最終更新日:2018/9/6

マイナビ2019

マイナビコード
111853
  • 正社員
  • 既卒可

(株)萬野屋

本社
大阪府
資本金
1,000万円
売上高
10億2,451万円(19期2016年7月期末) 11億925万円(20期2017年7月期末)
従業員
190名(2018年3月)
募集人数
6〜10名

「秋採用スタート!」フード業界の方必見!説明会大好評につき日程追加!・接客調理 ・営業事務 ・精肉卸など色々なステージあります。

フードサービスや和牛食肉小売に興味のある方、ぜひ説明会に! (2018/03/01更新)

こんにちは! (株)萬野屋 専務取締役の菅野(かんの)です。

フードサービスは30カ月以上肥育した未経産の雌牛の黒毛和牛のみを使った、
オープンキッチンの焼肉屋さんです。
焼肉、ホルモンの種類が80部位あり、一切れから注文できる専門店なので、
お客様との距離も近く、とてもお客様との会話の多いお店です。
調理技術も、枝肉の骨抜きから、お客様に提供する最終の盛り付けまで、本格的に食肉の技術を身につけたり、サイドメニューを本格手作りしているので調理技術についても基礎から学んで身につけることができます。

近年は国内だけでなく海外へ和牛・国産牛の輸出の業務も本格始動し、和牛商社としての業務にも興味があれば、ぜひ申し込みください。

中小規模だからこそ、大手企業に負けない良さはたくさんあります。
特に当社は、社長・役員との距離が近い。だから社員の働きぶりを直に見て、
頑張っただけ評価される会社、少人数制個別指導の若手人材育成、
それが「萬野屋・スタイル」です。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
萬野屋では厳選した生産者の食肉、ホルモンを1頭丸ごと仕入れ、社員自ら調理し、提供する。「自信を持って提供でき目の前で喜んでもらえる。こんな楽しい仕事はない。」
PHOTO
研修施設を兼ねたセントラルキッチンで、全社員での精肉作業が毎日行われる。また店舗で各部位の知識やおいしく食べられるカッティング術を伝授され「知」と「技」を磨く。

日本の焼肉ブランドを世界へ!沢山のステージを用意しています。

PHOTO

「食肉に関する知識と技術で日本一と自負しています。当社でなら、肉のことを知り、誇れる仕事ができます!」と専務の菅野さん。

■肉屋がうなる焼肉店をめざす。
これが、老舗の食肉生産加工・卸会社をしていた、当社の社長が独立し、「やきにく萬野」を立ち上げた原点でした。愛情を込めて牛を育てる生産者の想いや、肉の品質・おいしさを正しく伝える「正直な焼肉屋」として、「業界の発展に貢献したい」という原点は今も変わりません。現在、大阪市内に8店を展開する一方、当社の姿勢に共感し、「肉を卸してほしい」という要望に応え、卸事業部を設立。全国の飲食店に食肉を卸すほか、同業他店や居酒屋などに、食肉の仕入れや提供の仕方、商品構成などを指導する店舗プロデュースも手掛けています。さらに、業界に食肉の正しい知識と正確な情報を伝えていく義務を果たすべく、同業他店や卸業者などを集めた勉強会も定期的に開催しています。接客サービスの向上にも努め、一般消費者の覆面モニターが選ぶ「第2回外食クオリティサービス大賞」では、全国160社・2600店の外食企業の中から、「やきにく萬野」が焼肉業態では唯一、優秀賞に選ばれました。

■当社で働くやりがいと、今後への期待
「業界の模範」となるべく、当社では社員全員が毎日、セントラルキッチンに集まり、1頭丸ごと仕入れた牛肉を自らさばくことで、約70種にも上る牛肉の部位の知識や調理の仕方を学び、知識と技術の向上に励んでいます。正しい肉の知識を持ったうえで、自ら調理したものをお客様に提供・説明し、喜んでもらえること。それこそが、当社の店舗で働く最大の喜び・やりがいです。今後は、2018年に東京進出、2019年に海外、特に欧米への出店を計画しています。すでに、本格焼肉、ホルモン主体、牛串焼きなど、様々な業態を展開していますが、今後を担う方々には店舗運営で経験を積みながら、業態開発や複数店舗の統括など様々な業務に関わり、今後の世界展開にむけて当社の発展を担う幹部候補として活躍してもらえれば、と期待しています。毎週の店長会議や勉強会を通じ、メニュー開発やサービス改善だけでなく、働く環境についても、全員が意見を出し合い、改善に取り組んでいます。社長も社員も個性豊かなメンバーばかり。それぞれの個性や得意なことを活かし、「萬野屋で働いて良かった」と胸を張れる会社・店づくりを進めています!

(菅野 功/専務取締役/採用担当)

会社データ

プロフィール

(株)萬野屋 代表の萬野和成は
 1930年創業の精肉問屋、萬野総本店2代目社長の三男として生まれ、幼少期より家業である食肉加工業に携わり、オーストラリアへ畜産留学や日本国内では百貨店の精肉売り場の巡回や、大手ハムメーカー、問屋への営業、牧場管理、生体牛仕入れ、枝肉仕入れ、販売と畜産関係の業務を幅広く経験。海外ではアメリカ・サンディエゴにて、MANNO・USAを設立しUSビーフの輸出、現地スーパー及びレストランに販売など海外での経験も豊富。
 1999年に「やきにく萬野」1号店を出店し、本格的に飲食業界へ進出!
現在は、「極雌・萬野和牛」のブランドを立ち上げ、
現在、19年で9店舗の店舗展開をしてきました。

2011年に心斎橋にオープンした 焼肉萬野ホルモン舗 三休橋店は一切れオーダーを可能にした日本初の焼肉スタイルの店を実現し、オープンキッチンのカウンター、お寿司屋さんのような焼肉屋のスタイルで、女性が1人でも来店できると話題になっています。

2015年3月に梅田のお初天神裏参道に出店した 「にくや萬野」と
2016年7月に同じくお初天神にオープンした「肉卸 萬野屋 別邸」は
今後の海外展開ブランドとして、店舗デザイン、商品のラインナップを考えたお店です。
三休橋で好評の一切れ焼肉から、焼しゃぶ、塊肉、骨付きステーキまで、「にくや萬野」では新しいお肉の食べ方の提案をお客様に体験していただいています。
また、「肉卸 萬野屋 別邸」では、「つゆしゃぶ」「オイル焼き」など更に新しい調理方法での食べ方を用意しました。

2017年12月に大阪駅商業施設のルクア大阪地下2階にある「バルチカ」に、カウンター席に一人1台のロースターを設置した「My焼肉」スタイルを提案した店をオープン。自分の肉は自分の好きな焼き加減やタイミングで食べる、新しい焼肉の食べ方を提案しました。

萬野プロデュースでは
・JA金沢のブランド牛「能登牛」を食べられる焼肉店を金沢駅前にオープン
・四国松山の道後温泉に駐車場付きの焼肉店を地元の飲食企業様とオープン 
その他、大阪はもとより、沖縄、神戸、川崎、東京など

2018年には本店及びセントラルキッチン、本部事務所も移転拡張させ、本格的に国内外の展開を進め「萬野和牛」を世界ブランドとして発信させて行きます。

事業内容

PHOTO

毎日仕入れた和牛をお客様にお届けしています。本物の一頭買いをしている肉料理屋です。

■食肉卸・小売販売、ネット通販
■飲食店経営(焼肉店、牛串焼店 計9店舗)
■食肉の捌き
■調理技術研修指導
■飲食店プロデュース
(焼肉、肉料理、鉄板焼)食肉アドバイザー
本社郵便番号 543-0043
本社所在地 大阪府大阪市天王寺区勝山4-10-25
ガード下番号116-117
本社電話番号 06-6775-5200
設立 1997年9月
資本金 1,000万円
従業員 190名(2018年3月)
売上高 10億2,451万円(19期2016年7月期末)
11億925万円(20期2017年7月期末)
展開ブランド ◇やきにく萬野
◇焼肉萬野 ホルモン舗
◇牛串萬の
◇にくや萬野
◇肉卸 萬野屋別邸
主な取引先 アサヒビール(株)
エンド商事(株)
キリンビール(株)
東芝テック(株)
日本ハム(株)

※敬称略・50音順 ※一部をご紹介させていただきます。
次世代店舗オープン 2015年3月、「にくや萬野」2016年7月、「肉卸 萬野屋 別邸」が 梅田お初天神に「東京、世界展開のモデル店舗」としてオープン。
2019年12月、大阪駅商業施設「ルクア大阪地下2階」バル地下にて一人1台のロースターで焼肉を食べる「My焼肉」スタイルをオープン
新しい焼肉スタイルの情報発信の店舗モデルとして、店舗デザイン、オペレーション、商品クオリティー、接客スタイルを提案します。
焼肉の新しいスタイル エンターテイメント・和牛・レストラン
「オープンキッチン」 
 キッチンはステージ!舞台です。全て見せます。本物の食材への自信があるので、オーダーごとに肉の塊から切り出してお客様に提供します。
一切れ焼き肉  全ての部位を一切れからご注文する事が出来ます。
 1頭丸ごと仕入れしているから可能な、全部位の提供(ホルモン35種類、赤身20種類)を実現しています。
 まるで鉄板焼きのように、こちらで焼いてサービスしたり、焼き加減を絶妙なタイミングでお声かけしたりする事も可能です。
女性1人で来店できる 「女性が1人で来店する焼肉屋さん」
 清潔感、臭いがつかない、おしゃれな空間、ファッショナブル。
 和牛とホルモンに合わせて当社のソムリエがインポーターから取り寄せたワインを提供。
黒毛和牛にこだわる 「萬野和牛」のブランドを広める。
「未経産 雌の黒毛和牛、31カ月肥育にこだわる」
 銘柄だけでなく、美味しい肉をお客様に適正な価格で提供する。
 年間1万頭の牛を目利きしているからこそ可能な肉へのこだわり。
このスタイルを世界ブランドに成長させます。
沿革
  • 1999年 6月
    • 大阪市天王寺区のJR環状線ガード下に「やきにく萬野」開店
  • 2000年 8月
    • 「やきにく萬野」隣接地にてRestran& Bar「IngryMongry」開店
  • 2001年
    • IngryMongryを朝引きホルモン料理「萬の屋」に業態変更
  • 2004年 10月
    • 大阪市天王寺区上本町に「焼肉萬野・ホルモン舗」開店
  • 2005年 4月
    • 大阪市阿倍野区に「やきにく萬野・北畠」開店 ・山形牛販売特約店認定、大和牛販売指定店取得
  • 2010年 8月
    • 大阪市中央区に「mannoya Beef Garden Amemura」を開店
  • 2011年 9月
    • 大阪市中央区三休橋に 一切れオーダー(全40種類)可能な「焼肉萬野ホルモン舗 三休橋」を開店
  • 2012年 6月
    • 大阪市天王寺区にセントラルキッチン 「Mannoya Beef Factory」(肉道場)開設
  • 2014年 8月
    • 「牛串 萬の」開発…JR天王寺・北口に1号店開店
  • 2015年 1月
    • 「極雌 萬野和牛 Mannoya Premium Qeen's Beef」ブランド化に向けスタート
  • 2015年 3月
    • 「にくや萬野」お初天神裏参道店 開店
  • 2016年 7月
    • 「肉卸 萬野屋 別邸」開店
  • 2017年 12月
    • 大阪駅商業施設 ルクア大阪地下2階 バルチカに 
      「My焼肉」スタイル やきにく萬野 オープン
月平均所定外労働時間(前年度実績) 35時間 2017年実績
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 7日(前年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒543-0043
大阪府大阪市天王寺区勝山4-10-25ガード下番号116-117
(株)萬野屋 採用担当
TEL:06-6775-5200
URL http://www.mannoya.com/
E-mail i_kanno@mannoya.com
交通機関 JR環状線「桃谷駅」徒歩5分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp111853/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)萬野屋 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ