最終更新日:2018/6/20

マイナビ2019

マイナビコード
200096
  • 正社員
  • 既卒可

(株)オオゼキ

本社
東京都
資本金
1億円
売上高
939億7,359万円(2017年2月実績)
従業員
正社員数:1,510名 パート数:798名(8時間換算) (2017年4月現在・役員除く)
募集人数
46〜50名

【夏採用】★選考直結セミナー開催!★自分らしく強みを活かして働こう!まずは配属先を自分で決めることが「自分スタイル追求」の第1歩。オオゼキは100%希望部門配属!

  • 積極的に受付中

〈美味しいもの大好き!なひと必見〉旬の食材食べ比べバイヤー体験つき!★選考直結型会社説明会スタート★ (2018/06/20更新)


現在、2019年度のエントリーを受付中です。
みなさんにお会いできるのを楽しみにしています!

<<選考直結型>>
の会社説明会を実施しておりますので、
お早めにご予約をお願いいたします!

----- オオゼキがよくわかる#キーワード -----

#食 #100%希望部門配属 #東京勤務
#地域密着 #社会貢献
#バイヤー #売り場づくり #商品企画
#正社員比率7割 #経営利益率No,1

-----オオゼキの3つの特徴-----

【Point 1】
■会社説明会は履歴書不要です!
まず、一度説明会にご参加いただき、
動画や先輩社員との座談会を通して、
オオゼキの雰囲気、会社について
知っていただきたいです。

【Point 2】
■試食会つき会社説明会!
食いしん坊歓迎!店舗で販売している商品の
試食をご用意しております。
商品の食べ比べを通し、
バイヤーの体験ができます!

【Point 3】
■文理不問です!
オオゼキでは文系理系問わず、活躍できます。
旅行が好き、スポーツが好き、音楽が好き、
オオゼキは『100%希望配属』のため
自分個性を生かせて、好きを仕事にできます。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
「本当に100%希望配属なんて、あるの!?」という疑問は即解消。正真正銘、一人ひとりの希望を尊重した配属が、個々の強みを伸ばし、個性に磨きをかけていく。
PHOTO
「個店主義」を貫くオオゼキ。精肉部門だけ見ても、産地、肉の種類、部位まで店舗ごとに商品構成は様々。こうした工夫が、地域のお客様の満足度につながっている。

思い描いていた環境で、存分に人間力を発揮してもらいたい。

PHOTO

オオゼキの店舗を訪れてまず印象に残るのは、若手社員の屈託のない笑顔とイキイキとした働きぶり。地域のお客様に愛される彼らの姿に、オオゼキの明るい未来が重なる。

●ミスマッチを防ぐ、オオゼキならではの試み

「入社したら、説明時のイメージと違っていた」
「希望する部署に配属されなかった」
そうした声は、オオゼキではまず聞くことはありません。
なぜなら私たちは入社後のミスマッチが起こらないよう、本気で皆さんと向き合うからです。
選考中は店舗見学で従業員と自由に話す機会を設け、最終面接の前には職場体験プログラムを用意しております。
働く感覚を知った上で、入社後に活躍する自分をイメージしていただきたいと考えております。

オオゼキでは、皆さんの配属希望を100%叶えます。
皆さんが働きたい部門に必ず配属する方針は、オオゼキの伝統であり、新人を迎える文化でもあるのです。
好きなことならばモチベーションを高く保つことができ、仕事にも楽しく取り組めることでしょう。

●「個店主義」が育む、地元エリアとの豊かな関係

世の中は、効率化を追い求め、チェーン店として画一的な店づくりを行っている企業も多数あります。
人間の仕事をロボットが取って代わる話題も増えてきました。
そんな中でも、オオゼキが地域密着型のスーパーであることに変わりはありません。
人との絆、人でしかできないこと、そんな“人間力”を大切にしていきたいと創業時から考えています。
「個店主義」は、その想いを実現したひとつのカタチなのです。

オオゼキの店舗は、ひとつとして同じものはありません。
看板、店構え、品揃え、さらには価格さえも。
そして、それらを決定するのは各店舗の従業員です。
地元の感覚を知る者が仕入れてこそ、お客様にも自信を持って販売できるのです。
また、精肉や鮮魚はほとんど各店舗内で調理しています。
店内調理は鮮度が高い状態を維持でき、お客様からの要望にもタイムリーに応えることができるのはもちろん、自らが仕入れ自ら加工する品だけに愛着もひとしおで、プライドを持って仕事に取り組むことができます。
一見非効率に見えるプロセスが、沢山のお客様の支持を得て、爆発的な売上につながる原動力になります。

会社データ

プロフィール

オオゼキは食品スーパーマーケットとして、東京23区を中心に38店舗を展開中。そんな私たちを支えているのは、仕事へのこだわりと、社員への想いに他なりません。そんな私たちのポリシーをご紹介いたしましょう。

<小売店のイメージを覆す「個店主義」>
●接客
「ワクワクするような期待感の中でお客様に喜んでいただき、
お買物を楽しんでいただく」ことこそがオオゼキの目指す理想像です。
お客様が気軽に話しかけられご要望にすぐに対応できる部門スタッフの配置、明るい笑顔のチェッカー職等、
スピーディーかつ臨機応変な対応をするために各部門が連携し、
協力し合って店舗を作っていきます。

●売場づくり
店舗ごとに売場の構成や商品ラインナップなどが大小異なるのがオオゼキの特徴です。
地域特性の反映やお客様の意見を取り入れたりして構成された売場は、
お客様のことを第一に考える従業員の創意工夫の結晶です。

●仕入
商品の仕入は本社のバイヤーではなく、
各店舗の部門の担当者が直接行っています。
その根底には「店舗ごとにお客様の細かいニーズが異なり、
そのことは現場が一番よく知っている」という考え方によるものです。
お客様との間には「あの商品はいつ入ってくるの?」とか
「明日市場で該当商品があれば仕入れて来て欲しい」など
気さくなコミュニケーションがよく飛び交います。

●価格設定
オオゼキでは気候や商品相場、競合店の動向などを考慮して
価格設定をしています。
自ら仕入れた商品を自分の裁量で価格を決め提供し
商品全体の価格バランスを取りながら販売していくというのも、
徹底した個店主義という独自の戦略によるものです。

●福利厚生
オオゼキは社員満足度向上のために福利厚生全般に力を入れています。
若くて病気が少ない社員が多く、
自主健康保険組合を持つことによる健康保険料のメリット・
確定拠出年金や財形など資産構築のためのツール、
社員が安価で休養したり家族孝行したりできる保養施設の所持、
0〜2歳児を対象とした企業主導型保育園施設との提携等
働く社員を応援する様々な仕組みを整えています。

事業内容

PHOTO

新鮮な魚をさばき、お客様が調理しやすいように切り身にするのは鮮魚担当者の仕事。魚の種類によってさばき方も異なり、幅広い知識と技術を身につけることができる。

●食料品の販売を中心としたスーパーマーケットの運営

「生鮮食料品」:精肉部・青果部・鮮魚部・惣菜部
「一般食料品」:デイリー部・グロッサリー部

正社員比率の平均は業界で約25%。一方でオオゼキは約70%という高い数字を誇ります。各店舗を見ても、約7割が正社員。豊富な商品知識と高い接客レベルを有する質の高い社員が揃い、臨機応変できめ細かい対応を実現しています。まさに売上高・経常利益ともに連続増収を続けるオオゼキの原動力です。
本社郵便番号 155-0031
本社所在地 東京都世田谷区北沢二丁目9番5号
本社電話番号 03-6407-2511
創業 1957年2月13日(昭和32年)
設立 1975年8月(昭和50年)
資本金 1億円
従業員 正社員数:1,510名 パート数:798名(8時間換算)
(2017年4月現在・役員除く)
売上高 939億7,359万円(2017年2月実績)
売上高推移 764億1,800万円(2013年2月)
814億2,900万円(2014年2月)
881億 880万円(2015年2月)
945億6,600万円(2016年2月)
939億7,359万円(2017年2月)
事業所 <本部(営業部・コーポレート部・経理部・システム部)>
東京都世田谷区北沢2-9-5 4F TEL:03-6407-2411

【店舗一覧】
東京都
世田谷区(松原店、経堂店、野沢店、上町店、池尻店、祖師谷大蔵店、千歳烏山店、千歳船橋店、下北沢店、八幡山店、尾山台店、上野毛店)
杉並区 (高井戸店、東高円寺店)
大田区 (御嶽山店、池上店、雪が谷店、大森駅前店、大森北店)
品川区 (目黒不動前店、戸越銀座店、旗の台店、戸越公園店、武蔵小山店)
新宿区 (高田馬場店)
目黒区 (碑文谷店、祐天寺店)
台東区 (浅草雷門店)
墨田区 (菊川店)
江戸川区(南小岩店)
江東区 (門仲牡丹店)
板橋区 (ときわ台店)
調布市 (つつじヶ丘店)
三鷹市 (三鷹店)

神奈川県
大和市 (中央林間店)
相模原市(矢部店)

千葉県
市川市 (市川店)

計38店舗(2018年3月現在)
経常利益推移 54億1,100万円(2013年2月)
59億 900万円(2014年2月)
68億 890万円(2015年2月)
71億9,900万円(2016年2月)
69億 531万円(2017年2月)
平均年齢 30.9歳(2017年4月現在)
取引企業 日本ハム・花王・サントリー・キリン・サッポロ・味の素・カゴメ・森永製菓・ブルボン・メイジ
その他多数の日常消費品メーカー
企業目的 企業目的  :「幸福の循環」
キーワード :「お客様第一主義」「個店主義」「地域密着主義」
沿革
  • 1957年2月
    • 創業者 佐藤達雄氏が個人商店を開業
  • 1958年9月
    • (有)大関総合食品を設立
  • 1963年5月
    • 乾物主体から生鮮品のテナントを導入
  • 1965年8月
    • テナント部分を自社営業に変えスーパーマーケットとして確立
  • 1978年10月
    • POSシステムを導入
  • 1980年5月
    • 販売促進活動として、「ピンクレシートサービス」を導入
  • 1993年9月
    • コンピューターシステムの拡充と共に「キャッシュバックカード」を導入
  • 1999年10月
    • 日本証券業協会に株式を店頭公開
  • 2000年12月
    • 東京都世田谷区に研修センターを設置
  • 2006年9月
    • 東京証券取引所に株式を上場
  • 2010年1月
    • マネジメント・バイアウト(MBO)により、株式を非上場化
  • 2011年6月
    • 群馬県高崎市倉渕町権田に研修所「貫達塾」を開所
  • 2015年4月
    • 神奈川県足柄郡箱根町仙石原に直営保養所「大関荘」を開所
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 役員14.2%
管理職13%

採用データ

先輩情報

周りの人も笑顔にするフレッシュさとスマイル
佐藤 重太
経営学部 会計ファイナンス学科 卒業
門仲牡丹店 食品部
食糧の補充・品出し・飲料の発注・売り場を守る

問い合わせ先

問い合わせ先 〒155-0031
東京都世田谷区北沢2-9-5 4階 
採用人事担当/市川・国松  TEL:03-6407-2511
URL http://www.ozeki-net.co.jp/
E-mail t.kunimatsu@ozeki-net.co.jp
交通機関 下北沢本部:小田急・京王井の頭線 下北沢駅南口徒歩3分
オオゼキ上町研修センター:東急世田谷線 上町駅徒歩3分
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp200096/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)オオゼキ を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ