最終更新日:2018/6/28

マイナビ2019

マイナビコード
111008
  • 正社員

(株)カネダイ

本社
宮城県
資本金
1,200万円
売上高
61億3,900万円(2017年8月期)
従業員
120名(2017年8月現在)
募集人数
6〜10名

気仙沼から世界へ!海の幸を届けます!食品に興味のある学生は是非!

◆◇日程追加いたしました!◇◆ (2018/06/28更新)

みなさん、こんにちは!(株)カネダイ/採用担当の藤村です。
3月1日より当社の採用活動がスタートいたしました。

〜〜〜今後の予定〜〜〜
■7月20日 仙台にて会社説明会実施

エントリーいただいた方には優先的に説明会や選考会のご案内をお送りさせていただきますので、興味を持って頂けましたらまずはエントリーをお願いいたします。
皆さんにお会いできることを楽しみにしております!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
日々、様々な情報にアンテナを張り巡らせ、新商品のヒントやアイデアがないかと探る岩渕さんと上司。商品開発は現在、もう一名の上司と三名で取り組んでいる。
PHOTO
笑顔で商品の提案をするカニ課の鈴木杏奈さん。まずは現在の業務をマスターし、いずれは新工場で製造する新商品の提案にも携われたらと夢は膨らむ。

入社2年目に新工場が完成! 新工場とともに成長し、なくてはならない存在になりたい

PHOTO

商品開発を担当する岩渕大輔さん(左)と、カニ・エビ事業カニ課の鈴木杏奈さん(右)。2016年中途採用の同期として、共に切磋琢磨し合う存在。

 以前は築地市場の荷受けや競りをする会社で働いていましたが、地元である気仙沼へのUターンを検討し、そのとき出会ったのが「カネダイ」でした。当時は新工場の建設が始まったばかりの頃で、この会社と一緒に自分も成長していきたいと強く思ったのを覚えています。
 今は営業部所属で商品開発を担当しています。上司2人と朝7時前には気仙沼魚市場に行き、どんな魚が水揚げされ、どのくらいの金額で販売されているのかをリサーチ。10時頃には会社に戻り、試作をする日もあれば、リサーチした情報をデータ化したり、原材料の原価計算をするときもあります。商品開発に携わったことで、今まではスーパーで何気なく手に取っていた水産加工食品も、完成までにかなりの苦労があったと理解できるようになりました。
 これからは上司2人の知識と経験をさらに吸収し、「カネダイ」の新しいブランドイメージを築いていく戦力になりたいと思います。
(水産食品部 営業部/岩渕大輔さん・2016年入社)

 今から2年前、気仙沼で幼児や小学生に英会話を教えていたとき、「今のままの気仙沼だったら、この子たちは将来この街を離れるのかもしれない。もっと魅力ある街になり、働く場所が増えれば、一度離れても戻ってきてくれる」と感じていました。私1人の力では変わらないかも…とも思いましたが、少しでも役に立ちたいと考え、気仙沼市役所産業部商工課の臨時職員に応募し採用。そのとき「カネダイ」を知り、営業職の募集を見て、同社を通じて気仙沼の良さを発信していきたいとと考え志望しました。
 現在はカニ課に所属し、主に市場や問屋さんとの取引を担当しています。商品の種類も多く大変に感じることもありますが、上司やお客様をはじめ多くの方から支えていただいているので、もっともっと頑張らないと思っています。
 昨年、中国にあるカニ・エビの加工場を研修しました。衛生面への意識と作業効率の高さを直に見ることができ、今まで以上に当社の商品に自信が持てました。これからは既存のお客様を大切にしながら新規開拓にも挑戦し、より成長していきたいと思っています。
(水産食品部 営業部 カニ・エビ事業 カニ課/鈴木杏奈・2016年入社)

会社データ

プロフィール

当社は1942(昭和17)年創業以来、船舶石油販売業を始め漁業、ガス販売業、問屋廻来船業、水産加工業と事業を展開して参りました。
以前は宮城県気仙沼市に本社始め3事務所4工場施設を構えていましたが、東日本大震災により全て失いました。現在は中華人民共和国山東省煙台市に自社工場を構えています。

お客様のニーズに沿った商品を幅広くラインナップしています。 HACCP管理システムによるクリーンな工場において『安全で安心』な商品を加工しており、『美味しい』をテーマとしたこだわりの商品をお届けするために、社是にある“和の心と誠の心”を商品に込め、お客様に喜んでいただける提案を行っています。

事業内容
◆水産食品部
世界有数の漁場である三陸沖を控え、国内屈指の水揚げを誇る気仙沼を本拠地としております。

【営業部】
カニ事業・エビ事業・加工品事業・販売事業に「かに物語」ブランドで展開する直販事業の五事業を柱として各事業の専門スタッフが お客様の業種・業態に応じて納品迄ご提案・サポートしています。

【販売事業】
市内を中心に学校給食・病院・介護施設等給食への食材提供、ホテルや飲食店への卸販売、ぐるなびなどを媒体とした気仙沼産品の全国各地への直販も行っています

【直販店舗 かに物語】
観光施設「海の市」、に店舗を構えて丸ずわいがにのオリジナル
商品を販売しています。
又かに物語ブランドでショップチャンネル、有名百貨店での催事と常設、WEBとFacebookを使った通信販売に力を入れています。


【品質保証室】
品質保証室は、営業部及び製造部とは異なる立場から、原料仕入、製品製造、出荷納品まで監督、指導を行っています。 また製造工程管理、法令遵守に基づく表示管理、各種検査の実施の他、全社員に食品安全に関わる教育訓練を行っています。

◆漁業部・廻来船部
インド洋を中心とするマグロ漁業、ナミビア共和国合弁によるカニ漁業、地元気仙沼近海に展開する定置網漁業やカツオ船を主体とする廻来船問屋業を行っています。


◆石油部・ガス機器部
気仙沼に寄港する船舶への燃料補給の他、陸上石油、ガソリンスタンド、プロパンガス、ガス機器の販売を行っています。
本社郵便番号 988-0033
本社所在地 宮城県気仙沼市川口町1丁目100番地
本社電話番号 0226-22-2480
創業 1942年4月
設立 1955年6月
資本金 1,200万円
従業員 120名(2017年8月現在)
売上高 61億3,900万円(2017年8月期)
事業所 ◆水産食品部・川口工場
 宮城県気仙沼市川口町一丁目100番地    TEL:0226-23-1721

【東中才センター(水産食品部 製造部)】
 宮城県気仙沼市東中才248-3          TEL:0226-26-3511

【かに物語(水産食品部 直販店舗)】
 海の市     :気仙沼市港町魚市場前7-13 TEL:0226-23-1521
 

◆漁業部・廻来船部
 宮城県気仙沼市川口町一丁目100番地    TEL:0226-23-1721

◆石油部・ガス機器部
 宮城県気仙沼市川口町二丁目102-2  TEL:0226-22-0800(石油部)
                       0226-24-3900(ガス機器部)
主な取引先 日本水産 マルハニチロ スクーナー 阪和興業 双日食料 関戸商事
ニチモウ ショクリュウ 他
関連会社 海商(株)
烟台福宝食品有限公司
日門定置網漁業生産組合
平均年齢 43歳
平均給与 38万円/月
平均勤続勤務年数 18年(2017年実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 15時間(2017年実績)

採用データ

取材情報

問い合わせ先

問い合わせ先 〒988-0085
宮城県気仙沼市川口町一丁目100番地
TEL 0226-23-1721
担当:業務管理部 藤村・伊藤
URL http://www.kanedai-kesennuma.co.jp/index.html
E-mail info@kanedai-kesennuma.co.jp
a.fujimura@kanedai-kesennuma.co.jp
交通機関 あけぼの橋から300m先、T字路のつきあたりにカネダイの本社工場があります。
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp111008/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ