最終更新日:2018/4/23

マイナビ2019

マイナビコード
14182
  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

(株)西松屋チェーン

本社
大阪府、兵庫県
資本金
25億2,300万円
売上高
1,373億900万円(2018年2月期)
従業員
社員717名、パート6,280名(2017年4月)
募集人数
46〜50名

ベビー・子供の日用品を製造し、販売する専門店チェーン。

「チェーンストアを科学する」西松屋チェーン。リーディングカンパニーとして22期連続で増収を達成。 (2018/03/01更新)

西松屋が目指すもの。それは、
『子供たちの夢を育み、家族の豊かな暮らしを実現』すること。

お子様を持つ家庭の毎日の子育てが楽しくなる『豊かな暮らし』実現のため、
私たち西松屋チェーンは大きなビジョンとロマンを持って、
真に社会に貢献できる企業になるため、社員一人ひとりが取り組んでいます。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
お客様のさらなる利便性向上に向け、小商圏での店舗づくりや、店先まで車で乗りつけられるオープンエア型ショッピングセンターへの出店を積極的に展開。
PHOTO
厳しいチェックを通過した商品のみが店頭に並ぶ西松屋チェーン。ほぼ毎日繰り広げられる商談では、各部門の担当者が取引条件、デザイン、納期などを十分に確認します。

自社製品の開発と、店舗効率化を徹底し、じっくりと人材育成。

PHOTO

「使いやすさ」と「安さ」を両立させた"Smart Angel"は、使う人の立場にたって開発されたプライベートブランドです。人気商品は月5万〜6万個の販売実績を誇ります。

西松屋チェーンは子ども用品業界トップクラスのSPA(製造小売業)として21期連続増収と、順調な成長を遂げています。現在、全国47都道府県に951店舗を展開(2018年2月現在)。今後も、さらなる企業拡大に向けて邁進します。

◇私たちが大切にしていること
ベビーやお子さまを育てるご家庭の普段の暮らしが「より豊かに、より便利に、より楽しくなるように」との思いから、生活用品を幅広く、お手頃な価格で提供しています。ひいては現在、社会問題となっている少子化問題にも貢献していきたいと考えています。

◇徹底した「生産性向上」は、お客様のため
リーズナブルな価格設定は「生産性向上」の賜物。西松屋チェーンならではのユニークなアイデアを活かしています。たとえば店内のレイアウト、商品、陳列方法などは全店舗標準化し、商品の売価、在庫管理、発注などは本社で一元管理しています。品出しは効率を考え、通路単位で商品を箱詰めしておき、通路ごとに開封するスタイルを導入しています。また、子供服はハンガーに掛けて陳列。お客様には一目瞭然で、見つけ易く、手に取り易いうえに、たたみ直す手間もかかりません。元通りたたむ従業員の労力も削減できます。
950もの店舗がありますから、こうしたアイデアをひとつ導入するだけで生産性が大幅に向上。お客様の便利を追求しつつ、生産性向上をさらなるロープライスにつなぎ、お客様に還元したい。小さなアイデアを積み重ね、徹底することがお客様のご支持、西松屋チェーンの成長に繋がっています。

◇新たな「仕掛け」を生み出す、フラットな組織風土
私たちの大きな強み「生産性向上」につながる「仕掛け」は、一部の社員だけに任されるものではなく、様々な部署の担当者による提案、実験、改善の繰り返しによって生まれています。社歴や立場に関わらず「もっとお客様のために、そして私たちの成長のために」と知恵を出し合うフラットな組織風土です。

◇PB商品
低価格で使いやすい、それが当社のPB商品が持つ最大の魅力。ほとんどの育児用品はお子さまの成長に寄り添うものですから、おのずと使用する期間が限られます。つまり、機能性を高めすぎるより、今、子育てに必要な機能を備えた商品をお求めやすい価格で提供することが大切なのです。お客さま目線に立って、本当に必要なものを。PB商品は今後いっそう、拡充させていく予定です。

会社データ

プロフィール

西松屋チェーンは、商品の企画・設計から原料の仕入れ、製造そしてお客様のお手元に商品が届くまでの流れを、全て自分たちで行うマーチャンダイジングに力を入れています。これが、お客様に低価格で商品をお届けできる秘密の一つです。また、マーケティング手法も独特なものを取り入れています。全国に店舗があることを強みとして、対象店舗で先行発売を実施し、その結果を全店舗に波及させる…。売れている商品は全国に大量に投入し、一方で売れないものは投入量を最小限に抑える…どれもこれも、子どもさんを持つ全てのご家庭の暮らしをより豊かにしたい! という想いから。このように常に成長し続ける西松屋チェーンは、過去22期連続増収中! これにおごることなく、成長を続けて行きたいと思います。

事業内容

PHOTO

通路を広く直線にすることでベビーカーのお客様も気軽に買い物ができます。また、商品の正面を向けて陳列することで、見つけ易く手に取り易い売場を演出しています。

ベビー・子どものくらし用品製造小売業

西松屋チェーンは、お子様を持つご家庭の子育てがさらに楽しくなるように、ベビー・子どもの生活関連商品の製造・販売をしております。全国にチェーンストア展開を行っており、今後もより多くのお客様に商品をお届けすべく、店舗拡大を進めています!
姫路本部郵便番号 671-0218
姫路本部所在地 兵庫県姫路市飾東町庄266-1
姫路本部電話番号 079-252-3300
新大阪本部郵便番号 532-0003
新大阪本部所在地 大阪府大阪市淀川区宮原3-5-36
新大阪トラストタワー17階
新大阪本部電話番号 06-6152-6907
設立 1956年10月
資本金 25億2,300万円
従業員 社員717名、パート6,280名(2017年4月)
売上高 1,373億900万円(2018年2月期)
売上高推移 1,362億7,300万円(2017年2月期)
1,328億1,000万円(2016年2月期)
1,285億2,600万円(2015年2月期)
1,276億7,600万円(2014年2月期)
1,225億4,600万円(2013年2月期)
1,198億1,400万円(2012年2月期)
1,178億7,100万円(2011年2月期)
1,177億2,000万円(2010年2月期)
1,163億8,400万円(2009年2月期)
1,108億5,100万円(2008年2月期)
1,043億3,100万円(2007年2月期)
 951億3,400万円(2006年2月期)
 887億2,900万円(2005年2月期) 
 778億5,300万円(2004年2月期)
事業所 ■新大阪本部/大阪府大阪市
■姫路本部/兵庫県姫路市
■店舗/全国47都道府県に951店舗(2018年2月)
平均年齢 38.6歳
経営理念 『日常のくらし用品を、気軽に、自由に、そしてお客様に満足される品質の商品を、どこよりも低価格で、最も便利に提供することによって、社会生活の向上に寄与する』

お子様を持つ家庭の毎日の子育てが楽しくなる“豊かな暮らし”実現のために私たち西松屋チェーンは大きなビジョンとロマンを持って、真に社会に貢献できる企業になるため、社員一人ひとりが青春と人生を賭けて取り組んでいます。
沿革
  • 昭和31年10月
    • 茂理 満(現名誉会長の母)と現名誉会長 茂理佳弘が宮詣り衣装、出産準備品を扱う「赤ちゃんの西松屋(株)」を設立し、大手前通り店出店(資本金1,100千円、兵庫県姫路市本町、平成9年11月廃止)
  • 昭和34年3月
    • 「(株) 西松屋ストアー」に商号変更
  • 昭和40年10月
    • 子供服の販売を事業目的に加え兵庫県姫路市紺屋町にみゆき通り店(平成27年12月廃止)を出店し、併せて本部事務所を移転

  • 昭和54年8月
    • 「(株) 西松屋チエーン」に商号変更

  • 昭和54年10月
    • 兵庫県姫路市に駐車場付郊外型店舗北姫路店を出店
  • 昭和63年4月
    • 神戸市西区北別府に郊外型大型店舗伊川谷店を出店
  • 平成元年12月
    • 商品情報と販売情報を即時に収集するため、POSシステムと汎用コンピュータを導入
  • 平成2年11月
    • 兵庫県神崎郡福崎町に福崎店出店(平成24年12月 新福崎店にリプレース)、初めて郡部立地へ出店
  • 平成3年4月
    • 兵庫県伊丹市に商品管理センター開設(平成6年1月移転)
  • 平成5年11月
    • 岡山県倉敷市に平田店、北畝店の2店舗を出店し、中国地区へ販売エリアを拡大

  • 平成6年1月
    • 分散していた本部機能の効率化を図るため、本社新社屋兼商品管理センター(兵庫県姫路市飾東町)を建設し移転(平成14年8月業務の完全外部委託化に伴い商品管理センター廃止)
  • 平成9年5月
    • 「(株) 西松屋チェーン」に商号変更
      香川県高松市に高松店(現 高松レインボー通店)を出店し、四国地区へ販売エリアを拡大
      埼玉県本庄市に埼玉本庄店を出店し、関東地区へ販売エリアを拡大
  • 平成9年7月
    • 日本証券業協会に株式を店頭登録銘柄として登録
  • 平成10年9月
    • 北九州市に小倉南店、八幡西店(現 八幡上津役店)の2店舗を出店し、九州地区へ販売エリアを拡大
  • 平成11年9月
    • 静岡県富士市に富士店(現 富士伝法店)を出店し、中部地区へ販売エリアを拡大
  • 平成11年11月
    • 東京証券取引所及び大阪証券取引所市場第二部に株式を上場
  • 平成13年2月
    • 東京証券取引所及び大阪証券取引所市場第一部銘柄に指定
  • 平成13年7月
    • 福島県に郡山店(現 郡山富田店)を出店し、東北地区へ販売エリアを拡大
  • 平成15年4月
    • 札幌市に札幌白石店、札幌東店、札幌屯田店の3店舗を出店し、北海道地区へ販売エリアを拡大
  • 平成16年4月
    • 沖縄市に沖縄美里店、那覇市に那覇新都心店を出店し、沖縄県へ販売エリアを拡大
      北海道から沖縄県までの47都道府県、全国にチェーン店網を完成
  • 平成27年4月
    • 大阪市淀川区宮原に商品本部新大阪事務所を開設

  • 平成28年8月
    • 平成28年8月20日現在で店舗数892店舗(北海道地区40店舗、東北地区80店舗、関東地区246店舗、中部地区155店舗、近畿地区159店舗、中国地区60店舗、四国地区30店舗、九州地区110店舗、沖縄地区11店舗)

平均勤続勤務年数 10.7年(2017年実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 26.2時間(2017年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 11.0日(2017年実績)
前年度の育児休業取得対象者数 2名(2017年)
前年度の育児休業取得者数 2名(2017年)

採用データ

取材情報

ジョブローテーションによって、会社の事業全体を俯瞰する視点が身につきます。
さまざまな部署や店舗での経験が、自身の成長につながっている
PHOTO

先輩情報

いかにスマートに目的を達成するか
金丸 竜也
2011年入社
立命館大学
経営学部 アントレプレナー科
店舗運営本部
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)西松屋チェーン
〒532-0003
大阪府大阪市淀川区宮原3−5−36 新大阪トラストタワー17階
人財採用部 採用課 採用担当
URL 当社HP http://www.24028.jp/
E-mail saiyou@nishimatsuya.jp
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp14182/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)西松屋チェーンと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)西松屋チェーン を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ