最終更新日:2018/6/13

マイナビ2019

マイナビコード
111909
  • 正社員
  • 既卒可

みのり農業協同組合(JAみのり)

本社
兵庫県
資本
263億円(内出資金44億円)(平成29年3月末時点)
組合員数
35,903人(平成29年3月末時点)
従業員
569名(男性310名・女性259名)(平成29年3月末時点)
募集人数
21〜25名

わたしたちは、地域・人・くらしの未来づくり(ゆたかなみのり)をめざします。

2次募集受付開始。 (2018/06/13更新)

2次募集の書類受付を開始しました。
下記の書類をご送付いただきますと、1次試験へのご案内を送付
致します。※説明会への参加は必須としておりません。

 応募締切  7月9日(月)必着

 送付書類  履歴書・卒業見込証明書・成績証明書

 送 付 先  673-1431 兵庫県加東市社1777-1
       みのり農業協同組合 総務部 人事教育課 宛
 

JAは農業と地域・人の結びつきを大切に事業を実施しています。
みなさんとお出会い出来ることを楽しみにしています。
説明会を更新しています!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
JAみのりでは、トレーナー制度や通信教育制度、資格取得補助など、職員のスキルアップをサポートする制度が充実しています。
PHOTO
様々な事業を通じて、農業と地域の発展に貢献できます。あなたの活躍する場をたくさんご用意しています。

営農・経済・金融・共済を中心に幅広い事業を展開。本当の地域貢献はここにある!

PHOTO

地域に根ざし、生活に密着した幅広い事業を展開するJAみのり。あなたにとって生き甲斐となる“ポジション”がきっと見つかるはずです。

私たちがいないと、あの世界的に有名な日本酒が作れません。
今や日本にとどまらず世界中にシェアを伸ばしている日本酒。
海外のオシャレなレストランでは、ワインと並んで日本酒が親しまれています。
そんな日本酒の中でも兵庫県が誇る酒米「山田錦」を使用したものは世界でも高く評価をいただいています。
その山田錦取扱量においてJAみのりは日本一で全国500以上の酒蔵に支持されています。
言ってしまえば私たちがいないと「世界の山田錦は作られない」のです。
最近では徐々に「兵庫県産 山田錦」表記だったものが、「みのり産 山田錦」表記に変わっていっています。
つまり、世界中に“JAみのり”の名が広まっているんです。
「Made in Minori」を、世界へ。
私たちの挑戦はまだまだ続きます。

会社データ

プロフィール

 JAみのりは、日本酒の原料となる酒米の王様「山田錦」の出荷量において日本一のシェアを誇り、全国500以上の蔵元に支持されて1,000銘柄以上の日本酒となり、世界で愛飲されています。
 黒田庄和牛や播州百日どりなども特産品としており、安心、安全、高品質な農畜産物を自信を持ってみなさまの食卓へお届けしています。
 また、JAバンクでお馴染みの貯金・ローン等の金融事業やLIFEアドバイザーが活躍するJA共済など様々な事業を展開して、地域の農業とくらしを支える活動をしています。
 
山田錦のシェア日本一:(平成27年産米の農産物検査結果/農林水産省 及びJAグループ兵庫調べ)

事業内容

PHOTO

様々な事業を通じてあらゆる角度から、農業と地域の発展に寄与しています。

◆金融担当
「JAバンク」で親しまれる、貯金や、住宅・車などの各種ローン、年金や資産運用、相続などの相談を承っています。
◆共済担当
医療・生命・建物・自動車など『ひと・いえ・くるま』を中心とした幅広い保障を提供する部門です。ご利用者様のリスクに対するニーズを聞き取り、様々な商品の中からその方に一番合ったものを提案していきます。
◆営農担当
農業に関する知識や技術の指導・経営相談、有機肥料など生産資材の購買やレンタル、米や大豆などの共同利用施設の運営から農畜産物の販売までを行う部門です。地域農家の皆さんが抱える課題を一緒に解決するだけでなく、その土地の特性を活かした作物を選び、ブランド化を推進するなど新しい産地づくりのためのマーケティングも行います。
◆経済担当
経済事業では福祉・農機・旅行・食材宅配などを行っています。介護スタッフや農業機械のメンテナンス、トラベルアドバイザーなど、幅広い分野で組合員みなさまのニーズに合った仕事をします。

○窓口では(金融・共済・営農・経済)
JAみのりの支店や事業所において、来店される利用者様への商品の提供や相談、各種手続きなどを行います。
○渉外では(金融・共済・営農・経済)
地域の組合員、ご利用者様宅を訪問し、商品の提案や、資産運用、農業にかかる相談まで幅広いニーズに対応します。

 情熱ある若いみなさんなら、プロフェッショナルとして「農業の明るい未来を拓きたい」「金融・共済を通じて安心を届けたい」「人々と触れ合いを通して人の役に立ちたい」という夢が実現します。
 私たちとともに、地域の大きな夢を描いていきましょう。
本店郵便番号 673-1431
本店所在地 兵庫県加東市社1777番地1
本店電話番号 0795-42-0920
設立  平成12年4月1日 4JA合併により設立
代表者 代表理事組合長 神澤 友重
資本 263億円(内出資金44億円)(平成29年3月末時点)
従業員 569名(男性310名・女性259名)(平成29年3月末時点)
組合員数 35,903人(平成29年3月末時点)
経営理念 わたしたちは、地域・人・くらしの未来づくり(ゆたかなみのり)をめざします

《地域》
JAは、地域社会の中で役立つことにより生かされている存在(組織)であり、いま組合員、地域社会は何に困っているのか、何を求めているのかを見つけだして、即実行していくことです。地域の中で異なる立場の人々が互いにその役割を認め合い、共に生きていく社会=共生社会をめざすことで、地域の様々な人々との結びつきをさらに積極的に広げていきます。

《人》
一人ひとりが主人公として、顔の見える存在として認め合う関係づくりが何よりも大切になります。わたしたち一人ひとりの期待や要望にフィットした、的確な対応がJAみのり事業の基本原則になっています。

《くらし》
 一人ひとりの暮らしの中での問題を、JAから確かな情報を適時に提供し、JAの事業サービスを通じて解決に導くことです。「最善のアドバイス」「最高のもてなしと最良の商品・サービス」を提供することを絶えずめざしています。
事業所・施設 加東市、三木市、西脇市、多可町 の3市1町内に42の事業所
22の施設
貯金 4,230億円(平成29年3月末時点)
貸出金 705億円(平成29年3月末時点)
長期共済保有高 7,300億円(平成29年3月末時点)
購買品供給高 26億7,300万円(平成29年3月末時点)
販売品販売高 51億8,200万円(平成29年3月末時点)
自己資本比率 17.79%(平成29年3月末時点)
沿革
  • 2000年4月
    •  JA三木市南・JAみのう吉川町・JA加東郡・JA北はりまの4JAが合併し、JAみのりに。
  •  
    •  協同組合の発祥は古く19世紀イギリスの産業革命時代にまでさかのぼります。日本では1900年の産業組合法の制定を経て、農会、農業会が設立され、戦後は農業協同組合として今日に至っています。
  •  
    •  現在では「JAで扱えないものはない」と言われるほど幅広い分野で事業を展開。「農業者の願いを実現させる組織」として地域に密着し、職員は地域社会に貢献できるよう取り組んでいます。
平均勤続勤務年数 16年10カ月(2016年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 6.6日(2016年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 24名 (うち女性11名、男性13名 2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数 11名 (うち女性11名、男性0名 2016年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 8.8%(135人中12人 2017年9月末)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 みのり農業協同組合
総務部 人事教育課 担当:生田 竹下

〒673-1431
兵庫県加東市社1777番地1

TEL:0795-42-0920
FAX:0795-40-2774
URL http://www.ja-minori.jp
E-mail jinjikyouiku@ja-minori.or.jp
交通機関 JR加古川線「社町駅」より神姫バスに乗車「加東市役所南」で下車、徒歩6分
※交通機関のダイヤについては各自ご確認下さい。
※車・バイクでのご来場もOKです。
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp111909/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
みのり農業協同組合(JAみのり)と業種や本社が同じ企業を探す。
みのり農業協同組合(JAみのり) を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ