最終更新日:2018/9/27

マイナビ2019

マイナビコード
112217
  • 正社員
  • 既卒可

(株)東洋精機製作所

本社
東京都
資本金
1億円
売上高
46億6,321万円(2018年3月)
従業員
156名(2018年3月現在)
募集人数
若干名

【”秋採用実施” 説明会開催しています!】名古屋で働きたい就活中の皆様へ! 労働条件は大企業にも劣りません!

東京・名古屋で説明会を開催しています!! <小さい会社だから夢のある会社です> (2018/09/27更新)

当社は、高分子材料(プラスチック、ゴム、繊維、塗料、紙など)の品質管理や研究開発の分野で使用される試験機類を永年にわたり製作し、工業製品の品質向上に陰の力として永年にわたり貢献してきた、試験機・測定機のトップメーカーです。

当社では現在、名古屋支店で勤務する技術サービス社員を求めています。

当社は従業員150名ちょっとの小さな会社ですが、小さいからこそ、一人でも大きな力が発揮できます。そんな当社に少しでも興味を持ち、「事業内容や仕事内容をもっと知りたい」、「試験機のことをもっと知りたい」など、さらに詳しく知りたいという方はぜひエントリーをお願いします。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
試験機、測定機市場で大きな支持を受け、存在感を示している混練・押出成形評価試験装置「ラボプラストミル」は当社の代表的な製品である。
PHOTO
製品の出荷前検査では念には念を入れて細部まで点検する。それが当社の製品への厚い信頼を生む理由の1つにもなっている。

日本の産業社会の幅広い分野で、経済成長を支える試験機、測定機の総合メーカーです。

PHOTO

縦割り社会ではないので同僚はもちろん、上司や先輩とも気軽に話しやすいオープンで明るい職場です。

当社は創業以来84年間、高分子材料分野をはじめとし、安全を追求する品質管理、研究、開発に欠くことができない試験機、測定機を創り続けてきた試験機、測定機の総合メーカーです。特に当社の代表的な製品であるゴムやプラスチック樹脂の混練、ゲル化、動的熱安定性、押出しその他加工性を評価する「混練・押出成形評価試験装置」は、市場で高い評価を受けています。材料を混ぜ、練り合わせて物質特性を調べる混練機と押出成形された部品等の特性を評価する検査機の組み合わせた装置はシリーズ化(品揃え)されており、幅広い業界の評価試験をカバーし、この市場を長く牽引してきました。

技術部では通常、一機種の設計、開発を管理職を責任者とする6〜7名のチームで行っています。チームは経験豊富なベテランから新入社員まで幅広い年齢層の社員によって構成され、技術の伝承と人材育成を兼ね備えた体制が構築されており、若手社員は設計業務を通じて、当社機械の設計ノウハウを自分のものにしていきます。

営業部は東京支店・大阪支店・名古屋支店を置き、日本国内全域に数百種類にも上る試験機や測定機を販売します。特に大阪・名古屋支店には販売部門のみならず、納入した試験機や測定機のメンテナンスを迅速に行うためのサービス部門も置いています。
営業部員は、プラスチックやゴム等、その道のプロフェッショナルであるお客様の要求に合わせて、最もお役立ていただける試験機や測定機を提案するため、製品の知識はもちろん、お客様が扱う材料の特性の知識なども必要になります。
もちろん、入社時からこのような知識を身につけている営業部員は全くいません。若手営業部員が主体となって行う勉強会や、先輩や上司の方々の手厚いフォローにより、必要な知識や、営業社員・サービス社員としてのスキルは自然と身についてゆきます。また、部内の雰囲気はオープンで、分からない事を質問しづらい雰囲気は全くありません。

当社では、技術部、営業部、生産部と異分野のエキスパートが協力してお客様と向き合うため部署間には壁がなく、オープンで明るい職場に新入社員はスムーズに溶け込んでいます。

会社データ

プロフィール

東洋精機製作所は1934年(昭和9年)の創業以来、プラスチックス、ゴム、紙、繊維、塗料、インキなどの材料評価試験機の専門メーカーとして、品質管理から研究開発の分野にわたり広く社会に貢献できる製品の製造・販売に取り組んで参りました。技術の進歩がそのスピードをより加速させている今、お客様のニーズも多種多様化しています。
そのような変化にすばやく対応し、新たな技術への挑戦、品質向上への取り組み、アフターサービスの充実、新技術情報のご提供など試験機のグローバル企業を目指して日々邁進しています。
「お客様の要求に応えられる製品を!」を品質基本方針に掲げ、これからもお客様から信頼される企業へ、そして『ものづくり』にチャレンジして参ります。

事業内容

PHOTO

プラスチックの熱的変形を調べる試験装置です。石油製品製造会社様に、幅広くご使用頂いています。

高分子材料評価試験装置、プラスチック試験機、ゴム試験機、紙・パルプ試験機、繊維・染色試験機、塗料・印刷インキ試験機、各測定機野製造・販売
本社郵便番号 114-8557
本社所在地 東京都北区滝野川5-15-4
本社電話番号 03-3916-8188
創業 1934年3月
設立 1939年12月
資本金 1億円
従業員 156名(2018年3月現在)
売上高 46億6,321万円(2018年3月)
事業所 本社  東京工場  舟渡サポートセンター 大阪支店 名古屋支店
業績          売上高    営業利益    経常利益
─────────────────────────────
2015年3月  38億3,000万円 2億5,800万円 3億1,500万円
2016年3月  41億9,400万円 3億3,100万円 4億2,200万円
2017年3月  41億8,068万円 3億8,869万円 4億2,594万円
2018年3月  46億6,321万円 5億0,029万円 5億1,817万円

 
株主構成 東精社員持株会
東精役員持株会
畑 幸一郎
畑 久仁子
主な取引先 ブリヂストン、旭化成 出光興産 信越化学工業 三井化学 東海ゴム工業
トヨタ自動車 三菱化学 パナソニック 東洋ゴム工業 住友ゴム工業 他
理化学研究所 食品総合研究所 建築研究所 各県の工業試験場他
山形大学 東京大学 東京工業大学他   (株式会社略)
海外日系企業各社
平均年齢 42歳
平均勤続年数 16年
平均給与 348,000円
沿革
  • 1934年
    • 東京神田猿楽町2-15において創業、独自な試験機の企画・設計・製作を開始。
  • 1959年
    • 板橋工場を増設し、一層の製品の高度化を図りユーザーへのサービスに努めた。資本金900万円に増資。
  • 1961年
    • 生産部門の拡充と将来への躍進に対処して板橋工場を閉鎖し、埼玉県上尾市に武蔵工場(敷地13,000m2) を新設操業開始。
  • 1962年
    • 関西地方の販路拡大のため大阪支店を設置。
      資本金2,000万円に増資。
  • 1968年
    • 中部地方販路拡大のため名古屋支店を設置。
      資本金5,000万円に増資。
  • 1972年
    • 投資育成(株)の転換社債により資本金9,000万円に増資。
  • 1974年
    • 米国 アトラス エレクトリック・デバイシス社と提携。
  • 1986年
    • 資本金を1億円に増資。
  • 1988年
    • 東京工場を新築。旧本社より移転。
  • 1991年
    • 本社CSセンターを新築。
  • 1997年
    • LRQAよりISO-9001認証取得。(認証番号956611)
  • 2000年
    • 武蔵工場を閉鎖し、東京工場に集約。EDI受注管理システム(TOS-web)構築。
  • 2002年
    • EDI購買管理システム(TP-Net)構築。東京工場舟渡サポートセンター竣工。
  • 2005年
    • 大阪支店を移転し、ショールームを設置した。
      (財)地球環境戦略研究機関(iGES)より「エコアクション21」を東京工場にて認証取得した。(認証番号 0000165)
      その後、全社認証取得した。
  • 2012年
    • 上海に販売の東洋精機貿易(上海)有限公司。現地法人を設立した。
月平均所定外労働時間(前年度実績) 8時間(2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒114-8557
東京都北区滝野川5-15-4
本社管理部/柳澤
TEL:03-3916-8188
URL http://www.toyoseiki.co.jp/
E-mail n-yanagisawa@toyoseiki.co.jp
交通機関 【本社】
 都営地下鉄三田線「西巣鴨駅」下車徒歩5分
 埼京線板橋駅 徒歩10分

【名古屋支店】
 JR・地下鉄東山線「千種駅」徒歩2分
 地下鉄桜通線「車道駅」徒歩7分

【大阪支店】
 御堂筋線「江坂駅」徒歩3分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp112217/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)東洋精機製作所と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)東洋精機製作所 を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ