最終更新日:2018/11/5

マイナビ2019

マイナビコード
200325
  • 正社員
  • 既卒可

社会福祉法人まつど育成会

本社
千葉県
資本金
社会福祉法人の為、資本金はありません。
売上高
社会福祉法人の為、売上はありません。
職員数
96名 正規職員67名 非常勤職員29名 [2014(平成26)年8月]
募集人数
11〜15名

誰もがひとりの人として持てる力を最大限に発揮して生きる事を支援する。人として尊厳を尊重し、その人らしく暮らすということを模索し、丁寧な支援を継続する。

  • 積極的に受付中

〜「あたりまえの暮らし」の仕組み作りに携わる〜 1度いらっしゃればわかりマス。 (2018/09/28更新)

弊法人は、利用者の皆さんが「暮らすこと」「生きること」に充実した日々であってほしいと願い、生活支援や日中活動支援、余暇支援を行っています。

採用希望者向け見学会を、毎月2回行っています。
もちろん、すぐにでも弊法人に就職ご希望の方も随時受け付けております。就職希望の方は、まずは履歴書をご送付ください。

見学会、就職試験受験希望者、どちらもお待ちいたしております。

見学会:毎月第二水曜日、第四土曜日 13:00〜16:00
    集合場所 東武アーバンパークライン 六実駅改札
    申し込み先電話番号 047-389-4172 担当 大友

就職希望者:履歴書送付→第一次試験 書類選考→第二次試験 面接 筆記試験
      →第三次 現場実習試験

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
毎年行われる職員旅行。この日ばかりは職員も思いっきりリフレッシュします!
PHOTO
毎年恒例のクリスマスパーティー♪司会の二人もばっちり決めてます!

『誰もがかけがえのない大切な人であるために』

PHOTO

早坂統括施設長。まつど育成会の立ち上げから法人の運営と経営に携わる。育成会職員たちへ支援のスーパーバイズも日々力を入れている。

 社会福祉法人まつど育成会の基本理念は「誰もがひとりの人として尊重される権利を有していることを意識し、その持てる力を最大限に発揮して生きることを支援する。人として尊厳を尊重し、その人らしく暮らすということを模索し、丁寧な支援を継続する。」というものです。親たちの熱い思いで生み出された法人と、事業第1号のまつぼっくり。初代施設長としての私は一人ひとりと向き合った丁寧な支援を目指したかった。入所施設で一生暮らすイメージを払拭し、暮らしを創るというイメージを具体化したいと考えました。この理念こそ、現在の職員育成の根源になり、利用者・家族と共に活動することの原点(ルーツ)になっています。
「まつぼっくり」の名称は、胞子が地域に飛び、その地に広がるイメージのもと、施設として地に足をつけ、大きく広がってほしいとの意味を込め命名。現在では、松戸の中で、シンボルマーク(キャラクター)と共に定着することができています。
まつぼっくりは、入所者男女50名(他にショートステイ6名)の規模です。10名1グループのユニットに、それぞれリビングに面して居室を配置。各グループ専用のキッチン(シャッター付)、リビング、浴室(大き目の浴槽)、トイレ(段差式)を設置。さらに、隙間無くカーテンを閉められるカーテンレール交差、等々で出来る限り、家庭の生活をイメージしたユニット作りを試みました。
開所から支援の基本方針は人として向き合うことに置きたいと思いました。「まつぼっくりは」人として属した社会の中で生きることを支援する場にしたいと考えたのです。家庭で暮らしてきた人たちが大きく羽ばたいて自分の暮らしを見つけてほしい。終の棲家でない入所施設をイメージしようと決めました。それが、「通過型」の意味するところです。この10年は「通過型」の取組みを実践する中で、親御さんたちと障害のあるわが子たちが、この社会の中で堂々と生きていくべき存在であることを確認してくることができました。この「想い」こそが、「まつど育成会」の宝だと思っています。これからも、この姿勢を柱として、家族、利用者、職員が生き生きと活躍できる法人運営を目指します。

会社データ

プロフィール

社会福祉法人まつど育成会は親たちの熱い想いで、生み出されました。
一人ひとりに人生があり、どんな暮らし方が良いのかを一緒に考え、2004年の「まつぼっくり」開所当時から、入所施設の機能について考え続けています。そして「まつぼっくり」は、2011年からは職住分離を目指し、ほとんどの人が通勤しています。社会と接点をなくさない暮らしを目指しています。
通所型の「かりん」は高等部を卒業した方たちが、いきなり教育から切り離され 、目的の持ちにくい暮らしに変わっていく過程で通う場所です。
発達過程に差はあるけれど、「ゆっくりと大人になろう」を通所のコンセプトに大切にそれぞれを育てたいと考えています。
「かりん」を卒業して少し大人になった人たちの働く場も用意しなければと計画しています。
地域活動支援センターあゆ―るも適材適所な場所づくりの仲間です。
老後の過ごし方も検討が必要です。
音楽療法推進センター「MOYO」は、障害があることによって、自己表現がままならない方に音楽を通じて、心が解放されたり、自分に気づいたりできたら…という「即興音楽」という手法を用いてコミュニケーションの獲得をはかっています。未来ある可愛い子供たちが沢山通ってきています。

「暮らす」こと「生きる」ことに充実した日々であってほしいと願います。
誰もがかけがえのない「大切な人」なのです。

事業内容

PHOTO

まつど育成会は全ての利用者の方が日中活動に参加しています。刺激のある毎日を送り役割を持つこと。そこから生まれる喜びと変化に、私達は学び、励まされます。

・入所支援(入所施設支援事業、生活介護事業)
・ショートステイ
・指定特定相談支援事業
・千葉県療育等支援事業
・児童発達支援事業
・保育所等訪問支援事業
・放課後等デイサービス
・共同生活援助
本社郵便番号 270-2204
本社所在地 千葉県松戸市六実1-64
本社電話番号 047-389-4172
法人設立 2002(平成14)年8月
開所 2004(平成16)年4月
資本金 社会福祉法人の為、資本金はありません。
職員数 96名 正規職員67名 非常勤職員29名 [2014(平成26)年8月]
売上高 社会福祉法人の為、売上はありません。
事業所 障害者支援施設 まつぼっくり
〒270-2204 千葉県松戸市六実1-64
TEL:047-389-4172
FAX:047-388-2714
施設長:楯雅博

生活介護事業所 かりん
〒270-2268 千葉県松戸市牧の原2-48
TEL:047-386-2096
FAX:047-710-2094
施設長:中谷久司

生活介護事業所 あゆーる
〒270-2214
千葉県松戸市松飛台286-9
TEL&FAX:047-375-8738
施設長:小田切紅子


グループホーム事業所 ohana
〒270-2204 千葉県松戸市六実1-64
TEL:047-389-4172
FAX:047-388-2714
管理者:早坂裕実子(兼法人統轄施設長)

指定特定相談支援事業所 カーラ
〒270-2268 千葉県松戸市牧の原2-48
TEL:047-386-2096
FAX:047-710-2094
室長:大友有理子

地域活動支援センター ひまわり
〒270-0025 千葉県松戸市中和倉564−5
TEL/FAX:047-347-1532
センター長:河西光江
主な取引先 スズキ機工(株)
(株)ケーワイケー
(株)エビスパック
(株)ポイント
(株)ベビーリース
なかやま合同会社
(株)メタルシステム
悟空
沿革
  • まつど育成会 沿革
    • 平成11年 1月 松戸手をつなぐ育成会
               「施設づくり委員会」発足
      平成13年 2月 松戸手をつなぐ育成会が施設建設を決議
      平成14年 5月 松戸手をつなぐ育成会
               「まつぼっくり事業計画」承認
  •  
    • 平成14年 8月 社会福祉法人まつど育成会設立認可
      平成14年10月 まつぼっくり建築工事着手
      平成15年10月 講演会組織「ハーモニー」立ち上げ
      平成16年 4月 「まつぼっくり」開所
      平成18年11月 グループホーム・ケアホーム一体型事業
               「Ohana」開所
  •  
    • 平成19年11月 ケアホーム「kokua」開所
      平成20年 7月 多機能型事業所「かりん」開所
      平成20年 8月 ケアホーム「mahalo」開所
      平成21年 4月 音楽療法推進センター「MOYO」か開所
      平成21年 5月 ケアホーム「hanahana」開所
  •  
    • 平成21年11月 地域活動支援センター「あゆーる」開所
      平成23年 4月 自立支援法に移行
               グループホーム「noah」開所
              「まつぼっくり」指定特定相談支援事業開始
              「まつぼっくり」千葉県療育等支援事業開始
  •  
    • 平成24年 4月「MOYO」児童福祉法に移行
               ・児童発達支援事業開始
               ・保育所等訪問支援事業開始
               ・放課後等デイサービス開始
  •  
    • 平成25年 4月「あゆーる」地域活動支援センターから
                         生活介護事業へ移行
      平成25年 6月「kaala」指定特定相談支援事業開始
      平成25年11月 社会福祉法人まつど育成会
                        10周年記念式典挙行
  •  
    • 平成25年12月 グループホーム「huali」開所
      平成26年10月 グループホーム「meloa」開所
月平均所定外労働時間(前年度実績) 10時間
前年度の育児休業取得対象者数 女性1名 男性0名(2015年度実績)
2016、2017年対象者なし
前年度の育児休業取得者数 女性1名 男性0名(2015年度実績)
2016、2017年 
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 29人中11名(評議員、理事、管理者、課長、係長)

採用データ

先輩情報

コツコツ地道に
吉田 優輝
平成27年度入社
25歳
東京成徳大学
応用心理学部福祉心理学科
利用者さんの日中活動支援
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒270-2267
千葉県松戸市六実1-64
部署 採用担当
TEL:047-389-4172
URL http://www.pinecone.or.jp
E-mail mb-mother@pinecone.or.jp
交通機関 東武アーバンパークライン「六実駅」下車 徒歩15分
または新京成線「元山駅」下車 徒歩25分

QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp200325/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
社会福祉法人まつど育成会と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ