最終更新日:2017/8/11

マイナビ2019

マイナビコード
112025

(株)レッドバロン

本社
愛知県
資本金
1,214万7,000円(グループ法人合計 63億4,662万円)
売上高
641億円(2016年10月)
従業員
2,516名(2017年4月現在)

検討リスト

  • 気になる企業を一覧管理!
  • エントリーの受付がはじまったらお知らせメールが届く!
  • 就活メモが残せる!

「バイク仲間を増やしたい」−その想いに共感したライダーが集まってできた会社です。

会社紹介記事

PHOTO
年商2〜6億円、スタッフは5〜10名、200〜300坪の敷地に150〜200台余りの展示車と整備工場。これがレッドバロンの標準的なお店です。
PHOTO
お客様の「安全・快適なオートバイライフ」を末永くサポートする本社工場。1万坪を誇る広大な敷地には、3,700機種、70万点以上のパーツをストックしています。

『バイク仲間を増やしたい』この想いに共感した仲間が集まってできた会社です

PHOTO

国内4メーカーはもちろん、外車・逆輸入車・旧車等を含め、在庫車数は国内最大級の約59,000台!! 様々なモデルの販売・整備に携われることが大きな魅力です。

レッドバロンは、販売台数・整備台数・取り扱いメーカー数など
「世界ナンバーワン」のオートバイ販売店です。
世界中のオートバイを取り扱い、一人ひとりに合わせた「最高の一台」を提案。
また、北海道から九州まで全国直営300店以上のネットワークによる、
徹底したユーザーサポートを実現。
販売からアフターサービスまで、安心と安全のバイクライフを提供しています。

■会社も業界も“ぐんぐん”きてます
バイクは趣味性が高く、ライダーによって求めるものが異なる、こだわりの強いのりものです。そのため、二輪業界は新車より中古車の方が圧倒的に流通されています。なかでも、スポーツバイクの人気が徐々に高まっており、高速道路を自由に走りまわれる「軽二輪」以上の国内保有台数は、1980年から現在まで実に5倍以上にも増えています!特に、当社が創業以来もっとも力を入れてきた「中古のスポーツバイク」は需要が増加中!
つまり、”ぐんぐん“きてるのです。
レッドバロンは、一人でも多くの人たちに「バイクで走る楽しみ」を伝えていけるよう、これからも”ライダーを増やす活動“を強力に進めていきます。

■『バイク仲間を増やしたい』 これが事業展開の基本です
1972年の創業以来、私たちの想いはずっと同じ。「バイクをもっとたくさんの人に楽しんでもらいたい」。そのためにライダーである私たちが「こうだったら良いな」ということを形にしてきました。
○ツーリング先でのトラブルは、私たち自身がかけつけよう!
○愛車にずっと乗り続けられるようにパーツ工場をつくろう!
○自分のペースでトレーニングができるサーキットをつくろう!
などなど、レッドバロンには独自のサービスがいっぱい。ライダーの夢を一つひとつ実現してきた会社なのです。この想いは、これからもずっと変わることはありません。

■『バイクが好き』 そんな仲間が集まってできた会社です
レッドバロンの社員は、全員バイク好き。ただし、入社時の知識・経験はさまざま。高校を卒業してからバイクに乗り始めた社員も多数います。むしろ、そこからバイクにはまってしまい、すごい勢いで知識や経験をつけちゃうツワモノもいたりします(笑)。大切なのは、「バイクで生活していきたい!」という気持ち。その想いを大きく育てています。
レッドバロンの社員に笑顔が多いのは、「好きを仕事に」しているから!

会社データ

事業内容

PHOTO

■オートバイ本体の販売・修理(国内外、新車・中古車問わず)
■パーツ・アクセサリー用品卸及び小売販売
■技術情報の紹介及び物品販売
■海外における、現地企業との合弁事業の展開 及び技術指導
■現地企業との合弁事業の展開
■ライダー専用レジャー施設(ホテル・サーキット・キャンプ場等)の開発・運営
■損害保険代理店業務

※当社については下記のキーワードで検索いただくとヒットしますので
ぜひお試し下さい。
【検索キー バイク 二輪 整備】
本社郵便番号 444-3523
本社所在地 愛知県岡崎市藤川町字境松西1番地
本社電話番号 0120-012-819
創業 1972(昭和47)年 1月
資本金 1,214万7,000円(グループ法人合計 63億4,662万円)
従業員 2,516名(2017年4月現在)
売上高 641億円(2016年10月)
代表者 代表取締役社長 石岡 直樹
事業所 ■国内310店舗
北海道12店舗、東北22店舗、北関東17店舗・甲信越18店舗、埼玉19店舗、千葉16店舗、東京16店舗、神奈川20店舗、静岡14店舗、愛知28店舗、岐阜8店舗、三重7店舗、北陸9店舗、滋賀・京都・奈良・和歌山17店舗、大阪18店舗、兵庫12店舗、中国18店舗、四国9店舗、九州30店舗
(2017年7月現在)
国内販売実績 年間販売実績10万台
国内スポーツ車市場では、20%以上の販売シェア(自社調べ)
主要取扱メーカー ヤマハ、ホンダ、カワサキ、スズキ、ハーレーダビッドソン、BMW、ドゥカティ、モトグッチ、ビモータ、アプリリア、トライアンフ、KTM、MVアグスタ、ベスパ、ヒョースン等
主な取引銀行 三菱東京UFJ銀行/みずほ銀行/りそな銀行/三井住友銀行/十六銀行/岡崎信用金庫
サービス体制 世界中で愛されるモータースポーツのひとつ、「オートバイ」。
そんなオートバイの楽しさを一人でも多くの方に伝えたい。
それがレッドバロン創業時から続く想いです。
「ツーリング(旅行)を楽しく、安心・安全に楽しめる環境づくり」を第一に考え、お客様のオートバイライフをサポートするために、様々なサービス体制を整えています。

■全国直営ネットワーク
 北海道から九州まで大型店舗でカバー
■全国300店以上のどこでも受けられるアフターサービス
■W30(Within 30Minutes)
 故障時、全国平均30分以内で現地まで駆けつけるシステム
■永久無料&距離無制限のツーリングサービス
■オートバイ保険と提携のロードサービスゴールドカード
■設備投資額91億円の二輪専用設備機器
■イントラネット検索システム
 常時 約59,000台の在庫車から希望のオートバイが検索可能
■中古車の品質保証制度
■業界初の安全基準、フレーム適合検査済証制度
■手軽かつ経済的にオイル交換が可能なオイルリザーブシステム
■二輪専用の盗難保険の取り扱い
■下取り保証
関連会社 ◆ニュージーランド
 レッドバロン オークランド
 TSS レッドバロン

◆タイ
 レッドバロン タイ
 レッドバロン バンコク

◆ハンガリー
 レッドバロン M1 トルクバリント
 レッドバロン ジュール
 レッドバロン ペーチ

◆ブラジル
 ファゼンダ レッドバロン
沿革
  • 1972年
    • 「ヤマハオートセンター(株)」設立。資本金100万円
  • 1976年
    • 貿易部設立。輸入外車の販売開始
  • 1980年
    • 名古屋陸運局より、日本初の二輪専用車検工場の指定を受ける
  • 1985年
    • コンピューター在庫照会システム稼働
  • 1988年
    • 二輪専用シャーシダイナモ「ACIDM(アシダム)」開発
  • 1989年
    • 100店達成記念セール開始
  • 1990年
    • ・ライダー専用のツーリングスポット
       「カイザーベルク穂高」オープン
      ・インターナショナルフランチャイズ募集開始
       オーストラリアディーラーに資本参加
  • 1995年
    • 全国150店舗達成記念「150km無料ロードサービス」開始
  • 1997年
    • W90※達成。W60に向けスタート
      ※連絡を受けてから現地まで90分以内に到着するサービス
  • 1998年
    • 全国直営200店舗によるロードサービス体制が完成し、
      「200km無料ロードサービス」開始
  • 1999年
    • 研修施設「レッドバロンテクニカルセンター」稼働開始
  • 2002年
    • ・本社工場(通称BC藤川)稼働開始
      ・9月「全店直営化」達成
      ・社内の整備士養成学校「二輪整備専門スクール」開校
  • 2004年
    • ・「(株)レッドバロン」に社名変更。
       本社を岡崎市藤川町に移転
      ・念願のW60達成。W30に向けスタート
  • 2005年
    • 無料ロードサービス付帯「ゴールドカード会員制度」開始
  • 2006年
    • 二輪専用サーキット
      「那須モータースポーツランド」オープン
  • 2007年
    • 最高ランクの保険代理店資格
      「HGA(ハイグレードエージェント)」取得
  • 2008年
    • 独自のパーツ供給システムによる「修理保証制度」を運用開始
  • 2009年
    • ・悲願のW30達成。
       ロードサービス到着までの平均時間が30分を切る
      ・「全国直営300店達成記念セール」実施
  • 2012年
    • 整備専門工場 「集成館」稼働開始
  • 2013年
    • 業界初の安全基準 「フレーム適合検査済証制度」開始
  • 2014年
    • ・「ライディングスクール岡崎」稼働開始
      ・「フレーム検査付車検」開始
  • 2015年
    • ライダーの安全とお客様のオートバイライフを守る新基準、「譲渡車検」開始
月平均所定外労働時間(前年度実績) 15時間(2016年度実績)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2018に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2019年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

ページTOPへ