最終更新日:2018/7/12

マイナビ2019

マイナビコード
200435
  • 正社員
  • 既卒可

(株)藤本組

本社
静岡県
資本金
2,040万円
売上高
9億3,000万円(2017年6月実績)
従業員
28人(2018年1月現在)
募集人数
1〜5名

掛川から発信!!建設工事で、ドローンや3D点群処理、VR(バーチャルリアリティー)を積極的に導入!!

採用担当者からの伝言板 (2018/07/12更新)

みなさん、こんばんわ!
藤本組採用担当の武藤です。

7月11日・12日と浜松アクトシティで、「ビジネスマッチングはままつ」に参加させていただきました。
ドローン測量を含め、「建設ICTに積極的に取り組む建設業」という点でブースを設けPRさせていただきました。

会社説明会日程を掲載しています。
ご興味ある方は、是非エントリーをお願い致します。「会社を知る」、「仕事を知る」には、訪問が一番です。従業員の話、会社の雰囲気を知ってください。

※説明会設定日以外での対応も可能です。ご興味のある方は、是非エントリーして下さい。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
現場の記録や空中測量などにドローンを活用し、作業効率の大幅アップを実現しています。
PHOTO
アナログからの脱却を目指して情報のデジタル化を推進するなど、様々な改革を実行中。現場の負担軽減を図っています。

間もなく創業100年。伝統の継承と改革への挑戦で地域NO.1を目指す!

PHOTO

入社20年40歳で工事部の総責任者に就任した丹羽伸孝部長。「社歴にこだわらず、若手が活躍しやすい環境づくりを心掛けています」

藤本組が誕生したのは大正14年(1925年)。以来、100年近くにわたって、創業の地である静岡県掛川市を中心とした県西部地域を活動しています。土木工事から建築まで、様々なニーズに応えることで、社会資本整備や都市機能の向上、住みやすい街づくりに貢献してきました。
そんな当社の一番の特徴は、建設会社の中では比較的従業員数が多く、平均年齢も若いこと。それだけで社内の活気に繋がります。「まずは、やってみよう」という本人の自発的な意思を尊重し、頭ごなしの反対やマイナスの言葉を排除、たとえ失敗したとしても前向きな挑戦として評価しています。また、社歴にこだわらずお互いを認め合っているため、世代間のギャップを感じることがなく、社員旅行やレクリエーションなどの機会を通して親睦を深めるなど、良好な人間関係がつくられています。
技術面においても、VRやドローンといった最新機器を利用した先端技術を積極的に導入し、空撮や空中測量、完成イメージの映像化など、現場における作業効率の大幅な向上を実現。加えて建設資料のデータ化を推進するなど、まだまだアナログ的要素が残りがちな建設業界において、いち早くデジタル化に取り組むことで旧来からの脱却を図るとともに、技術的アドバンテージを確保。若手社員の意欲に応え、やる気を引き出すなど、直接・間接に多くのメリットを獲得しています。
こうしたチャレンジ精神は、いわば当社の伝統。各部署の責任者に若手を抜擢。現場に女性用トイレを設置し、現場事務所の清潔感を高めるなど、今も新しい事に挑戦し続けています。もちろんドローンなどの最新機器に関しても、さらなる高度化と応用範囲の拡大に向け、研究を続けていきます。
今後は、現在の好調な業績をさらに伸ばし、従業員数・仕事量ともに増加するなど、企業としての成長を継続。約100年におよぶ歴史をベースに、守るべき伝統を守りながら、取り巻く環境の変化に合わせ改革に取り組むことで、地域No.1の総合建設会社を目指してまいります。

会社データ

プロフィール

『地球の彫刻家』であることに誇りを持って、自分達の生活拠点である地域を守るべく、生活環境の改善・向上を目指し創業から93年がたちました。
これからも、創業精神を繋いで、人々が安心して快適に暮らすことのできる『自然環境と調和した安全で信用ある製品』を創造し続けてまいります。
当社の取組として、広報紙である『げんばかわら版』を工事ごとに発行し続け13年が経過、地域の皆様に工事の進捗状況、道路交通規制などの情報を発信しています。
また近年では、ICT、ドローンを使用した空撮測量、3D点群処理等、現場作業を効率化すべく導入しています。
居心地のいい職場、ざっくばらんに何でも言い合える人間関係が築けている職場ですので、勤続年数の長い社員(20年超)が多いです。
アナログと、デジタルとを融合させ、日々切磋琢磨し『地域No1』、『100年企業』を目指しています。

事業内容

PHOTO

積極的にICTを導入しています(ドローンを使用した空撮測量、3D点群処理)

道路・河川などの土木工事、学校・公民館など建物に関する建築工事の工事全体のとりまとめを行う総合建設業者
 土木工事
  ■道路工事
  ■河川工事
  ■上下水道工事
  ■林道・治山工事
  ■造成工事
  ■橋梁工事
  ■舗装工事    など
 建築工事
  ■学校
  ■倉庫
  ■ビル
  ■公民館
  ■住宅      など
本社郵便番号 436-0114
本社所在地 静岡県掛川市高田149番地の1
本社電話番号 0537-26-1105
創業 1925(大正14年)
設立 1953(昭和28年)
資本金 2,040万円
従業員 28人(2018年1月現在)
売上高 9億3,000万円(2017年6月実績)
事業所 静岡県掛川市高田149番地の1(本社)
業績  決算期      売上高     
2015年6月    11億7,000万円
2016年6月     7億5,000万円
2017年6月     9億3,000万円
主な取引先 【企業様】
 ■アース製薬 株式会社
 ■株式会社 内山商会
 ■掛川市農業協同組合
 ■株式会社 サカタのタネ
 ■株式会社 静岡茶通信直販センター
 ■静岡吉田工業 株式会社
 ■株式会社 榛葉鉄工所
 ■中遠ガス 株式会社
 ■中部電力 株式会社
 ■三笠運輸 株式会社  など

【官公庁】
 ■国 ・・・ 中部地方整備局浜松河川国道事務所
        関東農政局大井川用水農業水利事業所
 ■静岡県 ・・・ 静岡県袋井土木事務所
          静岡県中遠農林事務所
 ■掛川市役所  など
平均年齢 41.4歳(2018年3月現在)現場監督の平均年齢
平均勤続年数 20.5年(2018年1月現在)
平均給与 550万(2018年3月実績)
※浜松賃金水準を参考にし、平均以上の設定です
有資格者 1級土木施工管理技士(10名)
1級建築士(2名)
1級建築施工管理技士(1名)
1級造園施工管理技士(1名)
1級舗装施工管理技術者(2名)
技術士(1名)
コンクリート診断士(1名)
道路橋点検士(1名)
測量士(3名)
沿革
  • 1925年
    • 鈴木春吉が個人にて創業
  • 1949年
    • 1949(昭和24)年 静岡県知事建設業許可を取得
  • 1953年
    • 株式会社藤本組を設立
  • 1999年
    • 城北建設有限会社を吸収合併(M&A)
      資本金を増資し現資本金となる
  • 2000年
    • 11月にISO9001を認証
  • 2005年
    • 福祉事業部を独立
      NPO法人ぷらいどサポートセンターを設立
  • 2006年
    • 中学生の職場体験受入開始
      広報紙である「げんばかわら版」を発行開始
  • 2007年
    • 自社が手掛ける工事現場で、教育の一環として
      現場見学会を実施(以後、毎年実施)
  • 2010年
    • 藤本組Twitter開始
  • 2011年
    • 藤本組Facebook開始
  • 2012年
    • BCP(事業継続計画)の策定
  • 2013年
    • 経営革新承認される
  • 2014年
    • 意匠登録(経営革新)
  • 2015年
    • 現会長、鈴木俊光が黄綬褒章を受章
      創業90周年記念式典を開催し、現社長「鈴木教郎」が
      社長に就任
  • 2016年
    • 大学生のインターンシップ受入(豊橋技科大)
      株式会社大輝建設を吸収合併(M&A)
      空中写真による三次元点群測量開始
  • 2017年
    • 大学生のインターンシップ受入(東海大学)女性
      高校生のインターンシップ受入(3名)
  • 2018年
    • 大学生のインターンシップ受入(豊橋技科大)女性
      受入期間:平成30年1月から平成30年2月
  • 2018年
    • 男性従業員が育児休業取得(4月)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 25%(役員4名のうち、女性1名)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒436-0114
静岡県掛川市高田149番地の1
総務部 武藤君幸
TEL:0537-26-1105
URL http://fujimotogumi.com/
E-mail fujimotogumi@po2.across.or.jp
QRコード
QRコード

http://job.mynavi.jp/19/pc/search/corp200435/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)藤本組と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ