国・中国・オーストラリアといった世界各国でも利用されています。さらには、大学の研究機関と共同で最新技術の研究開発を行うなどのプロジェクトも推進中。当社の社員の中には、会社がバックアップしながら、博士号の学位取得を目指している人もいます。
そんな高い技術力が自慢の当社ですが、組織としては決して大きな企業ではありません。しかしだからこそ、一人ひとりが目標をもって働ける環境づくりには自信があります。例えば設計の仕事に就いても、すぐ近くで自分が設計した機械をつくっていますので、機械ができ上がるのを目の前で見ることができる。不具合や問題点などがあった場合でも、迅速に対応することが可能です。そんな環境の中、あなたにも個性を活かしながら、自分の得意な分野での能力を伸ばしてもらいたいと考えています。
これから社会人になる皆さんは、きっと不安も多いことだと思いますが、まずはいろいろなことに興味をもって積極的にチャレンジしてもらいたい。学校で学んだことも大切ですが、やはりこれから仕事を通して身につけるスキルの方が、ずっと重要になってきます。最初の2、3年は苦労をすることもあると思いますが、ぜひその中から自分が本当にやりたいことを見つけてもらいたいですね。
会社としては、今後も目の前のお客様のニーズに応えながら、“一歩先へ行く技術集団”を目指して、しっかりと新しい技術の開発にも取り組んでいきます。例えば炭素繊維の加工についても、世の中で注目されだしたのはここ数年のこと。これからももっともっと新しい素材や技術が出てくることは間違いありません。来るべきその時に向けて、まずは日々の課題を一つずつクリアしていくことが、今の私たちできるベストであると信じています。
【代表取締役 佐藤安弘】

会社データ

プロフィール

私たちはこの60年間技術集団であり続けてきました。また、これからもその姿勢に変わりはありません。

しかし、私たちが置かれている産業界の経済環境は、めまぐるしく変化しており、その環境にいち早く対応できる適応能力が必要とされています。

その能力を研ぎ澄ますには、私たち一人ひとりが今まで蓄積した技術からさらに向上する「技術革新」意識を常に持ち、その歩みを止めないことが必要です。

それには、加工技術や新製品の開発だけに留まらず、モノづくりの生産技術力をもしっかり革新して行かなければなりません。

「技術を極め、世界に位置する技術集団となり、お客様に信用と満足を頂ける企業体となり、さらに社会貢献できること」が事業の基本理念です。

私たちは、モノづくりの総合力を強みにお客様からの信頼と信用をさらに頂けるようたゆまぬ努力をいたす所存です。

また、モノづくり力の強みを支えてくれる人材を大切に、今後も人材育成に手綱を緩めず取り組むことが、グローバル企業運営への布石の第一歩と考えています。

事業内容
● 超大型品加工の受注
● 各種機械装置の設計、製作
● 各種機械装置の改造、オーバーホール
本社郵便番号 455-0008
本社所在地 名古屋市港区九番町3-42
本社電話番号 052-661-0176
設立 1951年3月
資本金 4,500万円
従業員 120名(2015年12月現在)
売上高 27億円(2016年8月実績)
事業所 音羽事業所 :〒441-0203 愛知県豊川市長沢町大覚60-1
音羽萩事業所:〒441-0201 愛知県豊川市萩町中山1-16
酒田事業所 :〒998-0071 山形県酒田市古湊36-36
主な取引先 (株)ニットレ、第一実業(株)、豊田合成(株)、東ホー(株)、豊田鉄工(株)、東京大学、(株)山善、海洋ゴム(株)、伊藤鉄工(株)、(株)富山環境整備、(株)名機製作所、日本車輌製造(株)、(株)神戸製鋼所、大同メタル工業(株)
関連会社 (株)ニットレ
藤為工業(株)
エルピーエム(株)
平均年齢 46歳
平均勤続年数 14年
グループ会社 (株)ニットレ
藤為工業(株)
エルピーエム(株)
沿革
  • 1951年
    • 佐藤赫が名古屋市港区九番町にて佐藤鉄工所を自営
  • 1961年
    • (株)佐藤鉄工所に法人組織変更
  • 1967年
    • トレーラー部品部門事業拡大のため、日本トレーラ部品工業(株)を設立【現(株)ニットレ】
  • 1967年
    • アルミニウム設備部門事業拡大のため、藤為工業(株)を設立
  • 1969年
    • 富山工場(大門町)を建設
  • 1972年
    • トレーラ部品部門音羽工場操業開始
  • 1974年
    • SATOHグループ総合事務所完成(名古屋市港区)
  • 1976年
    • 山形県酒田市にて酒田工場操業開始
  • 1987年
    • 日本トレーラー部品工業(株)を(株)ニットレに社名変更
  • 1988年
    • 大型加工品工場として音羽工場操業開始
  • 1993年
    • 音羽萩工場完成操業開始
  • 1999年
    • 低圧射出成形部門充実のため、エルピーエム(株)を設立
  • 2002年
    • 佐藤安弘がSATOHグループ全社の代表に就任
  • 2008年
    • (株)ニットレ酒田部品センター開設
  • 2009年
    • (株)ニットレ製造部門を酒田に移転
  • 2011年
    • ISO9001認証取得
  • 2014年
    • JISQ9100認証取得(音羽工場)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 20時間(2015年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8日(2015年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)佐藤鉄工所
採用担当(中部地域)
〒455-0008 名古屋市港区九番町3-42
TEL:052-661-0176

採用担当(東北地域)
〒998-0071 山形県酒田市古湊36-36
TEL:0234-34-2515
URL http://www.satoh-gr.co.jp/satoh.html
E-mail kyujin@satoh-gr.co.jp(中部地域)
sakata_plant@satoh-gr.co.jp(東北地域)
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp110616/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)佐藤鉄工所と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)佐藤鉄工所 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。
(株)佐藤鉄工所と特徴・特色が同じ企業を探す。

ページTOPへ