最終更新日:2018/7/5

マイナビ2019

マイナビコード
113025
  • 正社員
  • 既卒可

(株)長崎鉄工所

本社
岡山県
資本金
1,000 万円
売上高
6億6,000万円 (2017年6月度実績)
従業員
38名 (2018年3月時点) 内、外国人社員2名 (製造担当者)
募集人数
1〜5名

【説明会受付中】潜水艦からロケットまで。精密金属機械加工のオンリーワン切削技術で、日本のものづくりを支え続けています【学部・学科関係なく活躍できる会社です!】

当社のページをご覧いただきありがとうございます。 (2018/05/24更新)

私たちは、NC・五面加工機・旋盤・ターニングを主体として小物から大物の精密金属機械加工を50年以上にわたり行ってきました。
その製品の多くは皆様の目に触れないところで、皆様を、延いては社会を支えております。

企業説明会の情報につきましてはセミナー画面をご覧ください。
また、ご不明点やご質問は採用担当まで、お気軽に電話やメールでお問い合わせ下さい。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
工場内にはNC旋盤機や五面加工機など30台近い加工機械を完備。刃先を換えることで、鉄系金属からステンレス、非鉄合金、軟削材まで様々な材料に対応可能。
PHOTO
精密金属加工において長年蓄積されてきた技術とノウハウ。ベテラン社員からの継承に臨む若手社員たちの成長とこれからの活躍に、大きな期待が懸かる。

製鉄からエネルギー、大型輸送にロケットまで。多彩な分野で生かされる技術。

PHOTO

「スペシャリストかゼネラリストか、あるいは生産計画と現場指揮を担うマネジメント業務か。実務を通じて自らの得意を見出し、のびのびと育ってほしい」と語る長崎将雄代表

【日本の基幹産業の発展に寄与】
当社は、発電プラントや製鉄用の機械パーツから、飛行機・船舶・新幹線などの大型輸送機、ロケットなどに用いられる精密金属機械まで、さまざまな分野で使われる金属・非金属部品の切削加工を行う鉄工所です。日常生活の中で皆さんの目に直接触れる機会はまずありませんが、製品のほとんどは日本の基幹産業を支える装置や機械部品ばかり。暮らしの利便性や安全・安心、経済の発展を縁の下で支える大役を、地道にコツコツと果たしているのです。

【半世紀の歴史に培われた技術とノウハウ】
当社で手掛けるのはいわゆる多品種少量生産品で、年間わずか10個、中にはたった1つしか作らないものもあります。大量生産のようにライン上の決まったプロセスを経て生み出されるものではありませんから、一つひとつの作業がそのまま製品の仕上がりを大きく左右することになります。製造の舞台が海外に移りにくく、製造業の中では景気の直接的な影響も受けにくい分野ではありますが、その分、現場技術の向上と継承が極めて重要なのです。

【世界に誇るオンリーワン技術の継承者に】
そのため、当社の現場を担う社員たちは日々の現場業務の中で技術の習得と向上に努め、若いスタッフたちにはベテラン社員が長年当社で腕を磨き数十年かけて培ってきた技術・ノウハウをしっかりと受け継いでほしいと考えています。学生時代に身に着けた数学や工学の基本知識は大いに役立つでしょう。けれど、実践を通じてでなければ分からないこともたくさんあります。仕事に必要な感覚や勘を養うため多くを吸収してください。専攻に関らず、センスは磨くことができます。大切なのは、素直な姿勢で何事にも柔軟でいること。意欲と熱意を持った人にぜひ来ていただきたいと思っています。
(代表取締役社長 長崎 将雄)

会社データ

プロフィール

当社は「金属加工」を通じて、「ハード」と「ソフト」の両面から日本の文化・産業を支えている会社です。

創業以来50年以上にわたり、超伝導部品用薄肉パイプ等、最先端技術への取り組みから、鉄鋼、船舶から飛行機までジャンルにとらわれない様々な分野への挑戦を通じて、クリエイティビィティを発揮しつつチャレンジ精神で新製品の開発・製造を進めております。

長年培ってきた技術をもとに、時代の流れに応じたお客様の声を捉えながら、時代と社会にフィットした製品をこれからも世の中に送り出していきたいと考えております。そして、当社の製品が少しでも技術の進歩に役立ち、明るい未来社会の創造に貢献できること、それが私たちの願いです。

事業内容
◆製鉄用機械部品・製鉄用機械部品
◆自動車用金型・冶具
◆窯業用金型
◆各種一般産業機械部品
本社郵便番号 705-0022
本社所在地 岡山県備前市東片上2490-5
本社電話番号 0869-64-2865
創業 1949年2月23日
設立 1961年7月25日
資本金 1,000 万円
従業員 38名 (2018年3月時点)
内、外国人社員2名 (製造担当者)
売上高 6億6,000万円 (2017年6月度実績)
主な取引先 JFEスチール(株) 西日本製鉄所
三菱商事テクノス(株)
三菱重工業(株)(商社経由)
米子製鋼(株)
住友精密工業(株)
三井造船(株)
ナカシマプロペラ(株) 他
沿革
  • 昭和24年2月
    • 片上村(現在の備前市東片上)の地において創業。
  • 昭和36年7月
    • 現会社体制に組織変更し、窯業機械設備・金型の専門工場として発足。資本金600万円。
  • 昭和41年
    • 川崎製鉄・水島と取引開始。
  • 昭和45年4月
    • 新日鉄広畑H型鋼用のロール研削工場として姫路工場を新設、操業開始。
  • 昭和55年4月
    • 三菱自動車水島製作所のプレス鋳造金型及び冶工具の製作を開始
  • 昭和60年3月
    • 新日鉄広畑大型工場休止をもって当社姫路工場も休止
  • 昭和63年6月
    • 本社事務所新築
  • 平成3年2月
    • 空調完備のNC工場を新設し、産業・鉄鋼機械部品の精密・大型製品の加工を開始
  • 平成6年2月
    • 超伝導用部品加工開始。
  • 平成7年8月
    • 資本金1,000万円に増資
  • 平成18年12月
    • 新工場落成
  • 平成19年3月
    • NCターニング導入(テーブル径2000mm ミーリング機能有り)
  • 平成19年5月
    • 横中ぐりボール盤導入(主軸径200mm 移動量:10000mm×4000mm)
  • 平成20年1月
    • 大型5軸マシニングセンター及びNC旋盤(芯間3000)導入
  • 平成21年2月
    • 大型五面加工機導入
  • 平成23年9月
    • φ3000NCターニング導入
  • 平成24年2月
    • 縦型マシニングセンタ導入
  • 平成25年6月
    • 複合旋盤型マシニングセンタ導入
  • 平成26年4月
    • 大型三次元測定器導入
平均勤続勤務年数 16.9年(2017年6月実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 16.5時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 11日
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 33%(3名中1名)

採用データ

取材情報

数学・工学の知識を生かして切削加工のエキスパートへ。
やる気と創意が日本のモノづくりを世界に羽ばたかせる原動力に。
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒705-0022
住所: 岡山県備前市東片上2490-5
TEL: 0869-64-2865
FAX: 0869-64-4860
URL www.nagasaki-iws.co.jp/
E-mail general@nagasaki-iws.co.jp
交通機関 電車: 赤穂線 西片上駅から徒歩約11分
    備前片上駅から徒歩約17分

車:○岡山方面から
    国道二号線伊部東交差点右折
    2.5km先市民センター前交差点を右折

  ○大阪・姫路方面から
    山陽自動車道備前IC より備前・日生方面へ
    国道二号線5.8km先大東交差点左折
    1.6km先市民センター前交差点を左折
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp113025/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)長崎鉄工所と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ